2013年05月05日

ラ・フォルジュルネ2日目

5月4日、昨日に引き続き今日は午後から最終公演まで半日、国際フォーラムで過ごすことに


昨日よりずっと暖かく、人出も多いようです

やっぱりこのイベントは汗ばむ陽気と、ごった返すほどの人ごみがないといまいち盛り上がりません

こんな素敵な野外ステージもあります

__ 2.JPG



最初の公演は、私が一番楽しみにしていたサン・サーンスの3番
これさえ聴ければ、本望・・・・黒ハート


ュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
サン・サーンス 「交響曲第3番/オルガン付き」


オケは読売交響楽団・指揮は川瀬賢太郎

正直言って・・・・



           もー、最高でしたexclamation×2

学生の頃から、全ての交響曲のなかで一番好きな曲です

サン・サーンスはオルガン奏者なので、BACH的な対位法のメロディーが随所に出てきてそれは素晴らしい曲です!

安藤美姫も、この曲をフィギュアで用いました。


120%の満足度の演奏の後は野原みどりさんのピアノソロ


ラヴェル   「前奏曲」「水の戯れ」
フォーレ   「ノクターン5番・6番」
フランク   「前奏曲、コラールとフーガ」


この公演は120人ほどの小さな部屋でしたが、天井が低いためだと思いますが折角の音の余韻がいまいちしなかったのが残念です。
冷静で、かっちりとした弾きこなしは見習いたいです。


会場を出ると、ラジオのトークライブもやっていました

20130504_172821.jpg



次の公演まで少し時間があったので、展示ホールで福間洸太朗さんのピアノ
「ショパン協会賞」を受賞されたとかぴかぴか(新しい)
とても柔らかく純度の高い美しいピアノでした!!
こんな中庭みたいに広いスペースで、これだけの音に聞こえるということは、ホールのスタインンウェイだったら、どんなに美しいことでしょう・・・・かわいい

20130504_182011.jpg


ラ・フォルジュルネでは、こういったチケットの半券があれば無料で聴ける公演もたくさんあります

「アラベスク」と「雨の庭」の後アルベニスなどスペイン物を二曲聴いた後で、次の公演の為中座


会場はまた5000人の大ホールに戻ります

3つめの公演は、オールラヴェルプロ


ラヴェル  「亡き王女のためのパヴァーヌ」
       「ピアノ協奏曲 ト長調」
       「ラ・ヴァルス」


ピアノは小山実稚恵さん

ダイナミックはピアノ演奏をする方です。
ピアノ協奏曲は昨日も聴きましたが、小山さんのほうがちょっと生真面目な弾き方だと感じました。

2楽章は左手の対旋律もよく歌っていて、3楽章も細かい音の一つ一つまではっきり聞き取れるような丁寧な演奏です。

この曲の3楽章を聴くといつも「ゴジラ」のメインテーマに聞こえてしまいます(笑)
きっとみんなもそう思ったはず!!



「ラ・ヴァルス」で盛り上がって終わったところ、鳴り止まない拍手の後サプライズで、なんとなんと


      指揮者として有名な、佐渡裕さん登場目

    ラヴェルの「ボレロ」を振ってくれました!!

もう、会場の熱気は最高潮

    プログラムの演目よりよかったexclamation


佐渡さんはラルムー管弦楽団を17年間指揮していたそうで、団員の中には感激のあまり頬を濡らす人も・・・・

佐渡さんのお人柄でしょうねハートたち(複数ハート)

20130504_202141.jpg



さて、楽しかったこのイベントもこれで最後

この音楽祭で、この人のピアノを聴かないわけには参りませぬ

そう、音楽祭の顔   ピアニストのベレゾフスキー!


デュカス   「魔法使いの弟子」
ラヴェル   「左手のための協奏曲」
        「ボレロ」

ベレゾフスキーは、「まだまだ弾ける」という余裕のテクニックを感じさせる演奏で、いつも安心して聴けます。

両手でも難しいパッセージを左手だけで、しかもオケにまけないボリュームと王者の風格でなんなく弾ききりました!

最後の「ボレロ」は演奏だけでなくライブドローイング付き

白い紙にリアルタイムに書かれた絵が、時にはアニメーションを交え、紙を切り抜いたり破ったりするのがプロジェクターで映し出されます。

これがなんともシュールすぎて、会場は一気に白けムードに。



前の公演で聴いたボレロの感動がすごかったせいではないのですが、やはり音楽が主役

まるでBGMのように扱われたことが、オケの団員に申し訳ない気がしたのは私だけではなかったと思います。

本来ならば映像には、ボレロのテーマを演奏する各パートの第一奏者の姿が映し出されるはず!


   演奏が終わった後には神聖なステージに、破り捨てられた紙の残骸が散らばって・・・・


という期待外れのハプニングはあったものの、今年も音楽の素晴らしさを体中で感じることができました!!

演奏者にもスタッフにも、一緒に静かに聞いたすべての聴衆にも、感謝の気持ちで一杯!!!


今年は何故か同じ演目が多くて

   ラヴェル「ピアノ協奏曲」 二回
 
       「ボレロ」    二回

   デュカス「魔法使いの弟子」二回


   サラ・サーテ「カルメン幻想曲」二回


   聴き比べができるのも、ラ・フォルジュルネの魅力の一つです

   


余談ですが、娘のお腹の赤ちゃんは、ハイテンションな音楽になると盛んにお腹を蹴っていたそうです。足

       将来有望

来年は「0歳からのコンサート」に参戦かなexclamation&question
posted by ikko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック