2016年06月11日

一回目のホールリハーサルです

リハーサルってある意味、本番より疲れます。
口も体も3倍速!

お手伝いを募ったら、ほとんど全員の大人の生徒さんが早朝からお手伝いに駆けつけてくださいました。
このありがたいバックアップが、私の原動力です!


大急ぎで帰ってきて午後から夜までびっしりレッスン

「連弾の楽譜はペラ紙だめよー!ちゃんと裏に台紙つけて〜」と指導しているのですが、ある男の子の楽譜を見てください。

 DSC_1148.JPG


入会してまだ2ヶ月なのでサウンド・オブ・ミュージックの連弾をやるのですが、なんとこの裏表紙の絵はお父様が書いたそうです。
拡大してみるとほんとに細かいところまで丁寧に書かれてあり、びっくり!!
顔だってジュリー・アンドリュースにそっくり!

本職ではないと伺い、更にびっくり!!

リハーサルの二日前に「ここ、弾いてください!」と別の曲の楽譜をLINEで送ったのに、今日のレッスンで最後までちゃんと弾いて来たこの子にもびっくり!


今日は、もうひとつびっくりが。

リハーサルで、ほかの生徒さんのピアノを聞いた女の子。
「みんなすごい曲弾いてる。私も3曲目やりたい」
これにはお母様も私も口あんぐり!

「あと一ヶ月しかないよ〜?プログラムに載せたら絶対弾かなきゃならないけど、本気で頑張れる?」
しっかりと頷いたのを確認したので、これからお母様と協力して、仕上げていきます!

ほんとに子供って、いつで何がきっかけで火がつくかわからない。
だからこそ、続けることが大切なんです!

そういえば、この一週間で発表会を決めて練習を始めた大人の方や、
本番一か月前にして、曲を更に増やした大人初心者の方もいます。

みんなが発表会を大切なものとして受け止めてくれるから、私も睡眠時間なんか短くても全然平気で頑張れます!!



2016年06月18日

一か月前リハーサルの効果

いや〜、今日はほんとに暑かったですね。

うちのアマリリス。
あまりに巨大化したので株分けしたところ、地上数センチのところでこんな立派な花をつけました。
花といえども、その気があれば!って事ですね。

 DSC_1160.JPG

午前中は先週に続き、二回目のホールリハーサルです。
運動会シーズンということもあって小学生の欠席が目立ちましたが、大人は14人全員参加という嬉しい結果に。

エレクトーンの岡崎先生がD-deckを持ち込んでのリハーサル。
かゆいところに手が届くように反応してくださって、ほんとうに助かりました。

前回のリハの時にはソロも最後まで弾けない子がいたり、アンサンブルもアンサンぼろ、
レッスンで散々言っていたことは、なるかかなたに飛んでいき〜。

それが今日は、一人ひとりが考えて動いてる!

これこれ、これが大事なのよ〜・・・。

一か月前にステージに立つことは私も生徒さんもとっても大変だけど、これで本番までの動線が見えました!

「まだ一ヶ月もある?」 「もう一ヶ月しかない!」
捉え方はそれぞれ。

どちらにしても、この一ヶ月は大切な時間です。

自分の出番はずっと後なのに、朝一でお手伝いに駆けつけてくださる大人の生徒さんたち。
人使いの荒い先生に、嫌な顔もせずほんとによく動いてくれます。

こんな生徒さんに囲まれて、本当に幸せだ!と発表会があるたびに痛感します。

2016年06月26日

「何故か出がけに届くプログラム」

 思えば去年の発表会のプログラムもそうでした。
出かける寸前に届いたので、電車の中でまじまじと眺め。

今日も出がけに届いて「ラッキー!」

DSC_1191 (1).JPG

思い通りの色合いに仕上がって大満足だったのに、表紙を開いて絶句!!

なんと1番から始まるべきなのに、2部の最後のページが。
36番から始まるプログラムなんて変だ?って印刷屋さんは思わなかったのかなー?

DSC_1193.JPG

デザインしてくれた方が、ちゃんと心得てそのまま印刷して折れば冊子になるようにページも書いてデータを送ったのに、
余計な気をきかせてくれたようです。
もちろん刷り直しです。

早めに印刷に回しておいてほんとに良かった!

2016年07月20日

第6回DOLCE発表会終わりました

頂いた、たくさんのお花の香りが家いっぱいに広がっています。
20160720003904.jpg

参加するだけでも楽しい発表会ですが、やっぱり「弾けた実感」があってこそです。
でもワンチャンスのステージで、思い通りの演奏をすることはプロでもなかなかできないこと!

舞台裏で笑わせる。踊る。体操する。最後には「弾ける!弾ける!弾ける!」と怪しげな呪文を唱える。
本番で今までの成果を出してもらうためには、先生はなんだってやります!

でも、そんなものは必要なかったかな?
リハーサルを超える演奏をしてくれた生徒さんが続出!

ありがとう!みんなの演奏が私への何よりのご褒美です!

 
特に大人の生徒さん達はずっと裏方でスタッフとして動き回ってくださったにも関わらず、心臓が飛び出そうになるほどの緊張感に負けることなく弾ききる方の連続で、講師演奏の時には逆に私がすごいプレッシャーを感じてしまうほどでした。

実はこれには理由があるのです。
今回大人の生徒さんたちは自主的に、楽器店のリハーサル室を借りてプチリハーサルをやったり、私が不在の時はレッスン室を開放したりしたので、何度も集まってはリハーサルを繰り返してきました。
もちろん全て自主的にです。

「一回弾いて終わり!」と言えばそれまでですが、「一回しか弾けない!」という意識でピアノに向き合ってくれたことが何より嬉しいです。
大人の生徒さんたちのこの姿勢が、この先子供たちにも浸透してくれたらどんなにいいだろう、と思います。

 今年もソロ以外に、いろんなプログラムを組んでみました。

まずは、毎年恒例の新入会・最年少の生徒さんによる「始まりのチャイム」でスタートです
今年はカノン風にしたら、とっても素敵にハモりました。

 DSC06510.JPG


 
一部の最後は小学生までの生徒さんによる「わらべうたリレー連弾」

浴衣姿の子供たち、可愛いったらない!
お母様たちは着替えが大変でしたね!
もっと広いホールでやらせてあげたかったなー・・・!

岡崎有美子先生のエレクトーンの効果音はとっても楽しく、ソプラノとテノールの歌声にのせて演技&演奏しました。

DSC06645.JPG


動画はこちら。



大人の生徒さんの演奏の合間に、全員でカップス
後ろのポンポン隊も、場内のお客様も手拍子で大人を応援!

DSC06742.JPG

動画はこちらです


最後の演目は、私の大好きな「Tonight」を歌ってもらいました。
どちらも生徒さんです。
「ギリギリまで近づいて、見つめ合って歌ってね」⇒流石にそれは家庭争議のもと

DSC06773.JPG


 
今年は有美子先生に本当に助けられました。
本番ギリギリまであーしよう、こうしよう、と少しでもいい音楽を作るために本当にご尽力いただきました!

締めは講師演奏
エレクトーンとピアノによる「グリーグのコンチェルト」
リハの時もそうでしたが、本番中にまさかの右足のこむら返り!
ひえ〜っ!!オケのパートの間に足をモミモミ・・・。

fc2blog_20160720000213705[1].jpg


 
私は笑顔じゃない集合写真が嫌いなので、今年はある魔法のフレーズを言ったら、子供たちは爆笑!
こっそり教えます。

その言葉は・・・・・・・「おなら プ〜っ」
どうだ!大成功!!

DSC06503.JPG

 
終わってからステージに駆けつけてくれた仲良し先生たち。
本当にみなさん目が回るほど忙しい方たちばかりなのに、ほんとに遠方から来てくださってこんな嬉しいことはありません。

20160720005630.jpg

一緒に写真に収めまることができなかった恵先生たちや司会の山口さん、引越しなどでどを退会しても年に一度の発表会に来てくださる生徒さん達、生徒さんのご家族、みなさんの善意が音になったのがこの発表会でした。本当にありがとうございました!
また来年の発表会に向けて、一歩一歩進んでいきたいと思います!