2016年04月30日

ご家族の協力に勝るものはありません!

このところの陽気で庭が一層賑やかになりました。
ニッコウキスゲの黄色は元気が出ます。
ジャーマンアイリスも次々と。

DSC_1086.JPG

DSC_1090.JPG


連休の狭間の土曜日なのに、レッスンに来てくれるのは嬉しいですね。
今年の発表会でサウンドブロックを披露する新入会の男の子。

「貸出できないから、レッスンの時に練習してね」
と言ったのですが、こんな素敵なものをお父様が作ってくださいました。

20160430164834.jpg


ティッシュの箱をつないで、バチは菜箸の先にスマートボールを差し込んで作ったそうです。
カラフルで、とっても丁寧に仕上がっています。

自宅で連弾の練習する時は、セカンドを自分で練習して併せてくださる、とっても協力的なお父様!
ピアノの練習は一歩一歩遠い道のりを自力で歩んでいくものですが、道を歩きやすくして照らしてくれる存在が近くにいれば、どんな子供だってがんばれますね!

posted by ikko at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月27日

器械の言うことにも耳を傾けましょう!

千葉のレッスンに向かうのに、「たまには裏道じゃなくてナビの指示に従うか!」といつもと違うルートを走行中。
突然おまわりさんに停められた!!


「シートベルトOK!携帯はバッグの中!信号青だった!もちろん法定速度!なんで???」


「なんで止められたかわかりますか?この信号右折禁止ですよ。」

だって・・・・、ナビがここを右折って言ったんだもん!!!

あ〜あ、ついこの間ゴールド免許の更新したばっかりだったのに。

娘曰く「実際の交通ルールに従って走行してください、っていうのって、こういうことなんじゃないの?」

確かに!!
いままで完全に、貴重な助言を無視して走ってた!!

みなさんもご注意ください。 

今日は私の留守中に来た義弟も、うちの前に停めたわずかな時間に駐車違反取られたとか。
うちのすぐ近くに取締のおじさんたちのアジト?があるので、ほんの3分でもアウトです。


でもでもアンラッキーな後には、ラッキーなことが。

レッスンの帰りに、和菓子屋さんで草団子を買いました。
「この前買ってとっても美味しかったから」って言ったら、なんと草餅をワンパックサービスしてくれました!!

 この時期の草餅はほっぺが落ちそうに美味しいです!!ごち!

DSC_1083.JPG


posted by ikko at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月24日

指導者セミナー、想像以上の学びありです

今日は夕方まで丸一日の、ピティナ指導者セミナーの日。
全国からピアノの先生が学びを求めて集結します。
毎年恒例のこのセミナーは、それぞれ違う活動をし思い思いのセミナーを受けるけど、幹の部分で繋がっているお友達の先生4人組と受講しています。

dsc_1082.jpg


毎年ジャストミートな先生たちが登壇してくださいます。
今年は指定席制になって中央最前列をGET。
スタインウェイの響板から聞こえる音をそのまま楽しみ、パネリストの先生方の息遣いもしっかり受け取れるラッキーな席で受講できました。

先生によって打鍵法も音楽の捉え方も様々ですが、ピアノを通じて音楽を語る人は、やはりピアノの音でそれを伝えてくれるのが一番嬉しいです!

今日はパップ晶子先生のバルトーク、久元祐子先生Mozart、Chopin、、金子勝子先生のノクターン遺作、安倍美穂先生と橋本晃一先生はご自身の作曲から、ポスターセッションでは馬場マサヨ先生のバラード・エチュードなど沢山の生ピアノを聴くことができました。

藤原亜津子先生と今野万実先生は導入期の指導のためのグッズを沢山紹介して下さり、勿体無いくらい贅沢なセミナーです。


目と耳で捉えたこの感覚こそが素晴らしいのだと思います。
だからこそ指導者の私たちはお金と時間を使ってコンサートに足を運び、レッスン時間をやりくりして、セミナーを受講します。

何度も受けた指導者セミナーですが、今回は指導者の枠を超えて、自分の音楽と向かい合ういいきっかけを与えていただきました。

最後の対談コーナーで、ショパコンファイナリストの海老彰子先生がおっしゃた言葉
「核を持つこと。最後は恐れないで自分を信じること!」

発表の場は様々でも、はやり最後に向き合うべきは自分なんですね。

2016年04月18日

逃したセミナーは・・・友情で埋めます!

石嶺尚江先生の継続セミナー第二弾の初日です。

テキストはブルクミュラーの原典版

DSC_1060.JPG

日本ではバイブルのように誰もが一度は習得するテキストですが、明治17年にペータース版をそのまま出版したので、この時点で既に原版が書き換えられていたそうです。
スラーのかけかたが違うだけで、今まで??・・・だったフレーズの解釈がすんなり自然に!
一曲を「とんこつ風」こってりレクチャーをしてくださり、さー、次は二曲目のアラベスク!
残念ながら私はここで中座せざるを得ませんでした。

抜けた部分はお友達先生がレクチャーしてくれるそうです。

最近、家庭の事情でレッスンに穴を空けることが多く、生徒の皆様にはご迷惑をおかけしております。
このツケは発表会で必ずお返ししますので、どうぞお楽しみに!!

 
posted by ikko at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2016年04月17日

楽しい本番、終わっちゃいました

「夢の室内楽」本番です。

ピアノは孤独なソロ楽器。
ほかの楽器とアンサンブルしたいなー、と思っている人は沢山いますがなかなか叶わないのが現実です。

そんな夢を叶えてくれたのが、益子祥子先生。

キャンセルからのラッキーが続き、今日は「ジプシーロンド全楽章」を弾かせていただきました。
こんな機会でなければ、恐らく弾くことはなかったろうハイドンです。

DSC_1063.JPG


出演者のほとんどがピアノの先生だけあって、みなさん本番の強いこと!
ピアノの前に立った時からオーラ全開!

それぞれの曲をそれぞれがいろんな角度から丁寧に練り上げていく、こんなキラキラした時間を共有できたことがなにより嬉しいです。


DSC_1050.JPG



祥子先生からのご褒美!ト音記号、可愛いでしょう?

DSC_1063.JPG


明日からは、気持ちを切り替えて発表会の曲の練習です!


2016年04月14日

次はいよいよ本番!

室内楽リハーサル、第二回目でした

二楽章は初めての併せでしたが、あちこち解釈が違っているところがあり、やはり「習う」は大事!と思いました。

緩徐楽章は、ピアノにとってかゆいところに手が届かないちょっと難物です。
気持ちはあっても鳴らした音のクレシェンドができない、もどかしさ。

川合先生にヴァイオリンでメロディーを弾いていただいて、フレーズの繋ぎ方や装飾音の入れ方など胸のつかえが取れました。

ほかの受講生の先生方の演奏も回を追うごとに生き生きとしてきて、それを聞いているのも大きな喜びです。
一つの音をどう扱うか、慎重に耳を傾けてみんなが高みを目指す、そんな空間が心地よいひとときでした。

最近家を空けることが多く、必然的に家族との関わりが薄いので点数稼ぎに帰りにたい焼きを買って帰りました。
祥子先生お宅の最寄駅にある「うまい!」と評判のたい焼き屋さん。
はい、しっぽまであんこぎっしり、程よい甘さ、美味でございました!!

DSC_1049.JPG


2016年04月13日

鍵盤ハーモニカー、子供のおもちゃじゃないですよ

兼ねてから受講したかった「松田昌」先生の鍵盤ハーモニカのセミナー。
朝からレッスンなので、目をつぶっていたけれど「やっぱり行きたい!」とキャンセル待ちすることに。

二日前になってようやく席が取れたと通知を頂き。
今日は早朝から自宅でレッスン。
大急ぎでセミナー会場に向かい、一番に会場を飛び出し都内と千葉でレッスンしてなんとか仕事に穴を開けずに済みました。

エレクトーン奏者として著名な松田昌さんのコミカルな解説に、始終会場は笑いの渦。
座席後方から鍵ハモ片手に登場した昌さん。
一瞬「あ!きみまろか?」と思ってしまいました。

 DSC_1048.JPG


相方として登場したのは、あらびっくり!
今年の発表会でエレクトーンをお願いしている岡崎有美子先生。
エレクトーンにピアノ、作曲もできて、鍵ハモまでこんなに器用に演奏できるなんて、神様ずるいです。

DSC_1053.JPG

出した音に変化を付けることができる鍵ハモは、打鍵したら何もできないピアノのストレスを解消してくれます。
いまからフルートやファゴットやクラリネットを勉強するのは遠き道ですが、鍵ハモはお手軽にリード楽器を体験でき、ピアノを弾くときの沢山のアイディアに気づかせてくれます。

いや〜、鍵ハモ奥が深いです。
昌さんのように擬音が出せるようになるには何年もかかるとか。(カラスの声にはびっくり!)

今日の受講者はすべてピアノの先生なので、昌先生の指導の元、初見でどんどん演奏。
座って聴くだけのセミナーより、やっぱり自分で演奏を楽しめるセミナーは楽しいです!

2016年04月09日

野上真梨子さんのリサイタル

先日の雨でどこの桜もほとんど散りかけていますが、うちの庭では山ツツジが一人勝ち。

 DSC_1045.JPG


初夏の陽気の午後は、神楽坂でお友達のお嬢さんのリサイタル。
ショパンコンクールが終わって、色んな作曲家の曲を精力的に演奏活動されています。

入口がこんなおしゃれなサロン

 DSC_1046.JPG

シャンパン付きということで、開演前にぐいっと。
「うまい!おかわり!」と言いたかったけどそこはガマンガマン。

ハイドンのソナタ
ラヴェルの「水の戯れ」と「ラ・ヴァルス」
「展覧会の絵」

アンコールはスクリャービンの「左手のためのノクターン」

超絶技巧のラ・ヴァルスも、初めてステージにあげたという「展覧会の絵」も聴きいるほど素晴らしかったけど、スクリャービンの美しかったこと!
この小さなサロンでこの響きということは、ホールだったらどんなに美しく響くことでしょう!

このテクニックと本番の強さ、羨ましい限りです。

20160409171724.jpg


posted by ikko at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月05日

藤原亜津子先生とお会いして

大慌てで支度して出かけようとしたら、スカーフに引っかかってお気に入りのネックレスがパーンと切れて部屋中にコロコロ・・・。

何か悪いことの身代わりになってくれたのかな?

今日はキティ先生のお宅で「藤原亜津子先生を囲む会」
もちろん超有名な方なのでお名前は存じ上げておりましたが、お会いするのは初めて。

どんな小さなことも気さくに丁寧に答えてくださって、すっかりファンになりました。

ツーショットの写真を見て、つくづくいいお顔だなー、と見とれてしまいました。
私もこんな、懐の深い慈愛に満ちた先生になりたいです。

DSC_1029.JPG


鍵盤をトコトコ歩く、可愛い指人形。
どなたか、器用な方作ってくれないかなー?

DSC_1032.JPG



キテイ先生のお料理やパンは、いつも絶品!

dsc_1028.jpg


posted by ikko at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月03日

ようこそ、レッスン室へ!

一週間先延ばしになっていた、CASIOのハイブリットピアノがやっとお嫁入り。

DSC_1012.JPG

DSC_1013.JPG

一番にやってみたのは共鳴の実験

まんなかのドミソの鍵盤を音が出ないようにそ〜っと抑えて、下のドの音をボン!と鳴らします。
「うわ〜、ほんとに共鳴してるぅ・・・・!」
ドミソがはっきり聞こえます!

電子ピアノのの中でも、グレードの高いハイブリットです。
 試しに二階のローランドでもやってみましたが、かろうじでソの音が微かに聞こえる程度。

このピアノ使って何ができるか?
まずは生徒さんに弾かせてあげたいな!


午後からは二回目のグループレッスン。

タイムトライアル・カード取りなど勝った順に好きな駄菓子をGETできるので、みんなし〜んけん!
二度目なので、カードの取り方もだんだん上手に!
実は一人勝ちにならないよう、うまーく問題を出してみんなに達成感を味あわせるのが先生の技なんですよー。

DSC_1008.JPG

教える方も習う方もまったく初めてだったのですが、予想以上にテンポよく進められたのと、なにより楽しくできたので、本来の目的はひとまず達成です。

事前に食物アレルギーは確認してあったのですが、前回のグループレッスンのおやつタイムで、シュークリームがダメな子がいたので今回は3種類用意。

DSC_1001.JPG

ジュースも飲まない子が。「いつも何飲んでるの?」って聞いたら「お茶かお水」ですって!
今のお母さんは、えらいですねー!

次回のグループレッスンは夏休みかなー??
その前にまずは、発表会頑張ろうね!