2012年05月06日

音・音・音

熱狂の日。 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン二日目です。

今年の演目で娘が一番聴きたがっていたのはベレゾフスキーの連弾るんるん「眠りの森の美女」です。
もちろん一番にチケットはGETして、私も楽しみにしていたのに、共演者の体調不良で急遽演目が変更に。

350公演もあるなかで、何とも不運なことですが、ラフマニノフの2台ピアノるんるん「幻想的絵画」は聴けたので満足です。

ベレゾフスキーのお相手はモデルのようにすらりとした方で、宝石のようにキラキラとした美しい音でスクリアビンのエチュードを弾いてくれました。

今日はほかに2つチケットを購入していたので、夜まで時間が空かないように娘がばっちりコンサートのはしご用のスケジュールを立ててくれました。

国際フォーラムと丸ビル・OAZOを何度も行ったり来たりで靴づれができ、日頃の運動不足を痛感。


ベレゾフスキーの後は周辺会場でるんるん「くるみ割り人形」オケ+バレエですが、すごい人だかりの為、音が聞こえない店舗の窓から、音楽を想像しながらバレエを見るという奇妙な初体験。

1-image.jpeg

ビルの谷間のとてもおしゃれな中庭では、打楽器アンサンブルでるんるん「剣の舞」もやっていました。
バラの時期にはもっと豪華な庭園に素敵になるでしょう!

フォーラムに戻ると上野学園のフレッシュな男の子がるんるん「くるみ割り」の連弾をやっていました。
小さな女の子が楽しそうに体を揺らして、きっと一緒に踊っているつもりで聴いていたのでしょうね。

急ぎ足で、再び新丸ビルです。
昨日と同じカフェで、昨日と同じベスポジの席が取れたので、ピアニストと視線が合う位置でティラミスを食べながらピアノ鑑賞です。

るんるんラフマニノフのピアノ協奏曲2番第二楽章をソロアレンジしたのと、プレリュードるんるん「鐘」を聴きました。
ラフコンは、オケの音とピアノのパートをほとんど網羅したアレンジで、そのスーパーテクニックには驚くばかりです。

2枚目の有料公演はグリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲と、川久保賜紀さんのるんるんチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト。とってもとっても素晴らしかった!!
オケも一糸乱れず、ヴァイオリンのカデンツアからフルート、クラリネットと引き継がれるあたりは会場も呼吸を忘れるほどの静寂に包まれ、まるで異次元にいるようでした。
本当に素晴らしかった!!


胸が一杯になったところで、お腹も一杯にするべくお目当てのレストランへ。
毎回ここのカニコロッケを頂くのが楽しみの一つなんです!

image.jpeg


今回の熱狂の日、最後の演目はるんるんベレゾフスキーのラフコン2番
一日に2回も、別プロで大曲を弾きこなす超人です。
彼はもう、ラ・フォル・ジュルネにはなくてはならない「顔」的存在です。

私の大好きな「ダッタン人の踊り」もあって、最後はスタンディングオベーションで、幕を閉じました。
聴く人、演奏する人、スタッフ、本当に「今年も最後までやりきったね!」という思いが会場全体に流れたような気がして胸が熱くなりました。


毎回、熱狂の日の最後の演目は欠かさず聴きますが、「今年のGWもいい思い出が一杯できて幸せだったな!」と思います。
今年は、娘が隣でフォローしてくれたので、国宝級の方向音痴の私もいろんな会場で演奏を楽しむことができました。

あれだけの規模で、事故なく進行するには関係者の方のご苦労は計り知れないものがあったと思いますが、また来年も聴きにいきますよ〜!!
posted by ikko at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131417
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック