2014年09月30日

フォルテピアノで弾くシューマン

久々の東京オペラシティー
そこは日々の喧騒を忘れて、感性の世界にどっぷり浸れる空間です。

今日は、楽しみにしていた小倉貴久子さんのフォルテピアノの演奏会
ロベルト・シューマンと妻クララ・シューマンの作品。
会場の近江楽堂はキャパが小さめで正面にマリア像があり、天井はどこまでも高く
それは素晴らしい響きのサロンです。


敬愛するシューマン夫妻の曲を聴けるこの日を、楽しみに楽しみに待っていました!


フォルテピアノは現代のピアノよりずっと残響が少なく、連打も得意ではない楽器

「クライスレリアーナ」や「ファンタジー」をどうやって弾くのかしら?


大ホールのスタインウェイに慣れきった耳には、想像もできないことでした。

声部ごとの響きが違い、音の余韻もボリュームも
モダンピアノのそれとは全く違います。

「聞こえてくる音を聴く」のではなく「謙虚に聴きに行く」
これがフォルテピアノを楽しむ聞き方だ、と思いました。


こんなにも丁寧に弾く「クライスレリアーナ」
聴いた事がありません。
この楽器だからこそ表現できる、声部ごとの音色の違い
改めて、これはこういう曲だったんだ!と実感しました。

演目の最後は一番楽しみにしていた「ファンタジー」
耳は完全に、フォルテピアノの下僕です。
そう「楽器にひれ伏す」という感覚、スタインウェイでは感じなかったことです。
素晴らしい演奏に、みんなが心打たれているのが伝わってきます。

「弾かせていただく」という謙虚な気持ち
小倉さんの演奏から、それを強く感じました。
どんな作品を弾く時でも、持ち続けるのって大切ですね。