2012年05月05日

ラ・フォル・ジュルネ

GWと言えば・・・



今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの季節となりました。

今日は朝から頑張ってレッスンして、午後から東京国際フォ−ラムに向かいました。


まずは丸ビルでチャイコフスキーの歌曲とるんるん「くるみ割り」の連弾を聴きに。

ラ・フォル・ジュルネは周辺会場で様々なコンサートが繰り広げられますが、今年初めて事前にリサーチして、空き時間に周辺コンサートにも顔出し。

ラフマニノフ・チャイコフスキー・ムソルグスキーなどの直筆を見れたのは予想外の収穫です。
ラフマニノフやムソルグスキーの楽譜はまるで定規をあてて書いたように几帳面。

作曲家にとって楽譜はそのひとそのもの。
楽譜は手紙と同じようなものです。
ひとつひとつの音譜の書き方に人柄を感じ、作品への親近感がより湧いた気がします。

ラフマニノフの前奏曲「鐘」の楽譜です。

前奏曲image.jpeg



国際フォーラムでの本日の演目はるんるんラフマニノフの「ピアノ協奏曲3番」
大変な難曲ですが、オケをリードする素晴らしい演奏でした。


春から音楽科に入学した生徒の先生が、ヴァイオリンの伴奏で親子出演するというので、ラフコンの後大急ぎで再び丸ビルに向かいました。

移動に時間がかかり途中からの鑑賞になりましたが、ちょうど向かいのカフェの席が空いていて奏者の真横からのベスポジをGET!
コーヒー片手にじっくり聴くことができました。

原image.jpeg

 
るんるんリムスキー・コルサコフ:バレエ音楽「シェヘラザード」
 るんるんラフマニノフ:パガニーニの主題による変奏曲 第18変奏
  るんるんショスタコーヴィチ:ロマンスetc.

お目当ての「シェヘラザード」はほんの一部分だけでしたが、さすが親子共演だけあって息はぴったり。
ヴァイオリニストの娘と、ピアニストの父!
なんて羨ましい・・・。

超絶技巧の演奏に、みんな微動だにせず聞き入っていました。
posted by ikko at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック