2013年07月22日

これがホントの怪我の功名?

先週切った親指の爪、順調によくなっていますがまだ包帯ぐるぐる巻きで、伴奏や模範演奏は大変!

「先生は1の指が使えないから、2の指で弾いてるけど、あなたは1で弾くのよ」

といちいち注釈がはいります。


今回の発表会でカプースチンを弾く方はいるのですが、早めに取りかかりたいということで今の曲が仕上がったら練習に入ります。


カプースチンはショパンのエチュード並みの難曲、且つJAZZの要素が非常に強いので、音を出す前にやっておかなくてはならないこと!


    コードの分析 


    そうだ!!   今日は座学にしょう!!ひらめき

  


「ほんとに初歩的なコードしか知らないんです」
とおっしゃっていたのに、レッスンの終わりころにはマイナー、メジャーはもちろん、SUS4もdimも−5もon〇もしっかりマスター決定   

       さすが〜exclamationぴかぴか(新しい)
posted by ikko at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めてコメントします。
先生、いつもレッスンありがとうございます。

コード理論は、昔ほんの少しだけギターをかじったことがありますが、全然ちんぷんかんぷんでした。

今回、先生の説明が大変わかりやすかったので、基本的なことについては大体理解できたように思います。

カプースチンをかっこよく弾けるように、今後もご指導お願いいたしますm(_ _)m

お怪我が早く治りますよう、お祈りしています。
Posted by m.f. at 2013年07月23日 16:20
いつもブログお読みいただき、ありがとうございます!

これからも、気軽にコメント書いてくださいね!!

ギター、やってたなんて、初耳でしたよ。
Posted by ikko at 2013年07月23日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック