2017年01月08日

いつもは孤独なピアノですが・・・。

新春天空コンサート、コンチェル演奏無事にトリを務めました。

20170109084819.jpg

松丸弘子先生のエレクトーンの伴奏による「グリーグのコンチェルト」
長い長いカデンツァがかっこよくて、私のお気に入りの一曲です。

本番を迎える前に思いました。
「のだめカンタービレ」で千秋先輩がラフコンを弾きながら「あー、終わってしまう。このままずっと続けばいいのに」と心の中でつぶやくシーン。

そんな境地で演奏できたらどんなに幸せだろう、って。

実際はそんなドラマのようにはいきません。
初めてのホール、普段あまり弾くことがないベヒシュタイン、エレクトーンのバランスも一回のリハで掴まなくてはなりません。

でも、ほんとに楽しかった!
緊張もしたけど、楽しさの方が上回ります。

最後の最後で足がつって、すぐに立てないというハプニングもあったけれど、お友達の先生たちとこうして同じステージに立てた喜びと、こんな機会を与えてくださった松丸先生に心から感謝します!


20170108222710.jpg

仲良しの先生たち。みんなドレス姿がステキ!
DSC_0708.JPG



遠くから駆けつけてくれた大人の生徒さんたち、忙しい時間を割いて最後まで客席でエールを送ってくださった先生たち、本当にありがとうございました!


20170108222733.jpg


posted by ikko at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月07日

七草になってしまいましたが

怒涛のような忙しさの年末年始が終わり、レッスンも始まりました。

新年のご挨拶もできないまま七草を迎えてしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします!

今日は、ちょっと足を伸ばして所沢のミューズで「中村紘子追悼コンサート」
 あどけない少年だった牛田くんがすっかり青年になって、見事なラフマニノフを聴かせてくれました。

 DSC_0682.JPG


宝石に例えるなら、気品溢れるパールのネックレスのような仲道さんの「皇帝」

キラキラの宝石箱のような牛田くんの「パガニーニ狂詩曲」

高級なカメオのような風格のある上原彩子さんの「チャイコン」


同じピアノ、同じ指揮者、同じオケでも、3人3様の音色に魅了されました。

中でも牛田くんのピアノは、魂を持っていかれるような素晴らしい演奏でした。
元々表現力はある方ですが、ロシア留学でたくさんのことを吸収されたのでしょう。

小さい頃からの演奏を楽しみにしているので、この成長がとても嬉しいです。


帰り際にはお年賀ということで、こんなかわいいどら焼きが来場者に配られました。

DSC_0679.JPG


さー、明日は自分の本番!
精一杯頑張ります!!

posted by ikko at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記