2015年08月04日

大人のレッスンは教える方も、心から楽しめます!

初心者用、シニアレッスンにすぐれものの一冊のご紹介です!

この春から立て続けに、男性の生徒さんが入会されました。

「自分で作曲した曲でコンテストにも残ったこともあるんです。
でも楽譜に落とせないので、基礎から勉強したくて」

という生徒さんに用意したのはこれ


「すぐわかる 大人の楽譜の読み方」

DSC_0533.JPG


一般的にはシニアの教本には、理論が織り込まれています。


弾きながらコードや基本的なお約束を覚えてもらうのですが、
この本は項目別に調べたい事がすぐにわかるすぐれもの!


なにより大きく表示されているので、見やすい。

というより

「読んで見る気になる」 ← これ大事!


DSC_0536.JPG


ペーパー上では説明しにくい、三連音符や符点の音符もとてもわかりやすい。


DSC_0534.JPG


DSC_0535.JPG

大人、特に男性は理論的に納得してもらってからの方が抵抗なく入っていけます。


初レッスンの今日は、コードの説明に「らくらくピアノ」を使ってみました。

「歓喜の歌」をまず指番号を見て右手はその場でクリア!

第二段階は左手をルート音だけで伴奏付。

もう一本加えて五度で伴奏をつけたり、ルート音をオクターブ上下させたり
半音ずらすだけで印象が変わるのを体感して、すっかり満足!


「ずっと前から、ピアノやってみたかったんです!」
といって笑顔でお帰りになった背中を見て、
私もとっても幸せな気持ちになりました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/159968701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック