2017年08月13日

「第7回発表会終わりました」

お盆の真ん中、予定のない人なんてそうそういません。
みんなスケジュールをずらして発表会に参加してくれ、ピアノの先生達もなんとか時間を捻出していらしてくださいました。

おととしは二台ピアノ、去年はエレクトーンとのコラボ、そして今年は念願の室内楽。

一つ一つ夢がかなって、そこに至るまでは沢山の人の協力と励ましと、一つの音楽を作っていく喜びを共有したい!という思いで集まってくれた生徒さんがいて、バックアップしてくれる先生仲間がいて・・・・。

横須賀から来て譜めくりや裏方で働いてくれた先生、「いつこ先生は座ってて!」と何から何までやってくれる先生、ツーカーでこちらの意図を察して淡々と司会を進めてくれる頼りがいのある山口さん。
自分から仕事を見つけてどんどん動いてくれる、大人の生徒さん達!

お引越しなどで退会しても、毎年のように発表会に来てくれる生徒さんも沢山いて。

有難すぎます・・・・。


4時間に及ぶ発表会でしたが、ソロ以外をダイジェストで振り返ってみます。

まずはDOLCE恒例、初参加で最年少の生徒さんによる「始まりの合図」
一度使ってみたかった、ドレミファキャット。
さすがに「ニャンニャン」には舞台裏のスタッフも大笑い。

始まりのチャイム.JPG


 
「くいしんぼうしりとり」
小学4年生までの12人で、パネルを上げながら歌います。
レッスンの時は「声でてないなー」と思っていたのですが、リハーサルで声楽出身のお友達が指導してくださったのと、リリアの音響の良さで、可愛い歌声が良く響いていました。

くいしんぼうしりとり.JPG


今回室内楽は講師演奏を含め8つです。
その中でも特に評判の良かった「動物の謝肉祭」

アレンジして楽譜を書くところからのスタートだったので、結構骨の折れる、でも途中のアプローチも楽しめる演目となりました。
ナレーションの生徒さんが黒いマントを羽織っていたので、ムード満点。

動物の謝肉祭.JPG


 
シューマンラブの私がずっとプログラムに入れたかった、シューマンの「献呈」
声楽出身の生徒さんのテノールに魅了されました。

献呈.JPG


最後は講師演奏
リハの時よりミスは多かったのですが、こんな楽しい講師演奏はない!というくらい楽しく演奏出来ました。
どんなことにも臨機応変に対応してくださったヴァイオリンとチェロ奏者の方たちのお蔭です!

メントリ.JPG


 
緊張から解放された後の写真撮りは、たのしいですね!
ようこそ「クラブいつこへ!」

大人の生徒さんたち、ドレスアップしてほんとに素敵です!

20170813004119.jpg


忙しいスケジュールの隙間時間をぬって、駆けつけてくださったお友達の先生たち
舞台裏で撮ったので、ちょっと幻想的な色合いです。

「だっちゅーの」古っ!

20170813013626.jpg


こんなお若くてきれいな先生たちとのトリオでした。
3人でお写真を!と思っていたのに、時間がなくてとても残念!

20170813224453.jpg


大人の生徒さん.JPG
 



いらしていただくでも恐縮なのに、沢山の頂き物本当にありがとうございました。

DSC_1293.JPG

DSC_1292.JPG

DSC_1299.JPG

DSC_1298.JPG

今回はお盆開催で、生徒さんにもご来場のお客様にもほんとに無理をさせてしまいました。
来年は8/19(日)です。
お盆を免れて、ホッとしました。
また来年に向けてがんばります!


posted by ikko at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 第7回発表会

2017年09月04日

「発表会のDVDできました」

今年も息子が腕によりをかけて、去年以上のものを作ってくれました。

お待ちかねのDVD、きっとみんな早くみたいでしょうから、表紙を付けて一気に100枚近くレーベル印刷。

DSC_1408.JPG



DSC_1406.JPG

リハーサルから合間のインタビュー、舞台裏や控室や受付の様子までビデオカメラを持って走り回って撮影してくれた生徒さんがいたので、おまけのお宝映像がとても面白い。  爆笑シーンてんこ盛り!!
このDVDは終演後のシーンまで見ないと損をします!

色んな所に、すごいドラマがある!
生徒さんたちが、それぞれの持ち場をしっかりやってくれていたのも確認出来て、感激しました。

緊張しているはずの舞台裏は始終笑いに包まれ、こんな発表会今までにあったかなー?

今年はみんなが舞台裏でお手伝いをしっかりやってくださったので、袖でずっと生徒さんを送り出せたのですが、DVDで確認したら「こんなに細かいところまで気を配って、しっかり弾いてくれてたんだ!」と改めて胸が震えました。

一度でいいから、客席でじっくり聴いてみたいです!

一人一人の演奏を聴いていると、仕上げるまでのレッスンの事が甦ってきて、最後まであきらめないで真剣に取り組んできてくれたことが演奏の細部から分かります。

赤ちゃんが生まれて、今までのようにお母さんを独り占めできなくなった子、遠くの私立に通うため早朝から電車通学している子、塾や部活やバイトで時間に追われながらも頑張っている子、フルタイムでお仕事している方、みんなの為に練習場所をいつも確保してぐいぐいリードしてくれる方、本番でずっこけてもやっぱりピアノが大好き!と言ってくれる方、終わってから今までの弾きあい会を思い出し涙し合った仲間。

みんなみんなかけがえのない、私の宝物。

いつかは教室を離れる日が来るのかもしれないけれど、私の心をずっと熱くしてくれるかけがえのない宝物です。

posted by ikko at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 第7回発表会