2010年03月05日

<オリンピックが終わって> 2010.3.2

恐らくみなさんも一番の楽しみはフィギュアだったのでは?
どの選手がどんな曲で滑るのか?
これって、ピアノをやっている人はかなり関心度が高いと思います。

個人的に安藤美姫は、泣ける位私のツボをついてきます。

交響曲で一番好きなサン・サーンスの「第3番」
敬愛するMOZARTの「レクイエム」、
リムスキー・コルサコフの「シェヘラザード」
どれも魂を揺さぶるような感動的な曲ばかりです。

あれだけの大舞台で「緊張はしなかった」というキム・ヨナ。
どういう精神構造をしているのでしょうか?
羨ましいとしか言いようがない!

科学的に分析して「上がらない脳トレ」でも
どこかのTV局で取り上げてくれると嬉しいんですがね〜・・・。

フィギュアとかけてピアノの本番と解く。
その心は?

「ずっこけても終わるまで帰ってこれない」
失礼しやした〜・・・。
posted by ikko at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
フィギュア大好き生徒です。現在、浅田真央が以前フリーで使った花のワルツを練習中。(1回転ジャンプすら転倒状態・・・)彼女がよく使う「ノーミス」という言葉、発言するだけでもすごいな〜っていつも思います。ノーミスのピアノの本番っていつか経験できるのかしら??
Posted by ゆかりんママ at 2010年03月29日 23:33
同感です!今日美容院で週刊誌読んでたら、真央ちゃん親子の壮絶な練習の日々が載っていました。
一日20時間もリンクにいる日もあったとか!
なるほどね。
努力なくして、あの精密で安定した演技はないということか・・・・。
Posted by ikko at 2010年04月01日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック