2015年06月21日

「お花は人を幸せな気持ちにしてくれます」

ユリ・百合・ゆり・・・・・

明日は母の91歳のお誕生日
遠く離れた地に住む兄から、それはそれはでっかいお花が届きました。

母の大好きなユリがたくさん入っています。

DSC_0412.JPG


「8月の発表会の時だったら、このままステージに飾れたのにな・・・」
などと不届きな事を考える私。


今の時期、庭も満開、
顔ほどもある大きな頂き物のユリも見事に開き、
中も外もいい香りが漂っています。


DSC_0419.JPG


DSC_0423.JPG


「今は朝?夜?」⇒「外を見て明るかったら朝よ、暗かったら夜よ」

「ここが一番いい。死ぬまで面倒見てよ」⇒
「もちろんいいよ。死ぬまでいいけど、死んだらあっちの世界に行ってよ」

「この頃ちょっと、ボケてきたかも?」⇒「・・・・・・。要介護3だよ」


こんな会話が、自然に笑って出来るのも親子だからこそ。
生きていてこそ出来る、親孝行です。

あと何回、私の発表会を見に来てもらえるのかなー?

posted by ikko at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/143826263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック