2015年02月10日

「一音のこだわり」いつも心に

「こだわり」の大切さ、学びました。

今日はずっと楽しみにしていた、後藤ミカ先生の「ブルグミュラーでお国めぐり」のワークショップ

ミカ先生のブルグとおもしろハノンは、ありがたーいレッスンの必需品

今日はワークショップということで、知り合いの先生方の素敵な演奏も聴けて
一秒たりとも無駄のない凝縮された時間に大満足。

ミカ先生自身の演奏に、今まで適当に伴奏を弾いていた私は大いに反省
となりで演奏する生徒さんの音楽性を、最大限に引き出すようなアピールをもっとしなくては・・・。

 
作曲者は一音に、こんなにも強い気持ちをこめるものなのだから、
弾かせていただく方は、謙虚にそれを汲み取る努力をする責任がありますね。

午前中のレッスンを変更していただいた生徒さん、ごめんなさい。
お詫びを兼ねて、次回のレッスンでは早速スキルアップした連弾をやってみましょう!

2015-02-11-00-42-22_deco.jpg

posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/116131572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック