2018年06月03日

「人前での演奏が緊張から快感に変わるとき」

「斎藤友子先生と素敵な仲間たち」
朝から午後まで19名、斉藤先生主催の第4ラウンドに渡るロング弾き会。


個人宅とは思えないステキなサロンにはスタインウェイとベーゼンが!
曲によってピアノを使い分ける贅沢さ。


DSC_0174.JPG




色んなセミナーで顔見知りの先生方ばかりですが、じっくりピアノを聴く機会って滅多にありません。
アマチュアの方も何名か混ざっているので、曲も超クラシックから、JAZZ・POPS・ケンハモまで多彩です。


何がいいかって、とにかく演奏者に優しい。
思うように弾けなくてリベンジしたい方には、リトライの権利があります。


一回目はガッちンガッチンだった演奏も、第二ラウンド、第三ラウンドと進んでいくと、どんどん良くなってその人の音に輝きが出てきます。


どんなに素晴らしい演奏でもそこに「この曲大好き!弾けて幸せ!」という気持ちがなくては、聞き手にその感動は伝わりません。

緊張が快感に変わっていく瞬間を、演奏者と共に堪能しました。


20180603234941.jpg




私もJAZZからクラシック、二台ピアノまで4曲を、本当に気持ちよく演奏させていただきました。
みんなの「ピアノ大好き!」がビンビン伝わってきて、どんどん幸せな気持ちになって、アフターの打ち上げも笑いっぱなしの食べっぱなし。


DSC_0175.JPG


DSC_0177.JPG



友子先生の優しさを随所に感じた一日でした。



posted by ikko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183416633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック