2014年09月15日

お誕生日おめでとう!

今日は、お孫ちゃんの1歳のお誕生日。
且つDisneyデビューの日です。

去年の今頃、ママは帝王切開であなたを産んだのよ。
待合室で産声が聞こえた時は、みんなで歓声をあげて涙したっけ。

可愛いレストランでお食事して、ホールケーキを頼んだのにあなたには一口も上げられなくてごめんね!

代わりに二人のばーばから特大のプーさんをプレゼント。
仲良く遊んでね!

ぷーさん.JPG
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月05日

来年は二台ピアノ!

鬼もあきれています

今年の発表会もまだまだ先なのに、、頭は来年のことで一杯

来年はピアノ教室Dolce開設5周年なので、思い切って2台ピアノをプログラムに入れることにしました。
二台ピアノの発表会は過去に2回やったけど、ベーゼンとスタインウェイでやるのは初めて。


ということで、リハーサル用にリリアを予約。


ソロより経費もかかるし準備も練習もずっと大変だけど、
たまには先生が一番楽しむ発表会もあってよくない?
と、心の中で言い聞かせ・・・


何をやろうか? 子供たちが楽しめるものもいれなくっちゃ 

  誰と誰を組ませよう・・・・?

    これ、私がやりたいな! 

いやいやそこは生徒に譲るべきでしょう・・・・etc.

2014-09-05 23.09.21.jpg

2014年09月04日

残念!長いネイルはできないんですよ

「ドレスを着て、発表会に出るのが夢です!」
と今年から入会された、大人の生徒さん

「いえいえ、私なんかドレスを着る腕前ではないので・・・」
と尻込みする生徒さんもいる中で、この気っぷの良さは素敵!

アップライトも購入してあとは、練習あるのみ!


ネイリストをやっていたことがあるそうで、スレンダーな体型と同様、
とても形のいい指に綺麗なネイル
でもでも、ピアノを弾くときはその長い爪はNG

とっても言いづらかったけど理由を説明すると、
「まだ、長いですか?」と少しずつ短くして

ついに今日

ジャジャ〜ん

2014-09-04 11.15.37.jpg


「弾いても弾いてもうまくならないので、
 せめて意気込みだけでもお伝えしようと思って・・・」

うう〜っ、その気持ちだけで
福田は燃えます!
すこしでも苦しまないで、練習効果が上がるように
頑張ってレッスンしますから、付いて来てくださいね〜〜・・

2014年08月31日

オクターブグリッサンド

以前「ポリーニって、ワルトシュタインの3楽章のオクターブグリッサンドを
まるで撫でるように、楽々弾いちゃうのよ!私はできないわ〜」

というお話を、大人の生徒さんにしたことがあります。

レッスンの後「先生、ちょっと見ていただけます?
これでいいんでしょうか?左はできないんですけど・・・」


と言って、見せてくれたのはオクターブグリッサンド

「え、え〜!!すごいじゃない。できたのね!」



先生廃業の日は近そうです・・・・

2014-08-30 15.08.29.jpg

2014年08月29日

「あきらめないで!ピアノレッスン」の中嶋先生のお宅にお邪魔しました

中嶋恵美子先生は長年にわたり、
発達障害の子供たちを指導していらっしゃる方です。
想像していたよりずっとお若くて、
ほとんどすっぴんなのに、中嶋先生はとてもキュート!

Facebookで繋がり、「一度先生にあってみたい」という気持ちにかられ
ご自宅まで押しかけた次第です。

2014-08-29 16.31.05.jpg


ご一緒した江島先生

2014-08-29 16.31.45.jpg


「過去のセミナーではお見せできなかったデータだけど」
とおっしゃってわざわざご用意してくださった、
生徒さんたちの一年ごとの成長の記録。

一口の発達障害といっても、いろんなタイプがあります。
一人一人の生徒さんの当時の状態を、愛おしそうに振り返りながら説明する先生

子供たちに対する溢れんばかりの愛情が感じられます。


線と間の区別もつかない子、ピアノの前に座っていられない子、
一度でもミスをするとパニックになってしまう子、
音量の大・小の区別が聞き取れない子、
体が硬直してがちんがちんの子、
楽譜通りには決して弾かない子
楽譜が読めないので、色分けした音符を一つ一つ見比べながら一曲仕上げる子


その子達が一年・二年・三年たつと健常者の子供達と遜色ない演奏を!
カバレフスキーあり、平吉毅州あり、フォーレあり、
自作の曲を情感豊かに演奏する子
その指導力には、驚かされます。


今私には発達障害の生徒さんはいませんが、
普通の生徒さんや大人の生徒さんにも、
応用できる指導法がそこには沢山!

もちろん健常者の生徒さんへに対しても
それは細かく、緻密なレッスンをされるのはすごい!

「コードからでは伝わらない、和声感を大事にしたい」

これは、バスティンをどう教えるかばかり頭にあった私には
目からウロコ!


今の子供たちは、多くのストレスを抱えています。

発達障害と診断を受けていなくても、近い症状の子、
放っておいたら殻にこもって、学校にもいけなくなるのでは?
この先、いじめに合わなければいいのだけど・・・
と思える子が増えてきている気がします。
人は自分が経験しないことは基本分かりません。
大切なのは、相手の心と体の状態をまず理解すること。

「何故こんなことをするの?」「何故これがわからないの?」
考えてもわからないことに苦悩し、
先に進めない私にちょっと光がさした気がします。

「1年とか2年のスパンで待つことが大切です」と先生はおっしゃいました。


これから私ができること、やるべきこと
今日伺ったお話を、今後のレッスンにどう生かしていこうか!
課題と宿題が沢山できました。

レッスンの合間の貴重なお時間なのに、初対面の私たちのために
惜しげもなく色んなレッスンのアプローチを教えてくださり

「今日お話した指導法の補足です」
と、さらに細かい説明をメールで送ってくださった先生。


最後に「音楽の力ってほんとに、すごい!」
と、3人で力強く語り合ってご自宅を後にしました。

ありがとうございます。心から感謝致します!

2014年08月06日

悲しいお知らせです

Dolceの発表会の時には、
いつも司会者としてご尽力いただいていたYさんのご主人が、
今日お亡くなりになりました。

脳出血で倒れてから奇跡的に一命をとりとめ、
今日まで3週間も頑張って持ちこたえられたのはご主人から家族への愛の強さと、
周りのみんなからの「生きて!!とにかく生きて!」
というパワーが通じたんだと思います。

自分がこうして生きている、
いえ生かされている事への感謝を改めて感じます。
ご冥福をお祈り申し上げます。
posted by ikko at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月04日

感動!祥子先生の発表会 2014.8.3

待ちに待った、祥子先生の発表会
暖かく公平なお人柄から、
ピアノ講師の中でも絶大な人気を得る先生。
地方からこのために、わざわざ上京する先生方も少なくありません。


発表会のリハーサルまでの時間、
後藤ミカ先生、増田玲子先生とご一緒させていただき、
ブログからだけでは分からないお茶目な一面にみんな爆笑。


延々6時間に及ぶ壮大な発表会でしたが、
一つの演目だけでもかなりの時間と労力が必要でしょうに、

それをやり遂げた先生と生徒さんはすごい!


どんな内容?  

あまりにたくさんのことが詰まった演目で、全部はとても書ききれない


ここの発表会の定番「お話組曲」
20140803_160009.jpg


パパさんたちの熱演
20140803_163921.jpg


映像的にも美しい二台ピアノ「おぼろ月夜」
20140803_175731.jpg


真ん中が祥子先生
20140803_193239.jpg


真ん中が後藤ミカ先生、右隣が三枝先生  
20140803_192216.jpg


この三日間はほんとうに、中身の濃い毎日
レッスン日時の変更に快く応じてくださった生徒さんたち
心から「ありがとう」!

さー、これからはみんなが頑張る番!

2014年08月02日

熊谷麻里先生の発表会に行きました 2014.8.2

今日はリリアで川口、
いや今は全国区で有名な
熊谷麻里先生の発表会


前の席には、後藤ミカ先生

プログラムの最後にはミカ先生作曲の教室ソングが披露される、
ということで真剣にお聴きになっていました。

お隣には「カナリア音楽教室」の増田玲子先生。
隠れブログファンだったので、お会いできてラッキーでした。

昨日麻里先生に「あすはLet it go歌うんでしょ?」と伺ったところ
「どうしてみんなベタに聞くの?」

とおっしゃっていらしたけど

はい、しっかり歌いましたよ!
しかも弾き語り。  さすがです!


ここの生徒さんに共通して言えるのは、
みんなとても落ち着いて演奏すること。
舞い上がってテンポがどんどん早くなって、ということはありません。
それだけしっかり呼吸が出来ている、ということですね。

当然、音はとても綺麗。
習いたての幼児でさえpが出せるのは驚きです。
もちろん、演奏レベルはみんなかなり高い!

3部は子供たちの歌とアンサンブル
実はこれが毎年とっても楽しみ。
今日は後藤ミカ先生の「ブルクミューラーお国めぐり 2」も全曲演奏
コスチュームの凝り方がすごいです!

見せて、聴かせるなんて、子供とは思えない!

2014-08-02 15.51.18.jpg     2014-08-02 15.57.48.jpg2014-08-02 15.50.23.jpg      2014-08-02 15.59.35.jpg

ステージの後ろにあるのはパイプオルガン
来年ここで発表会ができると思うと、私も気合が入ります!

お疲れのところ、記念撮影に応じてくださった麻里先生、
ありがとうございました!

2014-08-02 16.21.25.jpg

2014年08月01日

ブルクミュラーフェスティバル楽しめました 2014.8.1

来年8月のホール抽選でリリアに行った所、熊谷麻里先生発見!
明日の発表会のプログラムを先取りして頂いちゃいました。

2014-08-01 09.44.48.jpg


謙虚に「くじ運のよさだけで生きてます!」とおっしゃっていらしたけど、見事7番を引き当て。
私は18番だったので、すごすご引き上げ自宅に戻ってお昼までレッスン。

今日は午後からブルグミュラーフェスティバルがあるため電車を待っていると、主人から電話。
「キャンセル待ちの繰り上げで、土曜日のリリアが取れたよ!」

やったー!

生徒のみなさーん、来年は念願のリリアで発表会やりますよー!思いっきり楽しみましょう!!


電車の中でfacebookのチェックをしていると、キティ先生(facebookで人気の先生です)からメッセージが。

え、先生もレッスン終えて会場に向かってるって?!

着いて一番に目に飛び込んできた先生の姿は、想像通りのオーラに溢れ!
お会いできてとっても嬉しいです。

真ん中がキティ先生、お隣は本日ご一緒した片野先生。

2014-08-01 16.57.59.jpg

今日のフェスティバルは春畑セロリ先生、小原孝さん、樹原涼子先生他、と超豪華!

春畑先生は爆笑トークの後、気が付くとなんと私達の前の席に移動されているではありませんか!!
初めてお話させていただき、気さくであの泉のように湧き出るアイディアはこのオープンなお人柄からくるものだと実感。
フェスティバル途中の休憩時間というのに、図々しくサインまで頂いちゃいました!!

2014-08-01 17.10.38.jpg


樹原涼子先生は、フランス人形のように美しく、私の大好きなカッチーニの「アヴェマリア」を弾いてくださった小原孝先生のピアノにはみんなが酔いしれました。
楽譜が売り切れだったのは残念!

2014-08-01 16.52.28.jpg

2014年07月26日

発表会の選曲終わりました!

2014-07-25 01.01.17.jpg

「ボク、何弾くの?」「曲決まった?」「先生、今年はどんな出し物やるんですか?」・・・・
毎週レッスンで聞かれる質問にたじたじだったけど、やっと胸を張って「決まったよ〜!」と言えます。
まだ練習始めなくてもいいでしょ、とのんびり構えてるのは先生だけ。
今の子はとっても忙しいので時間のある夏休みに、少しでも譜読みを希望する生徒さんが多いようです。

毎年選曲の前には必ず「発表会のアンケート」というものをお渡しし、現時点での参加意思確認、発表会への意気込み、選曲への希望、集団の演目の参加意思、などを伺います。

2014-07-23 13.22.42.jpg

これはなかなかいいアイディア、だと自分では密かに思っている。

メリット1 大体の人数を把握することで、会費の設定がしやすい。
メリット2 都合で参加できない、と決まっている生徒の選曲を考える必要がない。
メリット3 発表会で脚光を浴びたい子にはちょっと背伸びした曲を、マイペースで楽しみたい子には無理のない曲を与えることで、仕上がりが早すぎ、あるいは間に合わないという結果を招きにくい。
メリット4 早い、ゆったり、楽しい、きれい、など本人希望の曲調を聞いておくと、選曲のイメージも湧きやすい。
メリット5 集団の演目を自由参加にすることで、リハーサルやプチ合同練習の出席率が上がる。(あらかじめ参加条件を了承していただくので)

今年は、希望の枠で会場が取れなかったため小学生までと、大人の生徒さんは別々
こんな形式はクリコン以外は初めて。 うまくいくといいなー。
posted by ikko at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月24日

生徒さんのピアノ所有率を調べてみました。

子供は39%の子がピアノを所持しています。
大人は66%が所持。ほぼ逆ですね。

つまり子供は3人に1人がピアノ、大人は3人に2人がピアノ(うち4人はグランドピアノ)ということです。


生徒が自宅で使用している楽器を、把握することはとっても大事。

上級になるとアップライトかグランドかによっても、「これはグランドにしかない機能だけど、感覚は覚えておいてね!」という教え方が必要になってきます。


共鳴の感覚は電子ピアノでは難しいので、レッスンの時にピアノの中を見せながら「ペダルを踏むとダンパーが上がってるから、弦がブルブルふるえるよね?」と視覚的に理解するのが効果的。


ついでにこんな実験も

まず真ん中のドの鍵盤を音がしないようにそっと押さえたまま、一つ下のドをバンと叩きます。
あら不思議!鳴らしていない真ん中のドもしっかり響いています。

次に真ん中のドのひとつ上のドをならないように押さえたまま、先程と同じ低いドをバンと!
今度も高いドは聞こえるけど、真ん中ほどじゃない。

最後に真ん中のドミソをそっと押さえたまま、同様に低いドをバン!と。


「ド・ミ・ソ」が聞こえた時の子供たちの歓声を聞きながら、ドヤ顔の依津子先生!!
ソとかミとか音を変えてみると、倍音の説明もできますね!

体験レッスンの際には、保護者の方に電子ピアノとアコースティックの違いを理解しいただくポイントの一つとして、これを見ていただいています。


2014-07-24 10.21.45.jpg
posted by ikko at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年07月23日

タンゴはだんごより大変

午前中は全部大人の生徒さん。
その中の一人は、わんちゃんを溺愛するYさん。

とにかくピアノが大好きで、毎週のように違う曲を探してきて持ってきます。
モーツアルト、ショパン、メンデルスゾーン、アレンジもの。
やりたい曲がありすぎて、困るとか。

私が知っている曲もあるけど、弾いたことがない曲、知らない曲も・・・
「ひょっとして、先生だったら初見で何でも弾けると思われてる???  ひぇ〜〜」

彼女は曲さがしの天才でもあります。
そんなYさんの、今年の発表会の曲がやっと決まりました。

ピアソラの「リベルタンゴ」
赤松先生の演奏をYoutubeで聴いて、すごくかっこよかったとの事。

私も早速試聴
5月のピティナのセミナーで初めて先生の生ピアノを聴かせていただいたけど、うーん、あの時の感動がよみがえってきた〜!
はがねのようなタッチが小気味よい

Yさんが去年弾いたのは「亡き王女のためのパヴァーヌ」だからすごいイメージチェンジ!
演奏効果を出すには、タッチをがらりと変えなくては

私も一緒に勉強しよーっと!


3年前に二男が母の日にくれた苔玉の観葉植物。
フィリピンで語学学校の経営をしている息子を思って、陰膳の代わりに毎日欠かさず水やり。
一度も花が咲かなかったのに、今年は一輪さいた!! いいことあるかな?

2014-07-22 21.06.28.jpg
posted by ikko at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年07月05日

みんなはまってます

梅雨のじめじめと蒸し暑さに、ちょっとお疲れの子もいるこの頃

一旦お疲れモードになると、テンションあげるのは大変

   させてなるものか!!



「上手に弾けたら、残り時間でパズルやるよ!」

というと、一回で合格したい一心で真剣にピアノに向かう可愛い子供たち!

    

   フフフ、うまくいったな


はまっているのはこれ、おんがくパズル
大人がやってもおもしろい!

レベル2でも、私も高校生もお手上げの「迷路」があったりして・・・・

パズルを解いた後に突っ込んだ質問をして、一緒に楽典を教えられるので私にとっても「お役立ちアイテム」


2014-07-02 01.07.21.jpg




レッスンも終わり夕食後部屋着でくつろいでいると、生徒さんからとっても楽しいお中元が


なんとなんと、風呂敷の中から出てきたのは お か も ち!!

3段の引き出しの中にはスウィートが

目でもお口でも楽しませて頂き、ありがとうございました! 


おか持ち2014-07-05 21.00.53.jpg
posted by ikko at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月03日

リリア無念!

7月1日は、来年7月のリリア音楽ホールの抽選会
もちろん、取る気で行ったけど・・・・・


ちょっと言い辛いご報告ではありますが〜


     結果は 23番遊園地

まー、先月は53番だから。

    
   なんて、ちっともなぐさめにはならないけどたらーっ(汗)




こんな時は、家じゅうに香りを放つカサブランカが気分を和らげてくれる

あ、この臭い

   嫌いな生徒さんがいたら、ごめんなさい

2014-06-29 10.04.05.jpg
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月04日

初めてづくしの小旅行

今月で90歳になる母の、誕生祝と卒寿のお祝いを兼ねて、体に無理のない様近場に行ってまいりました。

おーっと、その前にちょっと残念なご報告が・・・


日曜日のくるるに続き、月曜日はリリアの抽選

S本さんに車を出して頂き、「よし!」と気合を入れてくじを引いたのだけど53番失恋
ということはホール希望が、最低でも53人はいた!ということ。

私のお隣の女性は9番をひいて、しっかりホールをGET!運のいい人はいるもんだ。

次回から、抽選の前はお払いが必要かな?モバQ


20140604233147.jpg

平日の長瀞はとても静かで、なんとお客は私と母の二人だけ。
二人の為に車で船着き場まで送迎してくれて、船は贅沢にも貸切状態

すぐ近くには「花の里」があります。
はなびしそうの、鮮やかな黄色のじゅうたん。

宝登山の神社で、母の長寿を祈り、
上長瀞にある「自然博物館」へ

ここも他にお客はおらず、職員さんがつきっきりで最初から最後まで細かく解説してくれました。
 かなりおもしろかった。


母の体力を考えて、昨日は一泊
お祝いということで、最上階のスイートルームでくつろぎます。
あまりの広さに、びっくり! 家具もとっても豪華です。ぴかぴか(新しい)


20140604233207.jpg

今日は帰り道に川越によって、人力車で蔵の街を回りました。
車と人が行き交う中を上手にすり抜けて、時々走り抜けたり、と結構スリル満点。

貸切の川下り、解説付きの博物館、スイートルーム、人力車、今回は初めての体験が一杯!

明日からまたピアノ漬けで、頑張ります!
posted by ikko at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月01日

ホール抽選

6月に入ったばかりというのになんでしょう、この暑さは!!

でも福田は人がばてるほどの暑さに、結構燃えたりします。

ゴミ袋一杯の庭の草取りをして、汗を一杯かき

  ふと、縁側ではべる愛犬二匹を見ると・・・・・

暑そうにハーハー舌をだして・・・・・  小型犬はほんとに軟弱



今日は朝から12月の発表会のため、ホールの抽選に

あ〜・・・・
今年は幸運の女神に見放されたようで、くじ引きの末呼ばれたのは30番目

それでも、奇跡的に12月27日土曜日の午後だけは空いていたので、とりあえず確保


時間的に大人の生徒さんも一緒、というわけにはいかないのでどうしたものか・・・・
ホールがきまるまで、頭が痛いです。


自宅の向かって左の駐車場を契約したので、本日からレッスンの際はどうぞご利用ください。

遠くから車でいらっしゃる生徒さんが多いので、入れ替わりの際にお待たせすることがないように、時間をきちんと守ってレッスンするよう、心がけますね!
posted by ikko at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月25日

母の日会食

二週間遅れで、娘夫婦の招待で母の日の会食です。レストラン

お肉とニンニクの臭いが苦手の私の好みを考慮してくれて、選んでくれたのは、椿山荘の「みゆき」
レッスンの関係で14時半と遅めのランチでしたが、さすが人気のお店でほぼ満席
お店の雰囲気もお料理も豪華で大満足! いつも心配りを忘れない子供たちには感謝です。

みゆきにて20140525234755.jpg


椿山荘は3年前に生徒さんが結婚式を挙げて以来ですが、今回はお食事の後ゆっくり庭園を散策
きちんと手入れされた庭園ですが、タヌキの親子が住み着いているとか!

椿山荘チャペル2014-05-25 17.13.26.jpg


私は決して高級志向ではありませんが、洗練されたものの価値は分かる人でいたいですね。
posted by ikko at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月08日

可愛いお客様

12月の発表会で、8か月の大きなおなかで出演した大人の生徒さん。
2月に無事出産して、今日赤ちゃんを見せに来てくれました。


「なんて可愛い!!!」揺れるハート
まだ3か月なのに、とても表情豊かで抱っこしていると私まで幸せな気持ちになります。
私の顔を見てにっこり笑ってくれて、気が付くと腕の中ですやすや眠い(睡眠)


あまり手がかからない今のうちにレッスンを再開し今年の発表会にも出たい!と嬉しい意思表示を頂きました。

乳母をやりながら、レッスンすることにいたしましょう!
posted by ikko at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月05日

初節句

今日は初孫の初節句
パパの実家でみんなでお祝い

小さい頃飾っていたという五月人形を、パパさんが一生懸命組み立てて・・・   
  わ〜、豪華!ぴかぴか(新しい)

五月人形20140505235758.jpg


元気でたくましく、
 でも人の気持ちの分かる優しい子に育ってね!黒ハート

小田邸にて朔也と2014-05-05 18.27.23.jpg
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月04日

感動!ラ・フォル・ジュルネ

汗ばむ陽気!

この陽気がGWのワクワク感を高めます

有楽町の国際フォーラム口を出ると、もうそこは別世界

明らかにクラシックファンという感じの人も、そうでない人もが楽しそうに行きかう、国内最大の音楽祭の会場です。

野外ステージでは芸大生による弦楽四重奏に大勢の人が耳を傾けます
すぐに終わってしまったけど、音色の良さが際立つ素晴らしい演奏でした。

今年の野外ステージ

野外ステージ2014-05-03 17.05.07.jpg

最初の公演は
るんるん小山実稚恵のピアノ  ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」
以前にも聴きましたが、小山さんの演奏は、とても繊細で且つ男性的
一つ一つのバァリエーションが変化に富んでいて、オケとの難しいリズムの掛け合いもお見事!

るんるんブラームス  「ハンガリー舞曲」 第1第4・第5番元々はピアノ曲ですが私が大好きな1番と、特に4番はオケの方が情感が込めやすいですね。

続いて2つめの公演にはベレゾフスキー登場  
るんるんラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第二番」
彼のピアノは毎年聴いていますが、スーパーテクニックは相変わらず健在
以前よりppがとても美しくて、ちょっと別の一面を見たような・・・。

一楽章はテンポ感が合わなかったのか、オケがちょっともたついて聞こたのが残念。
鳴り止まぬ拍手にアンコールで答えてくれたベレゾフスキー

楽譜を片手に「Doream of love」と言って弾き始めた愛の夢
彼には簡単すぎて、ちゃんと暗譜をしたことがなかったか、しっかり楽譜を見ながらそれでも早いパッセージは疾風のごとく軽やかに・・・・・


合間にはエリアコンサート(フォーラム以外にも各所で無料のコンサート会場がいくつもあります)としてパソナの水上ステージへ

るんるんベートーヴェンのスプリングソナタ
ソリストの真ん前でばっちり鑑賞

スプリングソナタ20140504022320.jpg


水上ステージということで、ソリストと私の間にはこういう池が張り巡らされていて、ヴァイオリンの音に誘われて鯉が気持ちよさそうに泳いでいるのが見えますか?

水上ステージ2014-05-03 18.15.39.jpg


次は・・・
さー、いよいよお待ちかねの演目
るんるんシューマンの「ピアノ五重奏曲」
本音を言うと、この後のアルゲリッチよりもこれを聴くのが楽しみだったのです。

シューマンの代表作ともういうべき名曲なのですが、難易度が高いのでしょうか、あまり演奏されることが少なく、生で聴くのは今日が初めて!

力強いユニゾンデ始まる第一楽章 これがシューマン節!!!
ため息ともつぶやきともとれそうな葬送的な二楽章
ビオラの音色がとても効果的に情感を盛り上げます。

力強い3楽章が終わり、終楽章の後半、壮大な二重フーガが流れるころには私の感動はMAX
「あー、もうすぐ終わっちゃう・・・。もっとずっと聴いていたいのに・・・」

余韻を引きずりながらも次の公演まで時間があるので、展示ホールも覗きに
きれいにデコレーションされたお花ですが、注目すべきは下の部分・・・
ト音記号や音符があしらわれて、とってもかわいい!

展示ホール2014-05-03 21.25.50.jpg

洗足の学生がサクソフォーンオーケストラでパガ狂を演奏しているのをバックで聴きながら、展示してあるローランドの電子ピアノを試弾
グレードも高かったのでしょうが、タッチも音色も思ったよりずっと良かったです。
ただ、このレベルのローランドを買うのであれば、探せば中古のアップライトが買えるかも?



夜の22時半になって、本日最後の演目
大御所、アルゲリッチ登場です

アルゲリッチが舞台に現れると歓声が(クラシックの舞台では珍しい事です)

最初はるんるん「春の祭典」の二台ピアノ手元を移す巨大スクリーンでタッチもばっちり鑑賞
ピアノを完全に打楽器化して、アルゲリッチの指は打楽器を力強く叩く、まるでバチのよう
第3関節は凛と高く、指はまげずにまっすぐ伸ばし脱力した状態で、ものすごい勢いで打鍵する独特のタッチ(生徒の皆さんはマネしないように)

二曲目は るんるんサン・サーンスの「動物の謝肉祭」
何がすごいかって、ソリストの豪華な事!

ピアノはアルゲリッチと酒井茜、ヴァイオリンはクレーメルと堀米ゆず子、ビオラは川本嘉子、コントラバスが吉田秀

こんな豪華キャストで演奏をきけたなんて、とっても幸せ!揺れるハート

演奏中もソリストは始終笑顔
それだけの実力がある人だからこそ奏でられる、余裕の音楽

楽しかった! みんながそう思っているのが伝わってきます。
音楽って、ホントに素晴らしい!!
「クラシックはよくわからない」っていう人もいるけれど、騙されたと思って来年は是非国際フォーラムに足を運んでみてください。
観光地に行くばかりがGWの楽しみ方じゃない、耳を喜ばせるのも贅沢な娯楽なんだ、ってきっとわかってもらえるはず。

アルゲリッチが終わって、帰宅したのは夜中の1時夜
遠方の人は、帰れたのかな?

今年は娘と二人で音をたっぷり楽しみました。
丸一日赤ちゃんを見てくれたパパさんにも、うちの家族にも感謝!!

今日のコンサートは頑張って先行販売で選んだだけあって、全部中央のいい席いす
どうせなら、少しでもいい音で、聴きたいですよね!
posted by ikko at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年04月29日

テルマエ ロマエ

今日はお昼でレッスンが終わったので、練習の傍ら愛犬と一杯遊んであげました。射手座野球

遊んであげればあげるほど、どんどん可愛くなるのがペットの憎いところ・・・・黒ハート


ふと庭に目をやると、陽気に誘われた草花が一気に咲き始めとてもカラフル!
レッスンで疲れた目を癒してくれます。

去年は一厘だった牡丹が今年は二輪、見事に咲きました

DSC02726.JPG


夜は母と二人でテルマエを見に映画

主なキャスト全員が、私の好きな俳優さん(濃い顔、大変結構!)
 こんな映画も珍しい


明日はレッスン休業なので、自分の練習に没頭します!!いす
練習しなくてはいけない曲が沢山あって、半日なんてすぐ過ぎてしまいます。
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月27日

ピティナ指導者セミナー

今日はレッスンをお休みさせていただき、午前中から丸一日浜離宮朝日ホールでピティナのセミナーに参加しました。

セミナーやブログでおなじみの著名な先生方が入れ代わり立ち代わり、ご自分の汗と努力の結晶ともいえるエッセンスを惜しげもなくレクチャー

あっという間の一日でした。


この貴重な情報を日々のレッスンでどう生かすか、それがこれからの私の課題です。次項有


一緒に受講した先生たちと記念写真
真ん中にいらっしゃるのが「ブルグミューラーでお国めぐり」で有名な後藤ミカ先生


20140427232712.jpg


右端は川口にお住いで、今日のセミナーを担当してくださった熊谷麻里先生

20140427232737.jpg

以前からずっとお話ししたいと思っていたので、今日はとてもラッキー!!ぴかぴか(新しい)
太陽みたいに明るくて、きさくで先生の周りは人で一杯!

こんな先生についている生徒は幸せだなー!


セミナーの後は、いつものようにアルコールでノドを潤しながら、先生たちと指導法やテキストの情報をシェアビール

みんなとのこういう時間が、私のエネルギーとなります。

どうすれば苦労少なく生徒が上達するか、ピアノの指導者はセミナーに行ったり本を読んだり、楽譜をあさったり、いろんなアイディアを探りながら試行錯誤しているんですよー。
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2014年04月18日

クララ・シューマン「愛の協奏曲」

今日は教室レッスンはお休み

GWの音楽祭LFJの企画の一端として有楽町の角川シネマ(ここ、改札のすぐ前で方向音痴の私には安心!)に映画鑑賞に行きました

クララ・シューマンはシューマンの奥さん
私が心から敬愛する女性でもあります。


ヨーロッパ中にその名をとどろかせ「私のエチュードを完璧に弾けるのは彼女だけ」とCHOPINに言わしめた天才ピアニスト

しかも大変な美貌の持ち主

シューマンとは父親と裁判までして(法学科出身のシューマンらしい)ドラマティックな結婚をするも、精神を病んだシューマンに代わり8人の子を育てながら、演奏活動でシューマンの作品を広め家計を支え続けたという、素晴らしい女性でもあります。

そのクララを生涯慕い、無償の愛と援助を続けたブラームス
今日の映画は、そのブラームスの末裔が監督を務めた作品です。

そのせいか、ブラームスはやけにイケメンで好青年なのに、シューマンは老いさらぼえた性格破綻をきたした音楽家として描かれていたのが、シューマンのファンとしてはちょっと残念


冒頭は予想通りシューマンのピアノコンチェルトの演奏シーン

凄い音量!予想以上の音響の良さ!
頭の先から足の先まで一瞬にして鳥肌が立ちます

シューマン・ブラームスそれぞれのソナタや幻想小曲集、ハンガリー舞曲といったメジャーなものから、普段聴くことのないクララ・シューマンの作品まで堪能しました。


最後のシーンで使われたのは、ブラームスのピアノ協奏曲第一番

うーん、個人的には二番にしてほしかったな!


とても印象的なのはエンドロールが無音だった事
いままでこんな映画を見たことない!

最後はブラームスのコンチェルトの響きを残したまま、終わりたかったのか・・・・・?

あるいは、敢えて無音にすることで、観客一人一人の心に劇中の音を自由に響かせたかったのか・・・・?

いずれにしても、とても幸せな気持ちに浸れる1時間半の上映。


フォーラムにくるといつも立ち寄るお気に入りのレストランで、お友達とランチ

え!いつものメニューがランチだとこんなに安いの?だったら次はランチで!
・・・・と、一瞬にして現実社会に戻るのでした。
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

アルゲリッチのチケット

GWに東京国際フォーラムで行われる音楽祭、LFJ(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン)になんと、あの国際的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチが出演決定!!

ストラビンスキーの「春の祭典」の二台ピアノと、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」
他のソリストも超一流

これは是非とも聴かねば!

一番早い先行販売で、ということで今日は国際フォーラムまでチケットを買いに


発売開始の11時を5分ほど過ぎてしまったのですが、すでに100人ほどの行列。

一人一人が空席確認をして、希望の席を取っていくので非常に時間がかかります。
数分待って、やっと二・三歩進む、といった感じ

二時間半もかかってやっとGET!!

公演によっては、まだチケット残っているようですよ。

2014-04-11 13.14.07.jpg



アルゲリッチのチケットが買えたのはとっても嬉しいけど、先ほどLFJの事務局から来たメールに愕然・・・・

ある意味、今回の公演で一番楽しみにしていた演目が曲目変更になってしまいました。

 リストのソナタとシューマンの幻想曲

これが二曲とも変更になって、その日は正直行く気が失せた・・・・・・。


LFJではよくあることだけど、半年一年前のチケット販売ならともかく二か月前の販売なんだから曲目は変更しないで欲しいな!!
posted by ikko at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月26日

小澤征爾「フィガロの結婚」

待ちに待った小澤のフィガロを聴きに上野の文化会館に行きました。

「フィガロ」はわたしにとって非常に思い出深いオペラ

音大の二年の頃先生に「文化祭でオペラ科と二期会のメンバーでフィガロ全幕やるけど、ピアノ伴奏やってみるか」と言われオペラのオの字もしらないのに「はーい」とやらせていただき・・・

難しい曲ほど燃える、ほんとに何もわかっていなかった若かりし私・・・
そんな自分を抜擢してくださった今は亡き恩師に、いまさらながら感謝


私の過去録はこのくらいにして、

さて、心配だったのは小澤の体調

体調不良で代役が指揮した場合も払戻しなし!という条件付きのコンサートでした。
決して安くはないチケット代だけに、「万が一小澤じゃなかったら・・」とは思いましたが、チェンバリストと二人で交代で振るという珍しい形ではありましたが、小澤登場!!!


オペラで一番ワクワクドキドキするのが、幕が開くまでの序曲

小澤が指揮台に立つ  
 早ければ早いほど面白い、と言われるハイテンポな序曲

会場のみんなが待ちわびた3時間にわたる、オペラの幕開けです!

こんな魅力的な序曲をMozartは本番の前夜、一晩で書き上げたとか(私はひそかにMozartは宇宙人だと思っている!)

今日のオケは小澤塾のメンバー
若手の演奏家ばかりですが小澤のおめがねにかなっただけあって、弦はもちろん、管も安心して聴けるとてもハイレベルな演奏!

一糸乱れず、よく鳴るオケです。


フィガロはオペラブッファ(喜歌劇)
ストーリーはとてもばかばかしいものですが、音楽がとにかく素晴らしい。

有名なアリアもてんこ盛りで、特に一幕の前半は有名なフィガロの「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」やケルビーノの「Non so piu cosa sou cosa faccio」、二重唱などで息もつかせぬ勢いでいつの間にか、目は指揮者ではなく舞台にくぎ付け。

気が付くと指揮者が小澤からチェンバリストに代わっていたり・・・


個人的に好きなのは、二幕のスザンナとケルビーノの「開けてよ、早く」と4幕バルバリーナの「探しても、探しても」
対称的な曲調ですが、「フィガロ」というとすぐに浮かぶメロディーです。
コンテッサのアリアは全部いいですね!


有名な「手紙の二重唱」

重唱、特に二重唱はそれぞれの声のバランスが取れないときれいなハーモニーとして響かせるのはとても難しい。

いや〜、美の極致! なんとエレガントな!
みんなの期待に充分応えてくれました。


コンテッサ(伯爵夫人)のアリアはすべて素晴らしく、最後の一音まで聞き逃すまい!とホール全体、空気の流れが止まったような不思議な空間に。

呼吸をすることを忘れてしまいそうなほど、酔いしれました。


フィガロは登場人物が多く、ストーリーがなかなかつかめないのですが、結局のところコンテッサとケルビーノがいいところを持ってっちゃいますね!

今日のスザンナはちょっと知的な感じで、もうちょっとおきゃんなほうがケルビーノやコンテッサとの対比が出て面白かったかな?



自分の命のローソクを音に変えて燃やし続ける、小澤征爾の姿は神々しかった
ずっとずっと心に留めておかなくては


カーテンコールが終わって会場を出たのは22時半

一緒に行ったお友達のKさん、遠方なので自宅に着くころは日付が変わっているとか。

楽しかったね!
また一緒に行こう!!

フィガロ.jpg
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年03月18日

智内威雄セミナー

久々の六本木

リーラ・ムジカのセミナーに行ってまいりました。

受講の為午前中から何人もの生徒さんにレッスン日時を変更して頂き、本当にありがとうございました!


今日の講師は左手のピアニストとして活躍中の「智内威雄」
強そうなお名前ですが、都会的なお顔立ちで指からは音が、口からは言葉が溢れんばかりの勢いで飛び出してくる方です。

写真左が智内先生、右が主催者の藤先生

2014-03-18 12.59.57.jpg

本日のタイトルは「生徒の演奏が変わる! 脱力と左手のテクニックの鍛え方」

東京音大演奏家コース卒業後、数々の国際コンクールで入賞するもジストニア(脳の障害により筋肉が収縮や硬直する病気)を発病し、その後のリハビリにより左手のピアニストとして絶賛され「ETV特集」でも取り上げられた方です。


「脱力」が今日のメインテーマ

♪「脱力」・・・・ 単純に力を抜くこと
ですが、肩・腕・手首・指の各パーツをスムーズに連携させること!がすなわち「脱力」

♪体本来の向きと違う方向にひねったり、曲げたり振ったり、「角」がふえることでテンションが増す

♪ピアノの鍵盤は押されると元に戻ろうとする、指は上げるより下げるほうが得意、力を抜くことで指は自然に鍵盤に押し上げられる。
この二つを利用すると楽に弾ける!  なーるほど、イメージ浮かびますね!

♪自分のパーツの重みを指先にかけて打鍵した後は、鍵盤が押し返そうとする感覚を指先で感知するのが大切!

♪pp・ffの音量は人と比べるものではなく生まれ持ったもの(脱力の状態で出たものがその人の最大最少・それ以上力むといい音ではなくなる)

♪「緊張」しても「硬直」させない
背中の力を抜く⇒わかりにくければまずあごの力を抜いてみる(首がリラックスする)

♪「脱力」の真の目的は:楽器でしゃべるような一体感を持って、より楽しくピアノを弾くため

書ききれないくらい多くの情報を、頂き!!


今日はいつもより受講者が少なかったので、智内先生と個人的に長々とお話しすることが出来、技術的な質問なども丁寧にお答え頂き、とても充実したセミナーでした。

こんな日に、名刺を忘れて行った私って・・・・
受講者の先生方からは一方的に頂くだけで、大変失礼しました!

最後まで残った先生たちと記念撮影

2014-03-18 14.25.05.jpg
posted by ikko at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2014年03月17日

最高の誕生日!

子供たち夫婦が私のお誕生日をお祝いしてくれるということで、昨日、おとといと大阪に行ってきました。

京都・奈良は何度も行ったことがあるのですが、大阪は縁がなく今回が初めてのUSJ

2014.3.15USJ.jpg

3.16usj.jpg

USJは、期待をはるかに超えて楽しかったです!

夕食後は「ハードロックカフェ」で軽く一杯・二杯
突然ロックバージョンのHAPPY Birthdayが流れ店内のみんなからもお祝いの拍手を

ハードロックカフェ.jpg

翌日は大阪の街をひたすら歩く・食べる・また歩く

こてこての看板     さすが大阪やな〜

こてこて看板.jpg

こまかくプランを練ってくれ、丸二日もてなしてくれた息子と娘夫婦
   ありがとう!
    心遣いがホントにうれしかったよ!

家に残って、愛犬の世話と母をみてくれた主人にも感謝!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に行きました

2014年03月11日

何年たっても

今日であの大震災から3年が立ちました。

昨日の事すら忘れることが多い毎日で、誰もが鮮明に思い出すあの日・・・・

TVのニュース番組を見るのもつらかったけど、
去年と少し違うのは復興に向けて「前へ 前へ」と進んでいく多くの人たちの姿

人間ってほんとに素晴らしい!
自分の非力に後ろめたさを感じつつも、「生かされている」ことを深く感謝



15日の自分の誕生日に毎年やっている事

  仏壇の線香台の灰をきれいにお掃除する
  赤十字への義援金
  確定申告(こんなギリギリはほめられたことではありません)

今年は既に税理士さんに、書類を提出済み
これが終わると、ほっとします(だったら、早くやれ!)



今年は15日が土曜日の為郵便局に行って、午後のレッスンぎりぎりに帰宅

  「先生、今日は11日なので、この曲を先生と弾きたいんですけど」
と生徒さんが差し出したのはシューベルトの「アヴェ・マリア」のアレンジ版

お互い黙って淡々と弾きましたが、それぞれに深い気持ちがこもっていたと思います。

14:46には二人で一緒に黙祷


  当たり前の生活ができることが、決して当たり前ではないこと

  その上、ペットまで飼ってピアノを弾ける環境がどんなに幸せな事なのか・・・・

と、その生徒さんはお話しされていました。


「忘れないこと」

誰にでもできる、でもとても大切なことですね


「幸せの基準」
改めて考えた一日でした
posted by ikko at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月10日

春は名のみの

今日もとっても寒かったですね。
一年前の今日は26度の夏日だったとか。思い起こすこともできないくらい今年の寒さはこたえます。

お教室は桜のタペストリーや、小物で春を装っているのですが・・・・

DSC02702.JPG




そろそろ春休み

高校・大学に進学する子、わくわくの一年生になる子、日々の生活も大きく変わるでしょうが、楽しみですね!

進学進級に伴い、何名かの生徒さんのレッスン時間の変更がありましたが、なんとか収まりホッとしました。

快くご協力くださった保護者の方には、心から感謝いたします。

レッスンの日時が変わる事で、他の生徒さんのピアノを聴く機会も出来るし、リズムや楽典を一緒に勉強したりで、それはまた新鮮なレッスンができるのではないかと私も楽しみです。


生徒さんから素敵な誕生日のプレゼントを頂きました!

デジタルフォトフレーム
大好きなショッキングピンク!  お部屋がパーッと明るくなります。
ルンバをやっと使えるようになったので(動きが面白くてしばらく横で見てます!)次はこちらの取説と格闘!
あきれるくらい、音痴なんですよ。
動画も見れるようなのでレッスンを撮影して、姿勢とか手の形なんかを客観的に見せてあげたり、色々活用できるといいなー!


DSC02696.JPG
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月03日

左手の攻略法

最近やりかけのテキストが終わり、次の本に移る生徒さんが何故か多いです。

難易度が上がると、メロディーより左手の伴奏が難しくなりことが多いです。

まず、音の数が増える。
いままで単音だったのが和音になる。

ドミソ という伴奏が ド ソ ミ という風に音程の離れた形になる。

四分音符のリズムだった伴奏が、複雑になってくるetc・・・


一つ一つの音をひろって譜読みをしていると、いつまでたってもスラスラ弾くことは出来ません。
時間をかけずに弾けるようになる為には、まず「ここはなんの和音?」と考えてみましょう。
いつも習っているコードネームの出番です。

まずは一番大事なベースの音のを覚えてしまいましょう。

ベースの流れがつかめたら、バラバラの音を一つの和音にして長めに抑えてみます。

基本形をつなげるとあっちこっちに音が飛んでとても弾きづらい楽譜になってしまうので、コードは基本形(ファラドのように一つ飛びの形)ではなく ド ファ ラ のように音をひっくり返した形で出てくることが多いです。

これはなるべく近いところの音を押さえた方がより美しく自然に聞こえるという、和声的にも理にかなった方法で作曲されているからです。

そうするとたいていのコードは三つのうちどこかが共通音になって動いているはずです。
そこを軸にして弾くと弾きにくい左手も、だんだん楽に指が行くようになります。

和音の共通音を見つけて手の形を作る事、これがポイントです!
これは上級者の曲にも利用できる練習方法なので、お試しあれ


今日はひな祭り  新着寝相アートです
寝相アートというけれど、この子は何故かいつもお目目ぱっちり起きてます。
しゃもじも使いよう・・・・

寝相アートひなまつり.JPG


うちにも母と私、カノンとシオンという女の子のチワワがいるので、今日ははまぐりのお吸い物とちらしずしで、自分でお祝い!
posted by ikko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月02日

感動しましたね

連日寝不足だったソチオリンピックは終わりましたが、真央ちゃんの演技は何度見ても胸が熱くなります。

深夜だったので、音を消してみてみたらはっきり言って「つまらない」
突っ立ったまま動きのないオペラ、目をつぶって鑑賞するバレエ、のようなものでしょうか・・・

やっぱり音楽があるから、フィギュアはたまらなく魅力的に感じます。

スピードスケートの選手がこう言っていました。
「試合の後楽しかった!というと不謹慎だ!と思われるけど、アスリートにとっての楽しい、は緊張による興奮から最大の成果が出るよう自分を持っていきつつ、普段のような状態で本番に持って行けた時に感じる快感の事です」

なるほど!!

言われてみれば、素晴らしい演奏をするピアニストも演奏後こういう心境の顔をすることがある!!

真剣に打ち込んでいる人の姿からは本当に多くの学びがあります。
どんなことからも学びを感じ取れる人間でありたい!と思います。


娘が「寝相アート」送ってきました。
最近のママさんはとにかくマメです。
育児の楽しみ方が上手だなー、とおもいつつおもわず吹き出しました。

__ 1.JPG
posted by ikko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

我が家にルンバが

ピンポ〜ン

宅急便が届いて

  中身はお掃除ロボットの「ルンバ770

「あ!きっとなにかの懸賞があたったんだわ!クジ運いい!!」

と思ったら、子供たちからのお誕生日のプレゼントでした。
15日のお誕生日の前日に発送日指定していたのに、手違いで早めに届いてしまったよう

一杯働いてもらうことにしましょう!!
うちのワン子たちの反応が楽しみです!


進学や進級に伴い、レッスン時間の変更の必要があるかたは早めに申し出てくださいね!

とは言うものの、15パズル(一つの空マスに駒を移動させながら並べるボードゲーム)のように双方の希望と了承を取りながらの作業になるので、全員の希望通りにうまくはまるかちょっとドキドキ

気が付くと3月ですがなかなか暖かくなりませんが、せめてピアノを弾くときは熱い気持ちで向かいたいと思いたいですね!

小学生までの生徒さんには保護者あてにメールでお知らせしましたが、今年もGWに「熱狂の日 ラ・フォルジュルネ・オ・ジャパン」が開催します。
東京国際フォーラム(有楽町駅前)の大小8つのホールと丸の内周辺の会場で、何百というコンサートが3日間演奏されます。

低価格で45分という短い演奏時間の上無料コンサートも各所で行われ、0歳児や3歳未満でも入場可の演目もあるので、是非この機会に生のオーケストラやピアノの音を聴いてみてはいかがでしょうか!

華やかな野外ステージや屋台が、国内最大の音楽祭を一層盛り上げます。

福田も毎年通っています。もちろん今年もチケットは既にGET!
すぐに売り切れになる人気公演なので、興味のある方はお早めに
posted by ikko at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月23日

サドベリーコンサート

兼ねてより行ってみたかった「サドベリーコンサート」に行きました。

サドベリースクールとは、いわゆる普通の学校とは違い、カリキュラムや学年、テスト、授業はありません。
「人は本当にやりたい、必要だと感じたときに一番よく学ぶ」という理念のもとに、子供自らの気持ちから発したことを基に活動をします。


そのユニークな学校の生徒「花ちゃん」が今日のコンサートの主役です。

「天使の歌声」という評判にたがわず、その歌声は会場の空気そのものを浄化してくれるようです。


若干15歳とは思えない見事なMC
言葉の一つ一つにも心の深さがうかがえます。

木村先生のアレンジ&ピアノ、常光先生のヴァイオリンはもちろん素晴らしく、あっという間の4時間でした。

最寄駅は「サザエさん通り」で有名な桜新町

サザエさんと一緒だと、誰でも小顔に見えます!


2014-02-23 17.09.45.jpg
posted by ikko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年02月17日

フェリーチェコンサート

昨年から噂には聞いていたコンサートホール「フェリーチェ

蕨駅から徒歩10分、教室からは5分という距離に音響のいい素敵なホールができたとあって、かねてから興味津々


生徒さんが手配してくださり、3人の大人の生徒さんと一緒に聴きにいきました。

IMG_2524.JPG


ここの売りはなんと言っても3台名器と言われる「ベーゼンドルファー」そのなかでも最高ランクの
インペリアルという仕様のピアノ

横山幸雄さんのコンサートでまじかに見聞きすることはあったものの、290cmという大きさはちょっと怪物のような大きさです。

特徴は通常のピアノの最低音ラの音の下にさらに9本の鍵盤がある事。
そこはすべて黒鍵(通常の幅になれたピアニストの誤打を防ぐためです)
真っ黒だからわかりにくいかな?下のドまで鍵盤があります。

IMG_2520.JPG


もう一つは、側板がグランド特有のカーブを描いているのではなく、角ばっていることです。

2014-02-17 14.44.32.jpg

今日は好きなだけ、試弾もできたんですよ!!
(みなさん、遠慮したのか、結局弾いたのは私とうちの生徒さん達だけでしたが)

プロによるフルート・ピアノ・ヴァイオリンと変化にとんだプログラムでしたが、みんなを驚愕させたのは
中学3年の男の子の演奏

つい先日東京音大の「演奏家コース」を受験しトップ合格の特待生というだけあって、

 ショパンエチュードOp.10-1  10-4
 リストの超絶技巧練習曲から「マゼッパ」
 ベートーヴェンの「熱情」から2.3楽章

と、演目も難曲揃い

「演奏家コース」の先輩辻井君や、金子三勇士君に続きピアニストとしてデビューする日を楽しみに応援することにします。

もうお一人、素晴らしい演奏を聞かせてくれたヴァイオリンの内藤歌子さんは、DOLCEの第一回発表会で特別演奏して頂いたヴァイオリニストの常光今日子さんの先輩との事

同じ町内にこんな素晴らしい方たちがいるなんて、なんだか嬉しくなりました!

身動き一つせず17の演目を聴き続けることはことは、結構目と肩に来ます・

なので、今日はちょっと疲れました   今日こそは2時前に寝て、若返りホルモンを沢山摂取するぞー!と思っていたのに、、このまま干物の生干しみたいになっていったら・・・   いやだ〜モバQ
posted by ikko at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年02月01日

第二回保護者会

今日は、11時半から発表会の反省会&親睦会を兼ねてお母様達にお集まりいただきました。

お母さま11名+お子様6名でおいしく楽しいランチ会レストラン

目線を変えると、福田が思いもよらない「目から鱗」のご意見も沢山頂けて、本当に貴重な時間でした。


終了後「やっぱり話すって、大切ですね!お話ししてみて、あー、みんな同じ気持ちでいたんだなー。って思うこともあって、こういう機会があってよかったです」

とお話しくださった方や「全員とは話せなかったけど、ほかのお母様たちとコミュニケーションが取れてよかったです」

「みなさんのお話を聞いて、とても勉強になりました」
と色々な感想を頂きました。


今日のお話を少しでも実現できるよう、これからもプラス思考で頑張っていきたいと思います!


ご希望の日にちを設定できなかった方、申し訳ございません。
次回は是非ご参加いただけると嬉しいです!
posted by ikko at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月27日

ちょっと遅めの新年会

そろそろ節分ですが、昨日DOLCEの大人の生徒さんたちと新年会を開きました。

12名でわいわい飲んだりしゃべったり、食べたりと楽しい時間はあっという間に過ぎて、気が付くと5時間が経過・・・・

時計がないと、こんなにもゆったりと過ごせるんだなー

一人一人のピアノに対する思いや、発表会秘話などうかがえるのは、こういう場ならでは。


サンタさん役で、発表会のムードメーカーとして大活躍だったT君も駆けつけてくれおしゃべりに花が咲き

   学生もいることだし、そろそろお開き

と、帰りかけたところで「先生、二次会どうですか!」と声をかけていただき

内々のメンバーでの会話は、それはまた楽しくて・・・・

   
   はい、帰りはしっかり12時を回っておりました・・・・

久しぶりに駅から歩いたらものすごく寒くて、

   確かに、最低気温はマイナスだわ!!

文句も言わず、心配の電話をかけてきてくれる主人に感謝!
posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月23日

かわいいでしょ!手作り教材

年明けから、幼児の体験レッスン希望が多いです。

空き時間がほとんどないためお断りすることも多く、大変心苦しいです失恋


久しぶりに音符カードを作ってみました。るんるん

色々応用ができるので、低学年の子も遊べそう!
カラフルでしょ!かわいい

DSC02679.JPG


以前に作った動物カードと組み合わせれば、幼児でもすぐに音譜を覚えられそう

DSC02681.JPG
posted by ikko at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月21日

お見事! 準御成姫

今日のレッスンは11人
結構ハードな一日です

トップバッターは赤ちゃんをおんぶして、レッスンに通ってくださるヤングママ

この方二人のお子さんがいらっしゃるのに、とってもスレンダーで面長美人ぴかぴか(新しい)
モデルでもやっていらしたのかな?と思っていたら案の定


川口市で行われる「御成姫」おなりひめという美人コンテストで、500数十名のなかから見事「準御成姫」の座にexclamation×2

20140121201231_resized.jpg


美しいのは表面だけでないのが、この方の魅力

背中の赤ちゃんは、いつもママがピアノを弾き始めるとすやすやと寝てくれます。
今日のレッスンなんか、いびきをかいてて・・・・ 可愛い!!

  実は・・・・・


 以前ブログで紹介した、寝ていてもバッグをはなさない赤ちゃんのママでした!!

20130709_100653 (2).jpg


発表会が終わってほっと一息、しているのかと思いきや・・・
大人の生徒さんも、子供も前よりずっとよく練習してきます。

初級の生徒さんの今年の目標は、とにかく楽譜をよく見て弾くこと!!

中級の生徒さんの目標は、新しい曲に取り組むときはメロディーや伴奏を和音で捉えて弾こと

上級者は、楽譜を読む、ではなく汲み取ること(なぜこの指番号? 何故この強弱? 何故このスラーetc.)


一人一人に小さな目標はありますが、指導する側からの大きな目標をこのように考えています。
posted by ikko at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年01月16日

「PIAZZA」お配りしています

ピアノ教室DOLCEの教室便り「PIAZZA No.9」出来ました。

今回は12月23日に行われた発表会特集

アンケートではみなさまから貴重なご意見。ご感想を載せきれないほどいただき、ありがとうございました!

今年ももっといい発表会ができるよう、一回一回のレッスンを大切にしていきたいと思います。

20140116011205_resized.jpg
拡張子の変換がうまくいかなかったのか、文字に乱れがあってすみません・・・


  昨日は都内と千葉方面のレッスン

    雪の予報が外れて、ラッキー!

発表会で名アナウンスをしてくださった、東音楽器足立センターの山口さんの音楽教室が移転して初めてのレッスンです

音大の頃からお付き合いのあった思い出深い楽器店は、取り壊しの真っ最中

ちょっと感慨深いものがありましたが、新しいお教室はそれはそれはカラフル
小物もセンス良く飾ってあり、一日中でも居たくなるような不思議な空間です。

20140115_133746.jpg

新装オープンのお教室にめざましTVの取材が来たようで、明日金曜日の8:30から9:00くらいの間に放映されるそうです。
お時間のある方は是非見てください。

発表会の時に子供たちの立ち位置などお手伝いくださった、片野先生が取材に応じているそうです。
posted by ikko at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月12日

推薦コンサート

今日はTちゃんの推薦コンサート

オーデションに合格した1年から4年まで、8名の学生による演奏会いす

プログラムの最初から聴きたかったけど、
お昼までレッスンなので遅刻は必至時計

3連休ということで、案の定道路は渋滞・・・・


私だけ大学の前で降ろしてもらいTちゃんの出番の直前、
Mozartのソナタの第一楽章の途中でやっとホールに到着!


さー、いよいよTちゃん登場

先日発表会で熱演した「熱情」第一楽章です


  いい! すごくいい!!

スタインウェイの華やかな高音と、ズシンと響く低音のバランスが心地よい
吸い付くように指先がしっかり鍵盤をとらえて、技巧的なパッセージも軽やか〜

間のとり方も、いつもよりずっと自然で自分の演奏になっている!

   音がビンビン私の胸に飛び込んできて揺れるハート

    
        ブラボーexclamation×2

お疲れ様、今日はゆっくり休んでね

20140112_140012.jpg


全ての演奏を聴いて、車に向かったところ・・・・・・ 駐禁の紙がペタリどんっ(衝撃)

近くにパーキングが見つからなくて演奏時間も迫っていたので、
 主人は路上駐車してしまったらしく


     あーあ、ついてないね

       今日は主人のお誕生日なのに・・・・・

お昼のとらずに駆けつけたので、途中でゆっくり食事
ちょっとはショックが癒えたかな?


新年ということで、お菓子やお茶など沢山のお心遣い有り難うございました!

とってもきれいなアレンジメントが、お教室に春を運んでくれますプレゼント

お花大好きな私は、レッスン室にお花があるだけで、とても幸せな気分に

DSC02676.JPG
posted by ikko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート