2015年11月01日

身の丈にあった曲でいいから、迷いのない演奏をしたいです!

「自分が弾きたいと思った曲を、確信を持って弾くこと」本番が楽しくなるにはこれしかないかな?って思いました。

「いつこの秋の音楽祭」真っ最中です。
毎週末コンサートが続きます。

今日は南麻布で栗原麻樹さんのコンサート。

DSC_0739.JPG


普段縁のない広尾駅で降ります。

大使館ばかりずらりと並んだ案内図!

お友達の先生たちと最前列を占拠して、穴が開くほど鍵盤を見つめます。
今日の演目はプーランク、ラベル、ドビュッシーなどフランスものとハイドンのソナタ。

小気味いいほど動く指からはじかれた音が、鍵盤で踊っているようにみえます!

とても新鮮なラベルの「ソナチネ」、ドビュッシーの「喜びの島」。

聴いていてとても安心感のある演奏です。
心の中で、何度も「ブラボー」を連発!



DSC_0741.JPG

聴いている人を安心させる演奏。
それって技術だけではなく、「私はこう思うのよ!」
というエネルギーが伝わっているということなんだと思います。

本番と聞いただけでドキドキしてしまう自分ですが、次の本番は
「いさぎよい演奏」をしてみようかな?と思いました。


20151101174320.jpg


「早く帰ってピアノが弾きたくなったね!」
といいながら、いつものように居酒屋でイーティングになった私たちでした。
 DSC_0742.JPG


posted by ikko at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166932067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック