2016年01月29日

はじめての築地

初めての築地。
人が歩いていてもよけないらしい暴走カートから身を守りながら、駆け足でお買い物。

タワシのツリーに寿司けしゴム

DSC_0901.JPG

DSC_0905.JPG



築地に詳しいお友達の適確なアドバイス
「お出しはここ」「お魚はここ」
教えられるままに、持っていった保冷バッグはすぐに満杯です。

トロにホタテに明太子、どれも美味しく「旨い」を連発する主人。
もう、スーパーのお刺身は食べてくれないかなー?

ランチはご飯が見えないくらいのてんぷらで埋め尽くされた天丼。

DSC_0903.JPG


築地本願寺ではパイプオルガンのランチコンサート
立派な本堂の中にはパイプオルガンがで〜んと!
珍しいデュオです。

DSC_0900.JPG


お寺なので、コンサートの前後は「合掌」
「合掌」を「合唱」と思ってしまい、「え?何の歌を?」


ディズニー・シー、ガラコンサート、築地ツアーとパワフルに堪能した三日間でした。

午後からは気を引き締めてレッスン。
今日から個人面談スタートです。

4月からお月謝・レッスン回数・レッスン時間・振替システム、大きく変わります。
すべてはよりいいレッスンをするためのもの。
生徒さんに上手になってもらうためのもの。

私も変わります!!

posted by ikko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月28日

ショパンコンクールのガラコン、堪能しました

首を長くして待っていた、「ショパンコンクール入賞者ガラコンサート」

6位までの入賞者がオールショパンプロで腕を競います。

DSC_0899.JPG

一位のチョ・ソンジンさんは先日リサイタルを聞いたので実力は知っていましたが、隅から隅までの完璧な演奏に場内は沸きに沸きました。

今日のもうひとつのお目当ては、4位入賞のエリック・ルー
オケを率いての「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」

ここでピアノがYAMAHAからスタインウェイに変わります。

どこまでもゆったりと柔らかく揺れる左手のアルペジョに、右手の第一音が鳴った瞬間に「息が止まるほど美しい!」とはこのことだと思いました。

アンコールはこれまた大好きな、17番のプレリュード。

10代の若さですが、3位のケイト・リウさん同様、これからの成長が楽しみなピアニストの一人です。

6位から逆に1位まで演奏しましたが、全体的に「木枯らし」や「バラード1番」などのように演奏効果の高い曲ではなく、じっくりと「音」を聴かせる演目が多かった気がします。
ピアニストもテクニックを披露する時代から、内面的な表現力を最重視する時代に変わってきたなー、と思えるプログラムでした。

posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2016年01月14日

「初めての室内楽レッスン」

ますこ祥子先生のお宅、Mホールではひっきりなしに魅力的なセミナーやコンサートが開かれますが、私が心に留めたのは川合左余子先生の室内楽公開レッスン。

「来春まで演奏希望者は一杯です」
ということでしたが、キャンセルが出たということで参加させていただくことになりました。

誰よりも本番が怖い人なので、決して人前で名乗り出て弾くタイプではないのですが、室内楽と聞き大喜び!

出だしはチェロと同じメロディーを寄り添いながら、次はヴァイオリンとの掛け合い、とおもったら今度はヴァイオリンとチェロがラブラブになって、私は一人ピアノで違う道を・・・。

なーんてストーリーを思い浮かべたくなるくらい、一瞬一瞬主役と脇役が交代して耳も目も手もフル回転!


「楽しかった〜」
この一言に尽きます。

 DSC_0890.JPG

4月の終了コンサート。
一人の先生がご都合によりキャンセルなさったので、折角の機会!とまたまた割り込みで出演させていただくことになりました。
「何、弾こうかなー?」  曲決めも楽しみの一つ!

先生だって、たまには自分のためにピアノを弾きたいです!


♪ピアノトリオのピアノは伴奏ではない!
一番偉いの、ピアノ!!

こんな風にいってもらえると、ブタもおだてりゃ木に登ってしまいます。

♪楽譜は同じものを揃えるべし!

確かにそう。違う出版社の楽譜を使うと、細かいニュアンスが変わってくるので楽譜の間をいったりきたりになってしまいます。

♪トリオは3人が主役。
どこで頑張り、どこで手を抜くか!

♪相手が何をやりたいのか?
自分はどうしたらいいのか、と瞬時に掴み取るバランス感覚が大事

♪オケのアレンジ版の場合は、音がいっぱい抜けているので、ピアノはいっぱい盛らなきゃダメ!

アレンジのアレンジが可能ということは、さらに楽しさが増しますね!

♪弱音ペダルを活用すべし!
室内楽の一流の演奏家は常に両足がペダルに乗っているとか。

独奏では弱音ペダルを使うことに、若干の後ろめたさを感じてしまいますが、音色を自由に変化させられたら、演奏の幅が一気に広がります。

♪Haydn作品は使い捨てのものが多い。(二度上演されることがない)

即興性が高いということでしょうか。
私が思っているより、ずっと歌って自由に演奏していいそうです。
それにしても数百にも及ぶ作品。
手書きで書く作業を考えただけでも気が遠くなりそうです。


演奏上のノウハウはもちろんですが書ききれないくらい、面白いお話、目からウロコのお話、
たくさんいただきました。

生徒のみなさ〜ん!

期待して待っててくださいね。
まずは私がしっかり勉強して、いつとは言えないけど、
必ず皆さんにも室内楽のステージをご用意しますから!

posted by ikko at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年01月04日

お正月はラーミネーター!

年末に小さいお子さん達が入会されたので、しばらく振りに「手作り教材」を作ってみました。

音符カードは買ったものもあるけど、
やっぱり自分で作るときは使い方まで考えるので、即レッスンで使えます!

音符の基本はしっかり覚えようね!

DSC_0882.JPG



今やどこにも売っていない「音程トランプ」も作っちゃいました。
7ならべもできます。


ラミネートを始めたらあれもこれもやりたくなって、作ったカード150枚!


ABCが分からないチビッ子ちゃんにはコードネームかるた。
「ソれはGちゃんの!」
「ラーメンはAな〜〜」
「シBれた!」

自分で作っておきながら、大笑い!
音符カードとコードネームカードとセットで使います。


新春なので、ちょっとカラフルな教室便りも作成。


DSC_0880.JPG


さー気合入れて、夜はピアノの練習です。
12月のクリコン以来、実はほとんど弾いていない・・・・。
バッチリ練習してくる、大人の生徒さんのレッスンがこわいよ〜!

posted by ikko at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月01日

初詣は延期となりましたが・・・・

明けましておめでとうございます

DSC_0873.JPG


昨日も今日も同じ一日ですが、いつまでも新しい年に向けての意欲だけは持ち続けていきたいと思っております。

大晦日、おせちの食材すら買っていない状態でしたので、猫の手を借りようと思いましたが生憎うちにはチワワしかおらず、2歳の孫の手をかりました。

DSC_0871.JPG

息子とお嫁さんの手伝いのおかげでゆっくりした年越しをしたものの、一年間の疲れが吟醸酒に引き出されたのか、まさかの熟睡。
朝一で向かうはずの初詣も、後日に延期の元旦となりました。

何はともあれ、家族が健康で明るく新年を迎えられたことをとても幸せに思えます。

当たり前は決して偶然ではない今の時代。
今日やることがあることに感謝、今日やれることに感謝、今日やったことに感謝して一日一日を積み重ねて行きたいと思っております。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!
posted by ikko at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記