2015年11月23日

ピアノの音の美しさは無限です!

4連休最後の今日はWコンサート

夕方までは野上裕美子先生と、ショパンコンクール本選出場のお嬢様が出演するメープルコンサート

20151123230913.jpg

プロからアマまでハイソな方々のピアノサークルですが、レベルの高さに驚きます。
ひとつひとつの音を大切に弾く裕美子先生のショパンに心癒され、何の心配もなく堂々と演奏されるお嬢さんのショパンに高揚した気持ちのまま会場をに。

オペラシティーではショパンコンクールの優勝者チョ・ソンジンさんのリサイタル

クリスマスツリーが飾られとても華やかです。

20151123230847.jpg

Youtubeではそこまで聞き取れなかった実力のスゴさに、テンションはMAX!
ソンジンさんのppは例えて言うと、水面にひらりと落ちた葉っぱで波紋が広がっていくような感じ。

体にも指先にもほとんどエネルギーを感じないのだけど、どんなppも会場いっぱいに余韻が漂います。

「美しい!」この一言!

なんのクセもなく淡々と弾く前半のソナタやスケルツォにも魅了されたけど、後半のプレリュードは圧巻でした。

魂をえぐられるような悲しみのメロディーの後には、天へ天へと向かっていく明るいメロディー。
24曲のプレリュードはこれの繰り返しでどんどん進んでいくのですが、それがひとつの物語のように、まるでパノラマを見ているように一気に語られます。
私も呼吸を忘れるほど聴き入って、最後の一音が強打されて、やっと深呼吸。
 
アンコールは「英雄ポロネーズ」と5番のフランス組曲から「サラバンド」

まさかバッハが聴けるとは思っていなかった!
拍手したくないほど、動きたくないほど、喋りたくないほど、心に染みいった!!

このまま昇天してもいい!と思えるほどオーロラのようにやわらかく会場全体を包み込む音!
ピアノってここまで美しい音が出る楽器なんだ!

 
帰宅後すぐに1月のガラ・コンサートのチケットも予約しました。
エリック・リーの演奏がこれがまた楽しみです!!! 

 
posted by ikko at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2015年11月22日

BIGな同窓会!

昨日は都内のホテルで、高校の同窓会でした。
高校といっても私の出身校は福岡。

「還暦にはみんなで上京して、東京でやろう!」
と数年前から計画してくれた地元の同窓生。

福岡を出発して東京で同窓会、翌日は東京観光して箱根に行って、3日目は熱海。
修学旅行のルートたどりながら2泊3日の旅、という壮大なコンセプトも素敵!

私は旅行には同伴できなかったけど、福岡から20名もの同級生が上京してくれて大感激です!

3分の1くらいは「はじめまして」の見覚えのない顔だったけど、40年ぶりくらいに会う人もいて感慨深いものが。
みんなそれぞれ素敵な年の取り方をしていて、高校時代より一人一人の存在感がすごい!


 
宴会のあとはスカイツリーに
地元なのに、方向音痴の私は全くエスコートできず・・・・。
DSC_0769.JPG


DSC_0765.JPG

 
クリスマス仕様にライトアップされて、夜景もとても綺麗だったけど、
「新幹線から見た富士山の方がきれいやなー」と、福岡組がぽつりと。

確かに、富士山にかなうものはないかも!

5年後、10年後もフレッシュな気持ちで、再会を楽しめたらいいなー


posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月15日

人間性の高さが伝わる、ピリスの演奏

クリスチャンではないので、安息日はなしです。
今日も朝からレッスンですが、日曜日は大人だけなのでいつもよりリラックスムード

「クリコンでこれ弾こうと思うんだけど」
とシューマン=リストの「献呈」を弾きはじめたら、声楽出身の生徒さんが「僕、昔歌ったことがあります」
と一緒に歌ってくれました。

楽しい!!
こういう自由な遊びができるから、大人のレッスンってやめられません!!

 
午後はお友達の先生と、ピリスのコンサート

さいたま芸術劇場は初めて行ったけど、ウワサ通り響きのいいホールです。

ピリスの音は、ピアノがハンマーで弦を叩いていることを忘れてしまいそうなほどまろやかです。

ペダルがばっちり見える席だったので、怪しいおじさんのように、目は足元に集中!
絶妙なソフトペダルの使い方!
うでも体も無駄な動きは全くなく、まるでテルミンを奏でているような柔らかい演奏です。

なんと言っても本日の白眉はBeethovenのOp.110のソナタ。
曲自体もスピリチュアルなのですが、ピリスが更にその精神性を崇高なものに高めます。

「指導というのは相反する二つのことを同時に教えなければならない。
一つはルール、もう一つはルールの中で自由にさせること。
だから、受け取る側にはいつも余白を残しておかなくてはならない」

演奏後に語ったピリスの言葉です。

生徒さんにレッスンするときに、つい熱くなってしまう私には、ハッと目が覚めるような言葉でした。

こんな素敵なコンサートにさそってくれたあけみ先生に感謝です!

レッスンの情報もたくさんいただき、上機嫌で別れたのに、
気が付くと、帰りは逆方向の電車に乗ってしまっっていた私。
いつも使っている路線なのに、これはすごい!(って何が?)


DSC_0758.JPG



posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2015年11月12日

後藤ミカ先生のセミナー、演奏のヒントがてんこ盛りです!

今日は待ちに待った後藤ミカ先生の一日セミナーです。

気合が入りすぎたのか、二番乗りで到着。

最前列のS席?で聴講させていただきました。

レッスンやクリコンでも使う「簡単!豪華!ミラクル連弾曲集」のVol1&2
なんと全32曲、一挙解説・演奏付きという贅沢なセミナーです。

ミカ先生の曲とセミナーは、期待を裏切りません。

なんの違和感もなく、言われたことが砂に染み込むように心に響きます。
この快感!!
このテンポ感!

とてもここには書ききれないくらい、沢山のことをお話していただきました。


今日の収穫は、レッスンで生徒の皆さんにおすそ分けしますよ〜!

セミナーの最後は鍵ハモ+リコーダーで「聖者はベルと共に」の大合奏
受講者は全員ピアノの先生ですから、もちろん一発大成功です!!
もっと一杯、みなさんで合奏したくなりました!


いつも細かいところまで気遣いしてくださる祥子先生、有里先生、ありがとうございました!

DSC_0755.JPG

posted by ikko at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2015年11月01日

身の丈にあった曲でいいから、迷いのない演奏をしたいです!

「自分が弾きたいと思った曲を、確信を持って弾くこと」本番が楽しくなるにはこれしかないかな?って思いました。

「いつこの秋の音楽祭」真っ最中です。
毎週末コンサートが続きます。

今日は南麻布で栗原麻樹さんのコンサート。

DSC_0739.JPG


普段縁のない広尾駅で降ります。

大使館ばかりずらりと並んだ案内図!

お友達の先生たちと最前列を占拠して、穴が開くほど鍵盤を見つめます。
今日の演目はプーランク、ラベル、ドビュッシーなどフランスものとハイドンのソナタ。

小気味いいほど動く指からはじかれた音が、鍵盤で踊っているようにみえます!

とても新鮮なラベルの「ソナチネ」、ドビュッシーの「喜びの島」。

聴いていてとても安心感のある演奏です。
心の中で、何度も「ブラボー」を連発!



DSC_0741.JPG

聴いている人を安心させる演奏。
それって技術だけではなく、「私はこう思うのよ!」
というエネルギーが伝わっているということなんだと思います。

本番と聞いただけでドキドキしてしまう自分ですが、次の本番は
「いさぎよい演奏」をしてみようかな?と思いました。


20151101174320.jpg


「早く帰ってピアノが弾きたくなったね!」
といいながら、いつものように居酒屋でイーティングになった私たちでした。
 DSC_0742.JPG


posted by ikko at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート