2013年12月28日

一日の早い事

「今年もあと101時間となりました」時計

夕方のTVで、こんな一言が


あれもこれも年内にやっておきたい、というのは勤勉な日本人の特性かな?


華音と詩音もシャンプーしてもらいに、行きつけの動物病院に

超チキンなので、抱っこされたとたんに飛び上るほど嫌がる二匹


それでもさすがプロ

夕方にはこんな可愛いお正月飾りを首輪に着けてもらって、無事終了リボン


DSC02651.JPG



発表会のDVDを早く作成しなくてはならないけど、今年はもうちょっと時間がかかりそう

年末に鑑賞予定だった方、ごめんなさい・・・ー(長音記号1)
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月26日

2013年 第3回発表会

お待たせしました。

カメラマンをやってくださったS原さんから沢山のデータを頂いたので、会の様子を振り返ってみましょう。

 
まずは、恒例  最年少の生徒さんによる「始まりのチャイム」
年少・年中の生徒さん  ドキドキしたけど、頑張ったね!

DSC_0057.JPG



「はじめまして」 今回初ステージの生徒さんのご紹介
   ドの音のリレーでみなさんにごあいさつるんるん

DSC_0059.JPG



演奏中は子供たちの書いた絵が、ステージの雰囲気を盛り上げます映画

DSC_0145.JPG


「大工のキツツキさん」
あまちゃんのメロディーに乗って、一人一人元気に登場ダッシュ(走り出すさま)
DSC_0185.JPG

DSC_0119.JPG


カラオケ一番左のSちゃんが元気いっぱいの声でメンバー紹介、その隣のHちゃんは合間のナレーション担当

DSC_0136.JPG



雪2部の最後は子供たち全員による「サンタが街にやってくる」

バトンのパフォーマンスに併せての入場
そうそう、みんなは自分の立ち位置よく確認して

DSC_0286.JPG


   お揃いのサンタ帽、かわいい!!揺れるハート

   ポンポンもライトに照らされてとってもきれいぴかぴか(新しい)


DSC_0210.JPG

踊りの後には、サンタさんとトナカイさんが登場

会場のみなさんに、クッキーのプレゼントプレゼント
誰がGETできるかな?   ステージの子供たちの視線は釘づけ目

DSC_0305.JPG


2部の最後は「練習シートの表彰式」
   成績上位者と特別賞の生徒さんを表彰

特に頑張った子に手作りの表彰状と、福田からのプレゼントの授与です

DSC_0319.JPG



3部のオープニングは小学生5人によるハンドベル 「シルバー・ベル」
ベルの余韻がホールに響き、これから始まる大人のピアノの雰囲気をぐっと高めてくれます

DSC_0012.JPG


3部と4部は大人の生徒さん
   こちらは、曲のイメージを漢字一文字で表現
どんな感じ?こんな漢字

   「飛翔」を演奏した★香ちゃんが、毛筆で一枚一枚丁寧に書いてくれました

DSCN0956.JPG


講師演奏は「魔法使いの弟子」 音のある絵本

Mさんが作ってくださった19枚ものイラストのお蔭で、会場は大人も子供も魔法の世界にワープ


DSCN0983.JPG



頑張った子供たちの集合写真

逕サ蜒十DSC_0462 3.jpg


大人の生徒さんの演奏は、本当に感動的でした!

DSCN1004.JPG


終了後の記念撮影

実はこれが、緊張感のある発表会の後の大きなお楽しみではないでしょうか?
年に一度の発表会は、普段会えない人との再会の場でもあります。

福田の左は長時間司会進行してくださった、山口さん。
今回は大人の生徒さん一人一人のコメントから、細かいタイミングでのナレーションまで、とても神経を使うアナウンスをお願いしましたが、完璧に対応してくださって・・・・・たらーっ(汗)
本当にありがとうございました!
山口さんの司会は無駄がなくスムーズで、お客様にもいつも好評です!


今日お手伝いしてくださった、お友達の先生方
顔を見たとたん、「先生」としての緊張が一瞬で溶け・・・・

初対面の子供たちの誘導から細かい裏方まで、するどい状況判断で本当に助けられました!

DSC_0501.JPG


サンタさん親子と福田ファミリー

サンタさん親子はこの翌日からロンドンへ飛行機 いってらっしゃ〜い
  私の隣の二男は発表会の最中フィリピンから帰国して、日本の寒さにブルブルモバQ
    可愛い孫が、ステージに立つのはいつかなー?黒ハート

DSC_0495.JPG
posted by ikko at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年第3回発表会

2013年12月23日

発表会、無事終わりました!

お疲れ様でした!!

早朝からのリハーサル、長時間の本番、後始末まで本当に多くの方たちのご協力と、応援してくださるご家族の熱い思いで無事終えることができました。


      福田はずっと舞台裏

   袖からそっと場内を伺うと・・・・ 「みんなすごく真剣に聴いてくれてる!」


それにしても、子供の本番での力はすごい!!


小さい子までが一つ一つの音をよく聴いて、
レッスンで見せたことがないくらい真剣に聴いて弾いている姿は感動的

      先生冥利につきるなー・・・



3部・4部の大人の生徒さんは、裏方の業務も沢山あったのに

  「どうしよう、緊張してきた!」

        と不安そうな顔をしながら

誰もかれもがとても落ちついて丁寧で、予想をはるかに超える演奏!

    大人があのステージに立つのが、どれ程緊張感を強いられるか!!


       経験した人にしかわからないでしょう。

それをやりきった達成感も、経験した人しか味わえない。でも、観客にも充分伝わったはず


終演後、小学生のお母さまが「大人の生徒さん、すごく上手でびっくりしました」という嬉しいコメント


ホールの方からも「この教室の大人の生徒さんは、みなさんすごく上手だなー!とみんな言ってましたよ」
というお言葉を



ホールでのリハーサルができなくて、子供たちの場当たりは本番直前のほんの40分足らず

お友達のピアノの先生や、大人の生徒さん、お母さまたちが本当に即座に反応しててきぱきと動いてくれて、どれほどありがたかったか・・・・・・。

また、沢山のお花・お菓子など頂きましてて本当にありがとうございます!!
DSC02644.JPG


32練習シート表彰4.JPG


最初から最後まで写真撮影してくださったお父様、お疲れ様でした!!

データを頂いたら、会の様子を振り返りながら画像をアップしますね。



帰宅後、一日お留守番の愛犬にクリスマスドレスを着せて、サンタスーツの3か月の孫と記念撮影

カノン・シオン、発表会まで忙しくて淋しい思いをさせてごめんね


20131226143642_resized.jpg
posted by ikko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年12月21日

とんだ緊急事態です

発表会まであと二日。

会場との打ち合わせやリハーサルも完了ですが、なんかちょっと不安で念のため最終確認にホールに行ったところ


「今、プロジェクターは故障中で使えませんよ


え、!!

それって、ないっしょ!
今日聞かなかったら当日この事実を聴かされてたって事??

今回の発表会はプログラムの最初から最後までプロジェクターを使うため、なしではありえない!
一生懸命絵を描いた子供たち、試験の合間に毛筆で沢山の字を書いてくれた高校生、20枚近くのイラストを作成してくださったご父兄の方・・・・

みんなのがっかりする顔が目に浮かび、泣きそうになりました。


ホール側も事情が分かったらしく、職員総動員で1時間ほどかけて応急処置として多少性能は落ちますが代替えのプロジェクターでなんとか急場をしのげるように努力してくれました。

が、備え付けではないため集団の演目の照明や立ち位置は大幅に変更が。

当日の動作確認や変更を全員に伝える手間や時間などを考えると、不安はたくさんありますが、高校生の生徒さんをはじめ大人の生徒さんが即座に早朝からの作業のお手伝いを申し出てくださり、どれほど安堵したか・・・・・

本当に、DOLCEの大人の生徒さんたちはみんな頼りになります!


神様!こんなに暖かい気持ちで盛り立ててくれる生徒さんたちの本番が、プログラムの最後の演目までうまくいきますように・・・・

後は、風邪の後遺症で思うように出ない私の声が、あと二日でよくなることを祈るのみです。
posted by ikko at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年12月07日

リハーサルの効果は絶大です

子供の部のリハーサルの後、生徒のお母さまからこのようなメールを頂きましたのでご紹介します。


るんるんリハーサルは緊張と間違えたら恥ずかしいというプレッシャーで練習のように弾けず、守りにはいってしまいました。
リハーサルして本当によかったです。

よい刺激にもなりましたし、よい点、改善点、家庭でもよく話すことができました。

そして、まわりのお友達の演奏を聴いて、自分も頑張ろうと朝も、練習するようになりました。
そして余談ですが、発表会の衣装が今日、すべて揃い、がぜんやる気がみなぎってきました。よかったです。


当日は練習の成果が発揮できるよう、これからの日々の練習、家族で盛りたてていきたいとおもいます。るんるん




ご家族の暖かい気持ちが、こちらにも伝わってきますね。

形から入るって、実はすごく大事なんですよ。
当日の服装、靴で練習することで、本番のイメージトレーニングにもなります。

難しい曲をノンミスで弾けることはそれだけですごいことですが、簡単な曲でも、間違えてもいいのです。人前で弾くまでのプロセスが、自分を強くします。  磨きます。

大きな緊張感を経験することで、自分の強み弱みがはっきり分かり、人の立場に立ってものを考えられる子供になります。

誰かの前で弾くことは、場合によっては自信を無くすこともあるかもしれないけど、結果的にはそれは上達までの最短距離です。
そういう機会があるときには、手を挙げてでもやってみましょう!!
posted by ikko at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

素敵なプログラムができました!

今年はみんながとっても頑張って練習したので、ちょっと豪華にオフセット印刷にしました。

発表会プログラム.JPG

12月23日 開場は11時15分

       開演は11時30分

場所は蕨市文化ホールくるるです(蕨駅西口から徒歩2分)

今年も指向を凝らして見ていて飽きないプログラムになっておりますので、お時間のある方はどうぞ覗きにいらしてください。


子供の部の最後に全員でポンポンを持って歌うのですが、折角だからとサンタ帽をかぶることにしました。

これがまた数が揃わなくてあっちに行き買占め、こちの店で買占め、赤羽まで何往復までして。。。

ふうぅ・・・・ 何とか男の子用女の子用そろいました。
かぶらせてみたら、みーんなかわいい!!

当日がとても楽しみ!!



今、お教室での合言葉「ママでも金じゃ」ないけど、「上がっても弾ける!」
弾く前にピアノの前で、自己暗示の練習です。
posted by ikko at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月30日

リハーサル第3弾

今日は、子供たちのリハーサル

くるるは取れなかったので、近くの公民館に全員集合位置情報


トップバッターは初参戦の年少さん

いつもと違う雰囲気にちょっと戸惑ったでしょうに、しっかり弾ききって合格はなまるかわいい

前に出てお辞儀をするだけでもドキドキしたと思うけど、
みんな最後まで頑張って弾けたね!!  えらいぞ!!

レッスンの時に個別にはできているけど、やはり全体で合わせると立ち位置や出入りだけでも勝手がつかめず指示待ちの子が続出

当日のリハーサルでどこまで覚えてくれるかな?

DOLCEの頼りがいのある大人の生徒さんやお母さまの頼もしい事!

ぶっつけ本番のいきなりの無茶ぶりにも即反応してくれたおかげでなんとかリハーサル終了



お手伝いくださった方々に、心から感謝です!!
posted by ikko at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

電子ピアノで練習するには

この一か月は入会される方が多く、今日は(日付が変わってしまいましたが)5人目の体験レッスンでした。

午前中と夜間しか空きがないので、ほとんどが大人の生徒さんです。
今年の発表会には間に合わなかったけど、来年はみなさんと一緒にステージに立てるよう楽しいレッスンをしていきたいと思います。

今日の生徒さんはまだ楽器をお持ちではないということで、電子ピアノとアコースティックピアノの違いをお話ししました。
これは体験レッスンの時には、みなさんにお話しするようにしています。


グランドピアノはハンマーが弦を叩くところや、ダンパーの動きが目で見えるので打鍵と出てくる音の関係が理解しやすいです。


以前からずっとブログで書きたいと思っていたことなので、今日はちょっとお話ししますね。

電子ピアノを選ぶ理由は、それぞれあると思います。

教える立場から見ると、アコースティックピアノで練習した方がやはり上達が早いというのが実感です。


先日の大人のリハーサルで、私を感動させた生徒さんの演奏。
なんであんなにきれいな音で弾けるの?
と思って、なにげなくピアノを所有している人数を数えたら、大人の部の15名がアップライトまたはグランドピアノで練習している方でした。


では電子ピアノで上達するにはどうしたらいいのでしょう?

一番手っ取り早いのは、レンタルピアノなどでたまには練習することです。
うちの近くの公民館には大きなホールがあって、そこにグランドピアノが置いてあります。

ラッキーなことに、個人でも安い料金で貸してくれるので、空き時間にグランドで練習される生徒さんもいますよ。
ホールで弾くことで、自宅や教室ではわからない音の伸びや、音色の違いを感じることもできますよね!


それも時間的に難しい人は、レッスンの時にグランドピアノのタッチと音色を指と耳でしっかり記憶して帰りましょう!

その感覚が薄れないうちに、自宅で再現する努力が大切です。


もう一つ、とても大切なこと!

美しくメロディーを奏でたい!という願望を持ち続けることです!
それがなければ、どんな名器で弾いてもピアノは答えてはくれません・。

どうやって伝えたら、ピアノさんは言うことを聞いてくれるか、福田も日々格闘しておりますよ。
posted by ikko at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年11月27日

第二回目のリハーサル

今日は12月23日の発表会会場、くるるで大人の生徒さんのリハーサル

残念ながら日中なので、来れる方だけの参加です。


一回弾くだけのリハーサルでは自分の音をじっくり聴くことができないので、今回は一人15分のホール貸切の練習時間を設けました。
人目を気にすることなく、一人きりでホールのピアノを弾けるチャンスなんてそうそうあるものではありません。

最後の1時間は10名でリハーサル


グリーグ・ショパン・JAZZ・連弾・ラヴェル・カプースチンなど、ちょっとしたコンサートのようなプログラム


先日の学生さんのリハーサルもとっても良かったけど、今日のみんなの演奏には心から拍手です!

全員が一つ一つの音を大切に思いを込めて、且つ聴きほれるほど美しい音で弾いてくれたことが、連日寝不足でお疲れの私への大きなプレゼントとなりました。

「曲を自分のものにしていて、一体感がある」という感想を述べた生徒さんがいらしたけど、ほんとにそんな感じ


ミスタッチとか、難しい曲かどうかなんて、あまり問題ではないと思います。

もちろん練習の成果は出した方がいいに決まっているけど、その人の存在感を出すこと

これが一番大事なのではないでしょうか。


演奏以外にも発表会の準備、順調に進んでいますよexclamation

今回は「練習シート」の上位成績者の表彰式もやりますぴかぴか(新しい)

今日は口をきくのも億劫なほど疲れたけど、福田からのプレゼントを入れる可愛いバッグを買いに行きました。


20131127_204046.jpg


発表会のご褒美に子供たちに渡す、こんなおしゃれなパッケージも組み立て完了!プレゼント

20131103_152745.jpg


2部の最後に子供たちが踊りながら使うポンポンも、教室をカラフルに飾ります。ハートたち(複数ハート)

20131102_161219.jpg
posted by ikko at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月20日

第一回リハーサル

今夜は、発表会に向けて学生を中心に大人8名で第一回目のリハーサルをやりました。

教室とは違って、やはり広いホールで弾くと音の伸びが違います。

多少の緊張はあったものの、みなさんとてもいい演奏でした!


全員に共通して言えるのは、音がとてもきれいだった事exclamation×2
これ、すごくポイント高いです。


3人ほど来れなくなった生徒さんがいたので、その時間をつかって一人一人にワンポイントアドバイス


・メロディーの最後の和音は自信を持って弾くこと
メロディーの最初と最後の音をきちんと弾だけでとても上手に聞こえます。

・どんなにきれいな曲でも、pばかりではつまりません。
強いところがあってのpです。  山を作ると、谷も光る
                谷を作ると、小山も目立つ


・普段のレッスンで成功率の高い生徒さんに必要なのは、「いつも弾けてるんだから、緊張しても絶対うまくいく!!」と意地でも思ことです。

・自分の苦手なところを知る事!
これが分かる人は、練習のポイントが上手につかめる人なのでどんどん上達します。

自分のセールスポイントが充分発揮できるまで、とにかく練習あるのみです。
発表会まで一か月。
後は時間との闘い!!  頑張れ〜!!

・丁寧に弾くことはとても大事。
でも丁寧すぎて湧き上がる感情まで押し殺してしまうと、あまりテンションの上がらない演奏になってしまいます。
このバランスはとても難しいですね!

posted by ikko at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年11月09日

お宮参り

今日は新宿の花園神社に。
ちょっと遅くなったけど、9月に生まれた初孫のお宮参です。

七五三の参拝客もいましたが、なんだか急に寒くなってスーツ姿ではちょっと寒そう


丈夫で元気でしあわせになれ!と望む親たちの気持ち
どこも同じですね

着用したのはパパがお宮参りで使ったベビードレスと着物

女の子みたいに見えるけど、男の子ですよ〜


20131109222844.jpg

音楽が好きで、宇宙に興味のある子に育ってくれるとうれしいな!


今日はとても寒い一日だったので、ランチはおしゃれなうどん屋さんに

創作うどんでTVにも紹介されたそうですが、私はお肉とニンニクが一切ダメなのでオーソドックスな天ぷらうどんを頂くことに

見てください!

この器の大きいこと!!
顔が洗えそう・・・・・・

DSC02625.JPG
posted by ikko at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年10月30日

お仲間が増えました

今日の教室レッスンはお休みです。

午前中は大人の方の、体験レッスン
1時間もかけて遠方からいらっしゃるとの事で、心配していましたが迷わず着いて、一安心電車

お話ししてみたら、なんと音大の後輩でした。

もっと驚いたのは会話の中で、その昔私が音大で師事していた教授の名前が・・・
前の先生がその教授に師事していて、その方も一度習ったことがあるとのこと


まだ、可愛らしかった(かどうかは別として)音大生の頃の記憶が一気に蘇ってきました。



今日の体験レッスンはショパンクリャービンリャードフすべてプレリュード

1時間のレッスンはあっという間


違う作曲家によるプレリュード3曲ということで、わたしにとってもとても勉強になるレッスンでした。

さすが、元音大生!
打てば響くレッスンは、楽しいですね!


ほんの少し気持ちの持って行き方を変えるだけで、音色に変化がでる

実感したレッスンでした
posted by ikko at 01:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年10月22日

講師演奏、お楽しみに!

今年の発表会は、12月23日ということで講師演奏はファンタジックなものを選びました。

以前からアンサンブルでやってみたいと思っていたデュカスの「魔法使いの弟子」ですが、今回はソロアレンジです。


今年は初めての試みとしてプロジェクターを使って、子供たちが曲のイメージを思い思いに表現した絵を演奏中に投影します。


折角なので、私の講師演奏の際にも絵本的に何枚か絵を・・・・

と思ってM・M君のお母様に相談したところ・・・・・

快く引き受けてくださって、今日のレッスンの時です。

   「できました!」と言って見せてくれた絵を見てびっくり目

簡単なイメージだけ伝えて自由に書いて頂いたのですが、ほんとに素敵キスマーク

さすがプロの技ぴかぴか(新しい)

      ブラボーexclamation×2


あんまりお上手なので、ブログをご覧の方にこっそり一枚だけご披露しちゃいます。プレゼント


scene09.jpg

他の絵もすごく楽しくて、細かいところまでとっても丁寧に書いてくださっており、そのまま絵本になりそうな出来栄えです!!

毎回講師演奏はちょっと重荷で、憂鬱に感じることもありましたが、今回の発表会はほんとに楽しみ揺れるハート

子供たちに楽しんでもらえたら嬉しいなるんるん
posted by ikko at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年10月19日

結婚式、無事終了

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートにて、3男が挙式しました。

ディズニー大好きな花嫁の希望に沿って決めただけあって、明るくて豪華でどこもかしこも夢一杯の建物です。

土曜日だから混んでないと思いきや、高速から降りるだけで1時間次項有
朝6時半に出たにもかかわらず到着はなんと9時半過ぎ


今日はディズニーも夕方まで入場制限・・・・・ なるほど朝から混んでるはずだexclamation×2



他の子供たちも車組は渋滞に巻き込まれ、いつになったら到着するかとはらはら時計遊園地

いろんなハプニングはあったものの、始まってしまえば主役は新郎新婦

お嫁さんは愛らしくみんなの笑顔にとても幸せな時間でした揺れるハート


DSC02522.JPG



生後一か月の孫はずっとすやすや寝てくれて、とってもいい子!

DSC02536.JPG


でも、新郎の母って想像以上に大変です・・・・。
今まで、ゲストとしてもてなされるほうだったけど、こんなにもいろんなプロセスを経て挙式って行われるんだ!といい経験に


あと何回黒留袖着るのかな?
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月18日

久しぶりのディズニー

明日は、3男の結婚式

ということで、遠方から参列のため上京してくれた兄夫婦をもてなそうと、母を車いすに乗せ、いざディズニーランドへ


DSC02469.JPG



平日なのでたいして混まないだろうと思っていたら、今日はシーの方で夕方から貸切のイベントがあってシーのお客さんもなだれ込んできているとかで、人・人・人

明日の主役の新郎新婦もシーに遊びに行ったそうですが、息子である新郎は体調不良で救護室・・・

二男は、自宅のカギを持たずにフィリピンから帰国・・・

結婚式の前日だというのに、新郎の母は89歳の母を連れまわして遊んでる・・・・

   明日、みんなだいじょうぶかな〜・・・

DSC02480.JPG


ミッキーのフィルハーマジックでは、今度の発表会で私が弾く「魔法使いの弟子」の音楽が流れ、「練習しなきゃ!!」

と、現実にかえってあせる私でした
posted by ikko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月11日

楽譜のプレゼント

先日ギロックの演奏法についてのセミナーをやっていただいた、鈴木敬先生

セミナーの最後に「娘のことを考えながら書きました。」と演奏してくださった「桜の花のさくころ」という曲


桜並木の中を、散歩しながら微笑み合っている幸せいっぱいの親子

そんな光景が目に浮かぶようなとっても素敵な曲だったので、セミナーの後名刺交換した際に

「とっても素敵な曲ですね!コピーを頂けないでしょうか?」

     と、図々しくもお願いしたところ・・・・・


「10月になりますが」とお手紙をくださった上で、なんとわざわざ楽譜を手書きして送って来てくださいました。

演奏会や、セミナー、ピュアメロディーの普及などでとてもお忙しい方なのに、とんでもないお手間を取らせてしまって本当に心苦しいです。


私も昔はすべて楽譜は手書きでしたが、今はfinaleというソフトを使ってパソコンで書いています。

やはり、手書きの楽譜にはなんともいえない温もりがあります。
手紙といっしょで、書いた人の個性や心情をうかがい知ることができます。

鈴木先生の楽譜はとても丁寧で几帳面、それていて優しさと温かさがあふれる、そんな書き方です。


私の為にわざわざ書いてくださったのかと思うと、楽譜の一つ一つの音に先生のお人柄が感じられて、とても幸せな気持ちになりました。



大人の生徒さんにも是非弾かせたいなーと思います。


DSC02463.JPG
posted by ikko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2013年09月22日

ホームシアター

DSC02447.JPG

先週出産した長女がやっと退院


末っ子夫婦も上京していたので、家族7人・14の瞳に見つめられてちょっと興奮しちゃったかな?


夜は出産祝いの「おやすみホームシアター」を楽しみました。

壁などに投影すると、回り灯籠のように絵がゆっくり変わり、音楽が一緒に流れます。


子守歌から、ディズニーソング、クラシックまで幅広く収録されているのできっと将来「これ弾きたい」と言い出すかな?

目が完全に見えるまではしばらくかかるそうですが、耳だけはお腹にいる時から発達しているので、ピアノを一杯聴かせて反応を見るのが楽しみです!


20130922_225354_resized.jpg
posted by ikko at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年09月17日

鈴木敬先生セミナー

昨日とは一変して台風一過の秋晴れ

リーラムジカのセミナーに行きました


本日の講師は「鈴木敬先生」

20130917_124823.jpg


絵を一定の方法で音楽に置き換えて音にしてしまう、という「ピュアメロディー」を開発されてた方です。

学校の先生としてのキャリアから、現場の実体験に基づいたお話の中の中には思わず「うるっ」とくるものもあり、あっという間の2時間でした。


ギロックの演奏法の指導ということで、実際に演奏しながらの解説はとてもわかりやすかったです。


ギロックはピアノを初めてすぐの幼児でも、人前で弾いて充分演奏効果のある曲です。

でもそれだけではなく「なぜ、ギロックを使う必要があるのか?」ということを改めて説明していただきました。


特に印象的だったのは、

・フランス音楽のエッセンスが詰まっている⇒従来の教本は確かにフランス物は少ないです
・カデンツ感覚が身につく⇒これを意識することで、ダラダラ弾きはなくなりますね!
・習いたての初心者でも弾けるが、こどもだましではない⇒実はこれが先生にとっては発表会の選曲のつよ〜い味方!!


個人的には、曲のタイトルがどれも「聴いてみたい」「弾いてみたい」というものが非常に多いのも大きな魅力です。

発表会の曲を生徒にあげる時も、曲名が個性的なものは実はとってもポイント高いです


中級以上の生徒さんは中身の濃さだけで勝負できますが、上達途中の生徒さんには、曲に対する興味をそそられるものが絶対不可欠です
posted by ikko at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2013年09月15日

無事産まれました!


今日は午後から東京サドベリーコンサートに行く予定だったのに、キャンセルしてしまいました。

素晴らしいコンサートだったでしょうに、残念です。


22:10 長女に男の子が産まれました。
保育器から出られないやせっぽちですが・・・


さくたん20130918222038_resized.jpg

苦渋の決断の末、彼女が選んだのは帝王切開

結果的には、大正解

もう少し判断が遅れていたら・・・・

  母の強さと直感はすごいなー!



私がお預かりしている生徒さん一人一人に、誕生にまつわる一つ一つの秘話があるでしょう。

成長の過程にも一つ一つのドラマがあるでしょう。


「わたしは、かけがえのない宝物をお預かりしているんだ!」

これからも心して、レッスンしていこうと思いました!
posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年09月08日

みんな合格、おめでとう!

4月から始まった音符早読みシート、教室に張り出した一覧表です。

ちょっとおまけの子もいたけど、全員合格るんるんです


12級からスタートして、みんなよく頑張りました。


DSC02432.JPG


これから、発表会の曲の練習


しっかり取り組もうね!グッド(上向き矢印)


今日はオリンピック招致が決まって、TVはどこを見ても喜びにあふれたニュースばかりでとてもウキウキした気分です。


プレゼンの内容が高く評価されていましたが、「何かを伝える」ということはとても難しいことだ、と改めて思いました。

根底には純粋で強く大きな気持ちがなくてはならないことです。


発表会では、みんな何をどう伝えることができるでしょうか?

練習の時に、ただ音を鳴らすのではなく思った通りの音が鳴っているか、よーく耳を澄ませて聴く癖をつけましょう!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年08月20日

しゃぼん玉とばそ!

DSC02420.JPG


夏のイベントに使おうと買っておいたものですが、こう暑くてはちょっとそういう気にもね〜


ということで、小学生までの生徒さんに水笛とシャボン玉をプレゼントプレゼント

ミッキー文具はくじ引きなので、なにがあたるかはお楽しみ・・・



今日は午前中からずっと大人のレッスン

Aさんは、子育て中で二胡奏者チェン・ミンさんのマネージャーもやりつつ、ピアノの練習も人一番しっかりこなすスーパーウーマンキスマーク


「先日チェン・ミンの集まりがあって、プロやセミプロのなかでピアノ弾きました!」


Aさんの本番での堂々とした演奏は、こういう場でも物おじせず、果敢に挑戦していく姿勢から来るんだなー!と思います。

鮮やかな早弾きを披露したセミプロには「ガチャガチャ弾くのはやめてやめて、いらいらする!」どんっ(衝撃)

と手厳しい批評をされたチェンミンさんですが、Aさんの演奏には「一つ一つの音を大事にしていて、とてもいい!」とお褒めの言葉があったそうです。


指が動くだけが、ピアノじゃない

うわべの技巧だけで、プロの耳はごまかされない、ということですね!パンチ



12月の発表会が楽しみです揺れるハート
posted by ikko at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年08月15日

こんな所で、「倍返し」ロケ

今日はお盆ということで教室レッスンもお休みだったので、自宅近くの動物病院で華音と詩音をサマーカット

あちゃ〜
      チワワというより、柴犬?

でも、涼しくなって、よかったね!

20130817095551_resized.jpg


なんと、病院のすぐ向かいの剣道道場で「半沢直樹」のロケをやっていました。

画面右下の黄色いプレートに「半沢直樹」って書いてあるでしょ?


20130815_125730_resized.jpg


たぶん剣道のシーンを撮っていたのでしょうが、建物全体を暗幕ですっぽり隠し全く見えず!!




TVの放映を楽しみに待つことにいたしましょう


半沢の人気は脚本の面白さが大きいのでしょうが、カメラアングルがとてもうまい!と感じるのは私だけ?


同じシーンでも撮る角度によって印象はかなり違ってきます。



実は、ピアノも同じ


両手でべたっと弾くとただの和音の連続に聞こえる曲も、ほらほらよーく見てみて!目


メロディーの音が一つ飛びに出てきたり、

     高さを変えて出てきたり、    

         リズムを変えて出てきたり




こういうのを自分で発見するのって、とっても楽しいことですひらめき


私から説明される前に、「先生、見つけてきました!」なんていう生徒さんがいたら

嬉しくてハグしちゃうかも!!  →  拒否しないでねキスマーク
posted by ikko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月11日

今年も祥子先生のサマコンに 2013.8.11

DSC02412.JPG

言いたくないけど・・・・・


     ほんとに暑いです

歩いてレッスンに来る生徒さんが気の毒になります。


今日はムジカノーヴァの連載やセミナーで、今や時の人

益子祥子先生のサマーコンサートに行ってきました。

プログラムをお送り頂き楽しみにしていたのですが、お友達からのお誘いがなければあやうく来週と間違えるところでした!


去年は土曜日の為レッスン時間をずらして頂き2.3時間しか聴けなかったのですが、今年は大丈夫!
午前中のレッスンの後、途中からではありましたが大人の部の最後までじっくり聴かせていただきました。


ここの生徒さんは3年生になると司会者としてデビューします。

コンサートの白眉「お話組曲」の司会もシナリオ棒読みではなく、情感たっぷり

おもしろいことに、司会が上手な子はピアノも上手


先を読まなくては弾けないピアノと、これから言う言葉を頭の中で組み立ててお話しすること、同じなんですね。


パ-カッション奏者を迎えての手作り楽器による全員合奏は、小さな子もトランス状態での熱演。
聴衆も参加して、外の熱気にまけないくらいのパワーが場内を駆け巡ります



祥子先生のコンサートで感じたこと

  演奏は自己表現の場ですが、自分とそれ以外の人との調和と共にあるということ


その気持ちが小さな生徒さんにも伝わっていてスムースにプログラムが進み、実に気持ちのいい時間を過ごすことができました。



終了後ふと隣を見ると、そこには祥子先生が!!

ラッキー!!
合唱指導に当たられた緒方弥生先生にも思いがけずにお会いできたので、一緒にぱちり

抱きつきたくなるくらい、ホントに魅力的な先生なんです(なので、抱きついちゃいました!)


IMG_0354.jpg


さー、私も負けずに明日からまたレッスンがんばるぞー!
posted by ikko at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年08月09日

健康第一!

先週からチワワのカノンの様子がおかしい

水も一滴も飲まないし、大好物にも顔をそむけるし・・・

どうも異物を飲み込んだらしい


毎日レントゲンと血液検査、点滴注射、夕方も点滴注射という通院を一週間続け、きのうやっと内視鏡手術


胃の中から出てきたのは数センチのセルロイドの破片がふたつ


  ・・・・・・  私の定期入れだ!・・・・・・・



家中のくずかごを蓋付のものに変える必要がありそうです


DSC02402.JPG

「魚になりたい」

と思うほどものすごい猛暑ですね


こんな時は、エアコンの効いた部屋でピアノの練習をするのが一番!


希望の生徒さんは、そろそろ発表会の練習を始めています。


普段の曲よりはレベル的に難しいと思うのですが、長くやる曲なので、先に進むことを考えないで、楽譜をじっくり丁寧に読むことから始めましょう。

音をならすことばかりに気を取られると、どんぐりの背比べのような平坦でつまらない演奏になってしまいます。


「ここはどの音が一番大事?」といつも音の位置づけをしながら分析していきましょう!


特に小さい子の場合、曲や音に対するイメージを持つには普段から本を沢山読むことが不可欠です。

お教室に貸し出し用の本が並べてあります。
借りたい生徒さんは、遠慮なく申し出てくださいね!


DSC02409.JPG
posted by ikko at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月28日

岐阜に行ってきました

昨日は、甥の結婚式

前日に兄弟が集まって、夜は船から鵜飼の鑑賞

20130726_191930.jpg


鵜飼を見るのは初めて!!目

真っ暗な木曽川に浮かぶ鵜飼船

   船の穂先のかがり火だけが幻想的にあたりを照らします。牡牛座


折角捕まえた魚なのに、呑み込めないなんて可愛そう・・・・。
でも、これが鵜のお仕事だから・・・・ 仕方ないのか失恋

鵜飼船20130729120654.jpg



さてさて、目的の結婚式

 スペード久しぶりに会った甥はすっかり素敵で頼もしい男性になってしかもイケメン!

 ハート花嫁はというと、可愛くてプロポーション抜群    
 
        ゼクシィのCMにそのまま使えそうだわ!揺れるハート


 衣装合わせのドレスは、どれを着ても全部似合っていたそうな・・・・ 納得

ウェディング20130729120730.jpg


打掛20130729120803.jpg



お色直しのこのドレスは新郎の母のものだそうです。素敵なエピソードですね!

20130727_144039.jpg



友人一同の花婿を応援する気持ちが最初から最後までずっと溢れていて、ミュージカル仕立ての余興も涙あり 笑いあり。

全員真っ赤なふんどし姿で真剣に歌い語る姿に(さすがに写真は割愛しますね)最初は爆笑していたけれど、一人一人からのコメントに会場の誰もが涙する感動的な結婚式でした。


10月は、私の三男の結婚式
ドキドキします・・・
posted by ikko at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に行きました

2013年07月22日

これがホントの怪我の功名?

先週切った親指の爪、順調によくなっていますがまだ包帯ぐるぐる巻きで、伴奏や模範演奏は大変!

「先生は1の指が使えないから、2の指で弾いてるけど、あなたは1で弾くのよ」

といちいち注釈がはいります。


今回の発表会でカプースチンを弾く方はいるのですが、早めに取りかかりたいということで今の曲が仕上がったら練習に入ります。


カプースチンはショパンのエチュード並みの難曲、且つJAZZの要素が非常に強いので、音を出す前にやっておかなくてはならないこと!


    コードの分析 


    そうだ!!   今日は座学にしょう!!ひらめき

  


「ほんとに初歩的なコードしか知らないんです」
とおっしゃっていたのに、レッスンの終わりころにはマイナー、メジャーはもちろん、SUS4もdimも−5もon〇もしっかりマスター決定   

       さすが〜exclamationぴかぴか(新しい)
posted by ikko at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月19日

親指が・・・・

夜の最後の生徒さんが来るまでの間に、夕食の調理をしている時の事です。


私の大好きなトマトで、サラダを作ろうとサイコロに切っているとき


          「痛っ!」


なんと、親指の爪の先を切り落としてしまいました・・・。

何十年も主婦業をやっていて、自分の指を包丁で切るなんてありえない・・・・・


8時からの生徒さんの曲はシューマンの「飛翔」

主題の所は両手で弾かなきゃならないし、第二主題の右手をきれいに弾かせるには、口だけでの説明は大変!


指の先では心臓がドックンドックン言い出し、「あ〜、明日のレッスンどうしよう・・・」
posted by ikko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月16日

取付工事終わりました

DSC02387.JPG



購入してから3年もたたないメーカー品のエアコンが壊れて、先週後半の生徒さん達は暑い最中のレッスンとなってしまいました。


先ほどやっと新しいエアコンの取付が完了

 ご迷惑をおかけしました!




今朝は涼しいというよりちょっと肌寒いくらいの気温でしたが、この気温が続くわけはありません。



    今年の発表会の参加予定者は50名弱

  連日深夜まで、山積みの楽譜をざーっと弾きながら、あれにしようか?これにしようか?・・・・・


会場の確保と選曲で発表会の仕事の半分が終わったくらいのウェイトです。


お蔭で、今回も演奏者にぴったりはまった選曲ができました!


  「この曲どうよ?るんるん

と弾いてみせた後の子供たちや大人の生徒さんの、ちょっとドキドキだけど嬉しそうな顔を見た瞬間グッド(上向き矢印)

  夜なべの作業の疲れは吹っ飛びます!


練習に取りかかるのはもっと後になるかと思いますが、通常のレッスンよりずっとながい間練習する曲です。

一番大切なのは、その曲に対して自分なりのイメージを持つことです。


曲に愛情を持つ事、これも大事!


音よりまずリズムです

音符を一つ一つ指で追う前に、必ず手で膝を叩いてみましょう!


ほとんどの曲は、同じメロディーがどこかに出てきます。
音を出す前に、見つけられるかな?


AメロとBメロの性格の違もしっかりイメージしましょうね!
posted by ikko at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月09日

可愛い写真を・・・

今日のレッスンで、パチリと撮ったものです。

今日一番目の生徒さんは、赤ちゃんをおんぶしてくるヤングママ


20130709_100645.jpg



この赤ちゃんが、いつもレッスンになるとスースー寝てくれてすごいいい子なんですよ!!


今日も来たときは起きていたのに、ママがピアノを弾き始めるといつの間にかぐっすり寝てくれて。


右手にはしっかり可愛いバッグを握っていますカバン
あんまり可愛かったので、アップで撮っちゃいました揺れるハート

20130709_100653 (2).jpg


それにしても、昨日の雷雨にはびっくりしました。雷雷

ちょうど降り始めの時間にあたってしまった大人生徒さんは、あまりの豪雨にびしょ濡れ。
雷鳴もすごくて身動きできず。
結局途中でUターン蠍座

二番目の子は、雷が怖くて出られず、夕方遅くにやっと到着ー(長音記号1)

3番目の生徒さんは行きも帰りもタクシーで車(セダン)



いやはや、自然の前では人間は全く無力ですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by ikko at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年06月30日

素敵な発表会でした!

    今日は   片野先生の第一回発表会

    会場は足立区にあるわたなべ音楽堂  Bellne Saal


ドーム型の木造構造のホールは、音響の良さで舘野泉さんなど、著名な演奏家も度々使用することで知られています。

実は福田も、くるるが取れない場合は大人の生徒さんはここでやったら素敵かも?と思ったりしてました。



音感レッスンからの生徒さんは3年目という子もいますが、ほとんどは初めて間もないリトルピアニスト

ひらひらキラキラのロングドレスはとってもエレガントで、どのこもかわいい!!




工夫を凝らしたプログラムは、片時も聴いている人を飽きさせません。

とても第一回の発表会とは思えない、充実した工夫が隅々まで!


     片野先生は、選曲の天才!位置情報



リレー演奏やおはなし組曲は、段取り良く子供たちを並ばせるだけでも大変だったと思います。


特別演奏はソプラノ独唱や、Debussyの連弾、

DOLCEの発表会にもご出演頂いた常光先生のヴァイオリンや大野先生のクラリネットを交えてのコラボ、等


さすが、プロの演奏は違います。


ドレスも素敵!  一番左が片野先生 お隣が大野先生 前列右が常光先生

みなさんお美しくて、とても華やかぴかぴか(新しい)


20130630230505.jpg
posted by ikko at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年06月23日

足立センターの発表会に行きました

    毎年、梅雨の時期に咲く 庭の百合
  
どうもうまく生けられない・・・・

DSC02382.JPG



今日はDOLCEの発表会で、名司会者としておなじみ

山口さんが担当する、「東音楽器足立センター」の発表会。

自宅でピアノ教室DOLCEを開講する3.4年前まで、私も講師として在籍しておりました。


午前中のレッスンの後大急ぎで駆けつけ、ほぼ最初から聴けてラッキー!


ピアノの先生は3人、

チームワーク抜群で、足台や補助ペダル、連弾用の椅子のセッティングなど無駄なくてきぱき


これも楽器店での発表会の、大きなメリット


恐らく初めての発表会と思われる、小さな子たちもみな堂々とした演奏

ここまで仕上げてきた、先生方の実力がうかがえます。


    演奏の前には、一言ずつの先生からのメッセージ

緊張をほぐしてくれるような、じーんとくる心温まる時間です



選曲も素晴らしく、「どこからこんな曲探してきたのかしら?」と思うような曲も、沢山聴けて勉強になりました。


最後までいられなかったのが残念ですが、高学年の生徒さんたちもレベルの高い演奏だったことは想像できます。




お昼に始まって夕方まで長時間、先生方ほんとにお疲れ様でしたね!


    発表会にそそぐ、先生のエネルギーがどれだけすごいものか、

それを思うと、生徒さんがステージに立つ短い時間が、かけがえのない時間に思えました。
posted by ikko at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年06月15日

PIAZZAお配りしています

DSC02372.JPG

暑くなりましたね。
こんなもんじゃない暑さが当分続くのかと思うと、私も生徒も精神力を鍛えてレッスンに向かわねば!と思います。

人にも花にも犬にも平等に太陽は 「暑い!」



ピアノ教室DOLCEの機関紙、「PIAZZA No.8」を配布しました。

DSC02380.JPG

実際の練習に入るのはもうちょっと先の事になりますが、発表会の選曲についてのアンケートもお配りしています。

発表会にどんな意義を感じて取り組みたいか、というのを把握してから選曲にかかりたいと思います。

年に一度だから、全力でスキルアップして臨みたい人もいれば、普段の生活のリズムを崩さず余裕をもって本番に臨みたい方もいるはず。

普段のレッスンより長く練習する曲ですから、なるべく自分が弾きたくなるようなものをアンテナを広げて選んでいこうと思います。


お財布が許す限りで、楽譜も一杯買い込んできました。

現代曲は私も知らない曲がほとんどなので、一冊ずつザーッと弾いていくだけでオフの日は一日レッスン室にこもりっきりになります。

DSC02375.JPG


今年の発表会は12月23日


まさにクリスマス時期!

発表会のアンケートでは「JAZZも聴いてみたい」という声が必ず挙がります。
お客様へのサービスということで、大人の生徒さんにはJAZZっぽいものも一杯ひいてもらおうかな?
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月04日

完全復帰!・・・・・かな?

昨日は久しぶりに、夜までみっちりレッスンしました。

明るいと頭が痛くなるので、電球を可能な限り暗くして霧 (生徒さんごめんなさい)



午後からは、日曜日にピティナのステップを受けたFさんがレッスンに。
生徒さんが参加したのは初めてなので、聴きに行けなかった私は録音を聴かせていただき、講評を読ませてもらいました。

演奏したのは  Bachのフランス組曲からアルマンド

        Beethovenのテンペストから第3楽章


スタインウェイは、さすがに音の伸びが違います。

かなり緊張したそうですが録音を聴いて、音色の変化もよく出てフレーズの区切りも熟知したとても知的な演奏だと思いました。
特にBACHは素晴らしかったと思います。


講評の中でも一番印象になったのは「音にはすべて行き先がある」というコメントのくだり


そうです!
これこそレッスンの中で、私がすべての生徒さんに言い続けていること

これを考えることがアナリーゼ(楽曲分析)につながり、メロディーを歌うことにつながり、技術面では重みをかけるためのフィンガリングとか、脱力の取得につながるのです!!



それよりなにより、挑戦して的確な講評をもらい他の人たちの演奏を聴けたことが、大きなステップアップになったそうです。



やっぱり、ピアノっていいなー!

上級者のピアノはもちろんですが、幼児の小さな手が一生懸命奏でる音も、ぐっときます。



今日のレッスンで「ミッキーマウスマーチ」を弾いた年中さんのK君

はずんだリズムがとても難しくカスタネットをたたきながら一緒に歌っていた時

       「いたぃ!」


あらら、、、、手を挟んでしまいました。

本当に痛かったみたいで 涙がみるみる溢れてきてふらふら

でも、 K君はえらいんです。
決して声を上げては泣かないでぐっとがまん・・・


  慰めながらも心の中では     「うふっ、かわいい・・揺れるハート




さー、今日のレッスンもあと一人、と思ったその時

     ピ〜ン ポ〜ン

「あら?ちょっと早いわね?」と思ったら、そこには数か月ぶりにフィリピンから帰国した次男が(発表会では何回か、演奏・裏方やりました)

ここだけの話ですが、いつもいきなり「来る」、ではなく すでに「中に立ってる


確かにフィリピンから日本までの距離を考えれば、

    日本の中での移動なんてね-!    は〜い、光史様の神出鬼没にはなれておりまする〜〜

2月にフィリピンで「ffiery(ファイアリー)」という英会話学校を作った新米社長です

開校と同時に満員となり、自分の部屋では寝たことがないというほど忙しそうですが、今回は免許更新と法政大学での講演の為に帰国

20130606215456.jpg



……だけじゃなく、しっかり営業2件、 合間には旧友と当然の飲み会

さすが、青年実業家。
 
わずか3.4日の帰国中によくぞこれだけのてんこ盛りメニュー・・・車(セダン)ビルビールパスワード
 
       飛行機代の 元はがっちり  取り出国!

      
実業家たるもの、掴めるものは何でも掴み、与えるものは爪の先までも与えるな豪快さがないと人はついては来ません。


  「久しぶりにピアノ弾きたいわ〜

 とCHOPINのノクターンとワルツを弾いたところで、夜間の為音出しはNG



         音楽は世界共通るんるん

言葉が通じなくても、しっかり意思の疎通ができるなんて、ス テ キハートたち(複数ハート)
posted by ikko at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月02日

ご迷惑をおかけしました

水曜日からの体調不良で、レッスンを休講してしまい生徒さんには本当に申し訳ないことをしました。

楽しみにしていた、「井出よしえ」さんのリサイタルにも行けず・・・たらーっ(汗)



4日も5日も一日中寝ていると、体力の衰えは怖いものがあります。モバQ

今日からそろそろとレッスンを開始いたしましたので、また頑張ります!


昨日は発表会会場である、蕨市文化ホール「くるる」の12月の抽選日


        這ってでもいかねばならぬ!!どんっ(衝撃)ダッシュ(走り出すさま)

と、主人に付き添われ

あみだくじはくじ運のいい主人にお願いし



    25組という激戦の末・・・・・・exclamation&question



      取れましたexclamation×2

    12月23日(月・祭日)です

詳細はまた、後日



昨日は愛犬「華音」の3歳の誕生日でもありました。

ぴかぴか(新しい)相変わらずの美形ですが、犬をみると吠えまくるので一生彼氏はできません

DSC02353.JPG



今年は赤い「アマリリス」が咲きました

DSC02361.JPG



これからの時期レッスン室の前の庭は、数十本の百合で埋め尽くされます。

DSC02362.JPG


Eテレのクラシック音楽館で大好きなサン・サーンスの3番をやるというので聴きながら書いています。

今はキャメロン・カーぺンターというオルガニストの演奏中

信じがたいスーパーテクニックです!

CHOPINのエチュード、ピアノで弾くのも大変な難曲をなんとオルガンで・・・・
   オルガンで弾くOp.10-4や「革命」・・・

   想像できます????
posted by ikko at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月26日

「田中ピアノ教室発表会」に行きました

田中先生は、初めてくるるのホールの抽選に行ったときにお目にかかった先生です。


「小さなお子さんがいらっしゃるのに、ブログの内容も素晴らしくて工夫を凝らしたレッスンをする先生が川口にいるのよ。」

という私の言葉に    「えー、発表会聴いてみたい!」

    と乗ってくれたO&K先生


今日は朝からのレッスンの上に、体験レッスンが入って約束の時間に5分ほど遅れてしまい・・・


楽しみにしていた「お手玉体操」には間に合いませんでした。

二本柳奈津子先生もセミナーで「お手玉体操は脱力にとても効果的なので、是非続けてください!」と力説されていました。

生徒さんの学齢が小さいときに、演目として取り上げたいなー、と思っていただけにとても残念!



  印象的だったのは、弾き終わった時の小さな生徒さんたちの笑顔

  まさに、「天使の笑顔」ぴかぴか(新しい)
   
きっと今日の発表会を楽しみに楽しみに練習を重ねてきたのでしょうね



ひときわ目立ったのは、ある年長さんの男の子の演奏目

指もしっかりしていて、左右のバランスもよく、なにより自分の音をしっかり耳で聴いている素晴らしい演奏で、場内の人たちの耳を釘づけ


O先生曰く「うん、あの子はアンサンブルの時もちゃんと裏ビート取ってたよ!」




3歳と5歳のお子さんがいらっしゃるのに、

  言い訳なんて山ほどできる環境なのに・・・・


講師演奏で連弾やアンサンブルもなさって、ほんとに素晴らしいと思いました。


   くるるはエレクトーンの持ち込み可なんだ!!


        これは新発見


私もエレクトーンと一緒にコンチェルトやりたいなー!いす
posted by ikko at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年05月20日

ピティナ課題曲公開レッスン

今日は午前中のレッスンの後、日比谷スタインウェイサロン


渡部由紀子先生による、ピティナ課題曲の公開レッスンです。カラオケ

受講生は遠くは長崎からの参加も・・・新幹線


聴講の対象はほぼピアノの先生ということもあり、受講生にはかなり緊張しているお子さんも

  でも大丈夫、こういう場で受講するだけでも将来有望!!


多くの課題曲から、本日取り上げられた作品は

バロックから、チマローザのソナタ・バッハのアングレース

  古典からはクーラウのソナチネ

   ロマンからはギロック:カーニバルの舞踏会

     近現代はカバレフスキー:かなしい物語・スチャストニー:ちょうちょう


邦人作品を取り上げるのもピティナの特徴とあって、林光:ちょっとしたけんか 荒木千佳:軽やかなスキップ、も課題曲となっています。


コンクールでなければ生徒に与える機会が少ないであろう邦人作品はどれも素敵で、受講生の生徒さんも見事!
渡辺先生から、嬉しいお褒めの言葉が


るんるんバロックや古典の場合は、編集者の意図によりいろんな解釈の楽譜が出回っているけれど、近現の作品は作曲者自身による記入なので、楽譜には忠実であることが必要


るんるんテンポの乱れを修正するために、メトロノームを使用して練習すること
但し、呼吸を伴うテンポのゆらぎが必要なところもあるので、両方できるようにしておく


るんるんD.Cの曲はくりかえしの部分はコピーして一連の楽譜として練習すること(一回目と二回目では奏法に違いがあるため)

るんるん音楽は時間の芸術
コンクールで、ミスはだれしもあるけれど止まったり気に入らないからと言って弾き直しはダブー
そうなった場合入賞はまず無理と心すべし  ←  やっぱり厳しい世界です!

難しいぺダルの使い方や、小さい子のための指使いの工夫、フレーズの中で核になる音を意識して弾くこと等々

渡部先生の口から伺うと、楽譜を読み込んでいく作業がどれほど大切か、改めて痛感させられます。


印象的だったのは、ロマン以降の作品はかなりのテンポで弾かせていたことです。

恐らく「ゆっくり、丁寧に」と指導されていただろう生徒さんはちょっと戸惑っていましたが、先生の誘導により、あの短時間で「弾かされる」演奏が「弾きにいく」演奏に変わったのは、まさに由紀子マジック!ひらめき


作品が一番輝いて聞こえるテンポで弾くこと!

私もとても大切なことだと思います。



一杯勉強した後は、ご一緒したO先生、K先生と3人でアルコール付き座談会ビールレストランバー

いつもながら、楽しい仲間です。
何故か3人で飲むときは、いつもお店の最初のお客さん

    気が付くと満席

      何時間しゃべってんの???
posted by ikko at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー

2013年05月12日

母の日、ごちそう様でした!

DSC02347.JPG

GW、いかがお過ごしでしたか?

昨日は久々のまとまった雨でしたが、今日は一変汗ばむ陽気


街はあっちもこっちもカーネンションや母の日のプレゼントグッズで一杯!プレゼント


今日は娘夫婦の招待で、新橋の高層ビル41FのフレンチレストランFish Bank TOKYOで、フルコースを堪能レストラン


お肉とニンニクがダメなことを事前にシェフに伝えておいてくれたおかげで、私だけソースや食材を変更していただきおいしく完食!!

バーアベリティフの後は、大好物のウニのフランでスタート
ウニの下にもウニのペースト。ウニの上にはゼリーがかかっていて一個で食べごたえ充分

こんなきれいなサラダ、とても自分では作れまへん!

うに20130512_123222.jpg   サラダ20130512_125912.jpg



アルデンテのボロネーゼと、オマール海老のロースト
パスタ20130512_131431.jpg    ロブスター20130512_135048.jpg


      娘の義母と義姉の3人でパチリ

お二人ともモデル体型で、とてもハイセンス 3人で20130512_143514.jpg

     いいな〜 羨ましいexclamation


GWからほとんどピアノを弾いていないので、久しぶりに弾いたら鍵盤が重いモバQ

  ヤバイ! 

    明日から、まじめにやらねば・・・・次項有
posted by ikko at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月05日

バーベキュー

子供の日は、いつもとってもいいお天気

   神様から、全国のよい子へのプレゼントですね!プレゼント

DSC02346.JPG


今日のレッスンは午前中大人の生徒さん、一人だけ


近くの蕨公園は犬を連れて入れるので、午後はカノシオを連れて娘夫婦とみんなでバーベキュー

お肉が苦手な私の為に用意してもらった、大きなエビとサケのホイル焼き!!

__.JPG


   みんなで野外で食べるのは、とっても気持ちもいいしおいしいな


他のワンちゃんが通るたびに、カノンとシオンが砂埃を立てて吠えまくるので、なにからなにまで砂だらけ・・・・・。牡牛座

     でも、可愛い家族ですダイヤハート

        また、やろうね!
posted by ikko at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ラ・フォルジュルネ2日目

5月4日、昨日に引き続き今日は午後から最終公演まで半日、国際フォーラムで過ごすことに


昨日よりずっと暖かく、人出も多いようです

やっぱりこのイベントは汗ばむ陽気と、ごった返すほどの人ごみがないといまいち盛り上がりません

こんな素敵な野外ステージもあります

__ 2.JPG



最初の公演は、私が一番楽しみにしていたサン・サーンスの3番
これさえ聴ければ、本望・・・・黒ハート


ュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
サン・サーンス 「交響曲第3番/オルガン付き」


オケは読売交響楽団・指揮は川瀬賢太郎

正直言って・・・・



           もー、最高でしたexclamation×2

学生の頃から、全ての交響曲のなかで一番好きな曲です

サン・サーンスはオルガン奏者なので、BACH的な対位法のメロディーが随所に出てきてそれは素晴らしい曲です!

安藤美姫も、この曲をフィギュアで用いました。


120%の満足度の演奏の後は野原みどりさんのピアノソロ


ラヴェル   「前奏曲」「水の戯れ」
フォーレ   「ノクターン5番・6番」
フランク   「前奏曲、コラールとフーガ」


この公演は120人ほどの小さな部屋でしたが、天井が低いためだと思いますが折角の音の余韻がいまいちしなかったのが残念です。
冷静で、かっちりとした弾きこなしは見習いたいです。


会場を出ると、ラジオのトークライブもやっていました

20130504_172821.jpg



次の公演まで少し時間があったので、展示ホールで福間洸太朗さんのピアノ
「ショパン協会賞」を受賞されたとかぴかぴか(新しい)
とても柔らかく純度の高い美しいピアノでした!!
こんな中庭みたいに広いスペースで、これだけの音に聞こえるということは、ホールのスタインンウェイだったら、どんなに美しいことでしょう・・・・かわいい

20130504_182011.jpg


ラ・フォルジュルネでは、こういったチケットの半券があれば無料で聴ける公演もたくさんあります

「アラベスク」と「雨の庭」の後アルベニスなどスペイン物を二曲聴いた後で、次の公演の為中座


会場はまた5000人の大ホールに戻ります

3つめの公演は、オールラヴェルプロ


ラヴェル  「亡き王女のためのパヴァーヌ」
       「ピアノ協奏曲 ト長調」
       「ラ・ヴァルス」


ピアノは小山実稚恵さん

ダイナミックはピアノ演奏をする方です。
ピアノ協奏曲は昨日も聴きましたが、小山さんのほうがちょっと生真面目な弾き方だと感じました。

2楽章は左手の対旋律もよく歌っていて、3楽章も細かい音の一つ一つまではっきり聞き取れるような丁寧な演奏です。

この曲の3楽章を聴くといつも「ゴジラ」のメインテーマに聞こえてしまいます(笑)
きっとみんなもそう思ったはず!!



「ラ・ヴァルス」で盛り上がって終わったところ、鳴り止まない拍手の後サプライズで、なんとなんと


      指揮者として有名な、佐渡裕さん登場目

    ラヴェルの「ボレロ」を振ってくれました!!

もう、会場の熱気は最高潮

    プログラムの演目よりよかったexclamation


佐渡さんはラルムー管弦楽団を17年間指揮していたそうで、団員の中には感激のあまり頬を濡らす人も・・・・

佐渡さんのお人柄でしょうねハートたち(複数ハート)

20130504_202141.jpg



さて、楽しかったこのイベントもこれで最後

この音楽祭で、この人のピアノを聴かないわけには参りませぬ

そう、音楽祭の顔   ピアニストのベレゾフスキー!


デュカス   「魔法使いの弟子」
ラヴェル   「左手のための協奏曲」
        「ボレロ」

ベレゾフスキーは、「まだまだ弾ける」という余裕のテクニックを感じさせる演奏で、いつも安心して聴けます。

両手でも難しいパッセージを左手だけで、しかもオケにまけないボリュームと王者の風格でなんなく弾ききりました!

最後の「ボレロ」は演奏だけでなくライブドローイング付き

白い紙にリアルタイムに書かれた絵が、時にはアニメーションを交え、紙を切り抜いたり破ったりするのがプロジェクターで映し出されます。

これがなんともシュールすぎて、会場は一気に白けムードに。



前の公演で聴いたボレロの感動がすごかったせいではないのですが、やはり音楽が主役

まるでBGMのように扱われたことが、オケの団員に申し訳ない気がしたのは私だけではなかったと思います。

本来ならば映像には、ボレロのテーマを演奏する各パートの第一奏者の姿が映し出されるはず!


   演奏が終わった後には神聖なステージに、破り捨てられた紙の残骸が散らばって・・・・


という期待外れのハプニングはあったものの、今年も音楽の素晴らしさを体中で感じることができました!!

演奏者にもスタッフにも、一緒に静かに聞いたすべての聴衆にも、感謝の気持ちで一杯!!!


今年は何故か同じ演目が多くて

   ラヴェル「ピアノ協奏曲」 二回
 
       「ボレロ」    二回

   デュカス「魔法使いの弟子」二回


   サラ・サーテ「カルメン幻想曲」二回


   聴き比べができるのも、ラ・フォルジュルネの魅力の一つです

   


余談ですが、娘のお腹の赤ちゃんは、ハイテンションな音楽になると盛んにお腹を蹴っていたそうです。足

       将来有望

来年は「0歳からのコンサート」に参戦かなexclamation&question
posted by ikko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2013年05月03日

今年のラ・フォル・ジュルネ 2013年

今年の連休も、東京国際フォーラムの音楽祭
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」へ

今年のテーマは「パリ、至福の時


大好きなサン・サーンスラヴェルドビュッシーなどのフランス物からビゼー、アルベニス、ファリャ、サラ・サーテなどスペイン物がてんこ盛り

演目を見ているだけでも、ワクワクしてきます揺れるハート


去年は娘と二人でしたが、今年は彼女の結婚により娘夫婦と3人で楽しく鑑賞することに


有楽町で二人を待つ間、多くの人がホールに吸い込まれていきます

キスマーク「お、おしゃれ。みんなとってもセンスよく、自分を光らせるファッションを心得てる!」


   あー、やっぱり自宅に引きこもってピアノばっかりやっててはダメだわ!!

      世の中いろんなことがすごい勢いで、進化している!!新幹線



  今日聴いた演目

ラヴェル    「ピアノ協奏曲ト長調」
サン・サーンス 「ハバネラ」
サラ・サーテ  「カルメン幻想曲」
ヒネメス    「ルイス・アロンソの結婚式」より間奏曲



ラヴェルのPコンはのだめカンタービレで、のだめがカルチャーショックを受けたシーンで登場しますね。


「バシ!」というムチの音で始まり打楽器が大活躍の、とても面白い曲です。
スーパーテクニックのピアニストの演奏は、まるで鍵盤の上を羽根でそっと履くようなタッチー(長音記号2)


技巧的なところも軽々と

  気持ちよさげに弾きこなすのはとても小気味よい!


国際フォーラムのホールAは5000人を収容できる大ホールですが、エスプリのきいた第二楽章を満席の聴衆は息を凝らして聴き入ります。


日本人のクラシック音楽に対する意識の高さも、ここまで来たんだ!
   
    ちょっと誇らしさを感じて嬉しくなりました。



驚いたのは「カルメン幻想曲
ソロのヴァイオリニストは、オケがついてこれないほどのあり得ない速さで超絶技巧を披露します

車だったらオーバーヒートしそうなほど、すごい勢い・・・雷

ヴァイオリンにできる、機能の極限を見たような気がします。


それにしてもカルメンはいつ聞いてもテンションが上がる曲!



ラストのヒメネスは初めて聴きましたが、スペインでも最高の奏者によるカスタネットとオケの競演です。


フラメンコダンサーが激しく踊る姿が目に浮かぶような、エネルギッシュで躍動感のある曲でした。

ソロのカスタネット演奏を聴くなんて、おそらく最初で最後の体験だったかも・・・



ラ・フォル・ジュルネでの食事はお決まりのレストランでの「カニコロッケ」 ごち!レストラン



周辺でも数多くの演奏を聴くことができます。

今日は、生徒さんの大学の先生の演奏を聴きに丸の内オアゾ



原先生は、ヴァイオリニストの御嬢さんの伴奏者として登場

   親子共演はとても楽しそう

   始終ニコニコとアイコンタクトハートたち(複数ハート)


ここでは午後と同じ「カルメン幻想曲」を聴きました


こちらはゆったりとしたテンポですが、それでも大変な超絶技巧で聴衆も間近で聴く演奏に大興奮exclamation


ビルの一角「おお広場」でのコンサート
コンサートホールではないので音の拡散を防ぐためなのでしょうが、折角のスタインウェイの音

マイクを通さないで聴いたら、もっとずっときれいだったに違いありません。



「お茶しようか」ということでお店を探している途中でオペラ「カルメン」の演奏に遭遇

4年前まで生活していた「市川交響楽団」によるオケでした

20130503_190637.jpg


今日は3回も「カルメン」を聴いたことになります耳耳耳


それにしても、有料・無料を問わずこの音楽祭はどこもかしこも撮影禁止の所が多く、シャッターを押すときはいつも、ハラハラドキドキ犯罪者のような心境!映画目