2016年04月24日

指導者セミナー、想像以上の学びありです

今日は夕方まで丸一日の、ピティナ指導者セミナーの日。
全国からピアノの先生が学びを求めて集結します。
毎年恒例のこのセミナーは、それぞれ違う活動をし思い思いのセミナーを受けるけど、幹の部分で繋がっているお友達の先生4人組と受講しています。

dsc_1082.jpg


毎年ジャストミートな先生たちが登壇してくださいます。
今年は指定席制になって中央最前列をGET。
スタインウェイの響板から聞こえる音をそのまま楽しみ、パネリストの先生方の息遣いもしっかり受け取れるラッキーな席で受講できました。

先生によって打鍵法も音楽の捉え方も様々ですが、ピアノを通じて音楽を語る人は、やはりピアノの音でそれを伝えてくれるのが一番嬉しいです!

今日はパップ晶子先生のバルトーク、久元祐子先生Mozart、Chopin、、金子勝子先生のノクターン遺作、安倍美穂先生と橋本晃一先生はご自身の作曲から、ポスターセッションでは馬場マサヨ先生のバラード・エチュードなど沢山の生ピアノを聴くことができました。

藤原亜津子先生と今野万実先生は導入期の指導のためのグッズを沢山紹介して下さり、勿体無いくらい贅沢なセミナーです。


目と耳で捉えたこの感覚こそが素晴らしいのだと思います。
だからこそ指導者の私たちはお金と時間を使ってコンサートに足を運び、レッスン時間をやりくりして、セミナーを受講します。

何度も受けた指導者セミナーですが、今回は指導者の枠を超えて、自分の音楽と向かい合ういいきっかけを与えていただきました。

最後の対談コーナーで、ショパコンファイナリストの海老彰子先生がおっしゃた言葉
「核を持つこと。最後は恐れないで自分を信じること!」

発表の場は様々でも、はやり最後に向き合うべきは自分なんですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175035281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック