2015年08月31日

脳が喜び、心が弾む一日でした

首を長くして待っていた、2ヶ月ぶりのセミナー

今日は石嶺先生の継続セミナー。
二ヶ月ぶりなので、方向音痴の私は出口を探し、
改札の周りを10分も徘徊!

と、ここまでは想定内


ビルについて、サー困った!
「何階だったっけ?」

そんな私の前に立っていた、セミナー仲間の先生。

「神だ〜!」


今日のレクチャーはバーナムの導入

楽譜に直接書くと、解読不明のめちゃくちゃな字になるので、
どんどん付箋を貼っていく作戦


最初の2ページだけでも、微に入り細に入るこのボリューム

DSC_0635.JPG


生徒さんに教える前に、私まずがこれを完全マスターしなくては!



早口で弾きながら、しゃべりながらのレクチャー。

こちらも目を皿のようにして鍵盤を見つめ、耳を研ぎ澄まし音色を聞き分け、
手はひったすらメモをとる。


こういうジェットコースターのようなテンポで進むセミナー、大好きです!

こんな感じでセミナーは進みます。

11988603_1631224667148379_4625359866632969744_n.jpg


ランチに後ろ髪を引かれながら、大急ぎで帰宅。
レッスンの合間に、生徒さんが譲ってくださるという電子ピアノを頂きに。

なんと、ローランドでした!!

「電子ピではやっぱり無理だわ」と3回しか弾いていないヤマハを手放したのを後悔!
2階におけば、ここでクリスマス会もできます。


大切に使わせていただきますね!

DSC_0637.JPG




posted by ikko at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2015年08月30日

本番の緊張、誰よりもわかります!

銀座山野楽器にて「現役音大生によるサロンコンサート」

大学生のTちゃん。
各音大の代表が名演奏を披露する中、見事CHOPINのソナタ全楽章弾ききりました。

彼女の前の演目はダイナミックな「メフィストワルツ」

大変な緊張感だったことでしょう。

就活もあるのに、来月は学内演奏会のオーディション、コンクール、卒演の準備!
どこまでもアグレッシブです。

お疲れ様、貴重な体験でしたね!

DSC_0631.JPG


そのあとは片野先生のお宅で先生たちとの楽しい時間

ピアノを弾いておしゃべりして、飲んで食べて、またピアノを弾いておしゃべりして。
話題は全部音楽だけど、音楽があればそれが一番。
それだけでいい。

ネットサーフィンのように次から次に色んな曲を弾いていく、
これがピアノの先生同士の最高に楽しい時間


不完全なところは一杯あるけれど、やっぱり「弾ける先生」を目指して、
先生たちはみんな日々努力しています。


たとえ初見でも、弾くときは真剣そのもの

11948215_740241459421613_2133039384_n.jpg




posted by ikko at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月23日

大人の生徒さんと、打ち上げ

発表会でずっと裏方として働いてくれた大人の生徒さんたち。

ご自分の演奏も、それは素晴らしいものでした。

発表会の余韻に浸るかと思いきや、話は12月のクリコンの選曲。

このパッション、好きだなー!

福田の乾杯はこれ!(手に持てないのが難点です)
「これ、どうやって飲むんですか?」

そうか、日本酒飲まない若い子は知らないよね。


DSC_0619.JPG




「まず、口をつけてコップのお酒を飲む→減ったところでマスのお酒をコップに

→最後にお皿にたまったお酒を再びコップへ」


私だって、これ最初に見たときは

「いや〜ん、こんなの飲めな〜い」
と言ったものです。


posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月19日

発表会、一番勉強になったのは私!

8/15 川口リリア音楽ホールにて、5回目の発表会が終わりました。

真面目な集合写真でも、笑顔でいこうよ!
と思うんだけど、意地でも笑わない子が何人か!

「最後に、全員でピー〜ス!」と言ったらこの笑顔。

なーんだ、ちゃんと笑えるじゃん!


集合ピース20150817124051.jpg


今回はお盆ということで、3分の1以上が出られないというショッキングな状態からのスタート。
主催者としては盛り下がるテンションを、必死で上げながらの開催でした。

「だったら、今回は私が本当にやりたいことだけやろうかな?」

ということで、パフォーマンスは極力少なくして、演奏重視のプログラムに

大好きなオーケストラをピアノで表現できる、二台ピアノもたっぷり盛り込んで、


生徒さんの実力が思いっきり発揮できる曲を選び



でもでも、練習過程ではピアノはとても孤独な楽器

仕上がりにも個人差があります。


一週間前まで止まらずに弾けたことのない子、つまらなさそうに弾いていた子、
本番の不安を語り合っていた大人の生徒さん達。

大丈夫?
大失敗してトラウマになったらどうしよう・・・・。

なんて考えていた

私のエネルギーを返して〜〜。


と言いたくなるくらい、みーんな素晴らしい演奏でした。
ミラクルの連続は、やっぱり舞台裏で生徒さんに握らせておいた
パワーストーン、オルゴナイトのおかげ?

いえいえ、みんなちゃんと実力をつけていたんですね。
それが最高のホールで、周りからも最高のフォローを受けた状態ではじけたんだと思います。



今日は明け方までかかってDVDを仕上げました。
すでに月曜からレッスンが始まっているので、一日でも早くみんなにあげたくって!

DSC_0537.JPG


もう一つ嬉しい事が!

今回の発表会ではSTUDIO 407の酒井さんがリハにも立ち会い、
録音をしてくださいました。
これがさきほど届いたCD。

装丁もとっても素敵!

DSC_0540.JPG


ドキドキしながら聴いてみる・・・・・・


「ワー」 「エーっ!」 「あー〜」
もう感嘆詞の連続。

さすがプロの技!

ホールの余分な残響を取ると、こんなにクリアな音になるんだ!

「よかった、ちゃんと弾けてたんだよね」
というところもあれば、

「あー、やっぱり粒が揃ってない。誤魔化しちゃダメね」
「こんな響きじゃいかんわ。ホールで通用する打鍵じゃないと」

などなど、生徒さんだけでなく、
自分の演奏を見直すのにものすごーく勉強になります。


録音技師の酒井さんがパッケージに添えてくれた言葉

「お子さんだからこそ、しっかりした音で自分の演奏を聴いていただきたいと願っております」


胸にジーンときました。

教える側も、狭いレッスン室で、
楽譜を音にすることにばかり意識を持っていかずに、

「この弾き方だと、でっかいホールでどういうふうに響くと思う?」
という視点でのレッスンをしていかなくては・・・・。

YouTube用に音源もくださったので、最後の演目
「ペルシャの市場にて」をアップしました。

生徒さんが二台ピアノで伴奏しています。
初参加の小さい子の一生懸命さが、とっても可愛い!

こういう風に編集すると、カッコよくまとまるんだー!
やっぱり、餅は餅屋です。




posted by ikko at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 第5回発表会

2015年08月16日

二台ピアノ/ラフマニノフ「舟歌」です

今回の発表会、生徒さんの演奏
トリはこれ。

ラフマニノフ作曲
幻想的絵画より「舟歌」

途中からですが、お友達の先生が採ってくれました。

現役音大生との演奏は、こちらも本気モード




ソロの他にも、
とても素敵な二台ピアノの演奏がずらりと続きました。

みんなご紹介したいところですが、曲目だけ!


子供の部

白鳥の湖
宇宙戦艦ヤマト
貴婦人の乗馬
チルドレンズ・コンチェルティーノ/第1・3楽章


大人の部

歓喜の歌
ダッタン人のおどり
ペ-ルギュントより「朝」・「アニトラの踊り」
ブエノスアイレスの秋
ディズニーシー・シンフォニー
カルメンファンタジー
幻想的絵画より「舟歌」


特に大人の生徒さんの演奏はかなり本格的!
先生廃業の日は近いです・・・・。



posted by ikko at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 第5回発表会

2015年08月07日

素敵なウェルカムボードでお迎えします

ウェルカムボード!

「受付が殺風景だけど、どうしたものか?」

と生徒さんのお母様に相談したところ。

大体のイメージをお伝えしただけなのに、
こんな素敵なものを作ってくださいました!!


DSC_0544.JPG

立体的で、細かいところまでとても丁寧に仕上がっています。
さすが、プロの技!

発表会まであと一週間!

連日暑いけど、そんなものは気にならないほど
みんなの気持ちは高まっています!!


posted by ikko at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015 第5回発表会

2015年08月04日

大人のレッスンは教える方も、心から楽しめます!

初心者用、シニアレッスンにすぐれものの一冊のご紹介です!

この春から立て続けに、男性の生徒さんが入会されました。

「自分で作曲した曲でコンテストにも残ったこともあるんです。
でも楽譜に落とせないので、基礎から勉強したくて」

という生徒さんに用意したのはこれ


「すぐわかる 大人の楽譜の読み方」

DSC_0533.JPG


一般的にはシニアの教本には、理論が織り込まれています。


弾きながらコードや基本的なお約束を覚えてもらうのですが、
この本は項目別に調べたい事がすぐにわかるすぐれもの!


なにより大きく表示されているので、見やすい。

というより

「読んで見る気になる」 ← これ大事!


DSC_0536.JPG


ペーパー上では説明しにくい、三連音符や符点の音符もとてもわかりやすい。


DSC_0534.JPG


DSC_0535.JPG

大人、特に男性は理論的に納得してもらってからの方が抵抗なく入っていけます。


初レッスンの今日は、コードの説明に「らくらくピアノ」を使ってみました。

「歓喜の歌」をまず指番号を見て右手はその場でクリア!

第二段階は左手をルート音だけで伴奏付。

もう一本加えて五度で伴奏をつけたり、ルート音をオクターブ上下させたり
半音ずらすだけで印象が変わるのを体感して、すっかり満足!


「ずっと前から、ピアノやってみたかったんです!」
といって笑顔でお帰りになった背中を見て、
私もとっても幸せな気持ちになりました。


2015年08月01日

神秘のオルゴナイト、届きました!


宅配が来るたびに、
こんなに期待したのも久しぶり。

先日作ったオルゴナイトとペンダントが届きました。



「うまくできなかったなー・・・・。」と思っていたけど
世界にひとつのMyオルゴは宝物です!



大きいのはピアノの上に

DSC_0530.JPG


小さいのは月曜日のホールの抽選に携帯します。

DSC_0526.JPG

発表会の時は、出番を待つ生徒さんの手にも握らせて。



そう。困ったときはわらでも石でもすがっちゃいます!!
posted by ikko at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記