2017年03月27日

やっと受講できました!「熊谷麻里先生のセミナー」

この春、うちのお教室は出産ラッシュ

生徒さんのママお二人と、大人の生徒さんの計3人の方がおめでたです。
体をいたわりながらも昨年末のクリコンも欠席せず、今年の発表会もみんな参加してくれます。

「卒園式と入学式の間に産まれて欲しいんです!」
とおっしゃっていたママさん。

お見事!!
ちゃんと希望どおりに二人ともご出産

嬉しいですねー。
お腹の中で、いい音楽を聴いているからきっと穏やかで優しいいい子だと思います。


今日は念願のセミナーに参加できました。

同じ川口の熊谷麻里先生のセミナーです。

17499527_1427322464005664_877287967710136067_n.jpg



毎年お邪魔している発表会では、度肝を抜かれるパフォーマンスとレベルの高さにため息。

「どうやったら生徒さんを、こんなレベルまで引き上げられるの?」
「なぜ、こんなにご父兄の協力体制が整っているの?」
「麻里先生のレッスンはどこが違う?」

などなどの疑問を、琴線に触れるような小気味よい語り口で、二時間みっちりお話していただきました。

私の教室理念がますます固まったところで、明日からのレッスンもがんばります!

posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2017年03月26日

石嶺先生の公開レッスン

寒い雨の日曜日でしたが、表参道のレッスン会場は熱気ムンムン

今日も可愛い石嶺先生

DSC_0961.JPG


継続セミナーを受講した先生方の生徒さん12名が午前午後に渡って、思い思いの曲を見ていただきました。

ずらりと並んだピアノの先生。
みんなが鍵盤を凝視する中、緊張しないで弾ける人などいるはずがありません。

顔だけでなく体中がこわばった状態で、それでも精一杯の演奏をしようとする小さな生徒さんのなんとかわいらしいこと。

一回目。
みんなド緊張。
笑いなし

ここからが石嶺先生のマジックの始まり。

とにかく笑わせる。
一度笑顔が出たら、そこからはどんどんその子のいい所が引き出されていって、終わる頃にはまるで別人のような演奏に。

体の緊張は心の緊張です。

どんないい事を教えても、心がこわばっていてはまねすらできません。


お昼には、目を見張るほど色鮮やかなランチ

 DSC_0958 (1).JPG


今日も沢山指導のヒントをいただきました。

ソナチネを見ていただいた私の生徒さん。

DSC_0959~2 (1).jpg


まだ二年生なので手も体も小さくて、頭で分かっていてもどうしても長いスケールが転んでしまいます。

すかさず先生の一言!
「どの子もこの子も見捨てないで、みーんな連れて行くんだよ〜!」

「音の粒そろえて。滑ってるよ」という言い方とは子供の反応が大違いです。



「これだけ色んなことを考えると弾けなくなるでしょう?でもそれが大事。一音たりとも考えないでひいてはダメ!」

というお言葉、まず自分の演奏に生かしていきたいと思いました。

posted by ikko at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月24日

楽譜書き終わりました!併せが楽しみです

面談月間が終わり、空きのない時間に希望が入ったりして「これは大変!」と思っていたら・・・・。

「捨てる神あれば、拾う神あり!」


ダブルになったところは、進級で遅い時間を希望の生徒さんがいたりしてところてんのように
 奇跡的に4月からのレッスン枠もすんなり決まりました。

生徒募集の時期に逆行する形になりますが、4月からは思い切って平日のレッスンを完全に休みにすることしました。
その分在籍している生徒さんの移動があるので、忙しさに変わりはないのですが週に一日は自分のやりたい勉強や心のゆとりに宛てたいなー、と思います。

問題は今月中にやるぞ!と自分への課題にしていた室内楽のアレンジ

8月の発表会でやるピアノトリオの為ですが、ホールが取れなくてなんと併せは6月!
これはちょっと焦ります。

大人の生徒さんは自分でとっても素敵な楽譜をそれぞれ探してきてくれたのでOKですが、子供たちの曲はどうするか?!

色々楽譜を物色しましたが、生徒さんのレベルも様々。
市販のものだと、ありきたりだったり簡単すぎたり難しすぎたりで生徒さんのスキルに合わなかったり・・・・。

「う〜ん。困ったな」

という事で自分でアレンジすることに。

数曲ですが、アーティキュレーションを含め一音づつPCに打ち込んでいくのでなかなか時間のかかる作業です。
頭の中で組み立てている音がそのまま楽譜になるソフトが出来ないかなー?

総譜・パート譜、それぞれに印刷するとかなりの枚数になります。
やっと書き終えたのに、とうとうインキ切れに。

プリンターさん、お願いだから壊れないでよ!


DSC_0951 (1).JPG


posted by ikko at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月20日

石嶺先生のプライベートレッスン

首を長くして待っていたレッスンです。

今日の受講者は14人のピアノの先生。
ブルグミュラーとソナチネの中から好きなものを選んで見て頂きました。

20170320212036.jpg


私はソナチネ。

どうしても納得いかない楽譜の表記に、先生のお答えはズバリ

「原典版にはこんなこと書いてないわよ!」

やっぱり!
私が調べていた何冊かのソナチネは、すべて原典版以外のものでした。

ほんのひとつのスラー、ちょっとのスタッカートでも曲の印象はかなり違ってきます。
迷った時は、まず原典版ですね!


スコンスコンと胸に落ちるレッスンは、なんと4時間以上ぶっ続け

セミナーで教えて頂いたことが、モデル生の先生方のレッスンで実践して頂くことで更に理解が深まります。
石嶺先生のレッスンは即効性のある処方箋のようなものです。

決して妥協はせず細かいところまで指摘してくださるのだけど、短い時間の中で弱点と対処法をパンパン教えてくださいます。

「これはすぐにレッスンでも使える!」という練習法も沢山ありました。

第3回がすごく楽しみ。
やって頂けるのかどうかも分からないうちから、すでに参加を決めています!


posted by ikko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月15日

目いっぱい遊んじゃいました

確定申告締切日の今日は、私の誕生日です。

ラッキーなことに水曜日は5週あるので、娘親子と木更津のドイツ村に。

その前に、いちご狩り。
色んないちごの食べ比べで、指先は真っ赤。

苺の赤って、なぜか幸せ感じます。

20170316005136.jpg



お目当てのドイツ村についたものの、ありえへんくらいの寒さ。
この時期に5度や6度では涙目になりそう。

でもしっかり菜の花は咲いていましたよ!

20170316010434.jpg



下のおちびちゃんも歩くのが早くなって、一瞬たりとも手も目も離せません。
自分も通ってきた道ではありますが、母というものはつくづく偉大な存在だ!と痛感。

20170316010351.jpg



暗くなってあたりを見回すと、あまりの美しさに言葉を失います。

どこを見ても、とにかくきれい!
口コミ通りの素晴らしいイルミネーション!
千葉県、なかなかやるじゃん!

 DSC_0930.JPG

DSC_0925.JPG


観覧車から見た下界の様子は圧巻です。

20170316010224.jpg


20170316015841.jpg

つい乗せられて記念写真、買っちゃいました。

 DSC_0934.JPG


こんな素敵なイルミネーションが、今月一杯は入場料なしの乗用車一台分の駐車料金2.000円で見られますよ!


posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月12日

体の柔軟は、まず心の解放から

シューベルトを身近に感じた「第3回ブライベートレッスン」

去年から始まった、ピアノの先生有志で始めたプライベートレッスン。
BACH・MOZARTに続き、今日のお題はSCHUBERT

生徒さんにも与えることが多い、なじみの作曲家ですが実はさりげな〜く弾くのがとっても難しい。

20170312212713.jpg


スケルツォ・即興曲・Op.120のソナタから第一.第三楽章。
それぞれ4人で見て頂きました。

私は3楽章。
テクニック的な難所で「もーだめ〜!」と思っていると隣で「がんばれ〜!」という良子先生のエール。
これが実にいいんです。
気が付くと山を越えられます。

「乗せて弾かせる!」早速レッスンで実践することにします!

上手く弾けないのは、余計な事をするから。
自然に自然に。まず「この曲、素敵に弾きたいなー!」という自分の気持ちを自分自身が大切にしてあげること。

今日のレッスンで私が感じたことです。


なくて七癖、自分では気が付かない弾き方を指摘して頂いたり、他の人の演奏を見ながら「自分だったらどう弾くだろう?」と想像しながら聴いたり、生徒さんに指導するときの言い回しや声のトーン、スピードなど、お宝がぎっしり詰まった時間です。

一小節、いや一音で止められるとっても細かいレッスン。
「生徒さんにはここまで細かくは言えないわよね」と良子先生はおっしゃっていたけれど。

10気が付いて1しか言わないのと、1しか思いつかなくて1指摘するのでは指導の深さが全く違います。
出来る事なら、きめの細かい指導が出来る先生を目指したい。

だから、どんなに細かく止められても、みんなそれが嬉しくて・・・。


このハイテンションな感覚が消えてしまうのが勿体なくて、帰宅後すぐにピアノに向かいました。

うちの生徒さん、私のレッスンの後こんな気持ちにはならないだろうな?と思いつつ・・・。



2017年03月03日

春の日差しに花一輪、また一輪

ちょっと暖かい日があると、つぼみが一気に色づいてきて桜もちらほら咲き始めました。
最近主人がせっせと買い込んできたいろんな苗木がざっと10本。

もしこれが全部成長したら、うちの庭は大変ことに!どんっ(衝撃)


初めてのステップにピアノとケンハモで参加!ということで、今日はお友達先生が集まって我が家で練習会。

世間的にはひな祭りなので、お茶の代わりに甘酒でのどをうるおし、さー、練習!!いす

出来ても出来なくても、アンサンブルってなんでこんない楽しいんだろう。

 
いつものちらしずしもハマグリのお吸い物もみんなで頂くと、やけにおいしい!
(私って、料理の天才?いやいやそんなはずはない!)

 DSC_0827.JPG


午後はレッスン&振替&面談

ひな祭りとは縁のない男の子からとってもかわいいプレゼント頂きました。

 DSC_0828.JPG


先月半ばから始めた個人面談も、残すはあと数人。

レッスン時間と別に時間を取るので一日多くても3人くらいしかできませんが、私の知らない子供達の素顔・ママの本音が聞けてとても楽しみなんです。

今年は面談時間中の生徒さんは、ヘッドフォンを付けて電子ピアノの練習。
知能犯は、ここでボリュームを小さくして我々の会話を・・・。耳

なんて子はいないか?!

 
とにかくこの面談は、教える方と習う方、習わせる方の温度差を縮めるのにとても価値のあるイベント。
寒い中、お忙しい中いらしてくださるご父兄の皆様には、ほんとうに感謝です。

 生徒さんの事がすごく身近に感じられて、教えることがますます楽しくなってきました!ハートたち(複数ハート)


 
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記