2013年10月22日

講師演奏、お楽しみに!

今年の発表会は、12月23日ということで講師演奏はファンタジックなものを選びました。

以前からアンサンブルでやってみたいと思っていたデュカスの「魔法使いの弟子」ですが、今回はソロアレンジです。


今年は初めての試みとしてプロジェクターを使って、子供たちが曲のイメージを思い思いに表現した絵を演奏中に投影します。


折角なので、私の講師演奏の際にも絵本的に何枚か絵を・・・・

と思ってM・M君のお母様に相談したところ・・・・・

快く引き受けてくださって、今日のレッスンの時です。

   「できました!」と言って見せてくれた絵を見てびっくり目

簡単なイメージだけ伝えて自由に書いて頂いたのですが、ほんとに素敵キスマーク

さすがプロの技ぴかぴか(新しい)

      ブラボーexclamation×2


あんまりお上手なので、ブログをご覧の方にこっそり一枚だけご披露しちゃいます。プレゼント


scene09.jpg

他の絵もすごく楽しくて、細かいところまでとっても丁寧に書いてくださっており、そのまま絵本になりそうな出来栄えです!!

毎回講師演奏はちょっと重荷で、憂鬱に感じることもありましたが、今回の発表会はほんとに楽しみ揺れるハート

子供たちに楽しんでもらえたら嬉しいなるんるん
posted by ikko at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2013年10月19日

結婚式、無事終了

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートにて、3男が挙式しました。

ディズニー大好きな花嫁の希望に沿って決めただけあって、明るくて豪華でどこもかしこも夢一杯の建物です。

土曜日だから混んでないと思いきや、高速から降りるだけで1時間次項有
朝6時半に出たにもかかわらず到着はなんと9時半過ぎ


今日はディズニーも夕方まで入場制限・・・・・ なるほど朝から混んでるはずだexclamation×2



他の子供たちも車組は渋滞に巻き込まれ、いつになったら到着するかとはらはら時計遊園地

いろんなハプニングはあったものの、始まってしまえば主役は新郎新婦

お嫁さんは愛らしくみんなの笑顔にとても幸せな時間でした揺れるハート


DSC02522.JPG



生後一か月の孫はずっとすやすや寝てくれて、とってもいい子!

DSC02536.JPG


でも、新郎の母って想像以上に大変です・・・・。
今まで、ゲストとしてもてなされるほうだったけど、こんなにもいろんなプロセスを経て挙式って行われるんだ!といい経験に


あと何回黒留袖着るのかな?
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月18日

久しぶりのディズニー

明日は、3男の結婚式

ということで、遠方から参列のため上京してくれた兄夫婦をもてなそうと、母を車いすに乗せ、いざディズニーランドへ


DSC02469.JPG



平日なのでたいして混まないだろうと思っていたら、今日はシーの方で夕方から貸切のイベントがあってシーのお客さんもなだれ込んできているとかで、人・人・人

明日の主役の新郎新婦もシーに遊びに行ったそうですが、息子である新郎は体調不良で救護室・・・

二男は、自宅のカギを持たずにフィリピンから帰国・・・

結婚式の前日だというのに、新郎の母は89歳の母を連れまわして遊んでる・・・・

   明日、みんなだいじょうぶかな〜・・・

DSC02480.JPG


ミッキーのフィルハーマジックでは、今度の発表会で私が弾く「魔法使いの弟子」の音楽が流れ、「練習しなきゃ!!」

と、現実にかえってあせる私でした
posted by ikko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月11日

楽譜のプレゼント

先日ギロックの演奏法についてのセミナーをやっていただいた、鈴木敬先生

セミナーの最後に「娘のことを考えながら書きました。」と演奏してくださった「桜の花のさくころ」という曲


桜並木の中を、散歩しながら微笑み合っている幸せいっぱいの親子

そんな光景が目に浮かぶようなとっても素敵な曲だったので、セミナーの後名刺交換した際に

「とっても素敵な曲ですね!コピーを頂けないでしょうか?」

     と、図々しくもお願いしたところ・・・・・


「10月になりますが」とお手紙をくださった上で、なんとわざわざ楽譜を手書きして送って来てくださいました。

演奏会や、セミナー、ピュアメロディーの普及などでとてもお忙しい方なのに、とんでもないお手間を取らせてしまって本当に心苦しいです。


私も昔はすべて楽譜は手書きでしたが、今はfinaleというソフトを使ってパソコンで書いています。

やはり、手書きの楽譜にはなんともいえない温もりがあります。
手紙といっしょで、書いた人の個性や心情をうかがい知ることができます。

鈴木先生の楽譜はとても丁寧で几帳面、それていて優しさと温かさがあふれる、そんな書き方です。


私の為にわざわざ書いてくださったのかと思うと、楽譜の一つ一つの音に先生のお人柄が感じられて、とても幸せな気持ちになりました。



大人の生徒さんにも是非弾かせたいなーと思います。


DSC02463.JPG
posted by ikko at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2013年09月22日

ホームシアター

DSC02447.JPG

先週出産した長女がやっと退院


末っ子夫婦も上京していたので、家族7人・14の瞳に見つめられてちょっと興奮しちゃったかな?


夜は出産祝いの「おやすみホームシアター」を楽しみました。

壁などに投影すると、回り灯籠のように絵がゆっくり変わり、音楽が一緒に流れます。


子守歌から、ディズニーソング、クラシックまで幅広く収録されているのできっと将来「これ弾きたい」と言い出すかな?

目が完全に見えるまではしばらくかかるそうですが、耳だけはお腹にいる時から発達しているので、ピアノを一杯聴かせて反応を見るのが楽しみです!


20130922_225354_resized.jpg
posted by ikko at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年09月17日

鈴木敬先生セミナー

昨日とは一変して台風一過の秋晴れ

リーラムジカのセミナーに行きました


本日の講師は「鈴木敬先生」

20130917_124823.jpg


絵を一定の方法で音楽に置き換えて音にしてしまう、という「ピュアメロディー」を開発されてた方です。

学校の先生としてのキャリアから、現場の実体験に基づいたお話の中の中には思わず「うるっ」とくるものもあり、あっという間の2時間でした。


ギロックの演奏法の指導ということで、実際に演奏しながらの解説はとてもわかりやすかったです。


ギロックはピアノを初めてすぐの幼児でも、人前で弾いて充分演奏効果のある曲です。

でもそれだけではなく「なぜ、ギロックを使う必要があるのか?」ということを改めて説明していただきました。


特に印象的だったのは、

・フランス音楽のエッセンスが詰まっている⇒従来の教本は確かにフランス物は少ないです
・カデンツ感覚が身につく⇒これを意識することで、ダラダラ弾きはなくなりますね!
・習いたての初心者でも弾けるが、こどもだましではない⇒実はこれが先生にとっては発表会の選曲のつよ〜い味方!!


個人的には、曲のタイトルがどれも「聴いてみたい」「弾いてみたい」というものが非常に多いのも大きな魅力です。

発表会の曲を生徒にあげる時も、曲名が個性的なものは実はとってもポイント高いです


中級以上の生徒さんは中身の濃さだけで勝負できますが、上達途中の生徒さんには、曲に対する興味をそそられるものが絶対不可欠です
posted by ikko at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2013年09月15日

無事産まれました!


今日は午後から東京サドベリーコンサートに行く予定だったのに、キャンセルしてしまいました。

素晴らしいコンサートだったでしょうに、残念です。


22:10 長女に男の子が産まれました。
保育器から出られないやせっぽちですが・・・


さくたん20130918222038_resized.jpg

苦渋の決断の末、彼女が選んだのは帝王切開

結果的には、大正解

もう少し判断が遅れていたら・・・・

  母の強さと直感はすごいなー!



私がお預かりしている生徒さん一人一人に、誕生にまつわる一つ一つの秘話があるでしょう。

成長の過程にも一つ一つのドラマがあるでしょう。


「わたしは、かけがえのない宝物をお預かりしているんだ!」

これからも心して、レッスンしていこうと思いました!
posted by ikko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族が増えました

2013年09月08日

みんな合格、おめでとう!

4月から始まった音符早読みシート、教室に張り出した一覧表です。

ちょっとおまけの子もいたけど、全員合格るんるんです


12級からスタートして、みんなよく頑張りました。


DSC02432.JPG


これから、発表会の曲の練習


しっかり取り組もうね!グッド(上向き矢印)


今日はオリンピック招致が決まって、TVはどこを見ても喜びにあふれたニュースばかりでとてもウキウキした気分です。


プレゼンの内容が高く評価されていましたが、「何かを伝える」ということはとても難しいことだ、と改めて思いました。

根底には純粋で強く大きな気持ちがなくてはならないことです。


発表会では、みんな何をどう伝えることができるでしょうか?

練習の時に、ただ音を鳴らすのではなく思った通りの音が鳴っているか、よーく耳を澄ませて聴く癖をつけましょう!
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年08月20日

しゃぼん玉とばそ!

DSC02420.JPG


夏のイベントに使おうと買っておいたものですが、こう暑くてはちょっとそういう気にもね〜


ということで、小学生までの生徒さんに水笛とシャボン玉をプレゼントプレゼント

ミッキー文具はくじ引きなので、なにがあたるかはお楽しみ・・・



今日は午前中からずっと大人のレッスン

Aさんは、子育て中で二胡奏者チェン・ミンさんのマネージャーもやりつつ、ピアノの練習も人一番しっかりこなすスーパーウーマンキスマーク


「先日チェン・ミンの集まりがあって、プロやセミプロのなかでピアノ弾きました!」


Aさんの本番での堂々とした演奏は、こういう場でも物おじせず、果敢に挑戦していく姿勢から来るんだなー!と思います。

鮮やかな早弾きを披露したセミプロには「ガチャガチャ弾くのはやめてやめて、いらいらする!」どんっ(衝撃)

と手厳しい批評をされたチェンミンさんですが、Aさんの演奏には「一つ一つの音を大事にしていて、とてもいい!」とお褒めの言葉があったそうです。


指が動くだけが、ピアノじゃない

うわべの技巧だけで、プロの耳はごまかされない、ということですね!パンチ



12月の発表会が楽しみです揺れるハート
posted by ikko at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年08月15日

こんな所で、「倍返し」ロケ

今日はお盆ということで教室レッスンもお休みだったので、自宅近くの動物病院で華音と詩音をサマーカット

あちゃ〜
      チワワというより、柴犬?

でも、涼しくなって、よかったね!

20130817095551_resized.jpg


なんと、病院のすぐ向かいの剣道道場で「半沢直樹」のロケをやっていました。

画面右下の黄色いプレートに「半沢直樹」って書いてあるでしょ?


20130815_125730_resized.jpg


たぶん剣道のシーンを撮っていたのでしょうが、建物全体を暗幕ですっぽり隠し全く見えず!!




TVの放映を楽しみに待つことにいたしましょう


半沢の人気は脚本の面白さが大きいのでしょうが、カメラアングルがとてもうまい!と感じるのは私だけ?


同じシーンでも撮る角度によって印象はかなり違ってきます。



実は、ピアノも同じ


両手でべたっと弾くとただの和音の連続に聞こえる曲も、ほらほらよーく見てみて!目


メロディーの音が一つ飛びに出てきたり、

     高さを変えて出てきたり、    

         リズムを変えて出てきたり




こういうのを自分で発見するのって、とっても楽しいことですひらめき


私から説明される前に、「先生、見つけてきました!」なんていう生徒さんがいたら

嬉しくてハグしちゃうかも!!  →  拒否しないでねキスマーク
posted by ikko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月11日

今年も祥子先生のサマコンに 2013.8.11

DSC02412.JPG

言いたくないけど・・・・・


     ほんとに暑いです

歩いてレッスンに来る生徒さんが気の毒になります。


今日はムジカノーヴァの連載やセミナーで、今や時の人

益子祥子先生のサマーコンサートに行ってきました。

プログラムをお送り頂き楽しみにしていたのですが、お友達からのお誘いがなければあやうく来週と間違えるところでした!


去年は土曜日の為レッスン時間をずらして頂き2.3時間しか聴けなかったのですが、今年は大丈夫!
午前中のレッスンの後、途中からではありましたが大人の部の最後までじっくり聴かせていただきました。


ここの生徒さんは3年生になると司会者としてデビューします。

コンサートの白眉「お話組曲」の司会もシナリオ棒読みではなく、情感たっぷり

おもしろいことに、司会が上手な子はピアノも上手


先を読まなくては弾けないピアノと、これから言う言葉を頭の中で組み立ててお話しすること、同じなんですね。


パ-カッション奏者を迎えての手作り楽器による全員合奏は、小さな子もトランス状態での熱演。
聴衆も参加して、外の熱気にまけないくらいのパワーが場内を駆け巡ります



祥子先生のコンサートで感じたこと

  演奏は自己表現の場ですが、自分とそれ以外の人との調和と共にあるということ


その気持ちが小さな生徒さんにも伝わっていてスムースにプログラムが進み、実に気持ちのいい時間を過ごすことができました。



終了後ふと隣を見ると、そこには祥子先生が!!

ラッキー!!
合唱指導に当たられた緒方弥生先生にも思いがけずにお会いできたので、一緒にぱちり

抱きつきたくなるくらい、ホントに魅力的な先生なんです(なので、抱きついちゃいました!)


IMG_0354.jpg


さー、私も負けずに明日からまたレッスンがんばるぞー!
posted by ikko at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年08月09日

健康第一!

先週からチワワのカノンの様子がおかしい

水も一滴も飲まないし、大好物にも顔をそむけるし・・・

どうも異物を飲み込んだらしい


毎日レントゲンと血液検査、点滴注射、夕方も点滴注射という通院を一週間続け、きのうやっと内視鏡手術


胃の中から出てきたのは数センチのセルロイドの破片がふたつ


  ・・・・・・  私の定期入れだ!・・・・・・・



家中のくずかごを蓋付のものに変える必要がありそうです


DSC02402.JPG

「魚になりたい」

と思うほどものすごい猛暑ですね


こんな時は、エアコンの効いた部屋でピアノの練習をするのが一番!


希望の生徒さんは、そろそろ発表会の練習を始めています。


普段の曲よりはレベル的に難しいと思うのですが、長くやる曲なので、先に進むことを考えないで、楽譜をじっくり丁寧に読むことから始めましょう。

音をならすことばかりに気を取られると、どんぐりの背比べのような平坦でつまらない演奏になってしまいます。


「ここはどの音が一番大事?」といつも音の位置づけをしながら分析していきましょう!


特に小さい子の場合、曲や音に対するイメージを持つには普段から本を沢山読むことが不可欠です。

お教室に貸し出し用の本が並べてあります。
借りたい生徒さんは、遠慮なく申し出てくださいね!


DSC02409.JPG
posted by ikko at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月28日

岐阜に行ってきました

昨日は、甥の結婚式

前日に兄弟が集まって、夜は船から鵜飼の鑑賞

20130726_191930.jpg


鵜飼を見るのは初めて!!目

真っ暗な木曽川に浮かぶ鵜飼船

   船の穂先のかがり火だけが幻想的にあたりを照らします。牡牛座


折角捕まえた魚なのに、呑み込めないなんて可愛そう・・・・。
でも、これが鵜のお仕事だから・・・・ 仕方ないのか失恋

鵜飼船20130729120654.jpg



さてさて、目的の結婚式

 スペード久しぶりに会った甥はすっかり素敵で頼もしい男性になってしかもイケメン!

 ハート花嫁はというと、可愛くてプロポーション抜群    
 
        ゼクシィのCMにそのまま使えそうだわ!揺れるハート


 衣装合わせのドレスは、どれを着ても全部似合っていたそうな・・・・ 納得

ウェディング20130729120730.jpg


打掛20130729120803.jpg



お色直しのこのドレスは新郎の母のものだそうです。素敵なエピソードですね!

20130727_144039.jpg



友人一同の花婿を応援する気持ちが最初から最後までずっと溢れていて、ミュージカル仕立ての余興も涙あり 笑いあり。

全員真っ赤なふんどし姿で真剣に歌い語る姿に(さすがに写真は割愛しますね)最初は爆笑していたけれど、一人一人からのコメントに会場の誰もが涙する感動的な結婚式でした。


10月は、私の三男の結婚式
ドキドキします・・・
posted by ikko at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に行きました

2013年07月22日

これがホントの怪我の功名?

先週切った親指の爪、順調によくなっていますがまだ包帯ぐるぐる巻きで、伴奏や模範演奏は大変!

「先生は1の指が使えないから、2の指で弾いてるけど、あなたは1で弾くのよ」

といちいち注釈がはいります。


今回の発表会でカプースチンを弾く方はいるのですが、早めに取りかかりたいということで今の曲が仕上がったら練習に入ります。


カプースチンはショパンのエチュード並みの難曲、且つJAZZの要素が非常に強いので、音を出す前にやっておかなくてはならないこと!


    コードの分析 


    そうだ!!   今日は座学にしょう!!ひらめき

  


「ほんとに初歩的なコードしか知らないんです」
とおっしゃっていたのに、レッスンの終わりころにはマイナー、メジャーはもちろん、SUS4もdimも−5もon〇もしっかりマスター決定   

       さすが〜exclamationぴかぴか(新しい)
posted by ikko at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月19日

親指が・・・・

夜の最後の生徒さんが来るまでの間に、夕食の調理をしている時の事です。


私の大好きなトマトで、サラダを作ろうとサイコロに切っているとき


          「痛っ!」


なんと、親指の爪の先を切り落としてしまいました・・・。

何十年も主婦業をやっていて、自分の指を包丁で切るなんてありえない・・・・・


8時からの生徒さんの曲はシューマンの「飛翔」

主題の所は両手で弾かなきゃならないし、第二主題の右手をきれいに弾かせるには、口だけでの説明は大変!


指の先では心臓がドックンドックン言い出し、「あ〜、明日のレッスンどうしよう・・・」
posted by ikko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月16日

取付工事終わりました

DSC02387.JPG



購入してから3年もたたないメーカー品のエアコンが壊れて、先週後半の生徒さん達は暑い最中のレッスンとなってしまいました。


先ほどやっと新しいエアコンの取付が完了

 ご迷惑をおかけしました!




今朝は涼しいというよりちょっと肌寒いくらいの気温でしたが、この気温が続くわけはありません。



    今年の発表会の参加予定者は50名弱

  連日深夜まで、山積みの楽譜をざーっと弾きながら、あれにしようか?これにしようか?・・・・・


会場の確保と選曲で発表会の仕事の半分が終わったくらいのウェイトです。


お蔭で、今回も演奏者にぴったりはまった選曲ができました!


  「この曲どうよ?るんるん

と弾いてみせた後の子供たちや大人の生徒さんの、ちょっとドキドキだけど嬉しそうな顔を見た瞬間グッド(上向き矢印)

  夜なべの作業の疲れは吹っ飛びます!


練習に取りかかるのはもっと後になるかと思いますが、通常のレッスンよりずっとながい間練習する曲です。

一番大切なのは、その曲に対して自分なりのイメージを持つことです。


曲に愛情を持つ事、これも大事!


音よりまずリズムです

音符を一つ一つ指で追う前に、必ず手で膝を叩いてみましょう!


ほとんどの曲は、同じメロディーがどこかに出てきます。
音を出す前に、見つけられるかな?


AメロとBメロの性格の違もしっかりイメージしましょうね!
posted by ikko at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月09日

可愛い写真を・・・

今日のレッスンで、パチリと撮ったものです。

今日一番目の生徒さんは、赤ちゃんをおんぶしてくるヤングママ


20130709_100645.jpg



この赤ちゃんが、いつもレッスンになるとスースー寝てくれてすごいいい子なんですよ!!


今日も来たときは起きていたのに、ママがピアノを弾き始めるといつの間にかぐっすり寝てくれて。


右手にはしっかり可愛いバッグを握っていますカバン
あんまり可愛かったので、アップで撮っちゃいました揺れるハート

20130709_100653 (2).jpg


それにしても、昨日の雷雨にはびっくりしました。雷雷

ちょうど降り始めの時間にあたってしまった大人生徒さんは、あまりの豪雨にびしょ濡れ。
雷鳴もすごくて身動きできず。
結局途中でUターン蠍座

二番目の子は、雷が怖くて出られず、夕方遅くにやっと到着ー(長音記号1)

3番目の生徒さんは行きも帰りもタクシーで車(セダン)



いやはや、自然の前では人間は全く無力ですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by ikko at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年06月30日

素敵な発表会でした!

    今日は   片野先生の第一回発表会

    会場は足立区にあるわたなべ音楽堂  Bellne Saal


ドーム型の木造構造のホールは、音響の良さで舘野泉さんなど、著名な演奏家も度々使用することで知られています。

実は福田も、くるるが取れない場合は大人の生徒さんはここでやったら素敵かも?と思ったりしてました。



音感レッスンからの生徒さんは3年目という子もいますが、ほとんどは初めて間もないリトルピアニスト

ひらひらキラキラのロングドレスはとってもエレガントで、どのこもかわいい!!




工夫を凝らしたプログラムは、片時も聴いている人を飽きさせません。

とても第一回の発表会とは思えない、充実した工夫が隅々まで!


     片野先生は、選曲の天才!位置情報



リレー演奏やおはなし組曲は、段取り良く子供たちを並ばせるだけでも大変だったと思います。


特別演奏はソプラノ独唱や、Debussyの連弾、

DOLCEの発表会にもご出演頂いた常光先生のヴァイオリンや大野先生のクラリネットを交えてのコラボ、等


さすが、プロの演奏は違います。


ドレスも素敵!  一番左が片野先生 お隣が大野先生 前列右が常光先生

みなさんお美しくて、とても華やかぴかぴか(新しい)


20130630230505.jpg
posted by ikko at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年06月23日

足立センターの発表会に行きました

    毎年、梅雨の時期に咲く 庭の百合
  
どうもうまく生けられない・・・・

DSC02382.JPG



今日はDOLCEの発表会で、名司会者としておなじみ

山口さんが担当する、「東音楽器足立センター」の発表会。

自宅でピアノ教室DOLCEを開講する3.4年前まで、私も講師として在籍しておりました。


午前中のレッスンの後大急ぎで駆けつけ、ほぼ最初から聴けてラッキー!


ピアノの先生は3人、

チームワーク抜群で、足台や補助ペダル、連弾用の椅子のセッティングなど無駄なくてきぱき


これも楽器店での発表会の、大きなメリット


恐らく初めての発表会と思われる、小さな子たちもみな堂々とした演奏

ここまで仕上げてきた、先生方の実力がうかがえます。


    演奏の前には、一言ずつの先生からのメッセージ

緊張をほぐしてくれるような、じーんとくる心温まる時間です



選曲も素晴らしく、「どこからこんな曲探してきたのかしら?」と思うような曲も、沢山聴けて勉強になりました。


最後までいられなかったのが残念ですが、高学年の生徒さんたちもレベルの高い演奏だったことは想像できます。




お昼に始まって夕方まで長時間、先生方ほんとにお疲れ様でしたね!


    発表会にそそぐ、先生のエネルギーがどれだけすごいものか、

それを思うと、生徒さんがステージに立つ短い時間が、かけがえのない時間に思えました。
posted by ikko at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年06月15日

PIAZZAお配りしています

DSC02372.JPG

暑くなりましたね。
こんなもんじゃない暑さが当分続くのかと思うと、私も生徒も精神力を鍛えてレッスンに向かわねば!と思います。

人にも花にも犬にも平等に太陽は 「暑い!」



ピアノ教室DOLCEの機関紙、「PIAZZA No.8」を配布しました。

DSC02380.JPG

実際の練習に入るのはもうちょっと先の事になりますが、発表会の選曲についてのアンケートもお配りしています。

発表会にどんな意義を感じて取り組みたいか、というのを把握してから選曲にかかりたいと思います。

年に一度だから、全力でスキルアップして臨みたい人もいれば、普段の生活のリズムを崩さず余裕をもって本番に臨みたい方もいるはず。

普段のレッスンより長く練習する曲ですから、なるべく自分が弾きたくなるようなものをアンテナを広げて選んでいこうと思います。


お財布が許す限りで、楽譜も一杯買い込んできました。

現代曲は私も知らない曲がほとんどなので、一冊ずつザーッと弾いていくだけでオフの日は一日レッスン室にこもりっきりになります。

DSC02375.JPG


今年の発表会は12月23日


まさにクリスマス時期!

発表会のアンケートでは「JAZZも聴いてみたい」という声が必ず挙がります。
お客様へのサービスということで、大人の生徒さんにはJAZZっぽいものも一杯ひいてもらおうかな?
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月04日

完全復帰!・・・・・かな?

昨日は久しぶりに、夜までみっちりレッスンしました。

明るいと頭が痛くなるので、電球を可能な限り暗くして霧 (生徒さんごめんなさい)



午後からは、日曜日にピティナのステップを受けたFさんがレッスンに。
生徒さんが参加したのは初めてなので、聴きに行けなかった私は録音を聴かせていただき、講評を読ませてもらいました。

演奏したのは  Bachのフランス組曲からアルマンド

        Beethovenのテンペストから第3楽章


スタインウェイは、さすがに音の伸びが違います。

かなり緊張したそうですが録音を聴いて、音色の変化もよく出てフレーズの区切りも熟知したとても知的な演奏だと思いました。
特にBACHは素晴らしかったと思います。


講評の中でも一番印象になったのは「音にはすべて行き先がある」というコメントのくだり


そうです!
これこそレッスンの中で、私がすべての生徒さんに言い続けていること

これを考えることがアナリーゼ(楽曲分析)につながり、メロディーを歌うことにつながり、技術面では重みをかけるためのフィンガリングとか、脱力の取得につながるのです!!



それよりなにより、挑戦して的確な講評をもらい他の人たちの演奏を聴けたことが、大きなステップアップになったそうです。



やっぱり、ピアノっていいなー!

上級者のピアノはもちろんですが、幼児の小さな手が一生懸命奏でる音も、ぐっときます。



今日のレッスンで「ミッキーマウスマーチ」を弾いた年中さんのK君

はずんだリズムがとても難しくカスタネットをたたきながら一緒に歌っていた時

       「いたぃ!」


あらら、、、、手を挟んでしまいました。

本当に痛かったみたいで 涙がみるみる溢れてきてふらふら

でも、 K君はえらいんです。
決して声を上げては泣かないでぐっとがまん・・・


  慰めながらも心の中では     「うふっ、かわいい・・揺れるハート




さー、今日のレッスンもあと一人、と思ったその時

     ピ〜ン ポ〜ン

「あら?ちょっと早いわね?」と思ったら、そこには数か月ぶりにフィリピンから帰国した次男が(発表会では何回か、演奏・裏方やりました)

ここだけの話ですが、いつもいきなり「来る」、ではなく すでに「中に立ってる


確かにフィリピンから日本までの距離を考えれば、

    日本の中での移動なんてね-!    は〜い、光史様の神出鬼没にはなれておりまする〜〜

2月にフィリピンで「ffiery(ファイアリー)」という英会話学校を作った新米社長です

開校と同時に満員となり、自分の部屋では寝たことがないというほど忙しそうですが、今回は免許更新と法政大学での講演の為に帰国

20130606215456.jpg



……だけじゃなく、しっかり営業2件、 合間には旧友と当然の飲み会

さすが、青年実業家。
 
わずか3.4日の帰国中によくぞこれだけのてんこ盛りメニュー・・・車(セダン)ビルビールパスワード
 
       飛行機代の 元はがっちり  取り出国!

      
実業家たるもの、掴めるものは何でも掴み、与えるものは爪の先までも与えるな豪快さがないと人はついては来ません。


  「久しぶりにピアノ弾きたいわ〜

 とCHOPINのノクターンとワルツを弾いたところで、夜間の為音出しはNG



         音楽は世界共通るんるん

言葉が通じなくても、しっかり意思の疎通ができるなんて、ス テ キハートたち(複数ハート)
posted by ikko at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月02日

ご迷惑をおかけしました

水曜日からの体調不良で、レッスンを休講してしまい生徒さんには本当に申し訳ないことをしました。

楽しみにしていた、「井出よしえ」さんのリサイタルにも行けず・・・たらーっ(汗)



4日も5日も一日中寝ていると、体力の衰えは怖いものがあります。モバQ

今日からそろそろとレッスンを開始いたしましたので、また頑張ります!


昨日は発表会会場である、蕨市文化ホール「くるる」の12月の抽選日


        這ってでもいかねばならぬ!!どんっ(衝撃)ダッシュ(走り出すさま)

と、主人に付き添われ

あみだくじはくじ運のいい主人にお願いし



    25組という激戦の末・・・・・・exclamation&question



      取れましたexclamation×2

    12月23日(月・祭日)です

詳細はまた、後日



昨日は愛犬「華音」の3歳の誕生日でもありました。

ぴかぴか(新しい)相変わらずの美形ですが、犬をみると吠えまくるので一生彼氏はできません

DSC02353.JPG



今年は赤い「アマリリス」が咲きました

DSC02361.JPG



これからの時期レッスン室の前の庭は、数十本の百合で埋め尽くされます。

DSC02362.JPG


Eテレのクラシック音楽館で大好きなサン・サーンスの3番をやるというので聴きながら書いています。

今はキャメロン・カーぺンターというオルガニストの演奏中

信じがたいスーパーテクニックです!

CHOPINのエチュード、ピアノで弾くのも大変な難曲をなんとオルガンで・・・・
   オルガンで弾くOp.10-4や「革命」・・・

   想像できます????
posted by ikko at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月26日

「田中ピアノ教室発表会」に行きました

田中先生は、初めてくるるのホールの抽選に行ったときにお目にかかった先生です。


「小さなお子さんがいらっしゃるのに、ブログの内容も素晴らしくて工夫を凝らしたレッスンをする先生が川口にいるのよ。」

という私の言葉に    「えー、発表会聴いてみたい!」

    と乗ってくれたO&K先生


今日は朝からのレッスンの上に、体験レッスンが入って約束の時間に5分ほど遅れてしまい・・・


楽しみにしていた「お手玉体操」には間に合いませんでした。

二本柳奈津子先生もセミナーで「お手玉体操は脱力にとても効果的なので、是非続けてください!」と力説されていました。

生徒さんの学齢が小さいときに、演目として取り上げたいなー、と思っていただけにとても残念!



  印象的だったのは、弾き終わった時の小さな生徒さんたちの笑顔

  まさに、「天使の笑顔」ぴかぴか(新しい)
   
きっと今日の発表会を楽しみに楽しみに練習を重ねてきたのでしょうね



ひときわ目立ったのは、ある年長さんの男の子の演奏目

指もしっかりしていて、左右のバランスもよく、なにより自分の音をしっかり耳で聴いている素晴らしい演奏で、場内の人たちの耳を釘づけ


O先生曰く「うん、あの子はアンサンブルの時もちゃんと裏ビート取ってたよ!」




3歳と5歳のお子さんがいらっしゃるのに、

  言い訳なんて山ほどできる環境なのに・・・・


講師演奏で連弾やアンサンブルもなさって、ほんとに素晴らしいと思いました。


   くるるはエレクトーンの持ち込み可なんだ!!


        これは新発見


私もエレクトーンと一緒にコンチェルトやりたいなー!いす
posted by ikko at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な発表会

2013年05月20日

ピティナ課題曲公開レッスン

今日は午前中のレッスンの後、日比谷スタインウェイサロン


渡部由紀子先生による、ピティナ課題曲の公開レッスンです。カラオケ

受講生は遠くは長崎からの参加も・・・新幹線


聴講の対象はほぼピアノの先生ということもあり、受講生にはかなり緊張しているお子さんも

  でも大丈夫、こういう場で受講するだけでも将来有望!!


多くの課題曲から、本日取り上げられた作品は

バロックから、チマローザのソナタ・バッハのアングレース

  古典からはクーラウのソナチネ

   ロマンからはギロック:カーニバルの舞踏会

     近現代はカバレフスキー:かなしい物語・スチャストニー:ちょうちょう


邦人作品を取り上げるのもピティナの特徴とあって、林光:ちょっとしたけんか 荒木千佳:軽やかなスキップ、も課題曲となっています。


コンクールでなければ生徒に与える機会が少ないであろう邦人作品はどれも素敵で、受講生の生徒さんも見事!
渡辺先生から、嬉しいお褒めの言葉が


るんるんバロックや古典の場合は、編集者の意図によりいろんな解釈の楽譜が出回っているけれど、近現の作品は作曲者自身による記入なので、楽譜には忠実であることが必要


るんるんテンポの乱れを修正するために、メトロノームを使用して練習すること
但し、呼吸を伴うテンポのゆらぎが必要なところもあるので、両方できるようにしておく


るんるんD.Cの曲はくりかえしの部分はコピーして一連の楽譜として練習すること(一回目と二回目では奏法に違いがあるため)

るんるん音楽は時間の芸術
コンクールで、ミスはだれしもあるけれど止まったり気に入らないからと言って弾き直しはダブー
そうなった場合入賞はまず無理と心すべし  ←  やっぱり厳しい世界です!

難しいぺダルの使い方や、小さい子のための指使いの工夫、フレーズの中で核になる音を意識して弾くこと等々

渡部先生の口から伺うと、楽譜を読み込んでいく作業がどれほど大切か、改めて痛感させられます。


印象的だったのは、ロマン以降の作品はかなりのテンポで弾かせていたことです。

恐らく「ゆっくり、丁寧に」と指導されていただろう生徒さんはちょっと戸惑っていましたが、先生の誘導により、あの短時間で「弾かされる」演奏が「弾きにいく」演奏に変わったのは、まさに由紀子マジック!ひらめき


作品が一番輝いて聞こえるテンポで弾くこと!

私もとても大切なことだと思います。



一杯勉強した後は、ご一緒したO先生、K先生と3人でアルコール付き座談会ビールレストランバー

いつもながら、楽しい仲間です。
何故か3人で飲むときは、いつもお店の最初のお客さん

    気が付くと満席

      何時間しゃべってんの???
posted by ikko at 01:22| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー

2013年05月12日

母の日、ごちそう様でした!

DSC02347.JPG

GW、いかがお過ごしでしたか?

昨日は久々のまとまった雨でしたが、今日は一変汗ばむ陽気


街はあっちもこっちもカーネンションや母の日のプレゼントグッズで一杯!プレゼント


今日は娘夫婦の招待で、新橋の高層ビル41FのフレンチレストランFish Bank TOKYOで、フルコースを堪能レストラン


お肉とニンニクがダメなことを事前にシェフに伝えておいてくれたおかげで、私だけソースや食材を変更していただきおいしく完食!!

バーアベリティフの後は、大好物のウニのフランでスタート
ウニの下にもウニのペースト。ウニの上にはゼリーがかかっていて一個で食べごたえ充分

こんなきれいなサラダ、とても自分では作れまへん!

うに20130512_123222.jpg   サラダ20130512_125912.jpg



アルデンテのボロネーゼと、オマール海老のロースト
パスタ20130512_131431.jpg    ロブスター20130512_135048.jpg


      娘の義母と義姉の3人でパチリ

お二人ともモデル体型で、とてもハイセンス 3人で20130512_143514.jpg

     いいな〜 羨ましいexclamation


GWからほとんどピアノを弾いていないので、久しぶりに弾いたら鍵盤が重いモバQ

  ヤバイ! 

    明日から、まじめにやらねば・・・・次項有
posted by ikko at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月05日

バーベキュー

子供の日は、いつもとってもいいお天気

   神様から、全国のよい子へのプレゼントですね!プレゼント

DSC02346.JPG


今日のレッスンは午前中大人の生徒さん、一人だけ


近くの蕨公園は犬を連れて入れるので、午後はカノシオを連れて娘夫婦とみんなでバーベキュー

お肉が苦手な私の為に用意してもらった、大きなエビとサケのホイル焼き!!

__.JPG


   みんなで野外で食べるのは、とっても気持ちもいいしおいしいな


他のワンちゃんが通るたびに、カノンとシオンが砂埃を立てて吠えまくるので、なにからなにまで砂だらけ・・・・・。牡牛座

     でも、可愛い家族ですダイヤハート

        また、やろうね!
posted by ikko at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ラ・フォルジュルネ2日目

5月4日、昨日に引き続き今日は午後から最終公演まで半日、国際フォーラムで過ごすことに


昨日よりずっと暖かく、人出も多いようです

やっぱりこのイベントは汗ばむ陽気と、ごった返すほどの人ごみがないといまいち盛り上がりません

こんな素敵な野外ステージもあります

__ 2.JPG



最初の公演は、私が一番楽しみにしていたサン・サーンスの3番
これさえ聴ければ、本望・・・・黒ハート


ュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
サン・サーンス 「交響曲第3番/オルガン付き」


オケは読売交響楽団・指揮は川瀬賢太郎

正直言って・・・・



           もー、最高でしたexclamation×2

学生の頃から、全ての交響曲のなかで一番好きな曲です

サン・サーンスはオルガン奏者なので、BACH的な対位法のメロディーが随所に出てきてそれは素晴らしい曲です!

安藤美姫も、この曲をフィギュアで用いました。


120%の満足度の演奏の後は野原みどりさんのピアノソロ


ラヴェル   「前奏曲」「水の戯れ」
フォーレ   「ノクターン5番・6番」
フランク   「前奏曲、コラールとフーガ」


この公演は120人ほどの小さな部屋でしたが、天井が低いためだと思いますが折角の音の余韻がいまいちしなかったのが残念です。
冷静で、かっちりとした弾きこなしは見習いたいです。


会場を出ると、ラジオのトークライブもやっていました

20130504_172821.jpg



次の公演まで少し時間があったので、展示ホールで福間洸太朗さんのピアノ
「ショパン協会賞」を受賞されたとかぴかぴか(新しい)
とても柔らかく純度の高い美しいピアノでした!!
こんな中庭みたいに広いスペースで、これだけの音に聞こえるということは、ホールのスタインンウェイだったら、どんなに美しいことでしょう・・・・かわいい

20130504_182011.jpg


ラ・フォルジュルネでは、こういったチケットの半券があれば無料で聴ける公演もたくさんあります

「アラベスク」と「雨の庭」の後アルベニスなどスペイン物を二曲聴いた後で、次の公演の為中座


会場はまた5000人の大ホールに戻ります

3つめの公演は、オールラヴェルプロ


ラヴェル  「亡き王女のためのパヴァーヌ」
       「ピアノ協奏曲 ト長調」
       「ラ・ヴァルス」


ピアノは小山実稚恵さん

ダイナミックはピアノ演奏をする方です。
ピアノ協奏曲は昨日も聴きましたが、小山さんのほうがちょっと生真面目な弾き方だと感じました。

2楽章は左手の対旋律もよく歌っていて、3楽章も細かい音の一つ一つまではっきり聞き取れるような丁寧な演奏です。

この曲の3楽章を聴くといつも「ゴジラ」のメインテーマに聞こえてしまいます(笑)
きっとみんなもそう思ったはず!!



「ラ・ヴァルス」で盛り上がって終わったところ、鳴り止まない拍手の後サプライズで、なんとなんと


      指揮者として有名な、佐渡裕さん登場目

    ラヴェルの「ボレロ」を振ってくれました!!

もう、会場の熱気は最高潮

    プログラムの演目よりよかったexclamation


佐渡さんはラルムー管弦楽団を17年間指揮していたそうで、団員の中には感激のあまり頬を濡らす人も・・・・

佐渡さんのお人柄でしょうねハートたち(複数ハート)

20130504_202141.jpg



さて、楽しかったこのイベントもこれで最後

この音楽祭で、この人のピアノを聴かないわけには参りませぬ

そう、音楽祭の顔   ピアニストのベレゾフスキー!


デュカス   「魔法使いの弟子」
ラヴェル   「左手のための協奏曲」
        「ボレロ」

ベレゾフスキーは、「まだまだ弾ける」という余裕のテクニックを感じさせる演奏で、いつも安心して聴けます。

両手でも難しいパッセージを左手だけで、しかもオケにまけないボリュームと王者の風格でなんなく弾ききりました!

最後の「ボレロ」は演奏だけでなくライブドローイング付き

白い紙にリアルタイムに書かれた絵が、時にはアニメーションを交え、紙を切り抜いたり破ったりするのがプロジェクターで映し出されます。

これがなんともシュールすぎて、会場は一気に白けムードに。



前の公演で聴いたボレロの感動がすごかったせいではないのですが、やはり音楽が主役

まるでBGMのように扱われたことが、オケの団員に申し訳ない気がしたのは私だけではなかったと思います。

本来ならば映像には、ボレロのテーマを演奏する各パートの第一奏者の姿が映し出されるはず!


   演奏が終わった後には神聖なステージに、破り捨てられた紙の残骸が散らばって・・・・


という期待外れのハプニングはあったものの、今年も音楽の素晴らしさを体中で感じることができました!!

演奏者にもスタッフにも、一緒に静かに聞いたすべての聴衆にも、感謝の気持ちで一杯!!!


今年は何故か同じ演目が多くて

   ラヴェル「ピアノ協奏曲」 二回
 
       「ボレロ」    二回

   デュカス「魔法使いの弟子」二回


   サラ・サーテ「カルメン幻想曲」二回


   聴き比べができるのも、ラ・フォルジュルネの魅力の一つです

   


余談ですが、娘のお腹の赤ちゃんは、ハイテンションな音楽になると盛んにお腹を蹴っていたそうです。足

       将来有望

来年は「0歳からのコンサート」に参戦かなexclamation&question
posted by ikko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2013年05月03日

今年のラ・フォル・ジュルネ 2013年

今年の連休も、東京国際フォーラムの音楽祭
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」へ

今年のテーマは「パリ、至福の時


大好きなサン・サーンスラヴェルドビュッシーなどのフランス物からビゼー、アルベニス、ファリャ、サラ・サーテなどスペイン物がてんこ盛り

演目を見ているだけでも、ワクワクしてきます揺れるハート


去年は娘と二人でしたが、今年は彼女の結婚により娘夫婦と3人で楽しく鑑賞することに


有楽町で二人を待つ間、多くの人がホールに吸い込まれていきます

キスマーク「お、おしゃれ。みんなとってもセンスよく、自分を光らせるファッションを心得てる!」


   あー、やっぱり自宅に引きこもってピアノばっかりやっててはダメだわ!!

      世の中いろんなことがすごい勢いで、進化している!!新幹線



  今日聴いた演目

ラヴェル    「ピアノ協奏曲ト長調」
サン・サーンス 「ハバネラ」
サラ・サーテ  「カルメン幻想曲」
ヒネメス    「ルイス・アロンソの結婚式」より間奏曲



ラヴェルのPコンはのだめカンタービレで、のだめがカルチャーショックを受けたシーンで登場しますね。


「バシ!」というムチの音で始まり打楽器が大活躍の、とても面白い曲です。
スーパーテクニックのピアニストの演奏は、まるで鍵盤の上を羽根でそっと履くようなタッチー(長音記号2)


技巧的なところも軽々と

  気持ちよさげに弾きこなすのはとても小気味よい!


国際フォーラムのホールAは5000人を収容できる大ホールですが、エスプリのきいた第二楽章を満席の聴衆は息を凝らして聴き入ります。


日本人のクラシック音楽に対する意識の高さも、ここまで来たんだ!
   
    ちょっと誇らしさを感じて嬉しくなりました。



驚いたのは「カルメン幻想曲
ソロのヴァイオリニストは、オケがついてこれないほどのあり得ない速さで超絶技巧を披露します

車だったらオーバーヒートしそうなほど、すごい勢い・・・雷

ヴァイオリンにできる、機能の極限を見たような気がします。


それにしてもカルメンはいつ聞いてもテンションが上がる曲!



ラストのヒメネスは初めて聴きましたが、スペインでも最高の奏者によるカスタネットとオケの競演です。


フラメンコダンサーが激しく踊る姿が目に浮かぶような、エネルギッシュで躍動感のある曲でした。

ソロのカスタネット演奏を聴くなんて、おそらく最初で最後の体験だったかも・・・



ラ・フォル・ジュルネでの食事はお決まりのレストランでの「カニコロッケ」 ごち!レストラン



周辺でも数多くの演奏を聴くことができます。

今日は、生徒さんの大学の先生の演奏を聴きに丸の内オアゾ



原先生は、ヴァイオリニストの御嬢さんの伴奏者として登場

   親子共演はとても楽しそう

   始終ニコニコとアイコンタクトハートたち(複数ハート)


ここでは午後と同じ「カルメン幻想曲」を聴きました


こちらはゆったりとしたテンポですが、それでも大変な超絶技巧で聴衆も間近で聴く演奏に大興奮exclamation


ビルの一角「おお広場」でのコンサート
コンサートホールではないので音の拡散を防ぐためなのでしょうが、折角のスタインウェイの音

マイクを通さないで聴いたら、もっとずっときれいだったに違いありません。



「お茶しようか」ということでお店を探している途中でオペラ「カルメン」の演奏に遭遇

4年前まで生活していた「市川交響楽団」によるオケでした

20130503_190637.jpg


今日は3回も「カルメン」を聴いたことになります耳耳耳


それにしても、有料・無料を問わずこの音楽祭はどこもかしこも撮影禁止の所が多く、シャッターを押すときはいつも、ハラハラドキドキ犯罪者のような心境!映画目

2013年04月20日

チェン・ミン 二胡コンサート

今日は初めての二胡のコンサートを聞きに渋谷に。

チェン・ミンさんのファンクラブ・マネージャーのAさんのご厚意でとてもいいお席をプレゼントしていただきました。


開演前真っ暗になったかと思うと二胡が流れてきて、ステージ中央にチェン・ミンさんが


「わっ、細い!モデルみたい!」


アコースティックな音を想像していたのですが、バックには10数名の二胡、その前にはギタリスト、隣にはチェリスト

左側に男性のハーピスト

パイプオルガンの音?  えっ?このホールにあったっけ?
仕掛けは二胡の音を何度も重ねてオルガンの音色をだしたとか! 驚きです


華やかなオープニングが終わって、前半のクライマックスは「リベルタンゴ

あれっ?このバリバリピアノ弾いてるイケメンって、さっきハープを弾いていた人?

そして、そのちょっと前はバイオリンのソロをやっていた人・・・・。


一人で3役!   ありえないよ〜・・・・・・、しかもそれぞれがすごい腕前

いるんですね、千秋先輩みたいなパーフェクトな人って!



チェン・ミンさんの二胡はとても起伏があり表情豊か

フレーズの最後に思いを込める、そんな演奏だと感じました。


本日登場した楽器は二胡・ギター・チェロ・ハープ・ピアノ・バイオリン(ビオラかと思ったのですが)

すべて弦により音が出ます。

二胡・バイオリン・チェロは弦をこすって音をだし、ハープ・ギター・ピアノは弦をはじく、あるいは叩いて音を出します。

今日のコンサートではこの違いがよく伝わってきてとても面白かった。


二胡やチェロは弦をこするので音の最後まで自由にボリュームや音色、音程を操作できますが、後者の楽器は音を出した後で、そういう変更や訂正はできません。

ギターだけは、はじいた後でビブラートやポルタメントはできるのでその中間と言う感じでしょうか?

前者は音が消える間際に、後者は音が出た瞬間に一番の美を感じながら、今日の演奏を聴きました。


こんな貴重な体験をさせてくださった生徒さん、Aさんに心から感謝!

チェン・ミンさんの、音へのこだわりをいつも見ているからでしょうか、Aさんはピアノ歴が短いのに人を魅了するピアノを演奏します。

今年も発表会でも、きっと一番人気の演奏をしてくれることでしょう!!
posted by ikko at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2013年04月19日

やっぱりベートーヴェン!

「月光ソナタを全楽章やってみたいんです。この本を読んで思いが強くなりました」

こう言ってTちゃんが貸してくれたのは「月光の夏」という本でした。

出撃の前日。  

鳥栖(佐賀県)のとある小学校のグランドピアノで、今生での最後の思い出に!と「月光」を全楽章弾いて戦地に飛び立っていった特攻兵の話です。

福岡生まれの私にはなじみのある地名が沢山出てきて、「睡眠薬代わりに寝る前に少しだけ」、と思ったのに結局ベッドの中で最後まで読み切ってしまいました。

小説ということである程度の脚色はあるものの、史実に基づいて書かれたこの作品は映画化もされました。


DSC02337.JPG


もう一人、私にベートーヴェンへの熱い気持ちを奮い立たせてくれた、大人の生徒Hさん。

「こんな番組、見ましたか?」

NHKスペシャル『魂の旋律〜音を失った作曲家〜』
ご親切にも番組のDVDと、買ったばかりのCDまで貸してくださいました。


佐村河内守(さむらごうち・まもる)という聴力を失った作曲家のドキュメンタリーです。

弾き込まれるように見入ってしまいました。
見終わった後も、しばらく体が動かせなかった・・・・・。



佐村河内さんが完全に聴力を失ったのは14年前

聴力がないため、彼は作曲に楽器は使いません。

頭の中に浮かぶ音を何層にも重ね合わせていく、という作業が終わってから一気に楽譜に記すというMORZARTと同じスタイルです。


聴力を失っただけではなくひどい耳鳴りに、折角浮かんだメロディーがかきけされる。

ボイラー室にいるような轟音が24時間続き、週に何日かは起き上がることもできないほどのダメージを体に受けているとか。

命がけで轟音の中から音を掴みとろうとする姿、被災者のための鎮魂歌のイメージを掴むために、極寒の夜の海に6時間もたち続ける姿には言葉を失います。


そんな中で作られた交響曲第一番「HIROSHIMA」は大きな反響を呼びました。

80分を超す大作ですが、一つ一つの音に自分が生かされている証として音を残していこうとする、彼の「使命感」のようなものを強く感じます。


聴力を失った作曲家、孤高の人生、作風もどことなくベートーヴェンを感じさせるものがあり「生まれ変わりか?」と思ってしまうけど、そうだとしたら神様はあまりに残酷・・・・ 二度もこんな人生はないです。


レッスンに必要なのでショパン、シューベルト、モーツアルト、ラフマニノフ、シューマンなどさらわなくてはならない曲を沢山抱えていますが、やっぱり私にとってベートーヴェンは特別だなー、と痛感しました。

今年の発表会の講師演奏は「月光」にしようかな?


私をこんなにも感動させてくれたTちゃん、Hさん、ありがとうございます!!

佐村河内さんのDVDは、Hさんがダビングしてくださるそうなので貸し出しします。

生徒さんも保護者の方も、是非見てください!
きっと日々の生活が変わるはずです!


DSC02339.JPG
posted by ikko at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月17日

第一号合格者がでました!

14級からスタートする、音符早読みシート

本日ついに一級合格者が!!位置情報
3年生の春明君、よくがんばりましたexclamation


福田からのご褒美は少額ではありますが、みんなが大好きなマクドナルドの500円カードですレストラン

1級合格者全員に差し上げます!

みんなも頑張れ!!

それでは、合格者のステキなドヤ顔を紹介します 


DSC02322.JPG


昨日は一日遅れの誕生祝ということで、長女夫婦が私の大好物のウニをごちそうしてくれました。

三軒茶屋で人気のお店

予約でいっぱいの所を、頼み込んで入れてくれたとか・・・・

見て目
私の顔くらいある大箱いっぱいのウニ うに 海胆

1363491506607.jpg


おさしみも、超厚切りで食べごたえ充分

1363491539393.jpg



何より義理の息子が日本酒が好き!というのが最高にいいっすね〜

でも「お互い手酌でいこう!」の私の一言にちょっとびっくりさせちゃったかな?

お祝いしてくれる気持ちも、料理もお酒も、言うことなしの最高の一日でした!  感謝ハートたち(複数ハート)
posted by ikko at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月15日

年齢の重み

恥ずかしながら、また一つ年を重ねました。リボン

お心配りくださった、生徒さん、保護者の方有り難うございます!プレゼント

DSC02320.JPG



仏壇の線香の灰をきれいにお掃除して、郵便局で復興支援の募金、夜9時までレッスンして外で家族で遅い夕食、深夜になってあわてて母の確定申告ふらふら

この行動も恒例となりつつあります


自分の書類を税理士さんに渡すと安心してしまい、どうも母のはぎりぎりになってしまうカチンコ


今日のレッスンはラフマニノフ・ラベル・バッハ・ドビュッシー・ショパン、名曲が一杯!

休憩なしでしたがとても充実感のある仕事ができて幸せ!


みんな本当にピアノを弾いているときは幸せそう

いい顔してる揺れるハート

一音にこだわる
  一つの和音にこだわる
    一つのフレーズにこだわる
    
ちょっと大変 

  でも、その集まりが一つの曲のかたまりになった時って
  何も考えないで弾いた時と全然違うexclamation×2

それが、弾いた瞬間小さな生徒さんにも伝わって思わず二人でにっこり ハートたち(複数ハート)

  音楽って、 音楽ってほんとに素晴らしい!!



4月から、赤ちゃんをおんぶしてのレッスンを始められる生徒さんが二人いらっしゃいます。

大変な子育ての中、練習を伴うピアノに挑戦しようという、そのパワーと感性に私は心打たれました。

30分という短い時間ですが、そのお母様たちにとってはとても貴重な時間に違いありません。時計


音楽のシャワーを一杯浴びて、更にフレッシュな気持ちでお帰りいただけるよう、最大限のサポートをさせていただきたいと思いますいす
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月12日

お誕生日プレゼント!

今日一人目は、大人の生徒さん

大きなバラの花束を抱えてレッスン室に入ってきました。

「赤いバラは先生のイメージ、白は生徒さんです。」

exclamation&question 嬉しい!
3日はやい誕生日プレゼントプレゼント

おいしいケーキも添えていただいて、感謝・感謝!!

ケーキは早速お腹の中に、お花は玄関に飾らせていただきました!かわいい



昨日は年少さんから、とっても上手な字でかかれたメッセージ付きでハンドタオルを頂きました。


お二人とも、ありがとうございました!揺れるハート

年齢に負けないような、いい歳を取りたいと思います!

DSC02311.JPG



DSC02316.JPG



今日は花粉症がちょっと辛かったので、夜は練習しないでTV鑑賞

たけしの超訳ルーブル


脳科学者茂木さんの解説はとっても斬新で、興味深いものです。


一般に世に知られている作品は、なぜそんなに人気が高いのか?

   著名な人が作ったものだから?  or  芸術性が高いから?

答えは

   脳が喜ぶ作品だから


♪ 「ミロのビーナス」   脳は足りないものを補って想像する

ミロのビーナスがこんなに人気があるのは、欠けた両手を見た人が「実際はどんなポーズだったんだろう?」と想像することによって脳が喜ぶからだそうです。
「サモトラケのニケ」もそうですね。

音楽でも同じようなことがあります。

激しく音が鳴り続けていて、突然休符が入ると「なに?この間は一体何を表現しているの!」と次に来る音を想像し、音のない空白の間にイマジネーションを広げます。


♪ 「レースを編む女」  小さなストレスを与えることは、脳に興味を持たせる

フェルメールの有名な作品ですが、はがきくらいのとても小さな作品です。
よく見るとあちこちにピンボケ状態の時によくみられる小さな白い〇が・・・。

見えるものを見るより、見えないものを見ようとすることが、脳に喜びを与えるそうです。


確かに、楽に聞こえてくる音よりも、聞き取れないほどのピアニシッシモのほうが、全身の神経を耳に集中して聞き取ろうとしますよね?



♪ 「ダイヤのエースのいかさま師」ダイヤ  ストーリーが分かると、脳がより刺激される

みんなでカードをしている絵です。
何気ない光景ですが、実は4人の中の3人はぐるで、育ちのよさそうな青年をだます瞬間を描いています。


私はなんでも音楽に結びつけてしまいます。

確かに結末が分かっていると、音楽を音として聴くだけではなく情景が目に浮かびますし、「この先に来る音はこんな音!と期待感を持って聴きますよね!」フリーダイヤル


「動物の謝肉祭」「魔法使いの弟子」「ピーターと狼」など標題音楽はまさにこれです!



人間の脳って意外と勘違いをしやすく、騙し易いものモバQ

上手にトリックを使って、少ない才能を活かしていけたらいいなー・・・・次項有
posted by ikko at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月11日

みんながんばれ!

DSC02308.JPG


寒暖の差はあるものの、春はそこまで

庭のあちこちからいろんな植物の芽が出てきています。

鉢植えなので豪華ではありませんが、うちの「河津さくら」も開花しました。


1月末から始めた「音符早読みシート

現在のトップは3年生のH君、同じく3年生のI子ちゃんとデッドヒートです。
上級性を抑えてのトップ争いはお見事


早ければ、来週にも1級合格者が出そうです。

大変! ご褒美を決めなければなりません・・・・

何にしようかな・・・・・?

他の子供たちも、レッスン室に入ってくると何も言われなくても自分のレッスンの前まで、黙々と早読みシートの練習をしています。

DSC02303.JPG




同じく「練習シート

こちらもきちんと毎日目標の練習時間を頑張っている子は、現在9枚目!!

発表会の曲の練習に入るまでのこの数か月、一杯進んでおきましょうね!

PIAZZA・教室便りにもかきましたが、顔を洗ったり歯磨きするのと同じように練習は習慣にしてしまうのが、一番楽なのです。

不思議なもので、習慣化されたものはしないとなにか落ち着かない気持ちになります。
脳をだますのも上達の秘訣です!!


DSC02307.JPG


昨日から遊びにきていた娘夫婦と「オズの魔法使い」を見に行きました。

とってもおもしろくて、珍しく寝ませんでした。

ストーリーをよく知らなかったのですが、ディズニーの美しい映像だけではなく

「最後まで希望を捨てないこと。」

「望めば願いはかなうこと」 

「自分の中にある善、を信じることの大切さ」

などお子様にも是非みせてあげるといいなー、と思う内容でした。

もうすぐ春休み、お子様と映画鑑賞も楽しそうですね!
posted by ikko at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月07日

改めて聞くことの大切さ

今日は鴻巣まで免許の更新に行きました。
聞いてはいたものの  遠い!

車で片道1時間半はたっぷりかかります。車(セダン)

鴻巣まで?ということは・・・

  そう、以前父の13回忌に八戸に行く途中高速で速度オーバーで捕まってしまったのです。水瓶座


講習時間は2時間

寝不足で運転の後の講義は、睡魔との闘いです。眠い(睡眠)


「わかってるわい!安全運転しろっていうんでしょ」
「スピード出さなきゃいいんでしょ!」

お門違いの不満を感じながらも、だんだん事故の恐ろしさ。
人にやさしい運転とは、こういうことか!

など、真剣に感じつつ終わる事には、私は真人間ぴかぴか(新しい)

心からいい話を聞いた、と思って帰ってきました。


ピアノの勉強にも同じことが言えます。

分かりきったことでも、信頼できる人から指摘されると感じ方の甘さや、読譜のいい加減さを発見できることがあります。

忙しいスケジュールの合間を見つけてはセミナーに行く価値もここにあります。


いい音、いい話を受け止めるには、まず心を柔らかく広げておくことが大切です。

一日の最後にピアノを弾き終わると、私は何故かとても満たされた気持ちになって家族にもペットにも「いまなら何でもしてあげられる!」という気持ちになります。

(これを知ってか、カノンとシオンはピアノの音がやむと、すごい勢いでレッスン室に走って来る!)ダッシュ(走り出すさま)
posted by ikko at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月02日

音楽の世界は狭い

セミナーでお世話になっている「リーラ・ムジカ」の書籍紹介の一文に、なじみのある同級生の名前を見つけて・・・・・


市立柏高校の吹奏楽指導者の石田修一先生


そういえば以前お電話でお話しした時に「吹奏楽の指導をやっているんだ」とおっしゃっていらした。
こんな大活躍をされているとはしらず、失礼をしてしまいました。


早速著書"心をひとつに響かせる! 市立柏高校吹奏楽部"を購入

新設校一年目に赴任、1年生しかいない部員、満足な楽器や練習室のない状態からのスタートでいきなり県大会準優勝、二年目には優勝

3年目で県大会金賞、4年目には関東大会で金賞

その後10回にわたる全国大会の金賞
その他文部大臣賞など、受賞歴は書ききれないほど・・・・・。かわいい


ご著書はどこを読んでも胸が熱くなるような、素晴らしいものです。
子育て中のお母さまにも、思春期の生徒にも、みんなに読ませたいなー、と思いました。


実は、石田先生は私の父の教え子
熱血教師の父から一番叱られ、一番溺愛された生徒さんでした。

石田先生の本を読んでいると、父が器楽指導していた時の光景がオーバーラップして、音までが鮮明に蘇ってきます。

父が生きていたら、音楽の道を歩んでこんな輝いた人生を送っていることをどんなに喜んだでしょう。


音楽の種をまく仕事をしていてよかった!るんるん

私もそう思うことが多々あります。

微力かもしれないけど、こんな素晴らしい仕事に携わることができる自分を幸せに思います。

レッスンの最後に生徒さんと対面して「ありがとうございました」と一緒にご挨拶をするのですが、これは私自身の気持ちの中に「今日も来てくれてありがとう!一緒にレッスン出来てとても幸せでした。ありがとう!」という気持ちもこめられています。黒ハート


子供がいるから「親」なのです。

指導を仰いでくれようとする人がいるから「師」なのです。



謙虚さと、感謝の気持ち

世界がどんなに変わっても、環境がどんなに変わっても、この二つをしっかり掴んでブレない人生を送りたいですね。
posted by ikko at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月16日

ステップ説明会

今日はリリアの中のフロアで、ピティナステップの説明会

昨日から寒気と関節の痛みでちょっとつらかったけど、渡辺由紀子先生のお話が聞けるということでこれは頑張るしかない!と


渡辺先生はDVDやご著書でしか繋がっていなかったので、とても興味深いお話にパンフはメモで真っ黒



怒ったことがない、という先生

子供のいいところは虫眼鏡を使ってでも探してほめるそうです。

「この子はやればできる!」という強い信念があるからこそできる対応ですね! 


コンクールより気楽に受けれるステップ、生徒さんに勧めてみるか!
posted by ikko at 00:13| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー

2013年02月09日

あっぱれ!

夜のレッスンに来た、大学生のTちゃん。

2.3日前にピアノの実技試験を終えたばかりです。

「どう。 うまくいった?」

ハイドンのソナタ、全楽章

ホールでの演奏は緊張したそうですが、「3楽章は走っちゃったけど、2楽章は思うように弾けました」

先週のレッスンの際に「きっといい点数つくとおもうよ!」

とエールを送りましたが、この言葉に一安心。


実技試験が終わったばかりなのに、DebussyもBachもちゃんと譜読みしてくるなんて、さすがだね!!


帰り際に「あー、そういえば。ピアノ、学年で一番でしたぴかぴか(新しい)

なんて、謙虚なんでしょう!目
こんなことを、帰り際にぽつんと言うなんて。

春休みは、ちょっと自由にピアノを楽しもうね!揺れるハート
posted by ikko at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

夜空を見上げて

今日は久しぶりに、暖かかったですね!
クルマの中でコートを着ると汗ばむくらい


長女の結婚に伴い不要となった車を廃車にするため、レッスンの合間に江戸川の「ビッグエイト」というお店にセフィーロを持ち込みました。

ガ〇〇ーでは、ただなら引き取るといわれた車。

そ、そんなー・・・
今でもちゃんと動いているのに・・・

クルマは物言わぬ家族だと思っています。
だから、廃車するときには心を込めて「いままでホントにありがとね!癒してくれて、助けてくれて、ありがとね」と感謝します。

ビッグエイトにそんな気持ちのお客さんが多いのは、きっと社長さんの人柄のせいかも?
高額で引き取ってくれて、廃車の進行状況まで確認できるなんて、泣かせます!たらーっ(汗)

午前中から都内のレッスン、市川のレッスン、ご近所のお祝い返し、廃車手続き、自宅に戻ってからのレッスンと分刻みでしたが、そんなクタクタの私をチワワのカノンが見つめます

「お散歩いきたい。う〇〇がしたい」

あーあ、しゃーないなー

二匹をいつものトイレスポットに連れていって空を見上げると、それはそれは美しい星空ぴかぴか(新しい)

 ぎょしゃ座のカペラ ふたご座のポルックス おうし座のアルデバラン オリオン座のリゲルベテルギウス こいぬ座のプロキオン もちろん私が大好きな全天一の明るさを誇るおおいぬ座のシリウス!!

きれいな曲線、冬の一等星オールスター勢ぞろい!

星を見ながら、頭の中ではバッハのオルガンが鳴り響きます。
心がどんどんふくらんで大きくなるような不思議な気持ち・・・・

川口に来てこんなに星がきれいに見えたのは久しぶり。
とても幸せな気持ちになりました。

カノンちゃん、お散歩誘ってくれてありがとね!揺れるハート



みなさんも何気なく空を見上げてみては?

実は冬はとても星がきれいに見える季節なのですよ。夜

今の時期は木星がオリオン座の横にとても明るく輝いています。


子育ての頃の私の口癖

   「宇宙の大運行に比べたら小さなことよ!」


そうそう、小さなことにこだわらない!
あしたも、パワー全開で頑張るぞー!!ダッシュ(走り出すさま)
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

読譜力をつけましょう!

ピアノって・・・

ピアノって、難しい?


残念ながら答えはYES!


ピアノの演奏を難しくしている一番の原因は管楽器や歌と違って、ピアノというのは一度にたくさんの音を出すことが可能な楽器だから。


鍵盤の数は88鍵もあるのに、処理能力はたった10本の指


今年のお教室の目標は教室便りにも書いたように「読譜力をつけよう」 です

というわけで、連日深夜までPCと格闘して生徒さんに、配布用音譜の早読みシートを作りました。

インク切れにならないように大量にインクを注文し、我が家のプリンターはフル回転で印刷中

この12枚が一人分
    

DSC02296.JPG

幼児にも読める12級から取り組んで、だんだん難しくなって1級までのグレードを作ったので、年齢に関わらず初級の大人の方にも是非挑戦してもらいたいです。

一枚16問なので一気に読むのは大変ですが、大きい子は30秒くらいで読めることを目標にしましょう!

音の動き方を即座に読み取って一気に読むことは、新しい曲に挑戦するときには特に役立ちます。
初見が効くかどうかは、音をまとめてよめるかどうかが大きな分かれ道です。

見事1級合格者には、福田からご褒美が!!
posted by ikko at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記