2013年03月07日

改めて聞くことの大切さ

今日は鴻巣まで免許の更新に行きました。
聞いてはいたものの  遠い!

車で片道1時間半はたっぷりかかります。車(セダン)

鴻巣まで?ということは・・・

  そう、以前父の13回忌に八戸に行く途中高速で速度オーバーで捕まってしまったのです。水瓶座


講習時間は2時間

寝不足で運転の後の講義は、睡魔との闘いです。眠い(睡眠)


「わかってるわい!安全運転しろっていうんでしょ」
「スピード出さなきゃいいんでしょ!」

お門違いの不満を感じながらも、だんだん事故の恐ろしさ。
人にやさしい運転とは、こういうことか!

など、真剣に感じつつ終わる事には、私は真人間ぴかぴか(新しい)

心からいい話を聞いた、と思って帰ってきました。


ピアノの勉強にも同じことが言えます。

分かりきったことでも、信頼できる人から指摘されると感じ方の甘さや、読譜のいい加減さを発見できることがあります。

忙しいスケジュールの合間を見つけてはセミナーに行く価値もここにあります。


いい音、いい話を受け止めるには、まず心を柔らかく広げておくことが大切です。

一日の最後にピアノを弾き終わると、私は何故かとても満たされた気持ちになって家族にもペットにも「いまなら何でもしてあげられる!」という気持ちになります。

(これを知ってか、カノンとシオンはピアノの音がやむと、すごい勢いでレッスン室に走って来る!)ダッシュ(走り出すさま)
posted by ikko at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月11日

みんながんばれ!

DSC02308.JPG


寒暖の差はあるものの、春はそこまで

庭のあちこちからいろんな植物の芽が出てきています。

鉢植えなので豪華ではありませんが、うちの「河津さくら」も開花しました。


1月末から始めた「音符早読みシート

現在のトップは3年生のH君、同じく3年生のI子ちゃんとデッドヒートです。
上級性を抑えてのトップ争いはお見事


早ければ、来週にも1級合格者が出そうです。

大変! ご褒美を決めなければなりません・・・・

何にしようかな・・・・・?

他の子供たちも、レッスン室に入ってくると何も言われなくても自分のレッスンの前まで、黙々と早読みシートの練習をしています。

DSC02303.JPG




同じく「練習シート

こちらもきちんと毎日目標の練習時間を頑張っている子は、現在9枚目!!

発表会の曲の練習に入るまでのこの数か月、一杯進んでおきましょうね!

PIAZZA・教室便りにもかきましたが、顔を洗ったり歯磨きするのと同じように練習は習慣にしてしまうのが、一番楽なのです。

不思議なもので、習慣化されたものはしないとなにか落ち着かない気持ちになります。
脳をだますのも上達の秘訣です!!


DSC02307.JPG


昨日から遊びにきていた娘夫婦と「オズの魔法使い」を見に行きました。

とってもおもしろくて、珍しく寝ませんでした。

ストーリーをよく知らなかったのですが、ディズニーの美しい映像だけではなく

「最後まで希望を捨てないこと。」

「望めば願いはかなうこと」 

「自分の中にある善、を信じることの大切さ」

などお子様にも是非みせてあげるといいなー、と思う内容でした。

もうすぐ春休み、お子様と映画鑑賞も楽しそうですね!
posted by ikko at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月17日

第一号合格者がでました!

14級からスタートする、音符早読みシート

本日ついに一級合格者が!!位置情報
3年生の春明君、よくがんばりましたexclamation


福田からのご褒美は少額ではありますが、みんなが大好きなマクドナルドの500円カードですレストラン

1級合格者全員に差し上げます!

みんなも頑張れ!!

それでは、合格者のステキなドヤ顔を紹介します 


DSC02322.JPG


昨日は一日遅れの誕生祝ということで、長女夫婦が私の大好物のウニをごちそうしてくれました。

三軒茶屋で人気のお店

予約でいっぱいの所を、頼み込んで入れてくれたとか・・・・

見て目
私の顔くらいある大箱いっぱいのウニ うに 海胆

1363491506607.jpg


おさしみも、超厚切りで食べごたえ充分

1363491539393.jpg



何より義理の息子が日本酒が好き!というのが最高にいいっすね〜

でも「お互い手酌でいこう!」の私の一言にちょっとびっくりさせちゃったかな?

お祝いしてくれる気持ちも、料理もお酒も、言うことなしの最高の一日でした!  感謝ハートたち(複数ハート)
posted by ikko at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年07月09日

可愛い写真を・・・

今日のレッスンで、パチリと撮ったものです。

今日一番目の生徒さんは、赤ちゃんをおんぶしてくるヤングママ


20130709_100645.jpg



この赤ちゃんが、いつもレッスンになるとスースー寝てくれてすごいいい子なんですよ!!


今日も来たときは起きていたのに、ママがピアノを弾き始めるといつの間にかぐっすり寝てくれて。


右手にはしっかり可愛いバッグを握っていますカバン
あんまり可愛かったので、アップで撮っちゃいました揺れるハート

20130709_100653 (2).jpg


それにしても、昨日の雷雨にはびっくりしました。雷雷

ちょうど降り始めの時間にあたってしまった大人生徒さんは、あまりの豪雨にびしょ濡れ。
雷鳴もすごくて身動きできず。
結局途中でUターン蠍座

二番目の子は、雷が怖くて出られず、夕方遅くにやっと到着ー(長音記号1)

3番目の生徒さんは行きも帰りもタクシーで車(セダン)



いやはや、自然の前では人間は全く無力ですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by ikko at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年08月20日

しゃぼん玉とばそ!

DSC02420.JPG


夏のイベントに使おうと買っておいたものですが、こう暑くてはちょっとそういう気にもね〜


ということで、小学生までの生徒さんに水笛とシャボン玉をプレゼントプレゼント

ミッキー文具はくじ引きなので、なにがあたるかはお楽しみ・・・



今日は午前中からずっと大人のレッスン

Aさんは、子育て中で二胡奏者チェン・ミンさんのマネージャーもやりつつ、ピアノの練習も人一番しっかりこなすスーパーウーマンキスマーク


「先日チェン・ミンの集まりがあって、プロやセミプロのなかでピアノ弾きました!」


Aさんの本番での堂々とした演奏は、こういう場でも物おじせず、果敢に挑戦していく姿勢から来るんだなー!と思います。

鮮やかな早弾きを披露したセミプロには「ガチャガチャ弾くのはやめてやめて、いらいらする!」どんっ(衝撃)

と手厳しい批評をされたチェンミンさんですが、Aさんの演奏には「一つ一つの音を大事にしていて、とてもいい!」とお褒めの言葉があったそうです。


指が動くだけが、ピアノじゃない

うわべの技巧だけで、プロの耳はごまかされない、ということですね!パンチ



12月の発表会が楽しみです揺れるハート
posted by ikko at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年09月08日

みんな合格、おめでとう!

4月から始まった音符早読みシート、教室に張り出した一覧表です。

ちょっとおまけの子もいたけど、全員合格るんるんです


12級からスタートして、みんなよく頑張りました。


DSC02432.JPG


これから、発表会の曲の練習


しっかり取り組もうね!グッド(上向き矢印)


今日はオリンピック招致が決まって、TVはどこを見ても喜びにあふれたニュースばかりでとてもウキウキした気分です。


プレゼンの内容が高く評価されていましたが、「何かを伝える」ということはとても難しいことだ、と改めて思いました。

根底には純粋で強く大きな気持ちがなくてはならないことです。


発表会では、みんな何をどう伝えることができるでしょうか?

練習の時に、ただ音を鳴らすのではなく思った通りの音が鳴っているか、よーく耳を澄ませて聴く癖をつけましょう!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年10月30日

お仲間が増えました

今日の教室レッスンはお休みです。

午前中は大人の方の、体験レッスン
1時間もかけて遠方からいらっしゃるとの事で、心配していましたが迷わず着いて、一安心電車

お話ししてみたら、なんと音大の後輩でした。

もっと驚いたのは会話の中で、その昔私が音大で師事していた教授の名前が・・・
前の先生がその教授に師事していて、その方も一度習ったことがあるとのこと


まだ、可愛らしかった(かどうかは別として)音大生の頃の記憶が一気に蘇ってきました。



今日の体験レッスンはショパンクリャービンリャードフすべてプレリュード

1時間のレッスンはあっという間


違う作曲家によるプレリュード3曲ということで、わたしにとってもとても勉強になるレッスンでした。

さすが、元音大生!
打てば響くレッスンは、楽しいですね!


ほんの少し気持ちの持って行き方を変えるだけで、音色に変化がでる

実感したレッスンでした
posted by ikko at 01:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年11月30日

電子ピアノで練習するには

この一か月は入会される方が多く、今日は(日付が変わってしまいましたが)5人目の体験レッスンでした。

午前中と夜間しか空きがないので、ほとんどが大人の生徒さんです。
今年の発表会には間に合わなかったけど、来年はみなさんと一緒にステージに立てるよう楽しいレッスンをしていきたいと思います。

今日の生徒さんはまだ楽器をお持ちではないということで、電子ピアノとアコースティックピアノの違いをお話ししました。
これは体験レッスンの時には、みなさんにお話しするようにしています。


グランドピアノはハンマーが弦を叩くところや、ダンパーの動きが目で見えるので打鍵と出てくる音の関係が理解しやすいです。


以前からずっとブログで書きたいと思っていたことなので、今日はちょっとお話ししますね。

電子ピアノを選ぶ理由は、それぞれあると思います。

教える立場から見ると、アコースティックピアノで練習した方がやはり上達が早いというのが実感です。


先日の大人のリハーサルで、私を感動させた生徒さんの演奏。
なんであんなにきれいな音で弾けるの?
と思って、なにげなくピアノを所有している人数を数えたら、大人の部の15名がアップライトまたはグランドピアノで練習している方でした。


では電子ピアノで上達するにはどうしたらいいのでしょう?

一番手っ取り早いのは、レンタルピアノなどでたまには練習することです。
うちの近くの公民館には大きなホールがあって、そこにグランドピアノが置いてあります。

ラッキーなことに、個人でも安い料金で貸してくれるので、空き時間にグランドで練習される生徒さんもいますよ。
ホールで弾くことで、自宅や教室ではわからない音の伸びや、音色の違いを感じることもできますよね!


それも時間的に難しい人は、レッスンの時にグランドピアノのタッチと音色を指と耳でしっかり記憶して帰りましょう!

その感覚が薄れないうちに、自宅で再現する努力が大切です。


もう一つ、とても大切なこと!

美しくメロディーを奏でたい!という願望を持ち続けることです!
それがなければ、どんな名器で弾いてもピアノは答えてはくれません・。

どうやって伝えたら、ピアノさんは言うことを聞いてくれるか、福田も日々格闘しておりますよ。
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年12月29日

今年のレッスン納めです

今日は追加レッスンの生徒さんと、足立区からいらした男性の体験レッスン
これにて今年のレッスンはすべて終了〜るんるん


息をするのもあえぐほどの猛暑も、凍える冬も、一年間レッスンに通ってきてくださった生徒さん、本当にありがとうexclamation

生徒さんが私を変えてくれ、生徒さんが私を高めてくれる
こんな素敵な仕事って・・・・・。揺れるハート
  
   


私が先生と呼ばれているのは、信じてついてきてくださる生徒さんがいてこそ


なにをすれば、一番生徒さんの為になるのか

なにをどう待てば、生徒さんの成長を妨げないのか

私のどんな姿を見て、生徒さんはピアノに打ち込んでくれるのか


考えるのは、いつもそれ

そして来年もまた
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年01月06日

心あらたに

DSC02662.JPG
                    母の手作りです

新年のご挨拶がすっかり遅くなりましたが、今年もご愛読頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


昨日1月5日はDOLCEの稽古始

気持ちを一新、次の発表会までにどれだけ上達してくれるか楽しみです!!

大人の生徒さんは本当に意欲的で、発表会の前から次に練習する曲を決めてきます。


発表会が終わって一息つきたいのかと思いきや・・・・・・


カンパネラ・熱情・ショパンのソナタ・リストアレンジのシューベルトの歌曲など難曲を希望する生徒さんたちの熱意には脱帽


私も練習して勉強しないと、この熱心な生徒さんたちの意欲には負けそう!

「教える」って本当に勉強になります。

今日はカンパネラの指使いと、跳躍の弾き方の練習や、Chopinワルツでは左手内声の歌わせ方などをレッスン

自分が弾くときは無意識に弾いていたところも、分かりやすく弾きやすいように伝えようとじっくり楽譜を見ると、今まで気づかなかったことが沢山見えてきます。


ありがとうね!みんな

私の背中を押してくれて・・・・・・ 
福田もみんなと一緒に、ずっと勉強し続けます!!
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年01月21日

お見事! 準御成姫

今日のレッスンは11人
結構ハードな一日です

トップバッターは赤ちゃんをおんぶして、レッスンに通ってくださるヤングママ

この方二人のお子さんがいらっしゃるのに、とってもスレンダーで面長美人ぴかぴか(新しい)
モデルでもやっていらしたのかな?と思っていたら案の定


川口市で行われる「御成姫」おなりひめという美人コンテストで、500数十名のなかから見事「準御成姫」の座にexclamation×2

20140121201231_resized.jpg


美しいのは表面だけでないのが、この方の魅力

背中の赤ちゃんは、いつもママがピアノを弾き始めるとすやすやと寝てくれます。
今日のレッスンなんか、いびきをかいてて・・・・ 可愛い!!

  実は・・・・・


 以前ブログで紹介した、寝ていてもバッグをはなさない赤ちゃんのママでした!!

20130709_100653 (2).jpg


発表会が終わってほっと一息、しているのかと思いきや・・・
大人の生徒さんも、子供も前よりずっとよく練習してきます。

初級の生徒さんの今年の目標は、とにかく楽譜をよく見て弾くこと!!

中級の生徒さんの目標は、新しい曲に取り組むときはメロディーや伴奏を和音で捉えて弾こと

上級者は、楽譜を読む、ではなく汲み取ること(なぜこの指番号? 何故この強弱? 何故このスラーetc.)


一人一人に小さな目標はありますが、指導する側からの大きな目標をこのように考えています。
posted by ikko at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年07月23日

タンゴはだんごより大変

午前中は全部大人の生徒さん。
その中の一人は、わんちゃんを溺愛するYさん。

とにかくピアノが大好きで、毎週のように違う曲を探してきて持ってきます。
モーツアルト、ショパン、メンデルスゾーン、アレンジもの。
やりたい曲がありすぎて、困るとか。

私が知っている曲もあるけど、弾いたことがない曲、知らない曲も・・・
「ひょっとして、先生だったら初見で何でも弾けると思われてる???  ひぇ〜〜」

彼女は曲さがしの天才でもあります。
そんなYさんの、今年の発表会の曲がやっと決まりました。

ピアソラの「リベルタンゴ」
赤松先生の演奏をYoutubeで聴いて、すごくかっこよかったとの事。

私も早速試聴
5月のピティナのセミナーで初めて先生の生ピアノを聴かせていただいたけど、うーん、あの時の感動がよみがえってきた〜!
はがねのようなタッチが小気味よい

Yさんが去年弾いたのは「亡き王女のためのパヴァーヌ」だからすごいイメージチェンジ!
演奏効果を出すには、タッチをがらりと変えなくては

私も一緒に勉強しよーっと!


3年前に二男が母の日にくれた苔玉の観葉植物。
フィリピンで語学学校の経営をしている息子を思って、陰膳の代わりに毎日欠かさず水やり。
一度も花が咲かなかったのに、今年は一輪さいた!! いいことあるかな?

2014-07-22 21.06.28.jpg
posted by ikko at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年07月24日

生徒さんのピアノ所有率を調べてみました。

子供は39%の子がピアノを所持しています。
大人は66%が所持。ほぼ逆ですね。

つまり子供は3人に1人がピアノ、大人は3人に2人がピアノ(うち4人はグランドピアノ)ということです。


生徒が自宅で使用している楽器を、把握することはとっても大事。

上級になるとアップライトかグランドかによっても、「これはグランドにしかない機能だけど、感覚は覚えておいてね!」という教え方が必要になってきます。


共鳴の感覚は電子ピアノでは難しいので、レッスンの時にピアノの中を見せながら「ペダルを踏むとダンパーが上がってるから、弦がブルブルふるえるよね?」と視覚的に理解するのが効果的。


ついでにこんな実験も

まず真ん中のドの鍵盤を音がしないようにそっと押さえたまま、一つ下のドをバンと叩きます。
あら不思議!鳴らしていない真ん中のドもしっかり響いています。

次に真ん中のドのひとつ上のドをならないように押さえたまま、先程と同じ低いドをバンと!
今度も高いドは聞こえるけど、真ん中ほどじゃない。

最後に真ん中のドミソをそっと押さえたまま、同様に低いドをバン!と。


「ド・ミ・ソ」が聞こえた時の子供たちの歓声を聞きながら、ドヤ顔の依津子先生!!
ソとかミとか音を変えてみると、倍音の説明もできますね!

体験レッスンの際には、保護者の方に電子ピアノとアコースティックの違いを理解しいただくポイントの一つとして、これを見ていただいています。


2014-07-24 10.21.45.jpg
posted by ikko at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン