2015年05月19日

グランド二台とはいきませんが


レッスン室にアップライトピアノを入れました。

20150519191159.jpg


8月の発表会に向けて、二台ピアノの練習にはどうしても必要です。

これでやっと私のストレスもなくなりました。

本来鳴るべき音が鳴らせるって、「か い か ん !

本当はグランド二台が理想ですが、うちのスペースだとこれがやっとかな?


みんな、テンション上げて頑張ろうね!!

posted by ikko at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月13日

「お別れすることで、学ぶこともあります」

生徒さんが去っていくのは、とても辛いです。

特にお引越しの生徒さんは、
「新しいところで、もっといい先生に巡り会えるかしら?
次の先生とも仲良く、ずっとピアノを好きで続けてくれるかしら?」

レッスンに来なくなってもずっと心のどこかで生徒さんのことが気になる。
それが、ピアノの先生ではないでしょうか。


この春おうちを新築されて、横浜に引っ越されたK君もそんな一人です。

今日お母様から、とても嬉しいおハガキが届きました。

DSC_0342.JPG


よかった・・・。

ピアノの弾き方や指導法は先生によってそれぞれです。

もし、私が教えたことをいっぱい否定されたら、K君がどんなに混乱するだろう・・・。

「前の先生はこういったのに・・・。」
といちいち感じていたら、
きっと新しい先生とのレッスンはしばらく楽しくないかもしれません。

 
新しい先生は、私とのレッスンを尊重してくださって、
K君がそれまで積み上げてきた大切なものを認めてくださったんですね。


お会いしたことはない方ですが、
「K君、素敵な先生と巡り会えてよかったね!」

この時期、前の先生から移ってくる生徒さんも多くいます。

「お預かりします」という謙虚な気持ちで、
その子のそれまでを傷つけることなく、伸ばして上げたいなーと思いました。

posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月09日

嬉しいお届け物

嬉しいものが、2つも届きました
兄から届いたブーゲンビリア

DSC_0325.JPG

「あれ?宛名、母の間違いじゃないの?」
と確認すると

「いつもおふくろの面倒見てくれて、すまん」
とのこと。

私が母からしてもらったことを考えると、
一緒に住むくらいでは返せないくらいの恩があるのに・・・。

でも介護する気持ちを分かってくれる人がいるだけで、嬉しい。


二つ目はリズムトレーニング用のブロック
4分ロック(シブロック

DSC_0327.JPG

Facebookで教えていただき、Amazonで注文

「目処は立ちません」

の品切れ状態でがっかりしたけど、、


「大丈夫よ、2・3日したらきっと入荷してるから」
と教えていただき、本当に届きました。


早速今日のレッスンでやってみることに。
子供が作ったリズムをたたかせ、それに併せて私が即興でピアノを弾いて

楽しい〜!!

難しいリズムだと、子供も叩けずに大爆笑。

ヒノキで出来ているので、手触りも最高!


今日はレッスンの合間に体験レッスンが二人。
一人はとってもお若い保父さんです。

「ピアノが弾ける人がお休みの日は、子供たちは歌を歌えないので、
自分が弾いてあげられたらいいな!と思って。

でも実は、いろんな曲が弾けたら、
自分がどんなに癒されるだろうという気持ちがあるんです。」


ピアノをこういう風に思ってくれる人がいることに感動!
新しく入会された生徒さんの言葉に、癒された私でした。


posted by ikko at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月04日

「犯人はこいつだ!」

「先生、お花が落ちてますよ」
レッスンにいらしたお母様の言葉に外に出てみると、
無残に落ちた花。周りは土だらけ


「えー?誰が一体こんなことを!」

大した観葉植物ではないけれど、門の中にまで入って花を引き抜くなんて・・・

人からネタまれるほどの幸せ者でもないし、
恨まれるほどひどい人間でもないし・・・・。

気味がわるいなー・・・・


息子に聞いて、やっとわかりました。

「犯人はコイツだ」↓

カラス.jpg


そういえば、誰もいないのにやけにワンコが吠えてたかも?

暖かくなって一斉に咲きだした、可愛いうちのお花たちを
憎っくきカラスどんから守ってやらねば!

 DSC_0288.JPG
DSC_0289.JPG

DSC_0291.JPG
posted by ikko at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月03日

GWはやっぱりこれ!

毎年GWに、東京国際フォーラムで行われる音楽の祭典
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン」

「先生の年に一度のお楽しみですから、どうぞ行ってきてください」
と快くレッスン日時を変更してくださった生徒さんたちのお気持ちが
嬉しい!

堅苦しいコンサートではなく、リュックを背負った家族連れが多いのも、
この音楽祭の雰囲気を高めます。

DSC_0279.JPG


マーラーの「アダージュット」に始まり

ベートーヴェンのバイオリンコンチェルト

音楽祭の顔、ベレゾフスキーによるラフマニノフのピアノコンチェルト

小林愛美さんのショパンのコンチェルト



最後は本日一番のお楽しみ。バッハの「ヨハネ受難曲」

どの演奏もさすが!でしたが、バッハはやはり別格。
エヴァンゲリスト(物語を説明する役)のレチタチーボが際立って素晴らしかった!

心の奥深くに響く音楽は、私にとってはやはりバッハ。

マタイに比べて難解で地味なため、演奏回数も少ないこの曲ですが
演奏後のホールの雰囲気は、ほかの演目とはあきらかに違っていました。

「このままこの空間にいたい」
でも帰らなきゃ・・・・・。



隙間時間に駆けつけたエリアコンサート。

バッハの「パルティータ」「シャコンヌ」が聴けたのもラッキー!

 DSC_0286.JPG


お昼のランチも、お約束のレストランの夕食も、
お友達の先生達と一緒でおいしさ倍増。

DSC_0287.JPG


さー、明日からまたレッスンがんばります!


2015年05月02日

二台ピアノはテンション上がります

夜になっても、半袖が気持ちいい。
一気に初夏が来ましたね。

GW中、唯一仕事も予定もなかった今日ですが、
熱心な生徒さんのために朝から午後までレッスン。

今日は二台ピアノの第一回練習会。

近くの楽器店に、グランド二台のレンタルルームがたくさんあるので助かります。

初めて二台ピアノの迫力を体験したお母さんは
「すごいですね。おなかの中からぐーっと迫ってくるようで興奮しました。」
と、感激の様子。


本番はもうちょっと先ですが、今日の感覚はこれからの練習に大きなプラスになったでしょう。

一人で練習しているときは自分のパーツだけパネルに置いた状態。
もう一台が加わることでジグソーパズルが完成します。

この瞬間、これが何とも言えない快感なんです。

隙間が空かないように、重ならないように、ピタっとはまった時は鳥肌が立ちます。
みんなもっともっと練習が必要だけど、セカンドを弾いている私もとっても楽しかった!


 それにしても、小さい時に二台ピアノの経験ができるなんて、幸せだよねー!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 二台ピアノ練習会

2015年04月26日

ピアノの先生は一生勉強です

浜離宮朝日ホールは、全国から集まったピアノの先生の熱気でムンムンです。

今日は年に一度のピティナ指導者セミナー

DSC_0276.JPG

胸がワクワクするようなアイディアや、目が覚めるような新発見、
今日もポケットを沢山増やすことができました。

普段はなかなかお話することもできないような大御所の先生にも、
直接質問やお話が出来るのも、このセミナーの大きな魅力の一つです。

でもなんと言っても最後に登場した小原孝先生の「ボレロ」の演奏は圧巻です!
誰でも一度聞いたら虜になる、
小原先生のピアノにはそんな魅力があります。
あのピアニッシモは一体どうやって出しているのでしょうか??

丸一日お勉強したあとはみんなで、汐留でディナー。
46Fから見た夜景は美しく、気のあった仲間と一日学べて、
こういう時間が持てることに感謝。

DSC_0274.JPG

2015年04月25日

貴重なレクチャーを逃すところでした

バラード1番、英雄ポロネーズ。
ピアノが好きなら、誰もが弾いてみたい曲。

 今日は関本昌平先生のショパン公開レッスン&レクチャーコンサート

実は今日・明日・明後日とセミナーが続くので時間と体力的に大丈夫かなー??
とかなり躊躇していたのですが、行かなければ後悔するところでした!

受講生はピティナで金賞・銀賞を獲っただけのことはある生徒さん

特にバラードを弾いたお嬢さんはとても豊かな完成と音楽性があり、
関本さんも聴衆を忘れて踊り歌い、全身で音楽を表現

今日のレッスンでは特に、フレーズとフレーズのつなぎ目の音、
和音をどういう気持ちで弾くか、
どう繋いでいくか
ルバートは前後の流れでにする必要があるところで、
など細かく教えていただきました。

♪ショパンはくねくねしたメロディーを、
いかに上手にくねくね弾くか!だそうです。

♪二度は涙を表す。

確かにモツレクノの「ラクリモ−サ」はまさに2度のオンパレード!

♪バラ1の第二主題の前の左手の4度は
遠くから聞こえてくるホルンの音色

そうか!スッキリです!

♪怒涛のようなコーダ
でもスピードに走らないよう、右手の和音が9度で警告している

♪重みをかける前に抜いてしまってはダメ!
力を抜くときに、手首からフワっはダメ、
(多喜先生もおっしゃていました。)

小気味よいほどすとんと胸に落ちる解釈で、
耳も心も大喜びの公開レッスンでした。

何より嬉しかったのは、先日受けた多喜先生の「エコ奏法」ですが
関本先生も表現の違いこそあれ、同じことを伝えようとしていたことが
よーく理解できたことです。

違うセミナーで受けたことが、自分の中で繋がっていく。
忙しい中で、とてもいい時間の使い方をした自分に「いいね」

この陽気に、庭の牡丹が一気に咲きだしました。
雨よ、降らないでねー!

DSC_0252.JPG

2015年04月22日

今月はセミナーラッシュ

「当たったよ」と娘から名前入りのお茶のプレゼント

「いつもお疲れ様!
お茶飲んで一息ついて」のメッセージが
でも、もったいないので、しばらく飾っておきます。

 DSC_0263.JPG

今月はセミナーラッシュ

個人的に超多忙なこの月に、なぜかセミナーが集中しています。

先日の「ピアノにつながる リトミックレッスン大集合」

見えない部分も含めて、「自分の全身を意識する」
子供だけでなく、大人の生徒さんも、再認識するいい機会ですね。

個人レッスンでも使えそうなもの
いっぱいいただきました!

大きな子にも、レッスンの気分転換にはもってこいです。

レッスンがお休みの今日は、多喜先生の
「エコ奏法」のセミナー

ダメもとで直前に申し込んだものの、もちろん満席!
「立ち見でいいから!!」と無理を言って入れてもらえる事に。

みなさんのお邪魔にならないところにひっそり立っていよう!
と思って覚悟して行ったのに

主催者の方のご配慮で「どうぞお好きなところに」
となんとお席の用意が!

ユニークな奏法で知られる多喜先生。
今までバイブルのように信じて疑わなかった、諸々のことが
「アワワワワ・・・」と崩れ落ちた瞬間でした。

いかに指に無理をさせないで、自分も疲れないで弾くか
自分自身の弾き方をもう一度見直す、いいきっかけをいただきました。


 
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月04日

HP一部改訂しました

二週間ほど閲覧不能になっていたブログもやっと復活

サーバーの契約変更を機に、
「この際だから、HPの気になる所を変えちゃおうかな?」

と、プロにお願いして、写真や細かい文面を差し替え。
本日すべて完了しました。

発表会の後、生徒さんや保護者の方から頂いたコメントを元に
「生徒さんの声」も新たに設けました。
よろしければ、覗いてみてくださいね!



温かいご支援のお気持ちを裏切らないよう、これからも頑張っていきます!

3年ぶりにこどもの生徒募集を復活させ、既に数名の方が4月からレッスンを開始しています。

ほんとに久しぶりの幼児の体験レッスン。
こちらもちょっとドキドキ!

「ドラえもんのド〜!」
そうそう、これからいっぱい覚えて、楽しいレッスンしていこうね!

2014-09-222016.59.08.jpg




posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月24日

お別れの春

この時期、転勤や転居で教室を去る生徒さん。

どうしようもないことだけど


今日が最後のレッスンだった、この生徒さんは特別な存在です。

私が川口に引っ越してきてまもないころ
HPも作成中
まだ生徒募集もしていない状態で


「看板だけでも出しておこうか」
と、何の気なしに掲げた看板を見て電話を下さったお母様

私がどんな先生かもわからないのに、信頼して体験に来て下さり
即入会

つまりピアノ教室DOLCEの第一号の生徒さんなのです。

その後、弟さんが入ってからは
「私自身はピアノの経験がないので」

と、隣のソファーで私の説明を熱心にメモを取るお母様

言われた通りに、ほんとにきちんと家庭での練習をフォローしてくださいました。

当然のことですが、親のがんばりはそのまま子供の進歩につながります。


その子はいつしか教室内で、ほかの生徒さんの憧れの存在になり、
私も「あれもやろう、これもやろう!」と思っていたのですが・・・。


転居のため、ほかの先生のところから移ってくる生徒さんを
私も何人も引き受けているのだから、その逆もあって当たり前

その先生もきっと、私と同じように後ろ髪を引かれるような気持ちで
生徒さんを送り出したに違いありません。

新天地で、もっともっと素晴らしい先生に巡り会えますように・・・。


DSC_0240.JPG


本日より1〜3日ほどシステム作業の為、一時的にHP・ブログ・メールの使用ができなくなります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月23日

子供たちからのプレゼント

嬉しいサプライズ!
いただきました。


昨日は「午後から体空けといてね」と娘に言われ、連れて行かれたのは「銀座かねまつ」


外反母趾なのか少し歩くと足が痛くなってしまう私のために、オーダーメイドの靴をプレゼントしてもらいました。
オーダーメイドの靴なんて生まれて初めて!
私の足型を機械で計測し、色やデザインはもちろんのことPCを見ながらかかとの形から中敷、靴裏の材質まで

細かく希望を聞きながら何通りもイメージ画像を見せてくれます。


仕上がりが待ち遠しい!


20150323014330.jpg



夕食は紀尾井町の「吉祥」


ここで待っていたのは長男と次男
え?大阪から3男、フィリピンから次男?子供たち全員集合!


この為にみんな集まってくれたの??


私の還暦のお祝いのために、忙しいスケジュールをやりくりして

半年前から子供たち4人で計画してくれていたとか・・・・・。


企画してくれた娘は出産後まだ2週間の体で、
一歳児と新生児をつれて、エスコートしてくれ・・・
パパさんも、忙しい中予定を開けて一日付き合ってくれて・・・



あ り が と う



息子から手渡された、赤いちゃんちゃんこをきてパチリ。


ちょっと恥ずかしかったけど、一生に一度ですものね。


20150323014300.jpg




お祝いのバラの花束はズッシリ重い60本

中央には白いバラの花びらに「働きすぎ!たまには体を労ってね」のメッセージが!


20150323014348.jpg



20150323164046.jpg



ちっともいいお母さんではなかった私。
子育ては適当、料理も手抜き御膳。
ゆっくり話をきいてあげたり、構ったりも

ほとんどしてあげられなかったのに・・・・   ごめんね。



でも気持ちはいつもいつもみんなに向いているよ。

posted by ikko at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月15日

確定申告の締切日は、お誕生日

今年も私の誕生日がやってきました。
日曜日の生徒さんは、全員男性です。

お祝いに、スイーツや高級なお茶、
とっても可愛いよつばのクローバーをいただきました。

いくつになっても、私がこの世に生を受けたことへの感謝を思うと、
「おめでとう」の言葉はとっても嬉しいものです。

DSC_0218.JPG


DSC_0219.JPG

生徒の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、娘に無事女の子が産まれました。
あす退院予定です。

当分、目まぐるしい日々が続きそうです。

今日は病室で、バースデーケーキをいただきました。
6と0の大きなローソクに思わず笑っちゃいました。

DSC_0223.JPG



いくつになっても「円熟」とは程遠い自分ですが、年齢に恥じないよう
心を広くして、ひたすら努力していきたいと思っております。
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月10日

「一音のこだわり」いつも心に

「こだわり」の大切さ、学びました。

今日はずっと楽しみにしていた、後藤ミカ先生の「ブルグミュラーでお国めぐり」のワークショップ

ミカ先生のブルグとおもしろハノンは、ありがたーいレッスンの必需品

今日はワークショップということで、知り合いの先生方の素敵な演奏も聴けて
一秒たりとも無駄のない凝縮された時間に大満足。

ミカ先生自身の演奏に、今まで適当に伴奏を弾いていた私は大いに反省
となりで演奏する生徒さんの音楽性を、最大限に引き出すようなアピールをもっとしなくては・・・。

 
作曲者は一音に、こんなにも強い気持ちをこめるものなのだから、
弾かせていただく方は、謙虚にそれを汲み取る努力をする責任がありますね。

午前中のレッスンを変更していただいた生徒さん、ごめんなさい。
お詫びを兼ねて、次回のレッスンでは早速スキルアップした連弾をやってみましょう!

2015-02-11-00-42-22_deco.jpg

posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月03日

2月は面談月間

今年のバレンタインチョコの行き先は、お母様と大人の生徒さん!
子供たちにあげようと箱買いしたものの、試食したらちょっとビターでした。

DSC_0137.JPG


ピアノ教室DOLCE 福田いつこのブログ  〜憩いのPiazza〜 です。
いつもお読みいただき、ありがとうございます!


今日は面談月間の初日

小学生までの保護者の方限定で、お話をさせていただいています。

 
レッスン時間の他に10分から15分ほど別枠で取ってありますが、

時間短縮のため一人一人のカルテを作成

アンケート形式でどんどん埋めていきます。

あらかじめ質問の内容は伝えてあるものの、
駆け足で進めてもあっという間に時間が経ち

それでも、お母様のお話はさすが中身の濃いものばかり

充実の面談となりました。

お忙しい中、本当にありがとうございました!

DSC_0139.JPG

Facebookの先生から教えて頂いた、とてもタイムリーな記事

脳科学者TVでお馴染みの澤口先生のレポートです。

1人分10数枚を30部プリントアウトして、一緒に進呈します。

かゆいところに手が届くようなお話がいっぱい。
何度も読み返してレッスンに生かしていただきたいです。

 
それにしても寒いこと

は〜るよこい、は〜やくこい!

posted by ikko at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月03日

実は今が一番忙しい!


「発表会が終わって、福田もゆっくり余韻をたのしんでまーす。」
と、ほとんどの生徒さんたちは思っていらっしゃるはずですが、、、

実は発表会の後って一番忙しいんですよ。

DSC_0125.JPG


あけましておめでとうございます。

ピアノ教室DOLCE の福田 いつこです。
今年も生徒の皆様がより輝くようなレッスンをしていきたいと思っています。
去年以上に 広く 深く 熱い
お付き合いをよろしくお願いします。


レッスン開始までにDVDを作らなくてはなくては!!

まずはビデオ・録音のチェック

一人一人の写真を選別・写真ができたらそれぞれに振り分けて

大人用と子供用DVDのレーベル印刷

DSC_0130.JPG

DVDの表紙を作り、それぞれの写真を貼り付け

ダビングしたDVDに残りの写真を入れてあげて
これでやっとDVDの完成!

発表会のアンケートの集計もやらなくっちゃ!

教室だよりの新年号も書かなくっちゃ!


次〜  ここからがピアノのお仕事

大人の方の次の曲探し

子供は今までの教本を続けますが、大人の方には新しい曲を与えなければなりません。
みなさん、決して簡単ではない結構マニアックな曲を希望するので
私も新曲として一緒に勉強します。

実はこれが一番時間がかかって大変!
でもこれの連続が発表会での名演奏につながるので、手を抜けないところ

8月の発表会も数十人の参加が予想されるので、
曲をすこしずつプールいかなくては!

更に今年は二台ピアノもやるので、曲探し、楽譜探し
誰と誰を組ませて、誰がどっちのパート?
練習場所はどうする?

まずは私が、両方のパートを全部練習しなくっちゃ!
これまたかなりの時間を取られます。

さー、5日からレッスンはじめ!
目標を高く持って、自分磨きとともに演奏の腕も磨いてまいりましょう!

posted by ikko at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

発表会Part2

わー、もうすぐ年越しです。
急いで子供の発表会のご報告を

12/27 蕨市文化ホール「くるる」にて

 
まずはDolce恒例
初めての生徒さんによる始まりのチャイム
とっても落ち着きがあってこれからが楽しみ!

DSC04456.JPG



発表会初参加の3人で、楽しい話組曲です

DSC04467.JPG



「ロンドン橋落ちちゃう」
合奏も入って、とっても楽しい曲でした
ひつじ・桃太郎御一行様・にわとり・白鳥・郵便屋さん・くまさん
などみんななりきって演技!
 
DSC04525.JPG


DSC04532.JPG


 
「アナ雪」コーナー
「雪だるまつくろう」
気持ちのこもった歌声で聞き入ってしまいました

DSC02835.JPG


「生まれてはじめて」
練習の時から、楽しかったね!

DSC02844.JPG


[let it go」
みんな大好き!

DSC02855.JPG



感謝の気持ちを込めて、14人の連弾メドレー
「私の番はまだかなー?」

DSC02894.JPG



冷たい北風も暖かく包んでくれるような素晴らしいテノール
「ペチカ」

DSC02898.JPG

DSC04573.JPG

あっという間の二時間でした。
生徒さんのこの一年の成長は、本当にびっくりです。

お客様が驚いたのは子供たちの演技、演奏だけではありません。
場内で子供たちが静かな雰囲気で演奏できるよう、場内整備をしてくださった
お母様たちの仕事ぶり、福田が控え室にいてもスムーズに進行していける
大人の生徒さんのバックアップ

幼児をお連れの方の心配り、など福田が知らないところで本当に皆様全員で
この会を盛り上げてくださったことをあとで知りました。

こんな生徒さんに囲まれて、こんなに多くの保護者の方に応援していただいて、
音楽ができる喜び!
ほんとに私は、幸せものです!

この感謝の気持ちは、来年の発表会に繋いで行きたいと思います!
posted by ikko at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014第4回発表会

発表会 Part1

ひつじさんが 迫ってきてます!

今年もあと数時間
毎年同じことを言っています。
「一年、早いねー!」

一年が早く感じられるということは、
それだけ毎日が充実しているってこと!!?

ということにしておきましょう。

ちょっと時期を逸してしまった感はありますが、
「今年のことは今年のうちに!
ということで、発表会を振り返ってみたいと思います。

まずは、12/23蕨のピアノサロン
「フェリーチェで行われた大人のコンサート
ここは、まるで別世界
緊張はあるけれど、自分の音に酔いしれながら弾けた
生徒さんも多かったようです。

特に初めての発表会で、堂々と演奏された方が多いのはすごいことです!
後半の生徒さんの演奏レベルの高さは相変わらずで、
出番前も、ロビーでゆる〜い雑談をしたり、ランチを取る余裕の子もいました。

多めに用意したお席も一杯。
とても静かな空間の中、
ベーゼンの美しい音が流れます。

最後の演目「ホワイト・クリスマス」を動画アップしました。



 
いつまでも去りがたい、「フェリーチェ」はそんな素敵なサロン!
また弾きに来れるかな?


 
posted by ikko at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014第4回発表会

2014年12月29日

楽器支援、ご協力ありがとうございました!

皆様から温かいご支援を頂戴いたしました。

一人一人にお礼を言いたい気持ちは山々なのですが、
このブログを通じてお礼にかえさせていただきます。

12月23日ピアノサロン「フェリーチェ」にて¥19.300

12月27日蕨市文化ホール「くるる」にて¥14.150

合計¥33.450という高額の募金を頂戴いたしました。


発表会の雰囲気が今ままでになかったほどよかったのも、
皆様方のこういう温かいお心遣いが場内に溢れていたからなんだ!

と今更ながら言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいでございます。

キリのいい金額にして、福田の方から中嶋恵美子先生のところに
責任を持って振り込ませていただきます。

本当にありがとうございました!

20141229084754.jpg
posted by ikko at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月27日

子供の発表会終わりました

これで安心して、年が越せます!
年末の発表会、無事終わりました。

例年12月の発表会ですが、
体調不良や怪我がこんなに多かったのは初めて。
レッスンもままならず、本番どうなることかと思ったけれど・・・

本番が一番うまい!

これ、子供の特権なんでしょうか?

リハーサルでは恥ずかしくて一度もできなかった子もちゃんと頑張れたし、
アンサンブルでの、みんなの息もぴったり!


お友達の先生方が沢山応援に駆けつけてくださって、
本当に客席の方は完全に任せで安心できました。

裏方とロビーは遠方の大人の生徒さんまでお手伝いに来てくださって、
こちらもばっちり。

山口さんの司会は23日に続いて今日も冴え渡っていました。

発表会で一番身動きできないのが先生です。
ロビーにも客席にも出られない。
ステージをウロウロするのは目障り。

みなさんのお力がなかったら、こんなに上手くないかなかったと思います。

客席のお客様のマナーも、前回よりずっと良くなって演奏に集中できました。

本当にありがとうございます!

たくさんのお花やスイーツもありがたく頂戴いたします。
雪だるまのブーケ、とっても可愛いでしょ?
みなさんが撮ってくださったお写真が届くのが楽しみです!

DSC_0116.JPG
posted by ikko at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月26日

泣く子とインフルエンザには勝てません


大人のコンサートで頂いたたくさんのお花に囲まれて
「あ〜、幸せ!いいコンサートだったわ〜・・。」
と余韻に浸る私。

DSC_0098.JPG

あすの発表会を前に、昨日は年賀状を印刷して
子供の分以外は書き終わり、
「うーん、今年の発表会は余裕じゃん!」
と思っていたらお昼近くになって、一本の電話が・・・・

「インフルエンザでダウンしています。明日は兄妹ともに無理みたいです」

お兄ちゃんは昨日、元気にレッスンして帰ったのに・・・・。
あ〜ぁ、ここまで頑張って来た本人は、どんなに悔しいでしょう。
お母様も忙しい中送迎してくださって、本番を心待ちにしていたでしょうに。

でもでも、私は感傷に浸ってはいられません。
だって二人共ソロの他、集団の演目に
沢山出演することになっているのです。

号令係・セリフ・合奏・連弾、急遽出来そうな子に振って、
来れる子はレッスン。
来れない子には取り敢えずメールして・・・・・・。

大丈夫!
明日は大人の生徒さんが遠方からも沢山応援に駆けつけてきてくれるし、
子供たちはどんなアドリブにも、きっと答えてくれる!

そう信じて、これから立ち位置や配布物の変更をします!


posted by ikko at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月24日

楽器支援のご報告

土曜日の子供の発表会が終わってから、一緒にご報告を!
と思っていたのですが。

23日のコンサートで19300円集まりました。

昨日の大人のコンサートの後、募金箱を確認したところ
封筒に1万円入れてくださった方がいらっしゃいました。

匿名での募金なので福田が直接お礼を申し上げることができません。
せめてこのブログで、心からの感謝の気持ちを伝えたいと思いました。

善意の募金なので、もちろん金額の多少は関係ありませんが、
その温かいお気持ちが心に響きます。


27日の発表会との合計したものを中嶋先生のもとに、確実にお届けいたします。
ご協力、本当にありがとうございました!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大人のコンサート無事終了

大人のコンサート、感動のうちに終了しました。
おそらく一生に一度の経験になるだろう、ベーゼンインペリアルでの演奏です。

どんなにレベルが高くても、人前での演奏には緊張がつきもの。
でも「頭が真っ白で何が何だかわからないうちに終わっちゃった!」

では、もったいない。

「自分が出した音が、どんなに素敵に響くか楽しんでみて〜」
という私のアドバイスが考を奏したのかな?

忙しい時間をぬっての練習の成果、しっかり出せました。
本当に、ハイレベルな演奏だったと思います。

大人が人前で、これだけの演奏をするのは並大抵のことではなかったでしょう。

ありがとう!
今日の演奏で福田の疲れは、感動にすべて変わりました。
椅子が足りなくなるほど、多くのお客様にいらしていただき
アンケートも沢山いただきました。

募金もご協力感謝致します。
土曜日の子供の発表会のあとで集計して、ブログでご報告させていただきます。

どんなに疲れていても私が必ずすること。
その日のうちに全部のビデオをチェックすること!
 、
頑張った今日の演奏は、必ず次のステップにつなげますからねー!
私の頭の中は、来年の発表会がスタートしています。


本日の出演者
写っていない生徒さん、ごめんなさい!

DSC02801.JPG

2014年12月19日

できた!募金箱

連日睡眠不足と戦いながら、着々と進む発表会の準備

そんな中、私の気持ちを重くしていたのが募金箱
「どーしよう・・・。工作ほんとに苦手だわー・・・!」

東日本被災者に、電子ピアノを送る活動をしている中嶋恵美子先生。
音楽を愛する仲間として、なにかお役に立てれば!
と発表会の場を使って、募金活動をすることに。

「支援のお願い」はプログラムに一部づつはさんで配布済み
でも肝心の募金箱がない!  

もう日にちがない・・・・・・。  焦る焦る!


でも今日やっと、できたー!!
みんな協力してくれるかな〜??

DSC_0085.JPG
posted by ikko at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | できた!募金箱

2014年12月18日

たまには遊んじゃえ

おちゃめな生徒さんたちと、ピアノの上の小物で遊びました。

「教会で演奏会をするサンタさん」だそうです。

後ろのでっかいサンタをキリストに見立てて


でもこのサンタ、なかなか立ってくれない。
立ってもすぐに倒れる。
しかも、ドミノのように周りのサンタを全部なぎたおし・・・・・・


ここで福田先生からクイズ

「レッスン室に、サンタさんは全部で何人いるでしょーか!?」

正解者には先生からプレゼントが!(数に限りがあるので、低学年限定)

小さな子供も探す探す!
クリスマスって、ほんとに楽しい!

DSC_0081.JPG
posted by ikko at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月08日

ピアニスターHIROSHIさんのセミナー、楽しすぎます!

アレンジワークショップ、二回目の今日はピアニスターHIROSHI
こと吉田洋さん(先生はやめて!とのことです)

「あなたの好きなピアノ曲は?」ということで、
会場からのリクエストを、その場でキラキラ星を融合させた曲にアレンジ!

幻想即興曲+キラキラ星、シューベルトの即興曲・トロイメライに始まり、
私はトッカータとフーガをリクエスト!
(ピアノ曲だっつーのに、オルガン曲でごめんなさい)

その後も英雄ポロネーズ・情熱大陸・革命のエチュード・ワルトシュタイン・
バラ3・仔犬のワルツetc.

長い曲でもアレンジしながら、ちゃんとモティーフや特徴的なリズムは
きちんと取り入れ、
ちゃんとコーダに戻って来れるところがすごい!

楽しい、楽しい!
こんな楽しいセミナー初めてです!

一曲でも仕上げるのにふーふー言ってしまうのに、
どんな曲でも知ってる曲ならOK!
と難なく弾けるその修練の高さ、深さに場内から歓声が。


「感心してないで、ちゃんと自分のものにしてくださいよ!」
うっ!コンサート気分で聴いていた私が、我に返った瞬間でした。

posted by ikko at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2014年12月07日

大人のリハーサル

失敗体験って使えます!
どんな人でも、「こんなはずでは・・・」というミスはつきもの。
だったら本番前に一杯、失敗しちゃいましょう!

今日は大人の生徒さんのリハーサル

「来年は夏に発表会だから、今年は気楽に行こうね!」
と、選曲もそんなに頑張らなくてもいいものにしたはずだったのですが、
やっぱり大人は子供と違う!

大人の達成感は人からの評価じゃなく、自分自身に問うものみたいです。
よりいいものを求める気持ちがあるからこそ、努力するんだと思います。

だから私は前向きな生徒さんに「いいのよいいのよ、自分が楽しめば」
とは言いません。
ダメ出しは、私からの愛情です。(心の中ではすごい!と思っています)

「みんな、私の気持ち、通じてるなー・・・・」

プログラムの後半は、息をのむ様な凄い演奏が連発!
今日は本番の後のような満ち足りた気持ちにさせてくれて、みんなありがとうね!
でもすごい難曲を弾かなくても自分の曲に愛情を持って、ひとつひとつの音を大切に弾いた人は、
きっと大きな拍手をもらえるはずです。

23日は、ベーゼンインペリアルがみんなを待っています!
いい音楽つくりましょうね!


posted by ikko at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月02日

リハーサル後のチェックシート

お教室の中が、クリスマスカラーに染まってきました。
可愛い汽車ポッポが仲間入りです。


DSC_0058.JPG



子供のリハーサルの後、ビデオをチェックしました。
お客様目線で確認できるビデオは、貴重なデータです。

一人一人の出番をチェックして、シートに書き込みます。
これが想像以上に時間のかかる作業で、この二日の合計睡眠時間は6時間!
あと10人分、頑張ります!

ピアノが上手に弾けている子は、お辞儀も弾きはじめのタイミングも立つタイミングも
すべて言うことなしの場合が多いです。

やっぱり、弾く前の呼吸ができているかどうかって、とても大事!

♪ 必ずお母様と一緒に、各自が撮ったビデオを見ながら確認していただくこと、
♪ 赤字で書いた項目は自分で記入して、次回のレッスンで見せていただくこと、
♪ 項目がうまったら、ピアノの横にシートを置いて練習すること、

この三つを守ってくださいね!

DSC_0060.JPG
posted by ikko at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月24日

メープルコンサート、野上先生の素敵なショパン

今日は久々に、世間並に休日です。

経堂のカルラホールで素敵なコンサートがありました。

お目当ては野上裕美子先生と、昨日リサイタルを終えたばかりのお嬢様真梨子の演奏です。

メープルコンサートは、プロ・アマ交えてのピアノサークルということですが、
そのレベルの高さにまず驚き

出演者のハイソな雰囲気に圧倒され、どんな要求にも答えるスタインウェイとホールの音響に感動
でも、なんといっても野上先生の演奏は圧巻です!

大ホールで聴くプロのコンサートでも、なかなか今日の感動はないと思いました。

ショパンの「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」
「戦場のピアニスト」の最後のシーンで有名になりましたよね。

弾くだけでも大変なこの難曲を、ダイナミックさだけでなく繊細な音色も弾き分けられ、
裕美子先生のお人柄を感じさせる演奏に、思わず目がうるっと・・・

お嬢様の演奏ももちろん完璧で、親子競演を聴けてとってもラッキー!


 
最後に感想を述べられた紳士の一言
「ピアノは上手い下手じゃなく、やっぱり年季ですよ」

ピアノの音から、ほんとうにその人の生き様を感じることができます。
すべての経験は演奏する上で、無駄にはならないということですね。

2014-11-24 16.53.57.jpg
posted by ikko at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月23日

発表会のプログラムです

来月に迫った発表会のプログラム印刷中です。

「よかったら、私にやらせてください」
という大人の生徒さんのお言葉に甘えたものの、
変なところにこだわるA型の悪い癖!

変更・訂正・変更・訂正のメールをざっと10往復はしたでしょうか?

「もー、いい加減に一つ一つ片付けないと終わらない!」
と決定稿にして印刷を始めました。

子供の方はフルカラーなので印刷にもとても時間がかかりますが、乾かしてから折るので
昨夜は2時まで頑張ったけど大人と子供でやっと70部

ずっと残るものなので、
いつもプログラムはデザインにも紙質にもかなりこだわるのですが、
想像以上に素敵なものを作ってくださいました。


ふーっと、一息ついて改めて見返すと・・・・・・
ひえ〜〜っ!

大人の方に、とんでもないミスを2箇所発見!

幸い大人のプログラムは20部くらいしか印刷していなかったので、
思い切って再印刷することに

さー、これでほんとに
もー後には引けない。
みんなー、弾くっきゃないですよ〜!!


こんな素敵なプログラムを作ってくださった生徒さんへの感謝の気持ちをこめて
負けないような素晴らしい演奏をいたしましょう!!



子供のプログラムの表と裏表紙

子供プログラムDSC_0035.JPG



大人のプログラム 
インビテーションカード風で、サロンの雰囲気にぴったり
刻印はDolceのDです

大人プログラムDSC_0031.JPG
posted by ikko at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014第4回発表会

2014年11月13日

iPhoneのつもりが・・・・・

先日受けに行った動画のセミナー

iPhoneの凄さを教えられ「確かにGalaxyの音って全然よくないわ」
と「でんきち」に

「音と画像のための買い替えなら絶対XPERIAをお勧めします」
とスペックを細かく説明していただき、
あまりの力説に、iPhoneをやめてXPERIAのZ3を購入することに


国宝級の携帯音痴なので、データの移動はぜーんぶお願いしまーす!
「これであーんしん!」と思っていたら

「ネットワーク暗証番号は?」
[SPモードのパスワードは?」
「Lineのメアドは?パスワードは?」
「gmailのパスワードは?」
「Facebookのアドレスとパスワードは?」

ぇええ

家に帰って調べないとわかりませーん!
「えーっと、確かこれ? ダメか、じゃーこれは?」
「あ〜、ロックがかかっちゃいました、どうしましょう・・・」

結果、私一人で3時間も店員さんを拘束することに・・・

レッスンぎりぎりに帰り着いた時には、心身ともに疲れ果て・・・・

でもすごい執念!携帯のボリュームボタンもわからない
お友達のメールの返信もできない現段階で、
ピアノの動画録音は出来ました。

確かめたかった、肝心の音は?


OKです!ヽ(*´∀`)ノ

さすが、天下のSONY!
発表会前の生徒さんの演奏、
もっとちゃんと撮ってあげられるように、頑張っておぼえなきゃ!


 年に二度咲いた胡蝶蘭
なんか、得した気分です

2014-10-06 14.33.15.jpg
posted by ikko at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月25日

可愛いポストが届きました

ピアノ教室Dolceのブログ 〜憩いのPiazza〜の福田いつこです
いつもお読みいただきありがとうございます。


ステキなポストが届きました!揺れるハート
おとなり戸田市でピアノの先生をしていらっしゃる
荒木安子先生、手作りのポストです。

このポストの初仕事は、
12月の発表会でのアンケート受付
それまで隠しておこうと思ったけど
、あんまり可愛いのでこっそり生徒さんに見せちゃいました!

2014-10-25 17.39.36.jpg

指番号の木製カードも入れてくださったので、早速レッスンで使ってみました。
ガラスのテーブルなので、大丈夫かな?
と思ったのですがとても軽くて幼児の手にもジャストフィット!

20141025_165755.jpg

子供だけでなく、大人の生徒さんにもやってもらいますよ〜。
お楽しみに・・・。

でも夢中になるので、これはタイマー片手にやらねば・・・


ポストも指番号カードも、荒木先生が隅々まで丁寧に
心を込めて作ってくださったのが分かります。

ポストに名前をつけなくては・・
生徒さんから募集しようかな?ひらめき
posted by ikko at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月15日

ちょっと早めの「発表会リハーサル」やりました


一気に寒くなって、ちょっと着るものに困ってしまいますね。

川口市の「ピアノ教室Dolce」 

〜 憩いのPiazza 〜の福田いつこです。


少し早いのですが今日は「発表会のリハーサル」をやりました。


ソロはまだ仕上がっていないので、アンサンブル希望の生徒さんだけです。

本番はもっと先だけど、会場がなかなかとれないのと

遠方からの生徒さんが多くて時間を合わせるのが大変、

今年は集団の演目が4つも!


諸々の事情で二か月前の集まりになりました。


リハーサルというより、全体の流れをつかんでもらうための「録画会?」

実際に舞台でやってみて、あとはビデオを見て自宅練習。

これが集団の演目は一番効果的!と、

今回初めて「読み合わせ的」な仕上がり前のリハーサルをやってみることに。


平日の夜間というのに、アンサンブル参加希望者24名中、22名の参加!

お仕事を休んで連れてきてくださったお母様、

冷たい雨の中を、赤ちゃん連れで歩きで来てくださったお母様、


ほんとうに感謝感謝です。


大人の生徒さんも5人、お手伝いに駆けつけてきてくれました。

中には電車で往復2時間もかけて、このために来てくださった方も!


この大人の生徒さんたちの支えで、毎回DOLCEの発表会は成り立っています。

どれだけ感謝してもし尽くせない気持ちで一杯です。

この生徒さんたちへのお返しは「本番の演奏の成功」という形で表せるよう、

しっかりレッスンしていきます!


頑張った子供たちへのご褒美。

ハロウィンかぼちゃの中に詰めれるだけ詰めた「ハイチュウ」

みんな、これ大好きだよね?


2014-10-14 15.52.05.jpg

2014年09月30日

フォルテピアノで弾くシューマン

久々の東京オペラシティー
そこは日々の喧騒を忘れて、感性の世界にどっぷり浸れる空間です。

今日は、楽しみにしていた小倉貴久子さんのフォルテピアノの演奏会
ロベルト・シューマンと妻クララ・シューマンの作品。
会場の近江楽堂はキャパが小さめで正面にマリア像があり、天井はどこまでも高く
それは素晴らしい響きのサロンです。


敬愛するシューマン夫妻の曲を聴けるこの日を、楽しみに楽しみに待っていました!


フォルテピアノは現代のピアノよりずっと残響が少なく、連打も得意ではない楽器

「クライスレリアーナ」や「ファンタジー」をどうやって弾くのかしら?


大ホールのスタインウェイに慣れきった耳には、想像もできないことでした。

声部ごとの響きが違い、音の余韻もボリュームも
モダンピアノのそれとは全く違います。

「聞こえてくる音を聴く」のではなく「謙虚に聴きに行く」
これがフォルテピアノを楽しむ聞き方だ、と思いました。


こんなにも丁寧に弾く「クライスレリアーナ」
聴いた事がありません。
この楽器だからこそ表現できる、声部ごとの音色の違い
改めて、これはこういう曲だったんだ!と実感しました。

演目の最後は一番楽しみにしていた「ファンタジー」
耳は完全に、フォルテピアノの下僕です。
そう「楽器にひれ伏す」という感覚、スタインウェイでは感じなかったことです。
素晴らしい演奏に、みんなが心打たれているのが伝わってきます。

「弾かせていただく」という謙虚な気持ち
小倉さんの演奏から、それを強く感じました。
どんな作品を弾く時でも、持ち続けるのって大切ですね。

2014年09月24日

「バッハづくし2014」勉強になりました

秋晴れの昨日は「バッハづくし2014」
浜離宮朝日ホールにて、丸一日バッハについてのセミナーです。

バッハはすべての音楽の基本
だけど、私を含め多くの先生方も自信を持って「ここはこうです!」
と教えられない作曲家の、代表ではないでしょうか?

その理由の一つに書かれた当時の楽器が、今のようなピアノではなく
チェンバロやパイプオルガンだったことにあると思います。

チェンバロで書かれたものだから、より近く再現すべきなのか?
  ピアノで演奏するからにはその利点をいかすべきなのか?


悩むところです。

セミナーの一部は、バッハコンクールでの演奏のポイントを踏まえて、
ピアノでバッハを演奏する際の注意点を

二部はインベンションやシンフォニア、その他の曲からの詳細なアナリーゼ
ゼクエンツの部分に言葉を当てはめていくのは、面白いアイディアです!

スラーが弦のボーイングを表しているという説明は、
演奏する際の大きなヒントになると思いました。

三部はいよいよチェンバリストの登場
チェンバロというと弾いた瞬間の「ビヨ〜ン」という
ちょっと刺激のある音の響きに耳が行きがちですが、
実は音が減衰するのを聴きながら声部を重ねていかなくてはいけない、
  という深〜いお話

ピアノに比べてとてもシンプルな構造の楽器ですが、それだけに
繊細な耳とタッチが必要なんだ、と改めて実感しました。

2014-09-23 16.39.12.jpg
posted by ikko at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月15日

お誕生日おめでとう!

今日は、お孫ちゃんの1歳のお誕生日。
且つDisneyデビューの日です。

去年の今頃、ママは帝王切開であなたを産んだのよ。
待合室で産声が聞こえた時は、みんなで歓声をあげて涙したっけ。

可愛いレストランでお食事して、ホールケーキを頼んだのにあなたには一口も上げられなくてごめんね!

代わりに二人のばーばから特大のプーさんをプレゼント。
仲良く遊んでね!

ぷーさん.JPG
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月05日

来年は二台ピアノ!

鬼もあきれています

今年の発表会もまだまだ先なのに、、頭は来年のことで一杯

来年はピアノ教室Dolce開設5周年なので、思い切って2台ピアノをプログラムに入れることにしました。
二台ピアノの発表会は過去に2回やったけど、ベーゼンとスタインウェイでやるのは初めて。


ということで、リハーサル用にリリアを予約。


ソロより経費もかかるし準備も練習もずっと大変だけど、
たまには先生が一番楽しむ発表会もあってよくない?
と、心の中で言い聞かせ・・・


何をやろうか? 子供たちが楽しめるものもいれなくっちゃ 

  誰と誰を組ませよう・・・・?

    これ、私がやりたいな! 

いやいやそこは生徒に譲るべきでしょう・・・・etc.

2014-09-05 23.09.21.jpg

2014年09月04日

残念!長いネイルはできないんですよ

「ドレスを着て、発表会に出るのが夢です!」
と今年から入会された、大人の生徒さん

「いえいえ、私なんかドレスを着る腕前ではないので・・・」
と尻込みする生徒さんもいる中で、この気っぷの良さは素敵!

アップライトも購入してあとは、練習あるのみ!


ネイリストをやっていたことがあるそうで、スレンダーな体型と同様、
とても形のいい指に綺麗なネイル
でもでも、ピアノを弾くときはその長い爪はNG

とっても言いづらかったけど理由を説明すると、
「まだ、長いですか?」と少しずつ短くして

ついに今日

ジャジャ〜ん

2014-09-04 11.15.37.jpg


「弾いても弾いてもうまくならないので、
 せめて意気込みだけでもお伝えしようと思って・・・」

うう〜っ、その気持ちだけで
福田は燃えます!
すこしでも苦しまないで、練習効果が上がるように
頑張ってレッスンしますから、付いて来てくださいね〜〜・・

2014年08月31日

オクターブグリッサンド

以前「ポリーニって、ワルトシュタインの3楽章のオクターブグリッサンドを
まるで撫でるように、楽々弾いちゃうのよ!私はできないわ〜」

というお話を、大人の生徒さんにしたことがあります。

レッスンの後「先生、ちょっと見ていただけます?
これでいいんでしょうか?左はできないんですけど・・・」


と言って、見せてくれたのはオクターブグリッサンド

「え、え〜!!すごいじゃない。できたのね!」



先生廃業の日は近そうです・・・・

2014-08-30 15.08.29.jpg

2014年08月29日

「あきらめないで!ピアノレッスン」の中嶋先生のお宅にお邪魔しました

中嶋恵美子先生は長年にわたり、
発達障害の子供たちを指導していらっしゃる方です。
想像していたよりずっとお若くて、
ほとんどすっぴんなのに、中嶋先生はとてもキュート!

Facebookで繋がり、「一度先生にあってみたい」という気持ちにかられ
ご自宅まで押しかけた次第です。

2014-08-29 16.31.05.jpg


ご一緒した江島先生

2014-08-29 16.31.45.jpg


「過去のセミナーではお見せできなかったデータだけど」
とおっしゃってわざわざご用意してくださった、
生徒さんたちの一年ごとの成長の記録。

一口の発達障害といっても、いろんなタイプがあります。
一人一人の生徒さんの当時の状態を、愛おしそうに振り返りながら説明する先生

子供たちに対する溢れんばかりの愛情が感じられます。


線と間の区別もつかない子、ピアノの前に座っていられない子、
一度でもミスをするとパニックになってしまう子、
音量の大・小の区別が聞き取れない子、
体が硬直してがちんがちんの子、
楽譜通りには決して弾かない子
楽譜が読めないので、色分けした音符を一つ一つ見比べながら一曲仕上げる子


その子達が一年・二年・三年たつと健常者の子供達と遜色ない演奏を!
カバレフスキーあり、平吉毅州あり、フォーレあり、
自作の曲を情感豊かに演奏する子
その指導力には、驚かされます。


今私には発達障害の生徒さんはいませんが、
普通の生徒さんや大人の生徒さんにも、
応用できる指導法がそこには沢山!

もちろん健常者の生徒さんへに対しても
それは細かく、緻密なレッスンをされるのはすごい!

「コードからでは伝わらない、和声感を大事にしたい」

これは、バスティンをどう教えるかばかり頭にあった私には
目からウロコ!


今の子供たちは、多くのストレスを抱えています。

発達障害と診断を受けていなくても、近い症状の子、
放っておいたら殻にこもって、学校にもいけなくなるのでは?
この先、いじめに合わなければいいのだけど・・・
と思える子が増えてきている気がします。
人は自分が経験しないことは基本分かりません。
大切なのは、相手の心と体の状態をまず理解すること。

「何故こんなことをするの?」「何故これがわからないの?」
考えてもわからないことに苦悩し、
先に進めない私にちょっと光がさした気がします。

「1年とか2年のスパンで待つことが大切です」と先生はおっしゃいました。


これから私ができること、やるべきこと
今日伺ったお話を、今後のレッスンにどう生かしていこうか!
課題と宿題が沢山できました。

レッスンの合間の貴重なお時間なのに、初対面の私たちのために
惜しげもなく色んなレッスンのアプローチを教えてくださり

「今日お話した指導法の補足です」
と、さらに細かい説明をメールで送ってくださった先生。


最後に「音楽の力ってほんとに、すごい!」
と、3人で力強く語り合ってご自宅を後にしました。

ありがとうございます。心から感謝致します!