2017年08月26日

気持ちが一つになった日

「限定しなければ、願いは必ず叶うはず」

土曜の夜から、発表会の後の反省会&親睦会。
急なお誘いだったのですが、それでも10名で6時間に及ぶ、熱いトークが飛び交いました。

先生一人、特定の人だけがバタバタと動き回るではなく、生徒も保護者もみんなで作り上げていく発表会。
当日は生徒も保護者もこちら側の関係者。
全員体制で、聴きに来てくださるお客様をお迎えする発表会。

実は誰よりも、私が一番望んでいる事です。

でも、色んな価値観や、家庭環境、目的を持って通っている生徒さんや保護者の方に対して何故か気後れしてきっぱりと言い放つことが出来なかった気持ち。

今夜は生徒さんや保護者の方の中から「そういう教室にして行きましょう!」をいう声が湧き起ってきて、感動しました。

「スタッフは揃いのTシャツを着ようよ!なんか楽しい!」

「えー、折角きれいなドレス着るのに、やだー!」

「私は目立たないようにこっそり仕事するので、Tシャツは勘弁」

笑いの中にも本音トークが飛び交います。

 
ピアノ教室DOLCEは今年やっと7回目の発表会を迎えた、比較的新しい教室です。

大人の生徒さんたちの連帯感はとても強くなりましたが、子供たちや保護者の方は年に一度しか顔をあわせない人も多く、「蚊帳の外」という距離間の方も多くいます。


「演奏する人も、聴く人も、気持ちは全員参加のコンサート」にするには、まだまだ課題が山積み!

 
今回は内容としては、演奏も場内の静けさも文句なしに過去最高だったと思います。
アンケートからもとても高い評価を沢山いただきました。

でも生徒さんたちはそこで満足するどころか、更にいい発表会、いい教室になるよう頭を巡らせてくれて。
私が思いもよらなかったような、妙案が続々出てきます。

私がぼやぼやしているわけにはいきません。
「もうこれ以上、無理!」と、思ったこともあったけど、一人じゃない!

「なんでも言ってください!」と言ってくれる周りの後押しの何と有難いことでしょう。

私もしっかり勉強して、自分のスキルも磨きます。
生徒さんの指導も、もっと工夫すれば一年後大きな成果があるはず。
引っ込み思案の保護者の方も顔を出しやすいような企画を考えて、「めんどうだなー、と思っていたけど、なんだか楽しくなった!」と思って頂けるような機会を作っていきます。

なんだか力が湧いてきました。

生徒さんの頭の中は12月のクリコンを飛び越して、もう来年の発表会の話題に突入しています!

伝わらないことを恐れるより、まず伝える努力を続ける事の大切さ。
それを生徒さんや保護者の方に教えて頂いた一日でした。

 DSC_1386.JPG

 
 写りはよくないですが、この時点でみなさんかるく7・8杯は飲んでいます!
閉店で追い出されるまで、延々6時間どうもありがとうございました!!!

 
posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記