2012年06月09日

角聖子セミナー「大人のブラインドタッチ」

今日は朝からどんどん気温が上がり、初夏のような日差しでしたね。
日頃一日中レッスン室にこもっているので、とっくに初夏の陽気なのに気が付かなかったのかもしれません。

午前中はレッスンがなかったので、角聖子先生のセミナーを受けに行ってきました。
角先生はNHKの「大人のピアノレッスン」ですっかりおなじみの方です。

大人の初心者の方は手元を見ないと弾けない人が多い。
楽譜を見ると手元が分からなくなり、手元を見ていると音が分からなくなり・・・・。

今日はそんな大人の生徒さんのための「ブラインドタッチ」体得法です。


教材は角先生の「ブラインドタッチで弾ける・大人のための楽しいピアノスタディ」

ナチュラルポジション(鍵盤に5本の指を一本ずつ置いた形です)で弾ける曲をたくさん練習することで指が鍵盤の幅の感覚を覚えます。

大切なのは、弾き間違えた時に鍵盤を見て修正するのではなく、耳で正しい音を探ることだそうです。


★初心者であっても、音楽的なものがないと行き詰まる。
 弾くのがいっぱいいっぱいでも、最後の後だけでも音楽的に弾くような姿勢が大切!

★リズムは「拍」の上に成り立っている。
 音を間違えても指を止めないこと。 拍の流れを止めないこと!

最初は蚊の鳴くような小さな音しか出なくても、脱力を優先させること!(全く共感です!)
 音色に対する感性をそっだてることが大切。

先生がサンプルとして弾いてあげることの大切さ。
 たとえどんな初級の曲であっても、憧れを持てるよう美しく演奏してみせること。


先生が弾いてくださったのは、バイエルの7番。
気にも留めずに通過するほどの初級の曲ですが、涙が出るほど美しく演奏されました。
あんな美しいバイエルを聴いたのは初めてです。

私は最前列のセンターに座ったのですが、「どなたか?」と言われて初級の連弾でしたが先生の伴奏で2曲ほど連弾させていただきました。
うっとりするほどきれいな伴奏で、緊張しましたがいい思い出になりました。揺れるハート
posted by ikko at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック