2015年10月15日

第17回ショパンコンクール、もうすぐファイナルです!

5年に一度のショパンコンクールが開催中です。るんるん
すでに三次予選の中盤に入りました。

今まで結果しか興味がなかったコンクールですが、今回はお友達のお嬢さんが出場するとあって、
最初から気持ちはポーランドに飛びっぱなし飛行機

世界各国450名くらいの応募からDVDで絞られ、予備予選で80名に絞られ、
第一次予選で半分の40名、第二次で20名、第三次を通過してやっとファイナル。

甲子園で優勝するのも神がかり的だと思っていましたが、そんなものではないくらい
とてつもなくレベルの高いコンクールです。

審査員もアルゲリッチ/ダン・タイソン/ハラシェヴィッチ/ギャリック・オールソン/ユン・ディリ/フィリップ・アントルモン他

これだけの世界的なピアニストが審査員席にズラっと並んだだけで、格調高い緊張感が漂います。


日本からは12名が予選に望みましたが、小林愛実さんただ一人が残っています。
Youtubeで幾度となく聴いたことのある、お馴染みのショパンの曲ですが、すごい迫力で見事な演奏でした!

「ファイナルまで行くのでは?」と私が個人的に第一次予選からずっと期待しているのは、
アメリカのERIC LUさん。
17歳と言う若さでどうやって?というくらい深みのある音で魅了されます。

ショパンコンクールはアルファベット順に演奏するので、
Eric Luさんの前は同じくアメリカのKATE LIUさん。
二人共残っているのですが、個性は違うもののKateさんもなかなか手ごわい!
本日の夜20時すぎくらいからライブを聴けます。

Eric Luさんは後半なので、時差の関係で日付が変わって深夜零時からのライブです。
演奏時間も一人40〜50分と長いのですが、夜型の方は是非聴いてみてください!


演奏の10分くらい前になると画面が開きます。


下記サイトで、これまでの予選全ても聴くことができます。

10月15日
前半:10時〜14時(日本時間:10月15日(木)午後5時〜9時
Marek Kozak (Czech Republic)
Lukasz Krupinski (Poland)
Krzysztof Ksiazek (Poland)
Kate Liu (United States)


後半:17時〜21時(日本時間:10月16日(金)午前0時〜4時
Eric Lu (United States)
Szymon Nehring (Poland)
Georgijs Osokins (Latvia)

10月16日
前半:10時〜14時(日本時間:10月16日(金)午後5時〜9時)
Charles Richard-Hamelin (Canada)
Dmitry Shishkin (Russia)
Alexei Tartakovsky (United States)
Zi Xu (China)

後半:17時〜21時(日本時間:10月17日(土)午前0時〜4時)
Yike (Tony) Yang (Canada)
Luigi Carroccia (Italy)