2013年04月20日

チェン・ミン 二胡コンサート

今日は初めての二胡のコンサートを聞きに渋谷に。

チェン・ミンさんのファンクラブ・マネージャーのAさんのご厚意でとてもいいお席をプレゼントしていただきました。


開演前真っ暗になったかと思うと二胡が流れてきて、ステージ中央にチェン・ミンさんが


「わっ、細い!モデルみたい!」


アコースティックな音を想像していたのですが、バックには10数名の二胡、その前にはギタリスト、隣にはチェリスト

左側に男性のハーピスト

パイプオルガンの音?  えっ?このホールにあったっけ?
仕掛けは二胡の音を何度も重ねてオルガンの音色をだしたとか! 驚きです


華やかなオープニングが終わって、前半のクライマックスは「リベルタンゴ

あれっ?このバリバリピアノ弾いてるイケメンって、さっきハープを弾いていた人?

そして、そのちょっと前はバイオリンのソロをやっていた人・・・・。


一人で3役!   ありえないよ〜・・・・・・、しかもそれぞれがすごい腕前

いるんですね、千秋先輩みたいなパーフェクトな人って!



チェン・ミンさんの二胡はとても起伏があり表情豊か

フレーズの最後に思いを込める、そんな演奏だと感じました。


本日登場した楽器は二胡・ギター・チェロ・ハープ・ピアノ・バイオリン(ビオラかと思ったのですが)

すべて弦により音が出ます。

二胡・バイオリン・チェロは弦をこすって音をだし、ハープ・ギター・ピアノは弦をはじく、あるいは叩いて音を出します。

今日のコンサートではこの違いがよく伝わってきてとても面白かった。


二胡やチェロは弦をこするので音の最後まで自由にボリュームや音色、音程を操作できますが、後者の楽器は音を出した後で、そういう変更や訂正はできません。

ギターだけは、はじいた後でビブラートやポルタメントはできるのでその中間と言う感じでしょうか?

前者は音が消える間際に、後者は音が出た瞬間に一番の美を感じながら、今日の演奏を聴きました。


こんな貴重な体験をさせてくださった生徒さん、Aさんに心から感謝!

チェン・ミンさんの、音へのこだわりをいつも見ているからでしょうか、Aさんはピアノ歴が短いのに人を魅了するピアノを演奏します。

今年も発表会でも、きっと一番人気の演奏をしてくれることでしょう!!
posted by ikko at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2013年04月19日

やっぱりベートーヴェン!

「月光ソナタを全楽章やってみたいんです。この本を読んで思いが強くなりました」

こう言ってTちゃんが貸してくれたのは「月光の夏」という本でした。

出撃の前日。  

鳥栖(佐賀県)のとある小学校のグランドピアノで、今生での最後の思い出に!と「月光」を全楽章弾いて戦地に飛び立っていった特攻兵の話です。

福岡生まれの私にはなじみのある地名が沢山出てきて、「睡眠薬代わりに寝る前に少しだけ」、と思ったのに結局ベッドの中で最後まで読み切ってしまいました。

小説ということである程度の脚色はあるものの、史実に基づいて書かれたこの作品は映画化もされました。


DSC02337.JPG


もう一人、私にベートーヴェンへの熱い気持ちを奮い立たせてくれた、大人の生徒Hさん。

「こんな番組、見ましたか?」

NHKスペシャル『魂の旋律〜音を失った作曲家〜』
ご親切にも番組のDVDと、買ったばかりのCDまで貸してくださいました。


佐村河内守(さむらごうち・まもる)という聴力を失った作曲家のドキュメンタリーです。

弾き込まれるように見入ってしまいました。
見終わった後も、しばらく体が動かせなかった・・・・・。



佐村河内さんが完全に聴力を失ったのは14年前

聴力がないため、彼は作曲に楽器は使いません。

頭の中に浮かぶ音を何層にも重ね合わせていく、という作業が終わってから一気に楽譜に記すというMORZARTと同じスタイルです。


聴力を失っただけではなくひどい耳鳴りに、折角浮かんだメロディーがかきけされる。

ボイラー室にいるような轟音が24時間続き、週に何日かは起き上がることもできないほどのダメージを体に受けているとか。

命がけで轟音の中から音を掴みとろうとする姿、被災者のための鎮魂歌のイメージを掴むために、極寒の夜の海に6時間もたち続ける姿には言葉を失います。


そんな中で作られた交響曲第一番「HIROSHIMA」は大きな反響を呼びました。

80分を超す大作ですが、一つ一つの音に自分が生かされている証として音を残していこうとする、彼の「使命感」のようなものを強く感じます。


聴力を失った作曲家、孤高の人生、作風もどことなくベートーヴェンを感じさせるものがあり「生まれ変わりか?」と思ってしまうけど、そうだとしたら神様はあまりに残酷・・・・ 二度もこんな人生はないです。


レッスンに必要なのでショパン、シューベルト、モーツアルト、ラフマニノフ、シューマンなどさらわなくてはならない曲を沢山抱えていますが、やっぱり私にとってベートーヴェンは特別だなー、と痛感しました。

今年の発表会の講師演奏は「月光」にしようかな?


私をこんなにも感動させてくれたTちゃん、Hさん、ありがとうございます!!

佐村河内さんのDVDは、Hさんがダビングしてくださるそうなので貸し出しします。

生徒さんも保護者の方も、是非見てください!
きっと日々の生活が変わるはずです!


DSC02339.JPG
posted by ikko at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月17日

第一号合格者がでました!

14級からスタートする、音符早読みシート

本日ついに一級合格者が!!位置情報
3年生の春明君、よくがんばりましたexclamation


福田からのご褒美は少額ではありますが、みんなが大好きなマクドナルドの500円カードですレストラン

1級合格者全員に差し上げます!

みんなも頑張れ!!

それでは、合格者のステキなドヤ顔を紹介します 


DSC02322.JPG


昨日は一日遅れの誕生祝ということで、長女夫婦が私の大好物のウニをごちそうしてくれました。

三軒茶屋で人気のお店

予約でいっぱいの所を、頼み込んで入れてくれたとか・・・・

見て目
私の顔くらいある大箱いっぱいのウニ うに 海胆

1363491506607.jpg


おさしみも、超厚切りで食べごたえ充分

1363491539393.jpg



何より義理の息子が日本酒が好き!というのが最高にいいっすね〜

でも「お互い手酌でいこう!」の私の一言にちょっとびっくりさせちゃったかな?

お祝いしてくれる気持ちも、料理もお酒も、言うことなしの最高の一日でした!  感謝ハートたち(複数ハート)
posted by ikko at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月15日

年齢の重み

恥ずかしながら、また一つ年を重ねました。リボン

お心配りくださった、生徒さん、保護者の方有り難うございます!プレゼント

DSC02320.JPG



仏壇の線香の灰をきれいにお掃除して、郵便局で復興支援の募金、夜9時までレッスンして外で家族で遅い夕食、深夜になってあわてて母の確定申告ふらふら

この行動も恒例となりつつあります


自分の書類を税理士さんに渡すと安心してしまい、どうも母のはぎりぎりになってしまうカチンコ


今日のレッスンはラフマニノフ・ラベル・バッハ・ドビュッシー・ショパン、名曲が一杯!

休憩なしでしたがとても充実感のある仕事ができて幸せ!


みんな本当にピアノを弾いているときは幸せそう

いい顔してる揺れるハート

一音にこだわる
  一つの和音にこだわる
    一つのフレーズにこだわる
    
ちょっと大変 

  でも、その集まりが一つの曲のかたまりになった時って
  何も考えないで弾いた時と全然違うexclamation×2

それが、弾いた瞬間小さな生徒さんにも伝わって思わず二人でにっこり ハートたち(複数ハート)

  音楽って、 音楽ってほんとに素晴らしい!!



4月から、赤ちゃんをおんぶしてのレッスンを始められる生徒さんが二人いらっしゃいます。

大変な子育ての中、練習を伴うピアノに挑戦しようという、そのパワーと感性に私は心打たれました。

30分という短い時間ですが、そのお母様たちにとってはとても貴重な時間に違いありません。時計


音楽のシャワーを一杯浴びて、更にフレッシュな気持ちでお帰りいただけるよう、最大限のサポートをさせていただきたいと思いますいす
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月12日

お誕生日プレゼント!

今日一人目は、大人の生徒さん

大きなバラの花束を抱えてレッスン室に入ってきました。

「赤いバラは先生のイメージ、白は生徒さんです。」

exclamation&question 嬉しい!
3日はやい誕生日プレゼントプレゼント

おいしいケーキも添えていただいて、感謝・感謝!!

ケーキは早速お腹の中に、お花は玄関に飾らせていただきました!かわいい



昨日は年少さんから、とっても上手な字でかかれたメッセージ付きでハンドタオルを頂きました。


お二人とも、ありがとうございました!揺れるハート

年齢に負けないような、いい歳を取りたいと思います!

DSC02311.JPG



DSC02316.JPG



今日は花粉症がちょっと辛かったので、夜は練習しないでTV鑑賞

たけしの超訳ルーブル


脳科学者茂木さんの解説はとっても斬新で、興味深いものです。


一般に世に知られている作品は、なぜそんなに人気が高いのか?

   著名な人が作ったものだから?  or  芸術性が高いから?

答えは

   脳が喜ぶ作品だから


♪ 「ミロのビーナス」   脳は足りないものを補って想像する

ミロのビーナスがこんなに人気があるのは、欠けた両手を見た人が「実際はどんなポーズだったんだろう?」と想像することによって脳が喜ぶからだそうです。
「サモトラケのニケ」もそうですね。

音楽でも同じようなことがあります。

激しく音が鳴り続けていて、突然休符が入ると「なに?この間は一体何を表現しているの!」と次に来る音を想像し、音のない空白の間にイマジネーションを広げます。


♪ 「レースを編む女」  小さなストレスを与えることは、脳に興味を持たせる

フェルメールの有名な作品ですが、はがきくらいのとても小さな作品です。
よく見るとあちこちにピンボケ状態の時によくみられる小さな白い〇が・・・。

見えるものを見るより、見えないものを見ようとすることが、脳に喜びを与えるそうです。


確かに、楽に聞こえてくる音よりも、聞き取れないほどのピアニシッシモのほうが、全身の神経を耳に集中して聞き取ろうとしますよね?



♪ 「ダイヤのエースのいかさま師」ダイヤ  ストーリーが分かると、脳がより刺激される

みんなでカードをしている絵です。
何気ない光景ですが、実は4人の中の3人はぐるで、育ちのよさそうな青年をだます瞬間を描いています。


私はなんでも音楽に結びつけてしまいます。

確かに結末が分かっていると、音楽を音として聴くだけではなく情景が目に浮かびますし、「この先に来る音はこんな音!と期待感を持って聴きますよね!」フリーダイヤル


「動物の謝肉祭」「魔法使いの弟子」「ピーターと狼」など標題音楽はまさにこれです!



人間の脳って意外と勘違いをしやすく、騙し易いものモバQ

上手にトリックを使って、少ない才能を活かしていけたらいいなー・・・・次項有
posted by ikko at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月11日

みんながんばれ!

DSC02308.JPG


寒暖の差はあるものの、春はそこまで

庭のあちこちからいろんな植物の芽が出てきています。

鉢植えなので豪華ではありませんが、うちの「河津さくら」も開花しました。


1月末から始めた「音符早読みシート

現在のトップは3年生のH君、同じく3年生のI子ちゃんとデッドヒートです。
上級性を抑えてのトップ争いはお見事


早ければ、来週にも1級合格者が出そうです。

大変! ご褒美を決めなければなりません・・・・

何にしようかな・・・・・?

他の子供たちも、レッスン室に入ってくると何も言われなくても自分のレッスンの前まで、黙々と早読みシートの練習をしています。

DSC02303.JPG




同じく「練習シート

こちらもきちんと毎日目標の練習時間を頑張っている子は、現在9枚目!!

発表会の曲の練習に入るまでのこの数か月、一杯進んでおきましょうね!

PIAZZA・教室便りにもかきましたが、顔を洗ったり歯磨きするのと同じように練習は習慣にしてしまうのが、一番楽なのです。

不思議なもので、習慣化されたものはしないとなにか落ち着かない気持ちになります。
脳をだますのも上達の秘訣です!!


DSC02307.JPG


昨日から遊びにきていた娘夫婦と「オズの魔法使い」を見に行きました。

とってもおもしろくて、珍しく寝ませんでした。

ストーリーをよく知らなかったのですが、ディズニーの美しい映像だけではなく

「最後まで希望を捨てないこと。」

「望めば願いはかなうこと」 

「自分の中にある善、を信じることの大切さ」

などお子様にも是非みせてあげるといいなー、と思う内容でした。

もうすぐ春休み、お子様と映画鑑賞も楽しそうですね!
posted by ikko at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月07日

改めて聞くことの大切さ

今日は鴻巣まで免許の更新に行きました。
聞いてはいたものの  遠い!

車で片道1時間半はたっぷりかかります。車(セダン)

鴻巣まで?ということは・・・

  そう、以前父の13回忌に八戸に行く途中高速で速度オーバーで捕まってしまったのです。水瓶座


講習時間は2時間

寝不足で運転の後の講義は、睡魔との闘いです。眠い(睡眠)


「わかってるわい!安全運転しろっていうんでしょ」
「スピード出さなきゃいいんでしょ!」

お門違いの不満を感じながらも、だんだん事故の恐ろしさ。
人にやさしい運転とは、こういうことか!

など、真剣に感じつつ終わる事には、私は真人間ぴかぴか(新しい)

心からいい話を聞いた、と思って帰ってきました。


ピアノの勉強にも同じことが言えます。

分かりきったことでも、信頼できる人から指摘されると感じ方の甘さや、読譜のいい加減さを発見できることがあります。

忙しいスケジュールの合間を見つけてはセミナーに行く価値もここにあります。


いい音、いい話を受け止めるには、まず心を柔らかく広げておくことが大切です。

一日の最後にピアノを弾き終わると、私は何故かとても満たされた気持ちになって家族にもペットにも「いまなら何でもしてあげられる!」という気持ちになります。

(これを知ってか、カノンとシオンはピアノの音がやむと、すごい勢いでレッスン室に走って来る!)ダッシュ(走り出すさま)
posted by ikko at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のレッスン

2013年03月02日

音楽の世界は狭い

セミナーでお世話になっている「リーラ・ムジカ」の書籍紹介の一文に、なじみのある同級生の名前を見つけて・・・・・


市立柏高校の吹奏楽指導者の石田修一先生


そういえば以前お電話でお話しした時に「吹奏楽の指導をやっているんだ」とおっしゃっていらした。
こんな大活躍をされているとはしらず、失礼をしてしまいました。


早速著書"心をひとつに響かせる! 市立柏高校吹奏楽部"を購入

新設校一年目に赴任、1年生しかいない部員、満足な楽器や練習室のない状態からのスタートでいきなり県大会準優勝、二年目には優勝

3年目で県大会金賞、4年目には関東大会で金賞

その後10回にわたる全国大会の金賞
その他文部大臣賞など、受賞歴は書ききれないほど・・・・・。かわいい


ご著書はどこを読んでも胸が熱くなるような、素晴らしいものです。
子育て中のお母さまにも、思春期の生徒にも、みんなに読ませたいなー、と思いました。


実は、石田先生は私の父の教え子
熱血教師の父から一番叱られ、一番溺愛された生徒さんでした。

石田先生の本を読んでいると、父が器楽指導していた時の光景がオーバーラップして、音までが鮮明に蘇ってきます。

父が生きていたら、音楽の道を歩んでこんな輝いた人生を送っていることをどんなに喜んだでしょう。


音楽の種をまく仕事をしていてよかった!るんるん

私もそう思うことが多々あります。

微力かもしれないけど、こんな素晴らしい仕事に携わることができる自分を幸せに思います。

レッスンの最後に生徒さんと対面して「ありがとうございました」と一緒にご挨拶をするのですが、これは私自身の気持ちの中に「今日も来てくれてありがとう!一緒にレッスン出来てとても幸せでした。ありがとう!」という気持ちもこめられています。黒ハート


子供がいるから「親」なのです。

指導を仰いでくれようとする人がいるから「師」なのです。



謙虚さと、感謝の気持ち

世界がどんなに変わっても、環境がどんなに変わっても、この二つをしっかり掴んでブレない人生を送りたいですね。
posted by ikko at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月16日

ステップ説明会

今日はリリアの中のフロアで、ピティナステップの説明会

昨日から寒気と関節の痛みでちょっとつらかったけど、渡辺由紀子先生のお話が聞けるということでこれは頑張るしかない!と


渡辺先生はDVDやご著書でしか繋がっていなかったので、とても興味深いお話にパンフはメモで真っ黒



怒ったことがない、という先生

子供のいいところは虫眼鏡を使ってでも探してほめるそうです。

「この子はやればできる!」という強い信念があるからこそできる対応ですね! 


コンクールより気楽に受けれるステップ、生徒さんに勧めてみるか!
posted by ikko at 00:13| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー

2013年02月09日

あっぱれ!

夜のレッスンに来た、大学生のTちゃん。

2.3日前にピアノの実技試験を終えたばかりです。

「どう。 うまくいった?」

ハイドンのソナタ、全楽章

ホールでの演奏は緊張したそうですが、「3楽章は走っちゃったけど、2楽章は思うように弾けました」

先週のレッスンの際に「きっといい点数つくとおもうよ!」

とエールを送りましたが、この言葉に一安心。


実技試験が終わったばかりなのに、DebussyもBachもちゃんと譜読みしてくるなんて、さすがだね!!


帰り際に「あー、そういえば。ピアノ、学年で一番でしたぴかぴか(新しい)

なんて、謙虚なんでしょう!目
こんなことを、帰り際にぽつんと言うなんて。

春休みは、ちょっと自由にピアノを楽しもうね!揺れるハート
posted by ikko at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

夜空を見上げて

今日は久しぶりに、暖かかったですね!
クルマの中でコートを着ると汗ばむくらい


長女の結婚に伴い不要となった車を廃車にするため、レッスンの合間に江戸川の「ビッグエイト」というお店にセフィーロを持ち込みました。

ガ〇〇ーでは、ただなら引き取るといわれた車。

そ、そんなー・・・
今でもちゃんと動いているのに・・・

クルマは物言わぬ家族だと思っています。
だから、廃車するときには心を込めて「いままでホントにありがとね!癒してくれて、助けてくれて、ありがとね」と感謝します。

ビッグエイトにそんな気持ちのお客さんが多いのは、きっと社長さんの人柄のせいかも?
高額で引き取ってくれて、廃車の進行状況まで確認できるなんて、泣かせます!たらーっ(汗)

午前中から都内のレッスン、市川のレッスン、ご近所のお祝い返し、廃車手続き、自宅に戻ってからのレッスンと分刻みでしたが、そんなクタクタの私をチワワのカノンが見つめます

「お散歩いきたい。う〇〇がしたい」

あーあ、しゃーないなー

二匹をいつものトイレスポットに連れていって空を見上げると、それはそれは美しい星空ぴかぴか(新しい)

 ぎょしゃ座のカペラ ふたご座のポルックス おうし座のアルデバラン オリオン座のリゲルベテルギウス こいぬ座のプロキオン もちろん私が大好きな全天一の明るさを誇るおおいぬ座のシリウス!!

きれいな曲線、冬の一等星オールスター勢ぞろい!

星を見ながら、頭の中ではバッハのオルガンが鳴り響きます。
心がどんどんふくらんで大きくなるような不思議な気持ち・・・・

川口に来てこんなに星がきれいに見えたのは久しぶり。
とても幸せな気持ちになりました。

カノンちゃん、お散歩誘ってくれてありがとね!揺れるハート



みなさんも何気なく空を見上げてみては?

実は冬はとても星がきれいに見える季節なのですよ。夜

今の時期は木星がオリオン座の横にとても明るく輝いています。


子育ての頃の私の口癖

   「宇宙の大運行に比べたら小さなことよ!」


そうそう、小さなことにこだわらない!
あしたも、パワー全開で頑張るぞー!!ダッシュ(走り出すさま)
posted by ikko at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

読譜力をつけましょう!

ピアノって・・・

ピアノって、難しい?


残念ながら答えはYES!


ピアノの演奏を難しくしている一番の原因は管楽器や歌と違って、ピアノというのは一度にたくさんの音を出すことが可能な楽器だから。


鍵盤の数は88鍵もあるのに、処理能力はたった10本の指


今年のお教室の目標は教室便りにも書いたように「読譜力をつけよう」 です

というわけで、連日深夜までPCと格闘して生徒さんに、配布用音譜の早読みシートを作りました。

インク切れにならないように大量にインクを注文し、我が家のプリンターはフル回転で印刷中

この12枚が一人分
    

DSC02296.JPG

幼児にも読める12級から取り組んで、だんだん難しくなって1級までのグレードを作ったので、年齢に関わらず初級の大人の方にも是非挑戦してもらいたいです。

一枚16問なので一気に読むのは大変ですが、大きい子は30秒くらいで読めることを目標にしましょう!

音の動き方を即座に読み取って一気に読むことは、新しい曲に挑戦するときには特に役立ちます。
初見が効くかどうかは、音をまとめてよめるかどうかが大きな分かれ道です。

見事1級合格者には、福田からご褒美が!!
posted by ikko at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月14日

大雪!

雪今日の雪にはほんとにてんてこ舞いでした。

4駆のパジェロだった頃は、このくらいの雪だったら大丈夫だったんだけど、ほんとにちょっとの積雪でもノーマルタイヤは全くお手上げ状態ー(長音記号2)


今日はとても大切なお客様がお見えになるということで、午前中からお買い物に行ったり掃除をしたり、娘にブローしてもらったり準備万端でお待ちしていたのだけど・・・。


TVに映し出される運休のテロップ
どんどん増えてくる


電車が止まっているので、別ルートを探します、のメール

タクシー30人待ちだけど、一台も戻ってこない。喫茶店も満席 のメール

なんとか赤羽までたどり着いたので、歩いていきます  のメール

そ、そんなー、蕨まで雪の中歩いてくるなんて絶対無理無理無理どんっ(衝撃)


スタンドにもホームセンターにもすでにチェーンは置いてなく、雪かきしたばかりの玄関先にはもう雪が積もり始める始末

やきもきしているうちに、やっと京浜東北が動いた!の連絡にほっと一安心

何時間もかけていらして頂き、本当に感謝です。


ほんとに自然の力の前には人間はもろいものだ、と思い知らされました。
posted by ikko at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月06日

楽しかったね!音楽カルタ大会

本日芝南公民館にて、「第一回DOLCE音楽かるた大会」無事終了いたしました


参加者は4名の年長さんと、小学1年から6年までの16名

初めてなので、どうなる事かと思ったけれど、お母さまたちのご協力もあってとても盛り上がりのある楽しい集まりとなりました。


サポートのお姉さんに隣についてもらって、まずは年長さんのAグループからスタートです演劇

みんな真剣そのもの!

DSC02247.JPG


ここでちょっと息抜きのゲーム

『王様ジャンケン』手(グー)手(チョキ)手(パー)

王冠を付けたのが王様。 家来に負けると新しい王様誕生
負けた王様は平民に格下げで最後尾につきます。

再び王様が王冠を付けたチームが勝ちです。

まずは王様を決め   DSC02251.JPG

でも、あっという間に王位は代わる・・・

DSC02253.JPG

優勝チームにはリボンでできた勲章型ステッカーをプレゼントリボン


体も暖まったところで、次は小学校低学年のBチーム

  取っていいのは、読み札を最後まで聞いてから

それそれ、みんなわかってるんだよね! 同じカードに目線は集中目
戦いを終えたAグループの子も、次に対戦するCチームの子も、凄い集中力でカードを見つめます

DSC02259.JPG


ここでもうひとつ「タイタコ」ゲーム

タイとタコ、二つのチームに分かれて「タイ」と言われたらタイはタコを追いかける。
もし捕まったらタコさんはタイチームとして動きます。

でも安全地帯まで逃げ込めるとセーフ!

靴下を脱いだ子は大丈夫だったけど、タイツの子はすべるすべる
公民館の日本間は子供たちが猛ダッシュで行ったり来たり、滑ったり悲鳴を上げたり、獅子座牡牛座どんっ(衝撃)

      あー、おもしろかった

こちらの景品は駄菓子を人数分ならべて、部屋の端から「よーいどん」で取りに行きます。
さすが、男の子ははやいね!


さー、最後は真打登場

  高学年Cチーム

ここまでくると、カードはみんなわかっているので反射神経の闘いです

DSC02267.JPG

見事大差で優勝した Aチーム(りょうと君)・Bチーム(わかなちゃん)・Cチーム(なつきちゃん)の表彰式


       よく頑張ったね!

王冠をかぶせてもらい、メダルとご褒美のお菓子(十二支のチョコマシュマロセット)をもらい嬉しそうプレゼント

DSC02276.JPG



最後は参加者全員がお菓子をもらい、ご挨拶をして閉会となりました

何がはいってるかな?

DSC02280.JPG


おつかれさまでした〜

DSC02284.JPG


今年優勝できなくて悔しい思いをした子もいるだろうけど、次はもっと一杯取れるように頑張ろうね!!

2013年01月05日

カルタ大会、楽しみです

明けまして おめでとうございます

本年もブログのご愛顧どうぞよろしくお願いします。



生徒さんの写真入りの力作年賀状を、たくさんいただきました。
ご家庭の様子や、ご両親の愛情がとても感じられ何度も楽しく読み返しています。

今年も初詣は大宮の氷川神社

子供たちカップルと車2台連ねて渋滞覚悟で行ったけれど、意外なほどスイスイ
「ラッキー!」と思ったのはここまでで、

参拝者はすごい数でお賽銭を投げるまで長い時間並ぶはめに

神様にあうにはそれなりの・・・・


リボンうちのカノシオは「人見てワンワン、犬見てワンワン」なので、車でお留守番

おみくじ売り場でカートに着物を着た、とっても可愛いチワワがいました。ハートたち(複数ハート)

人ごみの中に連れて行ける犬って、ほんとに羨ましい・・・

DSC02234.JPG



1月6日は音楽カルタ大会

第一回目なのでどういう風になるのか、実は私もドキドキるんるん


とりあえず参加者全員に配るお菓子の袋詰め、優勝者への記念品とメダル、ゲームで使う王冠(工作が苦手な私にしてはよく頑張った!)を用意し、ほっと一息プレゼント

DSC02238.JPG

DSC02240.JPG
posted by ikko at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カルタ大会

2012年12月30日

一年間ありがとうございました!

今日やっとレッスン納め
最後のレッスンはDebussyの「アラベスク」

年の瀬の雨の中、熱心に通ってきてくださった生徒さんに、心からの「よいお年を」手(パー)

年末ということでお心遣い頂いた沢山の生徒さんや保護者の方々に、この場を借りましてお礼を申し上げます。
ありがとうございました!


発表会や、クリコンだけでなく、毎週のレッスンの送り迎え、家庭での練習、本当に多大なご協力を頂きました。

熱心なお父様・お母さま方、ピアノのレッスンを心から楽しみにしてくださる生徒さん達

私は本当に人に恵まれているなー揺れるハート、と思います。

ピアノの練習を通じて、みんながどんどん自分の影の力を引き出してくれるのが手に取るようにわかる。
こんな仕事ができる事に、心から喜びを感じます。


この一年、ほんとにあっという間でした。
というか、一日がほんとにあっという間の連続で。


どんなに疲れていても家族の前で「疲れたー!」は言わないぞ!exclamation×2
と心に決めて

「疲れた〜」という言葉は自分だけではなく人も疲れさせる困った言葉ですね。右斜め下


今年も一杯弾きました。
生徒さんもどんどん上手になって、弾く曲もどんどん上級になってきて、私も持ち曲もどんどんなくなってきます。


生徒の前で「サラっ」と弾ける先生であり続けるのはとっても大変です。

でもそのお蔭で今年もたくさんレパートリーが増えました。

年末年始は弾き溜めするぞー
・・・・と思ったけど、きっと子供たちやパートナーの食事の世話100%の主婦で終わりそうかわいい



明日は、恒例の鶏がらスープを取りながらの大掃除&おせち作り
除夜の鐘までに、すべて終わるか時間との闘いです。

私の雑煮は自慢じゃないけど、自慢しちゃうほど絶品です
鶏がらスープをベースにしたお雑煮ですが、ブリの塩茹でを乗っけるのがポイント

母からのこの味を娘に、息子のお嫁さんに受け継いでもらいたいなー、と思います。
posted by ikko at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月25日

メリークリスマス

クリスマス寒波雪

今まで、言葉だけの響きだったけど、今年はこの寒さ身に沁みます

でも、やっぱりクリスマスってワクワクします

DSC02071.JPG


今日で、20日間の連続レッスン
ちょっとしんどかったけど、この寒さの中熱心に通ってきてくれる生徒さんたちはほんとに可愛い!

体は冷えてても、心はほっかほかで帰ってもらえるよう、頑張っていいレッスンしますよー!

忙しいからメールはすぐ返す。電話もすぐする。
仕事は溜めない。

なーんて、いつもそうはいかないけど

先日のクリコンDVD出来上がり〜ぴかぴか(新しい)

DSC02221.JPG

DSC02224.JPG

お席が後ろの方はよく見えなかったかと思うので、どうぞじっくりお楽しみください。映画
教室用に貸し出しもしますので、ご希望の方は福田までどうぞ!
posted by ikko at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月23日

サン・ミケーレにてクリスマスコンサート 2012.12.22

12月22日 浜松町のイタリアンレストラン「サン・ミケーレ」にて大人のクリコン、無事終了いたしました。夜

15名の出演者を含む56名という大人数で、レストランの中は熱気ムンムン

オープニングは讃美歌
透き通った歌声に、場内はすっかり異空間


さー、いよいよピアノ演奏のスタートです
まずは「くるみ割り人形」から

序曲・行進曲・金平糖の踊り・トレパック・中国の踊り・葦笛の踊り・最後は福田の花のワルツ

さすが上級者の演奏は聴きごたえ充分です
こんな内装の素敵なレストランでした。 ピアノはもちろんスタインウェイ!

DSC02166.JPG



出演は高校生以上の生徒さん、ということで小学生はご家族で聴きに来てくれました。
曲の途中で音楽クイズを交え、景品をもらってみんな大盛り上がり




数曲の個人演奏があって1部が終わり、お楽しみのお食事レストラン

DSC02203.JPG

みんなおいしそう!
残念ながら、福田はお肉とニンニクの臭いが一切だめなのでお料理には手が付けられず・・・・・。

ワインバーとコーヒー喫茶店と、ケーキ一切れ。 おいしかったなー。うぅーー・・・たらーっ(汗)


二部はハンドベル演奏からスタートです

もろびとこぞりて
ほとんど練習なしだったのにみんな息がぴったりで、時間があればもう一曲やりたかったなー!

DSC02211.JPG



ソロの一曲目はYOSHIKIの「Es durのピアノ線
おそらくこういうクリコンでなければ、めったに聴けない曲です

娘と親子連弾で「眠りの森の美女」から序曲とワルツ・もののけ姫・黒鍵のエチュード・月の光とみんなの熱演が続きます。

デザートを頂きながら、ここからはハンガリー舞曲

福田の好みで選曲した1番・2番・5番・8番
華やかで技巧的な演奏は、みんなの耳を喜ばせます

エンディングは「あら野の果てに」の独唱

DSC02120.JPG



時計ほんとに2時間(実際は40分ほどオーバーしてしまいました)のなかに隙間なくびっしりのメニューで、しゃべって、動いて、弾いて、福田は汗ダクつゆだくカラオケ

司会進行をしながらも、お客様がとても楽しんでいて、皆さんがどんどんピアノの音にひきつけられていくのが感じられました。

DSC02183.JPG



みんなが楽しくなるように場を盛り上げてくださって、弾くほうも、聴くほうも、セッティングするほうもこんなに息がぴったりのコンサートって初めて!

ほんとにほんとに、楽しかった!
そして、おとなのみなさんの演奏がほんとにほんとに、鳥肌立つほど素晴らしかった。
みんなこんなに上手なら、先生いらないね!



最後はみんなで記念撮影
みなさん、ドレスアップして素敵!!
美人が多いのも、DOLCEの特徴かな?

集合2DSC09023.JPG


娘とトナカイ

DSC02213.JPG


息子とトナカイ

DSC02214.JPG


トナカイさん、モテモテですね!ハートたち(複数ハート)次回は、マングースのコスプレでお願いします!

2012年12月16日

クリコンリハーサル

今日は、レッスンの合間ではありましたが、クリコンのリハーサルるんるん


2・3日前のレッスンで「ちょっと不安・・・・」
と思っていた生徒さんも情感たっぷりに安定した名演奏!手(チョキ)


発表会とは違ったレストランでのコンサートってどんな感じ?


きっとみんなワクワク、ドキドキ遊園地揺れるハート


メッセージ性の強い曲が多いので、ミスタッチは気にしないで伝えたいことを堂々と伝えましょう!

きっとお客様は感じてくださるはず




もーいーくつねーるーとープレゼント

   カノシオです、お久しぶり。
サンタのご用命はこちらまで

DSC02062.JPG

2012年12月13日

準備完了

クリコンの準備完了です!

今日現在の参加者は52名!
お忙し中、遠くからいらしてくださるお客様の期待にすこしでも応えられるよう、福田もパワー全開で臨んでおります!


テーブルナンバーのカード。
山のようなイラストの中から、お客様のイメージに併せて作りました。

DSC02065.JPG


当日お配りする、WELCOME DRINK券です

DSC02070.JPG


生徒のNさんが、心を込めて作ってくださったプログラム
高級感があって、会の雰囲気をぐっと高めてくれそうです!

DSC02067.JPG



教室レッスンも、あと1回か2回

発表会の後から始めた「練習ぬりえ」

みんなとってもがんばってくれたので、今回は枚数ではなく全員に、福田から気持ちばかりのご褒美をプレゼント

最後のレッスンの時にくじ引きで選らんでもらいます!!

DSC02051.JPG



そうそう、今日やっとMyPianoがオーバーホールから戻ってきました。病院

中も鍵盤もピッカピカ!ぴかぴか(新しい)
私も全身オーバーホールしたい・・・・・

前よりタッチが軽くなった気がします。
高音のキンキンがなくなっただけでも、かなり満足しています。

音が定まるには少し時間がかかりますが、年末年始たっぷり弾き込んでいきたいと思います。
posted by ikko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月27日

ツィメルマン・リサイタル

   今日はツィメルマンのリサイタルるんるん

埼玉に来てやっと3年、リリアでのコンサートは初めて。
ツィメルマンは3回目だけど、最後に聞いたのはサントリーホールでのシューベルトの即興曲全曲

あまりの音色の美しさにしばらく席を立つことができなかった・・・・。
愛妻家らしく、演奏旅行にはいつも奥様が同行。鍵盤の上で結婚指輪がキラリぴかぴか(新しい)



今日の演目はDebussyの映像と前奏曲第一巻から数曲
後半はシマノフスキーの前奏曲
Chopinのソナタ第3番

リハーサルが延びているとのことで、入れない人でロビーは一杯
リサイタルの曲には10年かけるらしいのに、リハにもこのこだわり様
期待はますます高まります!


「そうだ、咳止め飲んでこなかった!」
一旦ホールを出て駅でフリスクを買って、大急ぎでホールに戻る
「残り五部しかありませーん!」という声にあわててプログラムを買い、駆け込みで自分の席へ


あれっ???   私の席に知らない女性が座っている・・・・

恐る恐る「あのー、」とチケットを見せるとその女性は「あ−、」と言って2列前の席に移動
(あのさー、普通そういう場合って「失礼しました。間違えました」くらい言うんちゃう!!)

開演前にツィメルマンから私たちにメッセージ

「先日私の演奏会を一部の聴衆が最新の機器で録画し、それをYouTubeにアップしました。
それを知ったレコード会社は私との契約をキャンセルしてきました。私と録画した本人とレコード会社の間で訴訟問題に発展し、社会問題となりました。演奏家は最高の時間を聴衆と分かち合いたいと思ってステージに立っています。どうか、私の気持ちをわかってください。」というような意味合いの事でした。


アナログからどんどんデジタルになっていく今の世の中。
いろんな事を考えさせられるおもーいメッセージでした。


さー、いよいよ演奏が始まります。

ツメルマンの円熟さが伝わるような繊細な演奏。
年はとっても素敵な風貌は変わりません(個人的にはピアニストの中で一番のイケメンだと思っている)


息をのみこむのも気がひけるような静寂の中でDebussyの音が重なり合い、そして一つ一つ消えていく。
このホールの中は異次元空間
ピアノの音がまるでオーロラのように空間をゆっくりと動いていきます。

絶妙なぺダリング
フレーズの最後の音が消えていく瞬間まで、責任を持って聞いているのが伝わります。
時折空いている左手で、テルミンを演奏するかのような仕草


みんな微動だにしません。
ただ一人を除いては・・・・・・・。

誰だ目exclamation&question  うっ!先ほど私の席に座っていて前の席に移動したおばさん!
トランス状態で体を前後左右に揺らすわ揺らすわ
ツィメルマンに併せて一緒にピアノを弾くふり(リズムもテンポも音域も全く、あっていない!)
演奏が終わるとオペラグラスでツィメルマンの姿を追う所を見ると、熱狂的ファンなのでしょう。

後ろの席の方が耐えかねて2度ほど肩を「トントン」とたたいて注意しますが、全くお構いなし

お気の毒にその方は、せっかくのいい席を離れてほかの席に移動されました。

休憩時間に「周りのみんな迷惑してるから係りの方に言って来よう!」ということで私も事情を話しに同行。

係員がチケットの提示を求めると、やはり異常行動の女性の席は、別の場所でした。
「手元が見えない席だったから」・・・・・ 気持ちはわかるけど・・・



間際で取ったチケットにしては鍵盤もばっちり見える最高の席なのに、とんだハプニングだったけど後半はほんとにゆっくり演奏に集中できてよかった!!

美しいChopinでした。

10分ほどかかる1楽章
感動しても、拍手しないでよ〜。4楽章まであるんだよ〜・・・・

「あー、やっぱり・・・」

そんな拍手にもツィメルマンはニッコリ

2楽章が終わってさすがに拍手がないと、今度は「あれ?拍手しないの?」と言わんばかりの笑顔をみんなに向けて場内から笑いと拍手が

し〜んとした場内に響き渡る咳に「ん、もー!いいところなのに。咳止め飲んできてよ」とイラっとする私は凡人

ツィメルマンは、ご自分も曲間に咳をして横を向いてまたニッコリ

ステージ上でこの余裕、このやさしさ。ピアノの音にそのまま現れています。



これまで、ソナタ3番の2.3楽章は終楽章を早く聴きたいという気持ちから、あまり感動したことがなかったけど、こんな美しいChopinのソナタを聴いたことがありません。

最強音でさえ、腹八分の音量
なのに、お腹が一杯になるような感動です

一度限りのコンサートに、高いお金を払う価値はここにあります。
YouTubeでは、絶対にこの感動は得られない


というわけで、大人の皆さ〜ん!

12.22のクリコン、頑張りましょうね!
生演奏の素晴らしさを来てくださるお客様にしっかりお伝えしましょう揺れるハート
posted by ikko at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート

2012年11月11日

秋深し・・・

日一日と秋が深まってきます。
庭のコスモスが気持ちよさそうにゆらいで・・・

DSC02026.JPG   


DSC02029.JPG



寒いのは苦手だけど、だんだん近づいてくるクリスマスは楽しみ!!


今日は娘が連弾の練習に(実家は最高!3食・デザート・寝床・無料レッスン・送迎付

合間に二人でクリスマスの飾りつけ

お教室は季節ごとにタペストリーを変えたり、小物を入れ替えるけど、やっぱりクリスマスの飾りつけが一番楽しい!


大人のクリコンの練習にも熱が入ってきました。

第一部に「くるみ割り人形」を数人で演奏します。
スコア片手に、ここはクラ、ここはフルート、とオーケストラの音色をイメージしながらのレッスンはとてもワクワク!


弦楽器や管楽器とピアノが違うのは、一つの音でクレシェンドができないこと。
そういう意味で、ピアノは打楽器に近いかな?

「ここでグワ〜っと盛り上げて!」と気持ちはあるけれどピアノの音は出した時から衰退が始まります。

でも、弾き方次第でグワ〜!と聞こえるんです。
さてさて、みなさん本番うまく弾きこなせるでしょうか!

大丈夫!スタインウェイがきっと名演奏に仕上げてくれます!!
posted by ikko at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月09日

恐山行ってきました

この3連休は、八戸の兄の所で父の17回忌

クラシックが大好きで、というかクラシック以外のものは音楽と認めない父でした。
音楽を愛し、文学を愛し、絵も字も、文章もすばらしく上手な父でした。


兄2人と久しぶりの再会。
二人の義姉も交えて、父の話よりよもやま話に花が。


それでいいんだよね。 法事なんて残されたみんなの意思の疎通の為にあるようなもの。

読経の間「1.2 123. あらら、5拍子じゃん!お経ってJAZZY!」なんて不謹慎なことを考えながら、足のしびれと戦って・・・。



翌日は一度行ってみたかった仏が浦へ。

初めて乗った高速船にすっかり酔ってしまった私。
こんな揺れるの??
旅行の前から体調がよくなかったせいもあって、着いたときは結構フラフラ

仏が浦に上陸して30分ほど散策。
さすが最果ての地。


仏が浦_133042.jpg      

仏が浦_133840.jpg


本州最北端の大間でうまい「まぐろを!」

とお腹を空かせて車を走らせたものの、「まぐろの解体ショーは午前中で終わりました!」

残念!!     逃したまぐろは大きかった!!


旅行最終日は、一度行ってみたかった恐山


後ろが「三途の川」    この世とあの世を結ぶ橋

三途の川20121008_085144.jpg



沢山の風車。水子の供養の方のものでしょうか

恐山20121008_095609.jpg

ちょうど連休期間中だけイタコの口寄があるというので、父の霊を呼び出してもらうことに。
「なまりがひどくて何言ってるかよーわからんぞ!」とは聞いていたものの、それがまた「恐山」って感じ。

こんな小さな小屋にずらーっと並んで順番を待ちます。
見ずらいけど、一番奥に座っているのがイタコ。

イタコ20121008_102948.jpg

霊感があるの?って言われると??という感じですが、全くないというわけではなさそうです。
人のことを見抜く力は十分ありそう。

個人を偲び供養する気持ちを大切にする、その目的の為に行われる行事としての意義は大いにあり!


恐山は硫黄の煙に包まれ荒涼としていて、なるほど「地獄ってこんなかんじか?」
風邪で痛めたのどには、きつい硫黄の出迎えでした。


恐山220121008_100415.jpg
posted by ikko at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行に行きました

2012年10月03日

素晴らしいセミナーでした

今日は六本木で「二本柳奈津子先生」のセミナー

ピティナコンペテションの全国大会に多くの門下生を送り出していることで有名な方。


これだけ多くの入賞者を出していながら、教室内ではそんな情報は一切公表せず

お願い事は、とっても低姿勢でするんですよ〜 。という謙虚さ


今日の為に編集してくださった発表会のDVDに、目が点・・・・・・


えっ 小2でポロネーズ?   小5でラベルのソナチネ全楽章?

中学生以上になると、「ハンガリー狂詩曲」「ダンテを読みて」 ラフマニノフやプロコフィエルのソナタなど、プロのコンサートばりの演目がずらり。
しかも非常に繊細に美しい音で、どの子も曲に入り込んでよく歌ってる


聴講している先生方も、食い入るように画面に集中


ソナタ全楽章とか、一人で20分くらい弾く子もいて、発表会はなんと12時半から20時まで続くとか!



一朝一夕にこの技術と音楽性は身につくはずはないけれど
ここまでの演奏をさせる先生はなんてすごいんでしょう!



忙しくなる前に、読譜力をつける

学齢によって脱力・指の敏捷性・リズム感・聴音と「先につなげる指導内容

秘訣はここか!



これだけの曲を指導するには、ご自身もかなり練習には時間を取られるのでは?と質問すると

「ほとんどやりませんよ。弾くのはポイントだけ。あとは口で」

と謙虚におっしゃってはいらしたけど、多岐にわたる選曲の素晴らしさに先生の幅の広さを感じます。


「誰もこうは弾いていないけど、これ以外の弾き方はない!」というインスピレーションが突然ひらめくそうです。

で、コンクールにだすと上位独占・・・


将来の夢は? ⇒  「ありません。全部叶っちゃったから。 すごく頑張ったんですよ」

左が二本柳先生です

二本柳先生_134005.jpg



10年後の自分をイメージする。
理想の教室をイメージする。
子供たちの為に何ができるか、何をしたいか、自分はどういう教師でありたいのか。

強く望み、大きな努力をすること。 大事ですね!
posted by ikko at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー

2012年09月25日

小さなお客様

今日は、生後一か月のお客様が。

先月第二子を出産されたHさんが、赤ちゃんを見せに来てくれました。

かわいい!」ぴかぴか(新しい)

もちろん、赤ちゃんはみんな可愛いに違いないけど、この子は絶対美人になる!!


Kちゃんも、ちょっぴりお姉ちゃんっぽくなって「Tちゃんは、寝るしかできないからね。泣くしかできないからね」

おすましして、大人びた口調。わーい(嬉しい顔)
いっぱい、いっぱい可愛がってあげてね!ハートたち(複数ハート)

写真を撮らなかったことが、ちょっと残念!!


今年は生徒さんが二人NEWNEW、生徒のママが一人NEW、生徒さんの御嬢さんが一人NEW無事出産

ちょっとした出産ラッシュでした
posted by ikko at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月22日

久しぶりの再会

今日は、とっても珍しいお客様

もう10年くらい前になるでしょうか?
ずっと以前に同じ職場にいたIさん。

HPを見てメールをくださったようで、懐かしい名前にびっくり、。
都内の自宅から我が家まで来てくださり

レッスンの合間の短い時間.

とってもなつかしいお話、音楽の話。

そういえば、最後にあったのはOさん宅でのクリスマスパーティー
みんな仮面をつけて「はい、ポーズ!」誰が誰やら・・・・

ピアノあり、即興の伴奏でオペラの独唱あり、「私は、カモメ」と真顔で言って爆笑を誘った演劇の子もいたっけ?

人間って不思議。

その時の記憶が、どんどんよみがえってくる・・・・・。



お帰りの時間が迫り、私のヴァイオリンで「この弓だと、音が飛ばないね。」と言いながらチャイコフスキーのヴァイオリン協奏をさらりと・・・・。

うわ~!! すごい迫力

放置されたぼろヴァイオリンから、こんな音色がでるなんて!!

因みに、Iさんは英語も堪能で、生徒さんのヴァイオリンレッスンはすべて英語で行っている!

すごっ!

お肉とニンニクが苦手な私の為に買ってきてくれたおいしいお弁当やお惣菜はテーブルからはみだしそう。


一緒にランチたいむ  食べてしゃべって、しゃべって食べて

たっぷり夜の分までありました。
今夜私が作ったのは、ハンバーグだけ。レストラン

アハハ、手抜き御膳



そうそう、いまさらですが、発表会が終わったらやりたいことの一つ!


携帯をスマホに替えること!

今日は娘に泊まりにきてもらい、機種変したものの、

設定終わったよ」と先ほど渡されたスマホを手に持ったものの、何もできず・・・・。



明日電話が鳴ったら、どうしよう・・・。という状態。

そういえばパソコンは使えるけど、昔から携帯は苦手だったなー。
どうしてみんな、こんな面倒な機能を使いこなせてるのかしら???
posted by ikko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月17日

「天地明察」おすすめです!

今日は一日オフ。
敬老の日ということもあって、娘を伴い母と主人と「天地明察」を見に映画館へ。
天文学がメインテーマということで、これはとっても楽しみにしていた映画。

時代劇だけど、斬ったはったはほとんどなし。

江戸時代、高度な観測機器もない時代に北極星の動を調べることから始まり、

日本初の暦を作った安井算哲(のちの渋川春海)という人のお話。

と書いてしまえばほんの一行ですが、長い年月をかけての観測はどれだけ大変だったことか・・・・。



象限儀」という分度器みたいなもので、星の高度を測るシーンに星が大好きな私はドキドキ!

科学などなかった時代に、月食や日食はどれだけ人々を驚かせたことか・・・・


昔は夜になると光害(月の明かりも天体観測には邪魔です)もなく、空気もきれいで空はすきまがないほど星が一杯だったに違いない!!



一等星すら見え辛い埼玉では、夜空を見上げることも少なくなっちゃった。 ちょっと淋しい・・・・。
posted by ikko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月16日

第一回保護者会

今日は発表会の反省を兼ねて、幼児から小学生のお母さまを対象に保護者会を開きました。

場所は『ジョナサン
一週間前の告知にも関わらず、11名の方が出席してくださって感謝・感謝です。

連休の狭間、3時間にわたり熱い意見が飛び交いとても有意義な時間でした。
お忙しいなか、本当にありがとうございますexclamation×2

家族構成が違ったり、生活環境が違う方からの意見は、思いもかけない素敵な発想があります。

皆さんから寄せていただいた貴重なご意見をできるだけいい方向に反映させて第3回は「みんなによる、みんなのための発表会」にしたいです!


都合で出席できない方からは事前にアンケートを提出していただきましたが、みなさんとても詳細に書いてくださり会の主催者としては嬉しい限りです。

福田はレッスンがあったので中座しましたが、何人かのお母さまは残ってお話をされていたそうです。
Yさん曰く「みんないいお母さんたちばかりですねー!」

普段はなかなか一緒になることもないので、そういう意味で同じ年頃の子供を持つ身として楽しくお話ができたかと思います。

午後のレッスンが終わって、3時半にやっと今日初めての食事。
なにげなくつけたTVで、津波で亡くなったかたのドキュメンタリーをやっていました。

震災から1年半。
どれだけの報道番組が放送されても、語りつくせないほどの、内に秘めた悲しみ・心を揺さぶられる感動があります。

こうしてピアノを教えられる事がどんなに幸せなことか・ピアノを習えるのがどんなに恵まれた環境なのか・発表会をやる事は決して当たり前ではないんだ・・・・・。

あの時感じた「謙虚に、自分の幸せを感じる気持ち
忘れてはいけないと思いました。

「できない」ではなく「何とかできないだろうか!」
少なくとも、「自分が大切にしたいもの」にはこの姿勢で取り組みたいです!
posted by ikko at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月05日

DVDお配りします

発表会のDVD、やっと完成しました!

DSC01992.JPG


DVDが出来上がるまでは、それは大変です。

当日の撮影はもちろんですが、編集の労力がかかります。

今回は時間が長かったので、2枚組。
1部で一枚、2部・3部で一枚にうまく収まるよう編集し、それぞれの演奏の頭に名前とタイトルをテロップで流します。

出来上がったDVDは1枚1枚、子供と大人用のレーベル印刷
DVDの表紙には名前と曲目だけのプログラムを印刷します。

DVDの表面と裏面にそれぞれ写真を貼るのですが、この写真選がえらく時間がかかります。
一人一人の一番いい表情、味のあるものをピックアップして焼き増を依頼。

テーブル一杯にDVDを並べ、それぞれに名前の付箋を貼っておきます。
一人一人の写真を間違わないように置いて、表紙と裏表紙に一枚ずつ本人の写真を貼って残りはプレゼントとしてDVDケースに入れます。

これで、やっと生徒さんの手元に届くわけです。

何故ここまで手間をかけてこちらで作成してお渡しするのかというと、これは単なるお遊戯会の記録用ではありません

本番中はどうしても自分の前後は聴けないし、場合によっては家族の都合で中座することもあります。
自分の演奏の記録はもちろんですが、他の方、特に大人の生徒さんの演奏をじっくり鑑賞することで曲を覚え、タッチの勉強ができるからです。

どうぞ、時間があるときに繰り返しご覧になってご自分の音の記録として大切に保管してくださいね!
posted by ikko at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 発表会

発表会報告第二弾

お待たせしました。

発表会は終わったものの、新しい曲の準備や撮って頂いた写真をピックアップであっという間の一日です。
今回も生徒さんのパパと、大人の生徒さんが撮影部隊として活躍してくださいました。

アンサンブルの写真を交えて、ざーっと9.1の発表会の模様を振り返ってみましょう。モータースポーツ



始まりは発表会恒例  最年少の生徒さんによる「始まりのチャイム
年少さんなのに、このしっかりした目つき。目頼もしい!!

DSC_0016.JPG



一部の中盤は12名の幼児と小学生リーダー2名による「コサックダンス

普段のレッスンでは一緒にならない子供たちだけど、二人一組の立ち位置も手足の動きもばっちり!!
上下左右のシンメトリーな振りもとても上手にできました。ぴかぴか(新しい)

DSC_0156.JPG



最後のポーズ決まったね! 満足げな「どや顔」手(チョキ)

DSC_0162.JPG



一部の最後は小学生の合奏「おもちゃの交響曲演劇
全員で集まったのは結局一回だけだったけど、さすが〜exclamation

DSC_0194.JPG

二部と三部は中学生以上と大人の演奏です。
緊張感が伝わってきて、会場のお客様もしーんと聴き入ってしまいます。

そんな緊張をほぐしてくれたのが、小3の生徒5人によるハンドベル演奏「虫の声
みんなで集まっての練習はいつも笑い声が絶えなくて、楽しかったね!

DSC_0225.JPG   

DSC_0230.JPG


3部の最後は講師演奏
テンペスト第一楽章。緊張しましたー!いす

DSC01556.JPG



閉めは大人の有志によるハンドベルと福田のピアノによる「夏の思い出」でクールダウンです。
みんなのスケジュールがなかなか合わなくて、結局全員そろったのは本番の時だけだったけど、さすが本番は決めてくれました!

DSC_0271.JPG


今回は集合写真を小学生までと、それ以上に分けました。
第一部の集合写真です
可愛いプリンセスが一杯!

DSC_0093.JPG



大人の集合写真。 ドレス姿もなかなかみなさん決まってますねー!

DSC_0289.JPG


長時間にわたって司会進行してくださったのは東音楽器足立センターの山口さん!カラオケ
ほんとうにお上手で、頼りがいのある方です。
タイムテーブルに狂いもなく進行できたのは彼女のお蔭です! 
「福田先生のイメージで作ってもらいました!」と、楽器店から素敵なお花も頂きました。
ありがとうございます!! ほんとに、お花はいくらあっても嬉しいです!!

DSC01978.JPG 

DSC01998.JPG


東音楽器からは、大野先生も来てくださいました。
翌日の赤羽飲み会、楽しかった! また飲みましょう!!

DSC_0292.JPG


今回、ホールでのリハーサルからお付き合い頂き、長時間にわたり撮影してくださったのは、Nちゃんのパパ。カメラ本当にありがとうございました!!
お蔭で、皆さんにお配りしたDVDの表紙もかっこよく飾れました!かわいい

DSC01981.JPG

終了後の記念撮影は、みんな最高の笑顔!

DSC_0298.JPG  

DSC_0304.JPG


朝早くから、舞台裏で私をサポートしてくれたのは、うちの長女と二男
長女は「愛の夢」、二男はとてもきれいな音でChopinのノクターンを弾きました。
二人で5人分くらいの働きをしてくれたよね! 
ありがと! こんどうまいメシ作ってあげるわよ!

DSC_0293.JPG


本当に、多くの方のご厚意と協力、発表会に対する期待感、それに支えられて無事終わることができました。
まだ二回目ですから、反省点もたくさんあります。
でも確実に子供たちは実力をつけたでしょう。
大人の方たちも想像しないくらいの緊張感を味わったことで、普段の練習の大切さが実感できたと思います。

クリコンに参加する大人の方は、早速練習開始ですよー!やりますよー〜んexclamation×2
posted by ikko at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 2012年第2回発表会

2012年09月01日

第二回発表会終わりました!

盛況のうちに、発表会無事終了

ホールでのリハーサルは二度やったものの、本番前のリハーサルはとっても大変で朝から汗だく!
今日一日で1Kgは軽く痩せたな?

大人の生徒さんたちとの打ち上げのビールのおいしかった事!
この一杯の為に今日まで頑張った!といっても過言ではありません。

この春千葉に引っ越したHちゃん親子がお花を持って、遠くから聴きに来てくださいました!
ありがとう!!そしてちゃんが今でもピアノを続けている事と、ちょっぴり大人になった姿を見れてとっても嬉しかったです。

今日は山のような荷物の整理に2時間くらいかかって、かなりお疲れモードです。
発表会については明日にでもゆっくり書くことにしましょう。

山のようなお花、ありがとうございました!
家中の花瓶を総動員してどこに行ってもいい香りが漂っています。
発表会にいただくお花ほど嬉しいものはありません。
ありがとうございました!!

DSC01987.JPG
posted by ikko at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年第2回発表会

2012年08月31日

クラシカルなJAZZとJAZZYなクラシック

昨日とても面白いコンサートに行きました。

浜離宮朝日ホールで中野翔太・松永貴志による2台ピアノコンサート
前半はそれぞれのソロ・後半は2台ピアノによる演奏で、トークあり笑ありでとても楽しいものでした。

おもしろかったのは、2台ピアノで演奏しているのに、JAZZの松永さんは8ビート、クラシックピアニストの中野さんは4ビートでリズムをとっている所。

リズムのとり方も、中野さんは腰でしっかり軸をとりながらの揺らぎ、松永さんはオヘソから踊っているみたい!
それでもぴったり息が合っているのは、どちらも自分の音楽を楽しんでいるからかな?

久しぶりに巷に出てその暑さにちょっとひるんだけど、12月にやる大人のクリコンの会場浜松町の「ン・ミケーレ」でランチ。
何度来てもこのお店は素敵です!
スタインウェイ、早く弾いてみたいです!


さー、明日はいよいよ発表会です!
福田の講師演奏のドレスもお楽しみに!!(間違っても石なんて、投げないよーにね!)

「練習は大変だったけど、楽しかった!」とみんなが笑顔で言えますように・・・・・・。

連日準備の為に睡眠不足で、今日はちょっとフラフラです。

寝つきをよくするためにめったに飲まない缶ビールをグビっと飲み干しブログを書いています。
なーんて、単なる前祝ですよ!!
posted by ikko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート

2012年08月28日

素敵なプレゼント!

生徒さんから、ちょっと嬉しいプレゼントを頂きました。プレゼント

一つはOさんから「発表会の時に着けてください!」と細かいビーズを一個一個丁寧に作ってくださったネックレス
暑い最中、どれだけ手間がかかったことでしょう。
キラキラして、とてもきれい!
ぴかぴか(新しい)ありがとうございます!


DSC01527.JPG



中国旅行から帰って生きたAちゃんからは、


DSC01531.JPG

見ているだけで楽しくなる可愛い飾りです。

発表会の成功を祈願して、ピアノの横の壁に飾りました。
posted by ikko at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月26日

子供の部のリハーサルでした

今日は、先週に続きホールでのリハーサル
人数が多いので、今日は幼児から小学生までです

初めてステージを踏む子や、ソロに挑戦する幼児も多く、ステージの袖では不安そうな顔の子も・・・。

初めて感じる緊張感、ホール一杯に響くピアノの音の美しさ、思ってもないところで弾けなくなる経験。
どれもみーんな、貴重な体験です。

レッスン室では気が付かなかった事、起きなかった事、そんなハプニングもホールで弾いてみなければ分からなかった事です。

緻密な練習を積み上げてきた子は、緊張しながらもさすが堂々と聴かせるな!というのが実感です。
うまく弾けなかった子も、本番の雰囲気を味わったことが次への大きな進歩につながります。

お金も手間もかかるけど、やっぱりホールでのリハーサルって貴重です!

今日のリハーサルで、みんなの注目を集めたのは年少さんのYちゃん。
去年もユニークな一言でみんなの笑いを誘い、場の緊張をほぐしてくれましたが。

本番では何をするかな?と密かにハプニングを期待したり、ドキドキしたり・・・・。

彼女はきっと、将来は田中眞紀子さんのような大物政治家になるような気がします。


私事ですが、今日は朝起きてからずっと体中の湿疹に悩まされてます。
首も顔も、腕もブツブツできて、痒いのなんのって。

なんだろう?
悪いものなんて食べなないし・・・・。
かぶれるようなこともしてないし・・・。


はやく治って欲しいです。
posted by ikko at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2012年08月19日

コメント集印刷中

発表会まで、2週間と迫りました。

今日はホールで、大人の生徒さんのリハーサル


大人と子供のハンドベルも、思ったより音がよく響いていました。

リハーサルなので、場内はライトアップしたままで、人の気配がよくわかり、結構緊張します。

オリンピックには「魔物」がいるっていうけれど・・・・
ステージにも、しっかり「魔物」がいます。


今日はリハーサルの手順で頭が一杯でボロボロ。
悔しい思いをしないよう、本番は絶対ガンバルぞー!


生徒さんから集めたコメント集も出来上がりました。
当日皆さんにお配りします。

3枚一綴りなので、結構な枚数になります。
今夜はプリンターに頑張ってもらわねば!

書いてもらったことで、曲に対する愛情が強くなったのではないかと思います。
人に聞いてもらうには、自分がその曲を大好きになるのが一番です。


DSC01507.JPG
posted by ikko at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2012年08月08日

レンタルピアノ

うちのピアノの高音がキンキンしてずっと気になっていました。
ハンマーをファイリング(弦にあたる部分を少しだけ削って溝をなくす作業です)してもほとんど効果がなく、部屋のせいなのか、どこかに共鳴しいるのか?と模索しましたが、調律師の方と相談してオーバーホールすることになりました。射手座

購入して16年目なのでピアノとしては決して古いほうではないのですが、「やっても惜しくないほど使い込んでますね」、という言葉に即決しました。

発表会も近いので一日たりともピアノ不在はあり得ません。

今日レンタルのC3が届き、早速試弾。

これこれ、これがC3の深く、華やかな響きだよね〜!!
まだ新しいピアノで中はピッカピカぴかぴか(新しい)、調律も年に2回、多いときは3回もやってあり可愛がられたものがということが分かります。

私のC3が戻ってくるまでの短い期間ですが、明日調律してもらうのでもっと磨きのかかったいい音になるでしょう。揺れるハート


DSC01499.JPG
posted by ikko at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月07日

素敵なコメント集まってます

発表会の際に入り口で、ご来場のお客様に演奏者からのコメント集をお渡しします。

第一回目の昨年は、自己紹介兼ねて意気込みを!というコンセプトでしたが、今年はずばり曲の売り込み!

コメントを呼んだお客様が「この曲、おもしろそう!聴いてみたいなー」と思ってくださるような自分の演奏する曲のアピールをしてもらうことにしました。

みなさんから続々コメントが集まっていますが、今日もとっても素敵なのが届いたのでご紹介しますね。

今回初めてのステージに立つ兄弟です。

Tちゃん  「虹の色」 虹の色ってどんな色?曲の最後に大きな虹が架かるよう願いを込めて...。

O君    「ドラムダンス」  まるでドラムを叩くかのように、時に激しく時に優しく...カッコよく決めます!


発表会への熱い気持ちがよく伝わってきますね!



この春第2子を出産されたばかりのママと、お姉ちゃんになった子とW出演の生徒さんからは・・・・

Yちゃん 「空のワルツ」

先生がつけてくれた歌詞に乗って弾きます。偶然、大好きなお友達や5月に生まれた弟の名前が歌詞に登場してくるので、すぐ覚えてしまいました。

Aさん  ブラームス「間奏曲」

晩年、届かぬ憧れの存在クララを思って作られた、切なさや苦しみが表されている「人生の子守唄」
きれいなメロディが出せるよう頑張ります!



連日の猛暑ですが、みんなお休みしないで頑張ってレッスンに通ってくれて、ありがとうね!!
きっときっと、忘れられない大きな思い出が残りますよー!
posted by ikko at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 発表会

2012年08月04日

益子祥子先生のサマコン 2012.8.4

先日のセミナーで講師を務めた祥子先生のサマーコンサートに行きました。

土曜日は朝からレッスンがびっしりなので、午後の生徒さん何名かに日時を変更していただき3時間だけ聴くことができました。

生徒さんの紹介の仕方が実にユニークで、この自由な発想はいったいどこから生まれてくるのか?と・・・

生徒さんの弾く曲にストーリーを付け、ナレーターと楽器、映像とピアノを組み合わせた「お話組曲」はこのお教室ならではの演目です。

驚いたのは、生徒席に座っている生徒さんは小さい子も含めとても静かに演奏を聴き、一人一人にコメントを書いている様子でした。
これは、素晴らしい!!
是非DOLCEの発表会にも取り入れたいなー!とおもいました。

DOLCEの発表会のプログラムも今日届きました。
いつもは自分で作っているのですが、今回はA3なので業者に依頼。

イメージ通り、いえそれ以上の出来栄えで大満足!ぴかぴか(新しい)
一番厚い紙で作ったので、折るのがもったいない感じです。

表紙

DSC01510.JPG

裏面

DSC01514.JPG

2012年07月26日

コンクール、お疲れ様

昨日、今日とリリアで開催された川口市青少年ピアノコンクールに行きました。

お教室から初めての小学生の参加で、私もアシストペダルを持って、前方で待機。いす

今年は3.4年生は72名、5.6年は69名の参加。
そのうち本選に進めたのはなりませんでしたが、ほんの数名。
10人に一人くらいの割合なので、結構狭き門です。モータースポーツ

中にはこれが小学生?とおもうほどのスーパーテクニックの子もいて、上には上がいるもんだ、と驚嘆しました。
残念ながら生徒さんは入選できませんでしたが、同じ年頃の子の演奏を聴けて貴重な体験ができたと思います。

場内に響き渡るベーゼンドルファーの柔らかい音に、きっと我ながらうっとりしたのでないでしょうか?

暑い中、ほんとによく頑張ったね!
生徒がとっても頼もしく、輝いて見えた一日でした。揺れるハート
posted by ikko at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月22日

素敵な発表会に行きました

今日は、ずっと前から楽しみにしていた「熊谷麻里先生」の発表会です。

午後はレッスンがなかったので、東音楽器の片野先生と川口でランチして早々にリリアに。

オープニングは先生と息子さん、お嬢さんの連弾。

初ステージのリトルピアニストの可愛い演奏もほほえましかったですが、ドレス姿の先生がいきなり幼児をお膝にだっこしたまま連弾をされたのにはびっくり!!

どの子もとってもよく歌っていて、心がこもって素晴らしかったけど、中学生の演奏は群を抜いて聴かせてくれました!!

春畑セロリ先生の「いっぽん!」チャチャチャッ」は生徒全員の連弾で、それぞれ志向を凝らしたパフォーマンスで視覚的にもとっても楽しかったです。
DOLCEの発表会でもお父さん方でやろうと企画したのですが、メンツがそろわなくて今回は断念・残念!!

あっという間の3時間半。
年上の生徒さんが小さな生徒さんをしっかりフォローし、ご父兄も含めスタッフが一糸乱れずてきぱきと動いていて、とても気持ちがよかったです。
このチームワークの良さは、そのまま調和のとれた今日のピアノの演奏につながっているような気がしました。
posted by ikko at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 素敵な発表会