2014年05月04日

感動!ラ・フォル・ジュルネ

汗ばむ陽気!

この陽気がGWのワクワク感を高めます

有楽町の国際フォーラム口を出ると、もうそこは別世界

明らかにクラシックファンという感じの人も、そうでない人もが楽しそうに行きかう、国内最大の音楽祭の会場です。

野外ステージでは芸大生による弦楽四重奏に大勢の人が耳を傾けます
すぐに終わってしまったけど、音色の良さが際立つ素晴らしい演奏でした。

今年の野外ステージ

野外ステージ2014-05-03 17.05.07.jpg

最初の公演は
るんるん小山実稚恵のピアノ  ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」
以前にも聴きましたが、小山さんの演奏は、とても繊細で且つ男性的
一つ一つのバァリエーションが変化に富んでいて、オケとの難しいリズムの掛け合いもお見事!

るんるんブラームス  「ハンガリー舞曲」 第1第4・第5番元々はピアノ曲ですが私が大好きな1番と、特に4番はオケの方が情感が込めやすいですね。

続いて2つめの公演にはベレゾフスキー登場  
るんるんラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第二番」
彼のピアノは毎年聴いていますが、スーパーテクニックは相変わらず健在
以前よりppがとても美しくて、ちょっと別の一面を見たような・・・。

一楽章はテンポ感が合わなかったのか、オケがちょっともたついて聞こたのが残念。
鳴り止まぬ拍手にアンコールで答えてくれたベレゾフスキー

楽譜を片手に「Doream of love」と言って弾き始めた愛の夢
彼には簡単すぎて、ちゃんと暗譜をしたことがなかったか、しっかり楽譜を見ながらそれでも早いパッセージは疾風のごとく軽やかに・・・・・


合間にはエリアコンサート(フォーラム以外にも各所で無料のコンサート会場がいくつもあります)としてパソナの水上ステージへ

るんるんベートーヴェンのスプリングソナタ
ソリストの真ん前でばっちり鑑賞

スプリングソナタ20140504022320.jpg


水上ステージということで、ソリストと私の間にはこういう池が張り巡らされていて、ヴァイオリンの音に誘われて鯉が気持ちよさそうに泳いでいるのが見えますか?

水上ステージ2014-05-03 18.15.39.jpg


次は・・・
さー、いよいよお待ちかねの演目
るんるんシューマンの「ピアノ五重奏曲」
本音を言うと、この後のアルゲリッチよりもこれを聴くのが楽しみだったのです。

シューマンの代表作ともういうべき名曲なのですが、難易度が高いのでしょうか、あまり演奏されることが少なく、生で聴くのは今日が初めて!

力強いユニゾンデ始まる第一楽章 これがシューマン節!!!
ため息ともつぶやきともとれそうな葬送的な二楽章
ビオラの音色がとても効果的に情感を盛り上げます。

力強い3楽章が終わり、終楽章の後半、壮大な二重フーガが流れるころには私の感動はMAX
「あー、もうすぐ終わっちゃう・・・。もっとずっと聴いていたいのに・・・」

余韻を引きずりながらも次の公演まで時間があるので、展示ホールも覗きに
きれいにデコレーションされたお花ですが、注目すべきは下の部分・・・
ト音記号や音符があしらわれて、とってもかわいい!

展示ホール2014-05-03 21.25.50.jpg

洗足の学生がサクソフォーンオーケストラでパガ狂を演奏しているのをバックで聴きながら、展示してあるローランドの電子ピアノを試弾
グレードも高かったのでしょうが、タッチも音色も思ったよりずっと良かったです。
ただ、このレベルのローランドを買うのであれば、探せば中古のアップライトが買えるかも?



夜の22時半になって、本日最後の演目
大御所、アルゲリッチ登場です

アルゲリッチが舞台に現れると歓声が(クラシックの舞台では珍しい事です)

最初はるんるん「春の祭典」の二台ピアノ手元を移す巨大スクリーンでタッチもばっちり鑑賞
ピアノを完全に打楽器化して、アルゲリッチの指は打楽器を力強く叩く、まるでバチのよう
第3関節は凛と高く、指はまげずにまっすぐ伸ばし脱力した状態で、ものすごい勢いで打鍵する独特のタッチ(生徒の皆さんはマネしないように)

二曲目は るんるんサン・サーンスの「動物の謝肉祭」
何がすごいかって、ソリストの豪華な事!

ピアノはアルゲリッチと酒井茜、ヴァイオリンはクレーメルと堀米ゆず子、ビオラは川本嘉子、コントラバスが吉田秀

こんな豪華キャストで演奏をきけたなんて、とっても幸せ!揺れるハート

演奏中もソリストは始終笑顔
それだけの実力がある人だからこそ奏でられる、余裕の音楽

楽しかった! みんながそう思っているのが伝わってきます。
音楽って、ホントに素晴らしい!!
「クラシックはよくわからない」っていう人もいるけれど、騙されたと思って来年は是非国際フォーラムに足を運んでみてください。
観光地に行くばかりがGWの楽しみ方じゃない、耳を喜ばせるのも贅沢な娯楽なんだ、ってきっとわかってもらえるはず。

アルゲリッチが終わって、帰宅したのは夜中の1時夜
遠方の人は、帰れたのかな?

今年は娘と二人で音をたっぷり楽しみました。
丸一日赤ちゃんを見てくれたパパさんにも、うちの家族にも感謝!!

今日のコンサートは頑張って先行販売で選んだだけあって、全部中央のいい席いす
どうせなら、少しでもいい音で、聴きたいですよね!
posted by ikko at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年04月29日

テルマエ ロマエ

今日はお昼でレッスンが終わったので、練習の傍ら愛犬と一杯遊んであげました。射手座野球

遊んであげればあげるほど、どんどん可愛くなるのがペットの憎いところ・・・・黒ハート


ふと庭に目をやると、陽気に誘われた草花が一気に咲き始めとてもカラフル!
レッスンで疲れた目を癒してくれます。

去年は一厘だった牡丹が今年は二輪、見事に咲きました

DSC02726.JPG


夜は母と二人でテルマエを見に映画

主なキャスト全員が、私の好きな俳優さん(濃い顔、大変結構!)
 こんな映画も珍しい


明日はレッスン休業なので、自分の練習に没頭します!!いす
練習しなくてはいけない曲が沢山あって、半日なんてすぐ過ぎてしまいます。
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月27日

ピティナ指導者セミナー

今日はレッスンをお休みさせていただき、午前中から丸一日浜離宮朝日ホールでピティナのセミナーに参加しました。

セミナーやブログでおなじみの著名な先生方が入れ代わり立ち代わり、ご自分の汗と努力の結晶ともいえるエッセンスを惜しげもなくレクチャー

あっという間の一日でした。


この貴重な情報を日々のレッスンでどう生かすか、それがこれからの私の課題です。次項有


一緒に受講した先生たちと記念写真
真ん中にいらっしゃるのが「ブルグミューラーでお国めぐり」で有名な後藤ミカ先生


20140427232712.jpg


右端は川口にお住いで、今日のセミナーを担当してくださった熊谷麻里先生

20140427232737.jpg

以前からずっとお話ししたいと思っていたので、今日はとてもラッキー!!ぴかぴか(新しい)
太陽みたいに明るくて、きさくで先生の周りは人で一杯!

こんな先生についている生徒は幸せだなー!


セミナーの後は、いつものようにアルコールでノドを潤しながら、先生たちと指導法やテキストの情報をシェアビール

みんなとのこういう時間が、私のエネルギーとなります。

どうすれば苦労少なく生徒が上達するか、ピアノの指導者はセミナーに行ったり本を読んだり、楽譜をあさったり、いろんなアイディアを探りながら試行錯誤しているんですよー。
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2014年04月18日

クララ・シューマン「愛の協奏曲」

今日は教室レッスンはお休み

GWの音楽祭LFJの企画の一端として有楽町の角川シネマ(ここ、改札のすぐ前で方向音痴の私には安心!)に映画鑑賞に行きました

クララ・シューマンはシューマンの奥さん
私が心から敬愛する女性でもあります。


ヨーロッパ中にその名をとどろかせ「私のエチュードを完璧に弾けるのは彼女だけ」とCHOPINに言わしめた天才ピアニスト

しかも大変な美貌の持ち主

シューマンとは父親と裁判までして(法学科出身のシューマンらしい)ドラマティックな結婚をするも、精神を病んだシューマンに代わり8人の子を育てながら、演奏活動でシューマンの作品を広め家計を支え続けたという、素晴らしい女性でもあります。

そのクララを生涯慕い、無償の愛と援助を続けたブラームス
今日の映画は、そのブラームスの末裔が監督を務めた作品です。

そのせいか、ブラームスはやけにイケメンで好青年なのに、シューマンは老いさらぼえた性格破綻をきたした音楽家として描かれていたのが、シューマンのファンとしてはちょっと残念


冒頭は予想通りシューマンのピアノコンチェルトの演奏シーン

凄い音量!予想以上の音響の良さ!
頭の先から足の先まで一瞬にして鳥肌が立ちます

シューマン・ブラームスそれぞれのソナタや幻想小曲集、ハンガリー舞曲といったメジャーなものから、普段聴くことのないクララ・シューマンの作品まで堪能しました。


最後のシーンで使われたのは、ブラームスのピアノ協奏曲第一番

うーん、個人的には二番にしてほしかったな!


とても印象的なのはエンドロールが無音だった事
いままでこんな映画を見たことない!

最後はブラームスのコンチェルトの響きを残したまま、終わりたかったのか・・・・・?

あるいは、敢えて無音にすることで、観客一人一人の心に劇中の音を自由に響かせたかったのか・・・・?

いずれにしても、とても幸せな気持ちに浸れる1時間半の上映。


フォーラムにくるといつも立ち寄るお気に入りのレストランで、お友達とランチ

え!いつものメニューがランチだとこんなに安いの?だったら次はランチで!
・・・・と、一瞬にして現実社会に戻るのでした。
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

アルゲリッチのチケット

GWに東京国際フォーラムで行われる音楽祭、LFJ(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン)になんと、あの国際的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチが出演決定!!

ストラビンスキーの「春の祭典」の二台ピアノと、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」
他のソリストも超一流

これは是非とも聴かねば!

一番早い先行販売で、ということで今日は国際フォーラムまでチケットを買いに


発売開始の11時を5分ほど過ぎてしまったのですが、すでに100人ほどの行列。

一人一人が空席確認をして、希望の席を取っていくので非常に時間がかかります。
数分待って、やっと二・三歩進む、といった感じ

二時間半もかかってやっとGET!!

公演によっては、まだチケット残っているようですよ。

2014-04-11 13.14.07.jpg



アルゲリッチのチケットが買えたのはとっても嬉しいけど、先ほどLFJの事務局から来たメールに愕然・・・・

ある意味、今回の公演で一番楽しみにしていた演目が曲目変更になってしまいました。

 リストのソナタとシューマンの幻想曲

これが二曲とも変更になって、その日は正直行く気が失せた・・・・・・。


LFJではよくあることだけど、半年一年前のチケット販売ならともかく二か月前の販売なんだから曲目は変更しないで欲しいな!!
posted by ikko at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月26日

小澤征爾「フィガロの結婚」

待ちに待った小澤のフィガロを聴きに上野の文化会館に行きました。

「フィガロ」はわたしにとって非常に思い出深いオペラ

音大の二年の頃先生に「文化祭でオペラ科と二期会のメンバーでフィガロ全幕やるけど、ピアノ伴奏やってみるか」と言われオペラのオの字もしらないのに「はーい」とやらせていただき・・・

難しい曲ほど燃える、ほんとに何もわかっていなかった若かりし私・・・
そんな自分を抜擢してくださった今は亡き恩師に、いまさらながら感謝


私の過去録はこのくらいにして、

さて、心配だったのは小澤の体調

体調不良で代役が指揮した場合も払戻しなし!という条件付きのコンサートでした。
決して安くはないチケット代だけに、「万が一小澤じゃなかったら・・」とは思いましたが、チェンバリストと二人で交代で振るという珍しい形ではありましたが、小澤登場!!!


オペラで一番ワクワクドキドキするのが、幕が開くまでの序曲

小澤が指揮台に立つ  
 早ければ早いほど面白い、と言われるハイテンポな序曲

会場のみんなが待ちわびた3時間にわたる、オペラの幕開けです!

こんな魅力的な序曲をMozartは本番の前夜、一晩で書き上げたとか(私はひそかにMozartは宇宙人だと思っている!)

今日のオケは小澤塾のメンバー
若手の演奏家ばかりですが小澤のおめがねにかなっただけあって、弦はもちろん、管も安心して聴けるとてもハイレベルな演奏!

一糸乱れず、よく鳴るオケです。


フィガロはオペラブッファ(喜歌劇)
ストーリーはとてもばかばかしいものですが、音楽がとにかく素晴らしい。

有名なアリアもてんこ盛りで、特に一幕の前半は有名なフィガロの「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」やケルビーノの「Non so piu cosa sou cosa faccio」、二重唱などで息もつかせぬ勢いでいつの間にか、目は指揮者ではなく舞台にくぎ付け。

気が付くと指揮者が小澤からチェンバリストに代わっていたり・・・


個人的に好きなのは、二幕のスザンナとケルビーノの「開けてよ、早く」と4幕バルバリーナの「探しても、探しても」
対称的な曲調ですが、「フィガロ」というとすぐに浮かぶメロディーです。
コンテッサのアリアは全部いいですね!


有名な「手紙の二重唱」

重唱、特に二重唱はそれぞれの声のバランスが取れないときれいなハーモニーとして響かせるのはとても難しい。

いや〜、美の極致! なんとエレガントな!
みんなの期待に充分応えてくれました。


コンテッサ(伯爵夫人)のアリアはすべて素晴らしく、最後の一音まで聞き逃すまい!とホール全体、空気の流れが止まったような不思議な空間に。

呼吸をすることを忘れてしまいそうなほど、酔いしれました。


フィガロは登場人物が多く、ストーリーがなかなかつかめないのですが、結局のところコンテッサとケルビーノがいいところを持ってっちゃいますね!

今日のスザンナはちょっと知的な感じで、もうちょっとおきゃんなほうがケルビーノやコンテッサとの対比が出て面白かったかな?



自分の命のローソクを音に変えて燃やし続ける、小澤征爾の姿は神々しかった
ずっとずっと心に留めておかなくては


カーテンコールが終わって会場を出たのは22時半

一緒に行ったお友達のKさん、遠方なので自宅に着くころは日付が変わっているとか。

楽しかったね!
また一緒に行こう!!

フィガロ.jpg
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年03月18日

智内威雄セミナー

久々の六本木

リーラ・ムジカのセミナーに行ってまいりました。

受講の為午前中から何人もの生徒さんにレッスン日時を変更して頂き、本当にありがとうございました!


今日の講師は左手のピアニストとして活躍中の「智内威雄」
強そうなお名前ですが、都会的なお顔立ちで指からは音が、口からは言葉が溢れんばかりの勢いで飛び出してくる方です。

写真左が智内先生、右が主催者の藤先生

2014-03-18 12.59.57.jpg

本日のタイトルは「生徒の演奏が変わる! 脱力と左手のテクニックの鍛え方」

東京音大演奏家コース卒業後、数々の国際コンクールで入賞するもジストニア(脳の障害により筋肉が収縮や硬直する病気)を発病し、その後のリハビリにより左手のピアニストとして絶賛され「ETV特集」でも取り上げられた方です。


「脱力」が今日のメインテーマ

♪「脱力」・・・・ 単純に力を抜くこと
ですが、肩・腕・手首・指の各パーツをスムーズに連携させること!がすなわち「脱力」

♪体本来の向きと違う方向にひねったり、曲げたり振ったり、「角」がふえることでテンションが増す

♪ピアノの鍵盤は押されると元に戻ろうとする、指は上げるより下げるほうが得意、力を抜くことで指は自然に鍵盤に押し上げられる。
この二つを利用すると楽に弾ける!  なーるほど、イメージ浮かびますね!

♪自分のパーツの重みを指先にかけて打鍵した後は、鍵盤が押し返そうとする感覚を指先で感知するのが大切!

♪pp・ffの音量は人と比べるものではなく生まれ持ったもの(脱力の状態で出たものがその人の最大最少・それ以上力むといい音ではなくなる)

♪「緊張」しても「硬直」させない
背中の力を抜く⇒わかりにくければまずあごの力を抜いてみる(首がリラックスする)

♪「脱力」の真の目的は:楽器でしゃべるような一体感を持って、より楽しくピアノを弾くため

書ききれないくらい多くの情報を、頂き!!


今日はいつもより受講者が少なかったので、智内先生と個人的に長々とお話しすることが出来、技術的な質問なども丁寧にお答え頂き、とても充実したセミナーでした。

こんな日に、名刺を忘れて行った私って・・・・
受講者の先生方からは一方的に頂くだけで、大変失礼しました!

最後まで残った先生たちと記念撮影

2014-03-18 14.25.05.jpg
posted by ikko at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2014年03月17日

最高の誕生日!

子供たち夫婦が私のお誕生日をお祝いしてくれるということで、昨日、おとといと大阪に行ってきました。

京都・奈良は何度も行ったことがあるのですが、大阪は縁がなく今回が初めてのUSJ

2014.3.15USJ.jpg

3.16usj.jpg

USJは、期待をはるかに超えて楽しかったです!

夕食後は「ハードロックカフェ」で軽く一杯・二杯
突然ロックバージョンのHAPPY Birthdayが流れ店内のみんなからもお祝いの拍手を

ハードロックカフェ.jpg

翌日は大阪の街をひたすら歩く・食べる・また歩く

こてこての看板     さすが大阪やな〜

こてこて看板.jpg

こまかくプランを練ってくれ、丸二日もてなしてくれた息子と娘夫婦
   ありがとう!
    心遣いがホントにうれしかったよ!

家に残って、愛犬の世話と母をみてくれた主人にも感謝!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に行きました

2014年03月11日

何年たっても

今日であの大震災から3年が立ちました。

昨日の事すら忘れることが多い毎日で、誰もが鮮明に思い出すあの日・・・・

TVのニュース番組を見るのもつらかったけど、
去年と少し違うのは復興に向けて「前へ 前へ」と進んでいく多くの人たちの姿

人間ってほんとに素晴らしい!
自分の非力に後ろめたさを感じつつも、「生かされている」ことを深く感謝



15日の自分の誕生日に毎年やっている事

  仏壇の線香台の灰をきれいにお掃除する
  赤十字への義援金
  確定申告(こんなギリギリはほめられたことではありません)

今年は既に税理士さんに、書類を提出済み
これが終わると、ほっとします(だったら、早くやれ!)



今年は15日が土曜日の為郵便局に行って、午後のレッスンぎりぎりに帰宅

  「先生、今日は11日なので、この曲を先生と弾きたいんですけど」
と生徒さんが差し出したのはシューベルトの「アヴェ・マリア」のアレンジ版

お互い黙って淡々と弾きましたが、それぞれに深い気持ちがこもっていたと思います。

14:46には二人で一緒に黙祷


  当たり前の生活ができることが、決して当たり前ではないこと

  その上、ペットまで飼ってピアノを弾ける環境がどんなに幸せな事なのか・・・・

と、その生徒さんはお話しされていました。


「忘れないこと」

誰にでもできる、でもとても大切なことですね


「幸せの基準」
改めて考えた一日でした
posted by ikko at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月10日

春は名のみの

今日もとっても寒かったですね。
一年前の今日は26度の夏日だったとか。思い起こすこともできないくらい今年の寒さはこたえます。

お教室は桜のタペストリーや、小物で春を装っているのですが・・・・

DSC02702.JPG




そろそろ春休み

高校・大学に進学する子、わくわくの一年生になる子、日々の生活も大きく変わるでしょうが、楽しみですね!

進学進級に伴い、何名かの生徒さんのレッスン時間の変更がありましたが、なんとか収まりホッとしました。

快くご協力くださった保護者の方には、心から感謝いたします。

レッスンの日時が変わる事で、他の生徒さんのピアノを聴く機会も出来るし、リズムや楽典を一緒に勉強したりで、それはまた新鮮なレッスンができるのではないかと私も楽しみです。


生徒さんから素敵な誕生日のプレゼントを頂きました!

デジタルフォトフレーム
大好きなショッキングピンク!  お部屋がパーッと明るくなります。
ルンバをやっと使えるようになったので(動きが面白くてしばらく横で見てます!)次はこちらの取説と格闘!
あきれるくらい、音痴なんですよ。
動画も見れるようなのでレッスンを撮影して、姿勢とか手の形なんかを客観的に見せてあげたり、色々活用できるといいなー!


DSC02696.JPG
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月03日

左手の攻略法

最近やりかけのテキストが終わり、次の本に移る生徒さんが何故か多いです。

難易度が上がると、メロディーより左手の伴奏が難しくなりことが多いです。

まず、音の数が増える。
いままで単音だったのが和音になる。

ドミソ という伴奏が ド ソ ミ という風に音程の離れた形になる。

四分音符のリズムだった伴奏が、複雑になってくるetc・・・


一つ一つの音をひろって譜読みをしていると、いつまでたってもスラスラ弾くことは出来ません。
時間をかけずに弾けるようになる為には、まず「ここはなんの和音?」と考えてみましょう。
いつも習っているコードネームの出番です。

まずは一番大事なベースの音のを覚えてしまいましょう。

ベースの流れがつかめたら、バラバラの音を一つの和音にして長めに抑えてみます。

基本形をつなげるとあっちこっちに音が飛んでとても弾きづらい楽譜になってしまうので、コードは基本形(ファラドのように一つ飛びの形)ではなく ド ファ ラ のように音をひっくり返した形で出てくることが多いです。

これはなるべく近いところの音を押さえた方がより美しく自然に聞こえるという、和声的にも理にかなった方法で作曲されているからです。

そうするとたいていのコードは三つのうちどこかが共通音になって動いているはずです。
そこを軸にして弾くと弾きにくい左手も、だんだん楽に指が行くようになります。

和音の共通音を見つけて手の形を作る事、これがポイントです!
これは上級者の曲にも利用できる練習方法なので、お試しあれ


今日はひな祭り  新着寝相アートです
寝相アートというけれど、この子は何故かいつもお目目ぱっちり起きてます。
しゃもじも使いよう・・・・

寝相アートひなまつり.JPG


うちにも母と私、カノンとシオンという女の子のチワワがいるので、今日ははまぐりのお吸い物とちらしずしで、自分でお祝い!
posted by ikko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月02日

感動しましたね

連日寝不足だったソチオリンピックは終わりましたが、真央ちゃんの演技は何度見ても胸が熱くなります。

深夜だったので、音を消してみてみたらはっきり言って「つまらない」
突っ立ったまま動きのないオペラ、目をつぶって鑑賞するバレエ、のようなものでしょうか・・・

やっぱり音楽があるから、フィギュアはたまらなく魅力的に感じます。

スピードスケートの選手がこう言っていました。
「試合の後楽しかった!というと不謹慎だ!と思われるけど、アスリートにとっての楽しい、は緊張による興奮から最大の成果が出るよう自分を持っていきつつ、普段のような状態で本番に持って行けた時に感じる快感の事です」

なるほど!!

言われてみれば、素晴らしい演奏をするピアニストも演奏後こういう心境の顔をすることがある!!

真剣に打ち込んでいる人の姿からは本当に多くの学びがあります。
どんなことからも学びを感じ取れる人間でありたい!と思います。


娘が「寝相アート」送ってきました。
最近のママさんはとにかくマメです。
育児の楽しみ方が上手だなー、とおもいつつおもわず吹き出しました。

__ 1.JPG
posted by ikko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

我が家にルンバが

ピンポ〜ン

宅急便が届いて

  中身はお掃除ロボットの「ルンバ770

「あ!きっとなにかの懸賞があたったんだわ!クジ運いい!!」

と思ったら、子供たちからのお誕生日のプレゼントでした。
15日のお誕生日の前日に発送日指定していたのに、手違いで早めに届いてしまったよう

一杯働いてもらうことにしましょう!!
うちのワン子たちの反応が楽しみです!


進学や進級に伴い、レッスン時間の変更の必要があるかたは早めに申し出てくださいね!

とは言うものの、15パズル(一つの空マスに駒を移動させながら並べるボードゲーム)のように双方の希望と了承を取りながらの作業になるので、全員の希望通りにうまくはまるかちょっとドキドキ

気が付くと3月ですがなかなか暖かくなりませんが、せめてピアノを弾くときは熱い気持ちで向かいたいと思いたいですね!

小学生までの生徒さんには保護者あてにメールでお知らせしましたが、今年もGWに「熱狂の日 ラ・フォルジュルネ・オ・ジャパン」が開催します。
東京国際フォーラム(有楽町駅前)の大小8つのホールと丸の内周辺の会場で、何百というコンサートが3日間演奏されます。

低価格で45分という短い演奏時間の上無料コンサートも各所で行われ、0歳児や3歳未満でも入場可の演目もあるので、是非この機会に生のオーケストラやピアノの音を聴いてみてはいかがでしょうか!

華やかな野外ステージや屋台が、国内最大の音楽祭を一層盛り上げます。

福田も毎年通っています。もちろん今年もチケットは既にGET!
すぐに売り切れになる人気公演なので、興味のある方はお早めに
posted by ikko at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月23日

サドベリーコンサート

兼ねてより行ってみたかった「サドベリーコンサート」に行きました。

サドベリースクールとは、いわゆる普通の学校とは違い、カリキュラムや学年、テスト、授業はありません。
「人は本当にやりたい、必要だと感じたときに一番よく学ぶ」という理念のもとに、子供自らの気持ちから発したことを基に活動をします。


そのユニークな学校の生徒「花ちゃん」が今日のコンサートの主役です。

「天使の歌声」という評判にたがわず、その歌声は会場の空気そのものを浄化してくれるようです。


若干15歳とは思えない見事なMC
言葉の一つ一つにも心の深さがうかがえます。

木村先生のアレンジ&ピアノ、常光先生のヴァイオリンはもちろん素晴らしく、あっという間の4時間でした。

最寄駅は「サザエさん通り」で有名な桜新町

サザエさんと一緒だと、誰でも小顔に見えます!


2014-02-23 17.09.45.jpg
posted by ikko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年02月17日

フェリーチェコンサート

昨年から噂には聞いていたコンサートホール「フェリーチェ

蕨駅から徒歩10分、教室からは5分という距離に音響のいい素敵なホールができたとあって、かねてから興味津々


生徒さんが手配してくださり、3人の大人の生徒さんと一緒に聴きにいきました。

IMG_2524.JPG


ここの売りはなんと言っても3台名器と言われる「ベーゼンドルファー」そのなかでも最高ランクの
インペリアルという仕様のピアノ

横山幸雄さんのコンサートでまじかに見聞きすることはあったものの、290cmという大きさはちょっと怪物のような大きさです。

特徴は通常のピアノの最低音ラの音の下にさらに9本の鍵盤がある事。
そこはすべて黒鍵(通常の幅になれたピアニストの誤打を防ぐためです)
真っ黒だからわかりにくいかな?下のドまで鍵盤があります。

IMG_2520.JPG


もう一つは、側板がグランド特有のカーブを描いているのではなく、角ばっていることです。

2014-02-17 14.44.32.jpg

今日は好きなだけ、試弾もできたんですよ!!
(みなさん、遠慮したのか、結局弾いたのは私とうちの生徒さん達だけでしたが)

プロによるフルート・ピアノ・ヴァイオリンと変化にとんだプログラムでしたが、みんなを驚愕させたのは
中学3年の男の子の演奏

つい先日東京音大の「演奏家コース」を受験しトップ合格の特待生というだけあって、

 ショパンエチュードOp.10-1  10-4
 リストの超絶技巧練習曲から「マゼッパ」
 ベートーヴェンの「熱情」から2.3楽章

と、演目も難曲揃い

「演奏家コース」の先輩辻井君や、金子三勇士君に続きピアニストとしてデビューする日を楽しみに応援することにします。

もうお一人、素晴らしい演奏を聞かせてくれたヴァイオリンの内藤歌子さんは、DOLCEの第一回発表会で特別演奏して頂いたヴァイオリニストの常光今日子さんの先輩との事

同じ町内にこんな素晴らしい方たちがいるなんて、なんだか嬉しくなりました!

身動き一つせず17の演目を聴き続けることはことは、結構目と肩に来ます・

なので、今日はちょっと疲れました   今日こそは2時前に寝て、若返りホルモンを沢山摂取するぞー!と思っていたのに、、このまま干物の生干しみたいになっていったら・・・   いやだ〜モバQ
posted by ikko at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年02月01日

第二回保護者会

今日は、11時半から発表会の反省会&親睦会を兼ねてお母様達にお集まりいただきました。

お母さま11名+お子様6名でおいしく楽しいランチ会レストラン

目線を変えると、福田が思いもよらない「目から鱗」のご意見も沢山頂けて、本当に貴重な時間でした。


終了後「やっぱり話すって、大切ですね!お話ししてみて、あー、みんな同じ気持ちでいたんだなー。って思うこともあって、こういう機会があってよかったです」

とお話しくださった方や「全員とは話せなかったけど、ほかのお母様たちとコミュニケーションが取れてよかったです」

「みなさんのお話を聞いて、とても勉強になりました」
と色々な感想を頂きました。


今日のお話を少しでも実現できるよう、これからもプラス思考で頑張っていきたいと思います!


ご希望の日にちを設定できなかった方、申し訳ございません。
次回は是非ご参加いただけると嬉しいです!
posted by ikko at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月27日

ちょっと遅めの新年会

そろそろ節分ですが、昨日DOLCEの大人の生徒さんたちと新年会を開きました。

12名でわいわい飲んだりしゃべったり、食べたりと楽しい時間はあっという間に過ぎて、気が付くと5時間が経過・・・・

時計がないと、こんなにもゆったりと過ごせるんだなー

一人一人のピアノに対する思いや、発表会秘話などうかがえるのは、こういう場ならでは。


サンタさん役で、発表会のムードメーカーとして大活躍だったT君も駆けつけてくれおしゃべりに花が咲き

   学生もいることだし、そろそろお開き

と、帰りかけたところで「先生、二次会どうですか!」と声をかけていただき

内々のメンバーでの会話は、それはまた楽しくて・・・・

   
   はい、帰りはしっかり12時を回っておりました・・・・

久しぶりに駅から歩いたらものすごく寒くて、

   確かに、最低気温はマイナスだわ!!

文句も言わず、心配の電話をかけてきてくれる主人に感謝!
posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月23日

かわいいでしょ!手作り教材

年明けから、幼児の体験レッスン希望が多いです。

空き時間がほとんどないためお断りすることも多く、大変心苦しいです失恋


久しぶりに音符カードを作ってみました。るんるん

色々応用ができるので、低学年の子も遊べそう!
カラフルでしょ!かわいい

DSC02679.JPG


以前に作った動物カードと組み合わせれば、幼児でもすぐに音譜を覚えられそう

DSC02681.JPG
posted by ikko at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月21日

お見事! 準御成姫

今日のレッスンは11人
結構ハードな一日です

トップバッターは赤ちゃんをおんぶして、レッスンに通ってくださるヤングママ

この方二人のお子さんがいらっしゃるのに、とってもスレンダーで面長美人ぴかぴか(新しい)
モデルでもやっていらしたのかな?と思っていたら案の定


川口市で行われる「御成姫」おなりひめという美人コンテストで、500数十名のなかから見事「準御成姫」の座にexclamation×2

20140121201231_resized.jpg


美しいのは表面だけでないのが、この方の魅力

背中の赤ちゃんは、いつもママがピアノを弾き始めるとすやすやと寝てくれます。
今日のレッスンなんか、いびきをかいてて・・・・ 可愛い!!

  実は・・・・・


 以前ブログで紹介した、寝ていてもバッグをはなさない赤ちゃんのママでした!!

20130709_100653 (2).jpg


発表会が終わってほっと一息、しているのかと思いきや・・・
大人の生徒さんも、子供も前よりずっとよく練習してきます。

初級の生徒さんの今年の目標は、とにかく楽譜をよく見て弾くこと!!

中級の生徒さんの目標は、新しい曲に取り組むときはメロディーや伴奏を和音で捉えて弾こと

上級者は、楽譜を読む、ではなく汲み取ること(なぜこの指番号? 何故この強弱? 何故このスラーetc.)


一人一人に小さな目標はありますが、指導する側からの大きな目標をこのように考えています。
posted by ikko at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年01月16日

「PIAZZA」お配りしています

ピアノ教室DOLCEの教室便り「PIAZZA No.9」出来ました。

今回は12月23日に行われた発表会特集

アンケートではみなさまから貴重なご意見。ご感想を載せきれないほどいただき、ありがとうございました!

今年ももっといい発表会ができるよう、一回一回のレッスンを大切にしていきたいと思います。

20140116011205_resized.jpg
拡張子の変換がうまくいかなかったのか、文字に乱れがあってすみません・・・


  昨日は都内と千葉方面のレッスン

    雪の予報が外れて、ラッキー!

発表会で名アナウンスをしてくださった、東音楽器足立センターの山口さんの音楽教室が移転して初めてのレッスンです

音大の頃からお付き合いのあった思い出深い楽器店は、取り壊しの真っ最中

ちょっと感慨深いものがありましたが、新しいお教室はそれはそれはカラフル
小物もセンス良く飾ってあり、一日中でも居たくなるような不思議な空間です。

20140115_133746.jpg

新装オープンのお教室にめざましTVの取材が来たようで、明日金曜日の8:30から9:00くらいの間に放映されるそうです。
お時間のある方は是非見てください。

発表会の時に子供たちの立ち位置などお手伝いくださった、片野先生が取材に応じているそうです。
posted by ikko at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月12日

推薦コンサート

今日はTちゃんの推薦コンサート

オーデションに合格した1年から4年まで、8名の学生による演奏会いす

プログラムの最初から聴きたかったけど、
お昼までレッスンなので遅刻は必至時計

3連休ということで、案の定道路は渋滞・・・・


私だけ大学の前で降ろしてもらいTちゃんの出番の直前、
Mozartのソナタの第一楽章の途中でやっとホールに到着!


さー、いよいよTちゃん登場

先日発表会で熱演した「熱情」第一楽章です


  いい! すごくいい!!

スタインウェイの華やかな高音と、ズシンと響く低音のバランスが心地よい
吸い付くように指先がしっかり鍵盤をとらえて、技巧的なパッセージも軽やか〜

間のとり方も、いつもよりずっと自然で自分の演奏になっている!

   音がビンビン私の胸に飛び込んできて揺れるハート

    
        ブラボーexclamation×2

お疲れ様、今日はゆっくり休んでね

20140112_140012.jpg


全ての演奏を聴いて、車に向かったところ・・・・・・ 駐禁の紙がペタリどんっ(衝撃)

近くにパーキングが見つからなくて演奏時間も迫っていたので、
 主人は路上駐車してしまったらしく


     あーあ、ついてないね

       今日は主人のお誕生日なのに・・・・・

お昼のとらずに駆けつけたので、途中でゆっくり食事
ちょっとはショックが癒えたかな?


新年ということで、お菓子やお茶など沢山のお心遣い有り難うございました!

とってもきれいなアレンジメントが、お教室に春を運んでくれますプレゼント

お花大好きな私は、レッスン室にお花があるだけで、とても幸せな気分に

DSC02676.JPG
posted by ikko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2014年01月06日

心あらたに

DSC02662.JPG
                    母の手作りです

新年のご挨拶がすっかり遅くなりましたが、今年もご愛読頂きますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


昨日1月5日はDOLCEの稽古始

気持ちを一新、次の発表会までにどれだけ上達してくれるか楽しみです!!

大人の生徒さんは本当に意欲的で、発表会の前から次に練習する曲を決めてきます。


発表会が終わって一息つきたいのかと思いきや・・・・・・


カンパネラ・熱情・ショパンのソナタ・リストアレンジのシューベルトの歌曲など難曲を希望する生徒さんたちの熱意には脱帽


私も練習して勉強しないと、この熱心な生徒さんたちの意欲には負けそう!

「教える」って本当に勉強になります。

今日はカンパネラの指使いと、跳躍の弾き方の練習や、Chopinワルツでは左手内声の歌わせ方などをレッスン

自分が弾くときは無意識に弾いていたところも、分かりやすく弾きやすいように伝えようとじっくり楽譜を見ると、今まで気づかなかったことが沢山見えてきます。


ありがとうね!みんな

私の背中を押してくれて・・・・・・ 
福田もみんなと一緒に、ずっと勉強し続けます!!
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2014年01月05日

DVDできました!

昨日は4時半、今日はとうとう徹夜をしてしまいました。

年内に作成予定だった発表会のDVD

     やっと完成!!


レーベル印刷して、一人一人が一番素敵に見える写真を1000枚ほどのデータの中から一枚一枚ピックアップ。


自分の演奏だけでなく、他の人の演奏も心を込めて弾いているこの世でたった一つの、価値ある演奏です。

     何度も見て、参考にしてくださいね!

          学びはどこにでも


DSC02657.JPG

DSC02660.JPG
posted by ikko at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年12月29日

今年のレッスン納めです

今日は追加レッスンの生徒さんと、足立区からいらした男性の体験レッスン
これにて今年のレッスンはすべて終了〜るんるん


息をするのもあえぐほどの猛暑も、凍える冬も、一年間レッスンに通ってきてくださった生徒さん、本当にありがとうexclamation

生徒さんが私を変えてくれ、生徒さんが私を高めてくれる
こんな素敵な仕事って・・・・・。揺れるハート
  
   


私が先生と呼ばれているのは、信じてついてきてくださる生徒さんがいてこそ


なにをすれば、一番生徒さんの為になるのか

なにをどう待てば、生徒さんの成長を妨げないのか

私のどんな姿を見て、生徒さんはピアノに打ち込んでくれるのか


考えるのは、いつもそれ

そして来年もまた
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年12月28日

一日の早い事

「今年もあと101時間となりました」時計

夕方のTVで、こんな一言が


あれもこれも年内にやっておきたい、というのは勤勉な日本人の特性かな?


華音と詩音もシャンプーしてもらいに、行きつけの動物病院に

超チキンなので、抱っこされたとたんに飛び上るほど嫌がる二匹


それでもさすがプロ

夕方にはこんな可愛いお正月飾りを首輪に着けてもらって、無事終了リボン


DSC02651.JPG



発表会のDVDを早く作成しなくてはならないけど、今年はもうちょっと時間がかかりそう

年末に鑑賞予定だった方、ごめんなさい・・・ー(長音記号1)
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月26日

2013年 第3回発表会

お待たせしました。

カメラマンをやってくださったS原さんから沢山のデータを頂いたので、会の様子を振り返ってみましょう。

 
まずは、恒例  最年少の生徒さんによる「始まりのチャイム」
年少・年中の生徒さん  ドキドキしたけど、頑張ったね!

DSC_0057.JPG



「はじめまして」 今回初ステージの生徒さんのご紹介
   ドの音のリレーでみなさんにごあいさつるんるん

DSC_0059.JPG



演奏中は子供たちの書いた絵が、ステージの雰囲気を盛り上げます映画

DSC_0145.JPG


「大工のキツツキさん」
あまちゃんのメロディーに乗って、一人一人元気に登場ダッシュ(走り出すさま)
DSC_0185.JPG

DSC_0119.JPG


カラオケ一番左のSちゃんが元気いっぱいの声でメンバー紹介、その隣のHちゃんは合間のナレーション担当

DSC_0136.JPG



雪2部の最後は子供たち全員による「サンタが街にやってくる」

バトンのパフォーマンスに併せての入場
そうそう、みんなは自分の立ち位置よく確認して

DSC_0286.JPG


   お揃いのサンタ帽、かわいい!!揺れるハート

   ポンポンもライトに照らされてとってもきれいぴかぴか(新しい)


DSC_0210.JPG

踊りの後には、サンタさんとトナカイさんが登場

会場のみなさんに、クッキーのプレゼントプレゼント
誰がGETできるかな?   ステージの子供たちの視線は釘づけ目

DSC_0305.JPG


2部の最後は「練習シートの表彰式」
   成績上位者と特別賞の生徒さんを表彰

特に頑張った子に手作りの表彰状と、福田からのプレゼントの授与です

DSC_0319.JPG



3部のオープニングは小学生5人によるハンドベル 「シルバー・ベル」
ベルの余韻がホールに響き、これから始まる大人のピアノの雰囲気をぐっと高めてくれます

DSC_0012.JPG


3部と4部は大人の生徒さん
   こちらは、曲のイメージを漢字一文字で表現
どんな感じ?こんな漢字

   「飛翔」を演奏した★香ちゃんが、毛筆で一枚一枚丁寧に書いてくれました

DSCN0956.JPG


講師演奏は「魔法使いの弟子」 音のある絵本

Mさんが作ってくださった19枚ものイラストのお蔭で、会場は大人も子供も魔法の世界にワープ


DSCN0983.JPG



頑張った子供たちの集合写真

逕サ蜒十DSC_0462 3.jpg


大人の生徒さんの演奏は、本当に感動的でした!

DSCN1004.JPG


終了後の記念撮影

実はこれが、緊張感のある発表会の後の大きなお楽しみではないでしょうか?
年に一度の発表会は、普段会えない人との再会の場でもあります。

福田の左は長時間司会進行してくださった、山口さん。
今回は大人の生徒さん一人一人のコメントから、細かいタイミングでのナレーションまで、とても神経を使うアナウンスをお願いしましたが、完璧に対応してくださって・・・・・たらーっ(汗)
本当にありがとうございました!
山口さんの司会は無駄がなくスムーズで、お客様にもいつも好評です!


今日お手伝いしてくださった、お友達の先生方
顔を見たとたん、「先生」としての緊張が一瞬で溶け・・・・

初対面の子供たちの誘導から細かい裏方まで、するどい状況判断で本当に助けられました!

DSC_0501.JPG


サンタさん親子と福田ファミリー

サンタさん親子はこの翌日からロンドンへ飛行機 いってらっしゃ〜い
  私の隣の二男は発表会の最中フィリピンから帰国して、日本の寒さにブルブルモバQ
    可愛い孫が、ステージに立つのはいつかなー?黒ハート

DSC_0495.JPG
posted by ikko at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年第3回発表会

2013年12月23日

発表会、無事終わりました!

お疲れ様でした!!

早朝からのリハーサル、長時間の本番、後始末まで本当に多くの方たちのご協力と、応援してくださるご家族の熱い思いで無事終えることができました。


      福田はずっと舞台裏

   袖からそっと場内を伺うと・・・・ 「みんなすごく真剣に聴いてくれてる!」


それにしても、子供の本番での力はすごい!!


小さい子までが一つ一つの音をよく聴いて、
レッスンで見せたことがないくらい真剣に聴いて弾いている姿は感動的

      先生冥利につきるなー・・・



3部・4部の大人の生徒さんは、裏方の業務も沢山あったのに

  「どうしよう、緊張してきた!」

        と不安そうな顔をしながら

誰もかれもがとても落ちついて丁寧で、予想をはるかに超える演奏!

    大人があのステージに立つのが、どれ程緊張感を強いられるか!!


       経験した人にしかわからないでしょう。

それをやりきった達成感も、経験した人しか味わえない。でも、観客にも充分伝わったはず


終演後、小学生のお母さまが「大人の生徒さん、すごく上手でびっくりしました」という嬉しいコメント


ホールの方からも「この教室の大人の生徒さんは、みなさんすごく上手だなー!とみんな言ってましたよ」
というお言葉を



ホールでのリハーサルができなくて、子供たちの場当たりは本番直前のほんの40分足らず

お友達のピアノの先生や、大人の生徒さん、お母さまたちが本当に即座に反応しててきぱきと動いてくれて、どれほどありがたかったか・・・・・・。

また、沢山のお花・お菓子など頂きましてて本当にありがとうございます!!
DSC02644.JPG


32練習シート表彰4.JPG


最初から最後まで写真撮影してくださったお父様、お疲れ様でした!!

データを頂いたら、会の様子を振り返りながら画像をアップしますね。



帰宅後、一日お留守番の愛犬にクリスマスドレスを着せて、サンタスーツの3か月の孫と記念撮影

カノン・シオン、発表会まで忙しくて淋しい思いをさせてごめんね


20131226143642_resized.jpg
posted by ikko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年12月21日

とんだ緊急事態です

発表会まであと二日。

会場との打ち合わせやリハーサルも完了ですが、なんかちょっと不安で念のため最終確認にホールに行ったところ


「今、プロジェクターは故障中で使えませんよ


え、!!

それって、ないっしょ!
今日聞かなかったら当日この事実を聴かされてたって事??

今回の発表会はプログラムの最初から最後までプロジェクターを使うため、なしではありえない!
一生懸命絵を描いた子供たち、試験の合間に毛筆で沢山の字を書いてくれた高校生、20枚近くのイラストを作成してくださったご父兄の方・・・・

みんなのがっかりする顔が目に浮かび、泣きそうになりました。


ホール側も事情が分かったらしく、職員総動員で1時間ほどかけて応急処置として多少性能は落ちますが代替えのプロジェクターでなんとか急場をしのげるように努力してくれました。

が、備え付けではないため集団の演目の照明や立ち位置は大幅に変更が。

当日の動作確認や変更を全員に伝える手間や時間などを考えると、不安はたくさんありますが、高校生の生徒さんをはじめ大人の生徒さんが即座に早朝からの作業のお手伝いを申し出てくださり、どれほど安堵したか・・・・・

本当に、DOLCEの大人の生徒さんたちはみんな頼りになります!


神様!こんなに暖かい気持ちで盛り立ててくれる生徒さんたちの本番が、プログラムの最後の演目までうまくいきますように・・・・

後は、風邪の後遺症で思うように出ない私の声が、あと二日でよくなることを祈るのみです。
posted by ikko at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年12月07日

リハーサルの効果は絶大です

子供の部のリハーサルの後、生徒のお母さまからこのようなメールを頂きましたのでご紹介します。


るんるんリハーサルは緊張と間違えたら恥ずかしいというプレッシャーで練習のように弾けず、守りにはいってしまいました。
リハーサルして本当によかったです。

よい刺激にもなりましたし、よい点、改善点、家庭でもよく話すことができました。

そして、まわりのお友達の演奏を聴いて、自分も頑張ろうと朝も、練習するようになりました。
そして余談ですが、発表会の衣装が今日、すべて揃い、がぜんやる気がみなぎってきました。よかったです。


当日は練習の成果が発揮できるよう、これからの日々の練習、家族で盛りたてていきたいとおもいます。るんるん




ご家族の暖かい気持ちが、こちらにも伝わってきますね。

形から入るって、実はすごく大事なんですよ。
当日の服装、靴で練習することで、本番のイメージトレーニングにもなります。

難しい曲をノンミスで弾けることはそれだけですごいことですが、簡単な曲でも、間違えてもいいのです。人前で弾くまでのプロセスが、自分を強くします。  磨きます。

大きな緊張感を経験することで、自分の強み弱みがはっきり分かり、人の立場に立ってものを考えられる子供になります。

誰かの前で弾くことは、場合によっては自信を無くすこともあるかもしれないけど、結果的にはそれは上達までの最短距離です。
そういう機会があるときには、手を挙げてでもやってみましょう!!
posted by ikko at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

素敵なプログラムができました!

今年はみんながとっても頑張って練習したので、ちょっと豪華にオフセット印刷にしました。

発表会プログラム.JPG

12月23日 開場は11時15分

       開演は11時30分

場所は蕨市文化ホールくるるです(蕨駅西口から徒歩2分)

今年も指向を凝らして見ていて飽きないプログラムになっておりますので、お時間のある方はどうぞ覗きにいらしてください。


子供の部の最後に全員でポンポンを持って歌うのですが、折角だからとサンタ帽をかぶることにしました。

これがまた数が揃わなくてあっちに行き買占め、こちの店で買占め、赤羽まで何往復までして。。。

ふうぅ・・・・ 何とか男の子用女の子用そろいました。
かぶらせてみたら、みーんなかわいい!!

当日がとても楽しみ!!



今、お教室での合言葉「ママでも金じゃ」ないけど、「上がっても弾ける!」
弾く前にピアノの前で、自己暗示の練習です。
posted by ikko at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月30日

リハーサル第3弾

今日は、子供たちのリハーサル

くるるは取れなかったので、近くの公民館に全員集合位置情報


トップバッターは初参戦の年少さん

いつもと違う雰囲気にちょっと戸惑ったでしょうに、しっかり弾ききって合格はなまるかわいい

前に出てお辞儀をするだけでもドキドキしたと思うけど、
みんな最後まで頑張って弾けたね!!  えらいぞ!!

レッスンの時に個別にはできているけど、やはり全体で合わせると立ち位置や出入りだけでも勝手がつかめず指示待ちの子が続出

当日のリハーサルでどこまで覚えてくれるかな?

DOLCEの頼りがいのある大人の生徒さんやお母さまの頼もしい事!

ぶっつけ本番のいきなりの無茶ぶりにも即反応してくれたおかげでなんとかリハーサル終了



お手伝いくださった方々に、心から感謝です!!
posted by ikko at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

電子ピアノで練習するには

この一か月は入会される方が多く、今日は(日付が変わってしまいましたが)5人目の体験レッスンでした。

午前中と夜間しか空きがないので、ほとんどが大人の生徒さんです。
今年の発表会には間に合わなかったけど、来年はみなさんと一緒にステージに立てるよう楽しいレッスンをしていきたいと思います。

今日の生徒さんはまだ楽器をお持ちではないということで、電子ピアノとアコースティックピアノの違いをお話ししました。
これは体験レッスンの時には、みなさんにお話しするようにしています。


グランドピアノはハンマーが弦を叩くところや、ダンパーの動きが目で見えるので打鍵と出てくる音の関係が理解しやすいです。


以前からずっとブログで書きたいと思っていたことなので、今日はちょっとお話ししますね。

電子ピアノを選ぶ理由は、それぞれあると思います。

教える立場から見ると、アコースティックピアノで練習した方がやはり上達が早いというのが実感です。


先日の大人のリハーサルで、私を感動させた生徒さんの演奏。
なんであんなにきれいな音で弾けるの?
と思って、なにげなくピアノを所有している人数を数えたら、大人の部の15名がアップライトまたはグランドピアノで練習している方でした。


では電子ピアノで上達するにはどうしたらいいのでしょう?

一番手っ取り早いのは、レンタルピアノなどでたまには練習することです。
うちの近くの公民館には大きなホールがあって、そこにグランドピアノが置いてあります。

ラッキーなことに、個人でも安い料金で貸してくれるので、空き時間にグランドで練習される生徒さんもいますよ。
ホールで弾くことで、自宅や教室ではわからない音の伸びや、音色の違いを感じることもできますよね!


それも時間的に難しい人は、レッスンの時にグランドピアノのタッチと音色を指と耳でしっかり記憶して帰りましょう!

その感覚が薄れないうちに、自宅で再現する努力が大切です。


もう一つ、とても大切なこと!

美しくメロディーを奏でたい!という願望を持ち続けることです!
それがなければ、どんな名器で弾いてもピアノは答えてはくれません・。

どうやって伝えたら、ピアノさんは言うことを聞いてくれるか、福田も日々格闘しておりますよ。
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年11月27日

第二回目のリハーサル

今日は12月23日の発表会会場、くるるで大人の生徒さんのリハーサル

残念ながら日中なので、来れる方だけの参加です。


一回弾くだけのリハーサルでは自分の音をじっくり聴くことができないので、今回は一人15分のホール貸切の練習時間を設けました。
人目を気にすることなく、一人きりでホールのピアノを弾けるチャンスなんてそうそうあるものではありません。

最後の1時間は10名でリハーサル


グリーグ・ショパン・JAZZ・連弾・ラヴェル・カプースチンなど、ちょっとしたコンサートのようなプログラム


先日の学生さんのリハーサルもとっても良かったけど、今日のみんなの演奏には心から拍手です!

全員が一つ一つの音を大切に思いを込めて、且つ聴きほれるほど美しい音で弾いてくれたことが、連日寝不足でお疲れの私への大きなプレゼントとなりました。

「曲を自分のものにしていて、一体感がある」という感想を述べた生徒さんがいらしたけど、ほんとにそんな感じ


ミスタッチとか、難しい曲かどうかなんて、あまり問題ではないと思います。

もちろん練習の成果は出した方がいいに決まっているけど、その人の存在感を出すこと

これが一番大事なのではないでしょうか。


演奏以外にも発表会の準備、順調に進んでいますよexclamation

今回は「練習シート」の上位成績者の表彰式もやりますぴかぴか(新しい)

今日は口をきくのも億劫なほど疲れたけど、福田からのプレゼントを入れる可愛いバッグを買いに行きました。


20131127_204046.jpg


発表会のご褒美に子供たちに渡す、こんなおしゃれなパッケージも組み立て完了!プレゼント

20131103_152745.jpg


2部の最後に子供たちが踊りながら使うポンポンも、教室をカラフルに飾ります。ハートたち(複数ハート)

20131102_161219.jpg
posted by ikko at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月20日

第一回リハーサル

今夜は、発表会に向けて学生を中心に大人8名で第一回目のリハーサルをやりました。

教室とは違って、やはり広いホールで弾くと音の伸びが違います。

多少の緊張はあったものの、みなさんとてもいい演奏でした!


全員に共通して言えるのは、音がとてもきれいだった事exclamation×2
これ、すごくポイント高いです。


3人ほど来れなくなった生徒さんがいたので、その時間をつかって一人一人にワンポイントアドバイス


・メロディーの最後の和音は自信を持って弾くこと
メロディーの最初と最後の音をきちんと弾だけでとても上手に聞こえます。

・どんなにきれいな曲でも、pばかりではつまりません。
強いところがあってのpです。  山を作ると、谷も光る
                谷を作ると、小山も目立つ


・普段のレッスンで成功率の高い生徒さんに必要なのは、「いつも弾けてるんだから、緊張しても絶対うまくいく!!」と意地でも思ことです。

・自分の苦手なところを知る事!
これが分かる人は、練習のポイントが上手につかめる人なのでどんどん上達します。

自分のセールスポイントが充分発揮できるまで、とにかく練習あるのみです。
発表会まで一か月。
後は時間との闘い!!  頑張れ〜!!

・丁寧に弾くことはとても大事。
でも丁寧すぎて湧き上がる感情まで押し殺してしまうと、あまりテンションの上がらない演奏になってしまいます。
このバランスはとても難しいですね!

posted by ikko at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月09日

お宮参り

今日は新宿の花園神社に。
ちょっと遅くなったけど、9月に生まれた初孫のお宮参です。

七五三の参拝客もいましたが、なんだか急に寒くなってスーツ姿ではちょっと寒そう


丈夫で元気でしあわせになれ!と望む親たちの気持ち
どこも同じですね

着用したのはパパがお宮参りで使ったベビードレスと着物

女の子みたいに見えるけど、男の子ですよ〜


20131109222844.jpg

音楽が好きで、宇宙に興味のある子に育ってくれるとうれしいな!


今日はとても寒い一日だったので、ランチはおしゃれなうどん屋さんに

創作うどんでTVにも紹介されたそうですが、私はお肉とニンニクが一切ダメなのでオーソドックスな天ぷらうどんを頂くことに

見てください!

この器の大きいこと!!
顔が洗えそう・・・・・・

DSC02625.JPG
posted by ikko at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年10月30日

お仲間が増えました

今日の教室レッスンはお休みです。

午前中は大人の方の、体験レッスン
1時間もかけて遠方からいらっしゃるとの事で、心配していましたが迷わず着いて、一安心電車

お話ししてみたら、なんと音大の後輩でした。

もっと驚いたのは会話の中で、その昔私が音大で師事していた教授の名前が・・・
前の先生がその教授に師事していて、その方も一度習ったことがあるとのこと


まだ、可愛らしかった(かどうかは別として)音大生の頃の記憶が一気に蘇ってきました。



今日の体験レッスンはショパンクリャービンリャードフすべてプレリュード

1時間のレッスンはあっという間


違う作曲家によるプレリュード3曲ということで、わたしにとってもとても勉強になるレッスンでした。

さすが、元音大生!
打てば響くレッスンは、楽しいですね!


ほんの少し気持ちの持って行き方を変えるだけで、音色に変化がでる

実感したレッスンでした
posted by ikko at 01:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年10月22日

講師演奏、お楽しみに!

今年の発表会は、12月23日ということで講師演奏はファンタジックなものを選びました。

以前からアンサンブルでやってみたいと思っていたデュカスの「魔法使いの弟子」ですが、今回はソロアレンジです。


今年は初めての試みとしてプロジェクターを使って、子供たちが曲のイメージを思い思いに表現した絵を演奏中に投影します。


折角なので、私の講師演奏の際にも絵本的に何枚か絵を・・・・

と思ってM・M君のお母様に相談したところ・・・・・

快く引き受けてくださって、今日のレッスンの時です。

   「できました!」と言って見せてくれた絵を見てびっくり目

簡単なイメージだけ伝えて自由に書いて頂いたのですが、ほんとに素敵キスマーク

さすがプロの技ぴかぴか(新しい)

      ブラボーexclamation×2


あんまりお上手なので、ブログをご覧の方にこっそり一枚だけご披露しちゃいます。プレゼント


scene09.jpg

他の絵もすごく楽しくて、細かいところまでとっても丁寧に書いてくださっており、そのまま絵本になりそうな出来栄えです!!

毎回講師演奏はちょっと重荷で、憂鬱に感じることもありましたが、今回の発表会はほんとに楽しみ揺れるハート

子供たちに楽しんでもらえたら嬉しいなるんるん
posted by ikko at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年10月19日

結婚式、無事終了

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートにて、3男が挙式しました。

ディズニー大好きな花嫁の希望に沿って決めただけあって、明るくて豪華でどこもかしこも夢一杯の建物です。

土曜日だから混んでないと思いきや、高速から降りるだけで1時間次項有
朝6時半に出たにもかかわらず到着はなんと9時半過ぎ


今日はディズニーも夕方まで入場制限・・・・・ なるほど朝から混んでるはずだexclamation×2



他の子供たちも車組は渋滞に巻き込まれ、いつになったら到着するかとはらはら時計遊園地

いろんなハプニングはあったものの、始まってしまえば主役は新郎新婦

お嫁さんは愛らしくみんなの笑顔にとても幸せな時間でした揺れるハート


DSC02522.JPG



生後一か月の孫はずっとすやすや寝てくれて、とってもいい子!

DSC02536.JPG


でも、新郎の母って想像以上に大変です・・・・。
今まで、ゲストとしてもてなされるほうだったけど、こんなにもいろんなプロセスを経て挙式って行われるんだ!といい経験に


あと何回黒留袖着るのかな?
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月18日

久しぶりのディズニー

明日は、3男の結婚式

ということで、遠方から参列のため上京してくれた兄夫婦をもてなそうと、母を車いすに乗せ、いざディズニーランドへ


DSC02469.JPG



平日なのでたいして混まないだろうと思っていたら、今日はシーの方で夕方から貸切のイベントがあってシーのお客さんもなだれ込んできているとかで、人・人・人

明日の主役の新郎新婦もシーに遊びに行ったそうですが、息子である新郎は体調不良で救護室・・・

二男は、自宅のカギを持たずにフィリピンから帰国・・・

結婚式の前日だというのに、新郎の母は89歳の母を連れまわして遊んでる・・・・

   明日、みんなだいじょうぶかな〜・・・

DSC02480.JPG


ミッキーのフィルハーマジックでは、今度の発表会で私が弾く「魔法使いの弟子」の音楽が流れ、「練習しなきゃ!!」

と、現実にかえってあせる私でした
posted by ikko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月11日

楽譜のプレゼント

先日ギロックの演奏法についてのセミナーをやっていただいた、鈴木敬先生

セミナーの最後に「娘のことを考えながら書きました。」と演奏してくださった「桜の花のさくころ」という曲


桜並木の中を、散歩しながら微笑み合っている幸せいっぱいの親子

そんな光景が目に浮かぶようなとっても素敵な曲だったので、セミナーの後名刺交換した際に

「とっても素敵な曲ですね!コピーを頂けないでしょうか?」

     と、図々しくもお願いしたところ・・・・・


「10月になりますが」とお手紙をくださった上で、なんとわざわざ楽譜を手書きして送って来てくださいました。

演奏会や、セミナー、ピュアメロディーの普及などでとてもお忙しい方なのに、とんでもないお手間を取らせてしまって本当に心苦しいです。


私も昔はすべて楽譜は手書きでしたが、今はfinaleというソフトを使ってパソコンで書いています。

やはり、手書きの楽譜にはなんともいえない温もりがあります。
手紙といっしょで、書いた人の個性や心情をうかがい知ることができます。

鈴木先生の楽譜はとても丁寧で几帳面、それていて優しさと温かさがあふれる、そんな書き方です。


私の為にわざわざ書いてくださったのかと思うと、楽譜の一つ一つの音に先生のお人柄が感じられて、とても幸せな気持ちになりました。



大人の生徒さんにも是非弾かせたいなーと思います。


DSC02463.JPG
posted by ikko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー